丁字とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > 丁字の意味・解説 

ちょう じ ちやう- [1] 【丁子・丁字】

フトモモ科常緑高木モルッカ諸島原産アフリカ東南アジア栽培される。油点多く芳香がある。花は筒状白色四弁香り強く頂に多数つく。つぼみ)を干したもの丁子丁香あるいはクローブといい、香料として珍重される。また花柄などから丁子油をとり、香料薬用とする。
家紋の一。丁子の実をかたどったもの。
ジンチョウゲ俗称[季] 春。
丁子油」「丁子頭がしら)」の略。
刃文の一。丁子菊に似たにぎやかな乱れ刃

てい じ [1] 【丁字】

「丁」の字。また、その形。


丁字(チョウジ)

丁字
原産地アフリカ
フトモモ科常緑樹高木(Eugenia caryophyllata)の花蕾乾燥させて用いたもの原産地はモッルカ諸島だが、インドネシア東アフリカ諸島などに移植され、現在はこれらの地方が主産地になっている日本へは主にザンジバル島産が輸入されている。名の由来は、が釘の形に似ているからで、丁香ともいう。胡椒と並ぶ代表的スパイスで、大航海時代には歴史を動かすほど貴重なものであった。匂い香・焼香線香などに広く使われる他、防腐剤健胃剤としての薬効も高い。

丁字

読み方:チョウジ(chouji)

沈丁花別称

季節

分類 植物


丁字

読み方
丁字ちょうじ
丁字よおろこ

クローブ

(丁字 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/17 22:03 UTC 版)

クローブ英語: Clove)またチョウジ丁子丁字)は、フトモモ科の樹木チョウジノキSyzygium aromaticumsyn. Eugenia aromatica)の香りのよいである。原産地はインドネシアモルッカ群島であり[2]香辛料として一般的に使われるほか、生薬としても使われる。漢名に従って丁香(ちょうこう)とも呼ばれる。




  1. ^ a b "Syzygium aromaticum (L.) Merr. & L. M. Perry". Germplasm Resources Information Network (GRIN). Agricultural Research Service (ARS), United States Department of Agriculture (USDA). Retrieved June 9, 2011.
  2. ^ ツァラ 2014, pp. 13-16.
  3. ^ ザンジバルのクローブ生産”. 在タンザニア日本国大使館. 2012年8月18日閲覧。
  4. ^ Dorenburg, Andrew and Page, Karen. The New American Chef: Cooking with the Best Flavors and Techniques from Around the World, John Wiley and Sons Inc., 2003
  5. ^ a b c Kamatou, G. P.; Vermaak, I.; Viljoen, A. M. (2012). “Eugenol--from the remote Maluku Islands to the international market place: a review of a remarkable and versatile molecule”. Molecules 17 (6): 6953–81. doi:10.3390/molecules17066953. PMC: 6268661. PMID 22728369. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6268661/. 
  6. ^ Flavored Tobacco”. FDA. 2012年9月7日閲覧。
  7. ^ 中野智美、幸運をよぶ香りのお守りフルーツポマンダーAll About、2016年5月3日閲覧。
  8. ^ 中北薬品(株)『中北薬品二百五十年史』(1977.11)渋沢社史データベース
  9. ^ a b c d Clove”. Drugs.com (2018年3月5日). 2018年11月9日閲覧。
  10. ^ a b c Clove”. MedlinePlus, U.S. National Library of Medicine and National Institutes of Health (2014年). 2014年8月18日閲覧。
  11. ^ Taberner-Vallverdú, M.; Nazir, M.; Sanchez-Garces, M. Á.; Gay-Escoda, C. (2015). “Efficacy of different methods used for dry socket management: A systematic review”. Medicina Oral Patología Oral y Cirugia Bucal 20 (5): e633–e639. doi:10.4317/medoral.20589. PMC: 4598935. PMID 26116842. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4598935/. 
  12. ^ Balch, Phyllis and Balch, James. Prescription for Nutritional Healing, 3rd ed., Avery Publishing, 2000, p. 94
  13. ^ 厚生労働省 (2016年9月2日). “第十七改正日本薬局方 – 医薬品各条 – 生薬等”. 国立医薬品食品衛生研究所. pp. 1854. 2019年6月17日閲覧。
  14. ^ Andaya, Leonard Y. (1993). “1: Cultural State Formation in Eastern Indonesia”. In Reid, Anthony. Southeast Asia in the early modern era: trade, power, and belief. Cornell University Press. ISBN 978-0-8014-8093-5. 
  15. ^ a b Lape, Peter V. (5 November 2010). “Political dynamics and religious change in the late pre-colonial Banda Islands, Eastern Indonesia”. World Archaeology 32 (1): 138–155. doi:10.1080/004382400409934. 
  16. ^ a b World's oldest clove? Here's what our find in Sri Lanka says about the early spice trade” (英語). The Conversation. 2019年7月5日閲覧。
  17. ^ Turner, Jack (2004). Spice: The History of a Temptation. Vintage Books. pp. xxvii–xxviii. ISBN 978-0-375-70705-6. 
  18. ^ a b c Worrall, Simon (2012年6月23日). “The world's oldest clove tree”. BBC News Magazine. https://www.bbc.co.uk/news/magazine-18551857 2012年6月24日閲覧。 
  19. ^ Krondl, Michael. The Taste of Conquest: The Rise and Fall of the Three Great Cities of Spice. New York: Ballantine Books, 2007.
  20. ^ 柴田承二「正倉院薬物第二次調査報告」『正倉院紀要』第20号、1998年、 41–58。
  21. ^ Rovio, S.; Hartonen, K.; Holm, Y.; Hiltunen, R.; Riekkola, M.‐L. (7 February 2000). “Extraction of clove using pressurized hot water”. Flavour and Fragrance Journal 14 (6). doi:10.1002/(SICI)1099-1026(199911/12)14:6<399::AID-FFJ851>3.0.CO;2-A. 
  22. ^ Khalil, A.A.; ur Rahman, U.; Khan, M.R.; Sahar, A.; Mehmood, T.; Khan, M. (2017). “Essential oil eugenol: sources, extraction techniques and nutraceutical perspectives”. RSC Advances 7 (52): 32669-32681. doi:10.1039/C7RA04803C. https://pubs.rsc.org/en/content/articlehtml/2017/ra/c7ra04803c. 
  23. ^ Li-Ming Bao, Eerdunbayaer; Nozaki, Akiko; Takahashi, Eizo; Okamoto, Keinosuke; Ito, Hideyuki; Hatano, Tsutomu (2012). “Hydrolysable Tannins Isolated from Syzygium aromaticum: Structure of a New C-Glucosidic Ellagitannin and Spectral Features of Tannins with a Tergalloyl Group.”. Heterocycles 85 (2): 365–381. doi:10.3987/COM-11-12392. 
  24. ^ Chinese Herbal Medicine: Materia Medica, Third Edition by Dan Bensky, Steven Clavey, Erich Stoger, and Andrew Gamble. 2004
  25. ^ Hartnoll, G.; Moore, D.; Douek, D. (1993). “Near fatal ingestion of oil of cloves”. Archives of Disease in Childhood 69 (3): 392–393. doi:10.1136/adc.69.3.392. PMC: 1029532. PMID 8215554. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1029532/. 


「クローブ」の続きの解説一覧



丁字と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「丁字」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
丁子 国語辞典
90% |||||

4
74% |||||

5
72% |||||

6
56% |||||


8
50% |||||

9
50% |||||

10
36% |||||

丁字のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



丁字のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
香雅堂香雅堂
Copyright (c) 2019Kogado lnc All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクローブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS