ルバーブとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > ルバーブの意味・解説 

ルバーブ【rhubarb】

読み方:るばーぶ

タデ科多年草。高さ1~2メートルダイオウに似て心臓形初夏花茎伸ばして緑白色小花多数つける。葉柄紅色帯び酸味芳香があり、煮てジャム・ゼリー・ソースなどを作るシベリア原産食用大黄(しょくようだいおう)。

ルバーブの画像
ルバーブの葉柄

マルバダイオウ

マルバダイオウ
科名 タデ科
別名: ショクヨウダイオウ・ルバーブ
生薬名: -
漢字表記: 丸葉大黄
原産 黒海地方
用途 薬用食用として栽培される耐寒性多年草ヨーロッパでは、ルバーブといわれジャムにして食用とし、根茎大黄代用に緩下・健胃などに用いますにはシュウ酸含まれるので食用にはしません。
学名: Rheum rhaponticum L.
   

ルバーブ

Rheum rhaponiticum

Rheum rhaponiticum

Rheum rhaponiticum

Rheum rhaponiticum

ヨーロッパからシベリア南部分布してます。紀元前3000年ごろから栽培され葉柄ジャム砂糖漬けシチューなどに利用されきました。「あんず」に似た香りと「りんご」より強い酸味は、欧米人の好むところとなってます。わが国へは明治時代渡来しましたが、わずかに栽培されているにすぎません。和名では「まるばだいおう丸葉大黄)」とか「しょくようだいおう食用大黄)」と呼ばれます
タデ科ダイオウ属多年草で、学名Rheum rhaponiticum。英名は Rhubarb
タデのほかの用語一覧
タデ:  姫蔓蕎麦  溝蕎麦  
ダイオウ:  ルバーブ
トリプラリス:  トリプラリス  トリプラリス・クミンギアナ
ハマベブドウ:  浜辺葡萄

ルバーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/29 04:40 UTC 版)

ルバーブ: Rhubarb [ˈruːbɑrb])とは、タデ科ダイオウ属の中の食用とされている栽培品種である。学名は統一されていないが[1] Rheum rhabarbarum などが用いられる。和名はショクヨウダイオウ(食用大黄)[2][3]シベリア南部原産[3]多年草で太くて短い地下茎を持つ。根生する大きなは有毒。緑白色の小花が集まり、円錐花序を作る。


注釈

  1. ^ 当初Myatt's Vitoriaと名付けられたが、現在は単にVictoriaと呼ばれることもある[41]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j Clifford M. Foust; Dale E. Marshall (1991). “Culinary Rhubarb Production in North America: History and Recent Statistics”. HortScience 26 (11): 1360-1363. http://hortsci.ashspublications.org/content/26/11/1360.full.pdf+html 2017年5月26日閲覧。. 
  2. ^ a b c 成松次郎「ルバーブの特性と軟化栽培」『農業および園芸』第65巻第9号、1990年、 1073-1078頁。
  3. ^ a b c d e f g 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編『かしこく選ぶ・おいしく食べる 野菜まるごと事典』成美堂出版、2012年7月10日、178頁。ISBN 978-4-415-30997-2
  4. ^ Hood, Karen Jean Matsko. 2011. Rhubarb Delights Cookbook: a Collection of Rhubarb Recipes. Spokane Valley, WA: Whispering Pine Press International, Inc. pp. 20, 22. ISBN 9781930948006.
  5. ^ a b praful akolkar. “Pharmacognosy of Rhubarb”. PharmaXChange.info. 2017年4月2日閲覧。
  6. ^ a b ITIS Standard Report Page: Rheum rhabarbarum”. ITIS. 2017年5月14日閲覧。
  7. ^ a b 細木高志 著「ルバーブ」、相賀徹夫 編 『園芸植物大事典』 5巻、小学館、1989年、612-613頁。 
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m Danny L. Barney; Kim E. Hummer (2012). [Horticultural Reviews, 第 40 巻, p. 147, - Google ブックス “Rhubarb: Botany, Horticulture, and Genetic Resources”]. Horticultural Reviews 40: 147-182. Horticultural Reviews, 第 40 巻, p. 147, - Google ブックス 2017年5月28日閲覧。. 
  9. ^ a b c Bo Libert; Roger Englund (1989). “Present distribution and ecology of Rheum rhaponticum (Polygonaseae). Willdenowia 19: 91-98. http://www.jstor.org/stable/3996925 2017年5月18日閲覧。. 
  10. ^ a b c d W. T. Stearn (1974). “Rhabarbarologia: Rheum Rhaponticum, an Endangered Species?”. GardenHistory 2 (2): 75-76. doi:10.2307/1586461. http://www.jstor.org/stable/1586461 2017年5月18日閲覧。. 
  11. ^ a b Joseph C. Kuhl; Veronica L. DeBoer (2008). “Genetic Diversity of Rhubarb Cultivars”. Journal of American Society for Horticultural Science 133 (4): 587-592. http://journal.ashspublications.org/content/133/4/587.full 2017年5月14日閲覧。. 
  12. ^ a b c Dale E. Marshall (1988). “A Bibliography of Rhubarb and Rheum Species”. Bibliographies and Literature of Agriculture (62). https://catalog.hathitrust.org/Record/007420496 2017年5月13日閲覧。. 
  13. ^ a b c d e f g h Rheum rhabarbarum in Flora of North America”. eFloras.org. 2017年5月19日閲覧。
  14. ^ Garden rhabarbarum - Rheum rhabarbarum”. Encyclopedia of Life. 2017年6月13日閲覧。
  15. ^ a b c d 木島正夫 著「レウム〔属〕」、相賀徹夫 編 『園芸植物大事典』 5巻、小学館、1989年、620-621頁。 
  16. ^ a b 木村康一、木村孟淳 『原色日本薬用植物図鑑』保育社、1964年、12頁。 
  17. ^ a b c d e f g h i j k 芹沢暢明 著「ルバーブ」、野菜園芸大事典編集委員会 編 『野菜園芸大事典』養賢堂、1977年、1356-1360頁。 
  18. ^ a b c d e f g h i 最新園芸大辞典編集委員会 編 『最新園芸大辞典』 9巻、誠文堂新光社、1983年、344,407-408頁。 
  19. ^ 堀田満 編 『世界有用植物事典』平凡社、1989年、898-899頁。 
  20. ^ a b I.I.M. Huibers-Govaert. “Rheum cultorum (PROSEA)”. id:PROSEA. 2017年6月13日閲覧。
  21. ^ Necia Parker-Gibson (2013). “Review of World Economic Plants: A Standard Reference”. Journal of Agricultural & Food Information 14 (3): 262-263. doi:10.1080/10496505.2013.803435. 
  22. ^ a b John H. Wiersema; Blanca León (2016). [World Economic Plants: A Standard Reference, p. 583, - Google ブックス World Economic Plants: A Standard Reference] (Second Edition ed.). CRC press. p. 583. World Economic Plants: A Standard Reference, p. 583, - Google ブックス 
  23. ^ 星川清親ルバーブ」 『日本大百科全書(ニッポニカ)』小学館https://kotobank.jp/word/%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%96%28%E3%82%BF%E3%83%87%E7%A7%91%29-1608194#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29 
  24. ^ McGee, Harold. On Food and Cooking: The Science and Lore of the Kitchen. New York, NY: Scribner, 2004. p. 366
  25. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q G. J. H. Grubben (2004). [Vegetables - Google ブックス Vegetables]. Plant resources of tropical Africa. PROTA. pp. 446-449. Vegetables - Google ブックス 2017年5月21日閲覧。 
  26. ^ a b McGee, Harold. On Food and Cooking: The Science and Lore of the Kitchen. New York, NY: Scribner, 2004. p 367
  27. ^ Rombauer, Irma S. Joy of Cooking Indianapolis/New York:1975 Bobbs-Merrill Co., Inc. Page 142
  28. ^ Wakefield Metropolitan District Council. “Rhubarb”. 2006年3月12日閲覧。
  29. ^ a b Barbara Pleasant (2014年1月10日). “All About Growing Rhubarb”. マザーアースニュース. 2017年4月3日閲覧。
  30. ^ Growing Rhubarb in the Home Garden”. Ohio State University Extension Fact Sheet. 2013年6月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月4日閲覧。
  31. ^ a b c d 向山和成「味の緑ルバーブ、見栄えの赤ルバーブ」『現代農業』第2号、2014年、 124-127頁。
  32. ^ a b c 成松次郎 著「第5節 神奈川県 ルバーブ」、津志田藤二郎 編 『地域農産物の品質・機能性成分総覧』2000年、488-450頁。 
  33. ^ Rhubarb Varieties”. Rhubarbinfo.com (2004年9月1日). 2010年3月5日閲覧。
  34. ^ Lawrence D Hills. Organic Gardening. Penguin 1997. page 145
  35. ^ 難波恒雄「神農本草経」 『日本大百科全書(ニッポニカ)』小学館https://kotobank.jp/word/%E7%A5%9E%E8%BE%B2%E6%9C%AC%E8%8D%89%E7%B5%8C-82413#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29 
  36. ^ a b John Uri Lloyd (1921). Origin and History of All the Pharmacopeial Vegetable Drugs, Chemicals and Origin and History of All the Pharmacopeial Vegetable Drugs, Chemicals and Preparations with Bibliography. 1. ISBN 978-1-4086-8990-5. https://books.google.com/books?id=apAPal8iAxgC&pg=PA270 
  37. ^ Warmington, E. H. (1928). The Commerce Between the Roman Empire and India. Cambridge: Cambridge University Press. p. 207ff. ISBN 978-1-00-136124-6. https://books.google.com/books?id=u9w8AAAAIAAJ&pg=PA207 
  38. ^ a b c d Monahan, Erika (2013). “Locating rhubarb”. In Findlen, Paula. Early modern things: objects and their histories, 1500-1800. Abingdon: Routledge. pp. 227–251. ISBN 978-0-415-52051-5 
  39. ^ Quoted in Frances Wood, The Silk Road: two thousand years in the heart of Asia, 2002:13f.
  40. ^ Cristopher Wiseman. “Family Group, Late 1930s”. The Writer's Almanac. 2017年5月27日閲覧。
  41. ^ a b Christopher Stocks (2009). [Forgotten Fruits, p. 192, - Google ブックス Forgotten Fruits: The stories behind Britain's traditional fruit and vegetables]. Random House. pp. 192-199. Forgotten Fruits, p. 192, - Google ブックス 
  42. ^ a b カラ・クトルズラ「古くて新しいルバーブに夢中」『Newsweek日本語版』6月18日、2013年、 64頁。
  43. ^ Peter Fry, "Did John Bartram introduce rhubarb to North America?"
  44. ^ Monticello house and gardens
  45. ^ a b c Andrew Smith, ed (2012). “Rhubarb”. Oxford Encyclopedia of Food and Drink in America. 3 (2nd ed.). Oxford University Press. pp. 135-136 
  46. ^ a b c 大塚洋子、澤山茂、川端晶子「ルバーブジャムの調整とそのキャラクタリゼーション」『日本調理科学会誌』第28巻第3号、1995年、 177-184頁。
  47. ^ a b 太田愛人 『辺境の食卓:野尻湖から』ヨルダン社、1976年、42-44頁。 
  48. ^ 長谷部崇 (2016年7月10日). “ジャムやタルトに「ルバーブ」 朝来の高原で栽培”. 神戸新聞. 2017年4月3日閲覧。
  49. ^ 檜原村の生産者組合、ルバーブを共同出荷 特産品へ販売拡大目指す”. 東京新聞 (2016年9月23日). 2017年4月2日閲覧。
  50. ^ 【食・旬な産地】長野県富士見町/ルバーブ 酸味生かしジャム『読売新聞』朝刊2018年7月18日(くらし面)。
  51. ^ 地方を元気にするビジネス”. ひらがなタイムズ (2014年7月18日). 2017年4月23日閲覧。
  52. ^ 健康野菜で元気な町づくり!八ヶ岳山麓の真っ赤なルバーブ”. JA長野県 (2015年8月12日). 2017年4月2日閲覧。
  53. ^ Insect Diagnostic Lab Factsheets - Rhubarb Curculio”. Insect Dagnostic Laboratory, Cornell University. 2017年4月2日閲覧。
  54. ^ a b 杉田浩一 編 『日本食品大事典』医歯薬出版、2003年、188頁。ISBN 426370410X 
  55. ^ 武川満夫、武川政江 著「ルバーブ」、野間省一 編 『講談社園芸大百科事典:フルール』 第2巻 春の花I、講談社、1980年、122頁。 
  56. ^ a b Margaret Boyles. “Lighten Your Hair with Rhubarb”. Old Farmer's Almanac. 2017年5月14日閲覧。
  57. ^ BBKA News (The British Beekeepers' Association) (209): 5. (2013). ISSN 2051-0624. 
  58. ^ Lisa McBride (2015年6月27日). “Rhubarb: more than meets the pie”. The Independent. 2017年4月17日閲覧。
  59. ^ a b c WV Farm 2 Fork Team: Making the most out of fresh rhubarb”. Charleston Gazette-Mail (2016年4月3日). 2017年5月11日閲覧。
  60. ^ a b c d e 横山公通、川口弘子、大谷康子、成末次郎「機能性食品に関する共同研究事業報告」第1号、神奈川県衛生研究所、1992年、2017年4月18日閲覧。
  61. ^ a b Bill Neal, "Biscuits, Spoonbread and Sweet Potato Pie", p. 308 (Chapel Hill, N.C.: University of North Carolina Press, 2003; originally published in a different edition in 1990).
  62. ^ 「pie plant」 『新英和大辞典 LogoVista 電子辞典』(第6版)研究社、2007年。 
  63. ^ BBC - WW2 People's War - A Childhood War”. 2017年5月1日閲覧。
  64. ^ Rhubarb”. National Co+op Grocers. 2017年5月1日閲覧。
  65. ^ P. A. Williams et al. (2005). “Chilean rhubarb (Gunnera tinctoria); biology, ecology and conservation impacts in New Zealand”. DOC Research & Development Series (210). http://www.doc.govt.nz/Documents/science-and-technical/drds210.pdf 2017年5月14日閲覧。. 
  66. ^ Rhubarb Compote Recipe http://www.epicurious.com/recipes/food/views/rhubarb-compote-234450
  67. ^ a b Barceloux, Donald G (7 March 2012). Medical Toxicology of Natural Substances: Foods, Fungi, Medicinal Herbs, Plants, and Venomous Animals. John Wiley & Sons. p. 235. ISBN 978-1-118-38276-9. https://books.google.com/books?id=aTTBPedwFfAC&pg=PT235 2013年8月5日閲覧。 
  68. ^ Chevallier, Andrew (2000). Natural Health: Encyclopedia of Herbal Medicine. New York, New York 10016: Dorling Kindersley. pp. 127. ISBN 0-7894-6783-6 
  69. ^ Charles Perry, trans. An Anonymous Andalusian Cookbook of the 13th Century
  70. ^ Oxford English Dictionary s.n. rhubarb, n.
  71. ^ Rhubarb James Ford Bell Library University of Minnesota (accessed January 12, 2015)
  72. ^ Cancer Growth Could be Slowed by Little-known Pigment in Rhubarb”. Laboratory Equipment. 2015年10月24日閲覧。
  73. ^ Orange lichens are source for potential anticancer drug”. news.emory.edu (2015年10月21日). 2015年10月24日閲覧。
  74. ^ Basile, Adriana; Rigano, Daniela; Loppi, Stefano; Di Santi, Annalisa; Nebbioso, Angela; Sorbo, Sergio; Conte, Barbara; Paoli, Luca et al. (2015-04-09). “Antiproliferative, Antibacterial and Antifungal Activity of the Lichen Xanthoria parietina and Its Secondary Metabolite Parietin”. International Journal of Molecular Sciences 16 (4): 7861–7875. doi:10.3390/ijms16047861. ISSN 1422-0067. PMC 4425054. PMID 25860944. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4425054/. 
  75. ^ a b rhubarb - Definition of rhubarb in English”. Oxford Dictionaries. 2017年5月14日閲覧。
  76. ^ Huskinson, B; Marshak, MP; Suh, C et al. (9 January 2014). “A metal-free organic-inorganic aqueous flow battery”. Nature 505 (7482): 195–198. doi:10.1038/nature12909. PMID 24402280. 
  77. ^ How A New Rhubarb-Based Battery Could Massively Increase Renewable Energy Use”. Thinkprogress. 2014年12月5日閲覧。
  78. ^ “Rhaponticin from rhubarb rhizomes alleviates liver steatosis and improves blood glucose and lipid profiles in KK/Ay diabetic mice.”. Planta Med. 75: 472–7. (April 2009). doi:10.1055/s-0029-1185304. PMID 19235684. 
  79. ^ Flavanol glucosides from rhubarb and Rhaphiolepis umbellata. Gen-Ichiro Nonaka, Emiko Ezakia, Katsuya Hayashia and Itsuo Nishioka, Phytochemistry, Volume 22, Issue 7, 1983, Pages 1659–1661, doi:10.1016/0031-9422(83)80105-8
  80. ^ Robb, H. F. (1919). “Death from rhubarb leaves due to oxalic acid poisoning”. J. Am. Med. Assoc 73: 627–628. doi:10.1001/jama.1919.02610340059028. 
  81. ^ Cooper, M. R., Johnson, A. W. 1984. "Poisonous plants in Britain and their effects on animals and man." Her Majesty's Stationery Office, London, England.
  82. ^ "the poison garden" on rhubarb
  83. ^ 吉田誠、長谷川幸江、石田恵美、小清水正美「機能性食品に関する共同研究事業報告」第2号、神奈川県衛生研究所、1996年、2017年4月1日閲覧。
  84. ^ Poison Information”. The Rhubarb Compendium (2010年4月9日). 2017年4月2日閲覧。
  85. ^ GW Pucher, AJ Wakeman, HB Vickery. THE ORGANIC ACIDS OF RHUBARB (RHEUM HYBRIDUM). III. THE BEHAVIOR OF THE ORGANIC ACIDS DURING CULTURE OF EXCISED LEAVES Journal of Biological Chemistry, 1938
  86. ^ Immediately Dangerous to Life or Health Concentrations (IDLH): Oxalic acid”. Centers for Disease Control and Prevention (1994年5月). 2017年4月1日閲覧。
  87. ^ Everist, Selwyn L., Poisonous Plants of Australia. Angus and Robertson, Melbourne, 1974, p. 583
  88. ^ Rhubarb leaves poisoning”. Medline Plus Medical Encyclopedia. 2017年4月2日閲覧。
  89. ^ Canadian Poisonous Plants Information System”. Cbif.gc.ca (2009年9月1日). 2009年1月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年3月5日閲覧。
  90. ^ McGee, Harold. On Food and Cooking: The Science and Lore of the Kitchen New York, NY: Scribner, 2004. p. 367



ルバーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/11 08:21 UTC 版)

ネコの王」の記事における「ルバーブ」の解説

ネコのうちの一派マウ族の族長ネコ族の極右団体ブバスティス最高評議会議長を務めるネコ人間敵視し世界ネコ世界するべきという考え方持ち主。何匹もの「ネコの王」を輩出した優れた血統末裔である。

※この「ルバーブ」の解説は、「ネコの王」の解説の一部です。
「ルバーブ」を含む「ネコの王」の記事については、「ネコの王」の概要を参照ください。


ルバーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 23:15 UTC 版)

邪聖剣ネクロマンサー2」の記事における「ルバーブ」の解説

旅商人ボリジ頼まれバジルたちを追いかけることに。

※この「ルバーブ」の解説は、「邪聖剣ネクロマンサー2」の解説の一部です。
「ルバーブ」を含む「邪聖剣ネクロマンサー2」の記事については、「邪聖剣ネクロマンサー2」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ルバーブ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ルバーブ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ルバーブ」の関連用語

ルバーブのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ルバーブのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2023, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2023 shu(^^). All rights reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルバーブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのネコの王 (改訂履歴)、邪聖剣ネクロマンサー2 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS