菊花とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 菊花 > 菊花の意味・解説 

きく か -くわ [0][2] 【菊花】

〔「きっか」とも〕
菊の花
菊の花文様
六種むくさ)の薫物たきもの)の一。菊の香したもので、丁子香ちようじこう)・沈香じんこう)・麝香じやこう)などを練り合わせる。秋の薫物

きっ か きくくわ [0][1] 【菊花】

きくか(菊花)


菊花

作者立松和平

収載図書不憫惚れ法昌寺百話
出版社アートン
刊行年月2006.6


キク

キク
科名 キク科
別名: リョウリギク
生薬名: キクカ(菊花)
漢字表記
原産 中国
用途 中国から薬用として伝来した多年草秋に花が開花し、観賞料理に用い、乾燥したものが菊花・菊のりで、めまい・耳鳴り腰痛咳止めなどに用います。
学名: Chrlysanthemum morifolium Ramat.
   

菊花

読み方:キク(kiku)

キク科キク属総称


菊花

読み方:きくのはな

  1. 太陽。〔第一類 天文事変
  2. 太陽を云ふ。
  3. 太陽をいう。〔聞くの花〕=強盗犯人目的の家を下検分することをいう。

菊花

読み方:きくのはな

  1. 本類「あてこみ同意。〔第三類 犯罪行為
  2. 強窃盗犯人が目的の家を予測検分するの意。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

菊花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/29 09:02 UTC 版)

菊花は、漢方のひとつ。中国茶では花茶としても分類される。この項では、飲料としての菊花茶についても解説する。




[ヘルプ]
  1. ^ 中国茶の楽しみ方Book 106p
  2. ^ 最新よく効く漢方薬百科 236p


「菊花」の続きの解説一覧

菊花

出典:『Wiktionary』 (2010/11/04 07:41 UTC 版)

名詞

(きくか、きっか)

  1. 菊の花
  2. 菊の花をかたどった紋章



菊花と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「菊花」の関連用語

菊花のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



菊花のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2019, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの菊花 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの菊花 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS