生理とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 現象 > 生理の意味・解説 

せい‐り【生理】

読み方:せいり

生物体生きているために起こさまざまなからだの現象や、生きていくためのからだの機能呼吸消化排泄(はいせつ)・血液循環体温調節代謝などの働き。または、その仕組み

月経

くらし。世すぎ。生活。

専ら嬉遊好み、―を務め礼譲甚だ薄く」〈航米日録・一〉


生理

再生産期間 1(あるいは女性出産可能期間 1)は思春期 2始まる。月経 3、つまり女子の生理 4もしくはメンス 4現れもまた思春期始まる。最初の月経初潮 5呼ばれる月経閉経 6終わるが、それは時に月経閉止期 6とも呼ばれる実際には再生産期間慣用的15歳あるいは最低結婚年齢504-1)に始まり45ないし50歳で終わるものとされることが多い。月経一時的に止まることがあるが、それは、正常であれ異常であれ無月経 7呼ばれる妊娠に伴う無月経 8受胎後に起こり分娩後の無月経 9は分後に起こる。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 02:23 UTC 版)

生理(せいり)




「生理」の続きの解説一覧

生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 05:24 UTC 版)

スキピオニクス」の記事における「生理」の解説

長く骨の折れる検死」によって内部組織を含む特異な化石化明らかになり、スキピオニクス既知で最も重要な脊椎動物化石一つとなっている。スキピオニクスは浅いラグーンが多い場所生息していたと考えられている。これらの水域酸素欠乏態であり、ドイツの始祖鳥と同じようにスキピオニクスも非常に保存状態良い化石標本となった気管、腸、肝臓血管軟骨角鞘、 腱、筋肉肌理細かな石灰岩の中で保存されていた。肝臓生存時の形状が赤鉄鉱の赤い暈状のしみとして保存されていた。従来恐竜内臓の相対的な位置大まかな推定しか行うことが出来なかったため、この発見の意義大きい。ホロタイプは非恐竜の生理、特に消化外呼吸英語版)、個体発生に関して重要な情報を特に直接的に与えてくれる。

※この「生理」の解説は、「スキピオニクス」の解説の一部です。
「生理」を含む「スキピオニクス」の記事については、「スキピオニクス」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/24 14:31 UTC 版)

失神ゲーム」の記事における「生理」の解説

意識的な行動血中灰分平衡崩し血圧下げ血流抑制することで、脳を酸素不足養分不足に至らしめ、意識消失痙攣発生させる。脳は酸素不足養分不足に最も弱い臓器であり、しばしば視聴覚記憶重大な後遺症が残る。3分間以上継続した場合脳死となる。

※この「生理」の解説は、「失神ゲーム」の解説の一部です。
「生理」を含む「失神ゲーム」の記事については、「失神ゲーム」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 07:09 UTC 版)

カルシトニン」の記事における「生理」の解説

ヒトにおいて甲状腺C細胞外で産生されるため、甲状腺全摘出した後で血中検出される半減期短くこのためカルシトニン状態は持続しにくい。血中カルシトニン高値の場合は甲状腺髄様癌を疑うべきである。 カルシトニン血中カルシウム濃度の上昇により分泌が促進されカルシウム濃度低下する分泌抑制されるカルシトニン破骨細胞存在するカルシトニン受容体(英)に作用して骨からのカルシウム放出抑制し、骨へのカルシウムリン酸沈着促進する尿中へのカルシウムリン酸排泄促進する作用有する。また長的には、新たな破骨細胞形成抑制して骨形成作用相対的に増加させる腎臓に対して薬理的用量では腎臓カルシウム排泄増加させるが、生理的用量では腎臓カルシウム排泄減少させる生体内カルシトニン拮抗する作用を持つ物質は、上皮小体から分泌されるパラトルモン (PTH)である。カルシトニンガストリンコレシストキニンドーパミンエストロゲンより分泌が促進される

※この「生理」の解説は、「カルシトニン」の解説の一部です。
「生理」を含む「カルシトニン」の記事については、「カルシトニン」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 05:08 UTC 版)

老年医学」の記事における「生理」の解説

加齢に伴って起こ生理的自然な変化には以下のようなものがある赤血球沈降速度増加するのは、脂肪組織 : 成長ホルモン分泌低下等による。 血清アルブミン濃度や、成長ホルモン低下する

※この「生理」の解説は、「老年医学」の解説の一部です。
「生理」を含む「老年医学」の記事については、「老年医学」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 08:43 UTC 版)

半矮性遺伝子」の記事における「生理」の解説

半矮性遺伝子および矮性遺伝子どのように作用して形態としての半矮性矮性を示すのかは、多くの場合明らかではない。しかしながら先述イネ半矮性遺伝子sd1および小麦農林10号半矮性遺伝子Rht1,Rht2の作用機構には植物ホルモン一種であるジベレリン関与することが明らかになっている。 ジベレリンイネ馬鹿苗病による異常な伸長原因物質として同定されことから理解できるように植物の伸長にかかわる植物ホルモンである(別の作用も持つ)。イネsd1遺伝子は、ジベレリン生合成系のGA20酸化酵素機能損失により、ジベレリン合成量を低下させる劣性遺伝子である。コムギ優性半矮性遺伝子Rht1,Rht2は、ジベレリン量が正常であっても、その存在正常に情報伝達することを妨げ作用を示す。どちらの場であってもジベレリンによる成長促進作用異状になるため、結果として半矮性形態を示すことになる。 なお、植物の半矮性については、別の植物ホルモンであるブラシノステロイド(ブラシノライド)が関与するオオムギ渦性遺伝子などの例も知られている

※この「生理」の解説は、「半矮性遺伝子」の解説の一部です。
「生理」を含む「半矮性遺伝子」の記事については、「半矮性遺伝子」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 02:15 UTC 版)

血液学」の記事における「生理」の解説

血液細胞白血球赤血球血小板)は胸骨骨盤等に多く存在する造血幹細胞より成熟分化する

※この「生理」の解説は、「血液学」の解説の一部です。
「生理」を含む「血液学」の記事については、「血液学」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 03:40 UTC 版)

高度好塩菌」の記事における「生理」の解説

高度好塩菌カザミノ酸酵母エキスペプトンなど有機物炭素源とする化学合成従属栄養栄養的分類を示すまた、最終電子受容体酸素、即ち好気性を示す一方、高度好塩性を示す光合成細菌メタン菌好気性示さないため、高度好塩菌範疇から外される。 ただし、高度好塩菌における嫌気条件下増殖についてはいくつかの報告なされている例えば、ジメチルスルホキシド (DMSO)、トリメチルアミン N-オキシド (TMAO) といった基質用いて嫌気呼吸いくつかの高度好塩菌観察されている。なお、これらを基質とする嫌気呼吸については未解明部分が多い。また、Haloferax volcaniiではフマル酸呼吸が行なわれる呼吸鎖複合体IIを参照)。 高度好塩菌他種高度好塩菌殺菌作用を持つハロシンと呼ばれるバクテリオシン分泌する。Haloferax gibbonsii から精製されたハロシンH6Na+/H+トランスポーター阻害剤である。また、生育酸素および光(バクテリオロドプシン)を要求するため、浮力を得るためにガス胞所持しているガス胞内部窒素ガス満たされている。 また、高度好塩菌従属栄養であるにもかかわらず炭酸固定能力があることが知られている。Haloferax mediterranei および Hfx. volcanii ではカルビン - ベンソン回路のキーエンザイムであるRubisCO活性確認されている。Hfx. mediterranei においてはRubisCO精製なされているまた、中にはバクテリオルベリンという赤色色素所持している。この色素生理的な役割不明だが、βカロテン1.5以上の抗酸化作用測定されており、食品薬品などへの応用注目されている

※この「生理」の解説は、「高度好塩菌」の解説の一部です。
「生理」を含む「高度好塩菌」の記事については、「高度好塩菌」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 17:06 UTC 版)

陰核の勃起」の記事における「生理」の解説

詳細は「勃起現象」および「オーガズムを参照 海綿体血液満たされると、陰核勃起し硬さが増す。ほとんどの場合、それは性的刺激により起きる。性的興奮の間、陰核への動脈血流れ増加し海綿体一部である小柱平滑筋細胞弛緩し血液勃起組織海綿体洞に蓄積することを可能にする陰核内の血液輸送は、2つ海綿体内部通過する深部動脈陰核動脈によって確保される動脈には海綿体洞への多数ある。坐骨海綿体筋球海綿体筋収縮により、陰核静脈圧迫され陰核からの静脈血排出妨げられる陰核は、海綿体血圧の上昇の結果勃起する陰核と同様に、前庭球血液満たされ体積増加する膣の側壁陰核の根の間に位置する前庭球は、これら2つ器官間の接触強化する性交中、陰茎膣壁及ぼ圧力は、前庭球を介して陰核伝達されるこのようにして陰核刺激され快感増幅されるオーガスムの後、骨盤の筋肉静脈弛緩させ、正常に戻り勃起組織からの血液逆流開始する

※この「生理」の解説は、「陰核の勃起」の解説の一部です。
「生理」を含む「陰核の勃起」の記事については、「陰核の勃起」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/12 23:05 UTC 版)

乳腺」の記事における「生理」の解説

乳腺乳汁分泌できる。 一般に乳腺エストロゲン作用によって増殖しプロゲステロン作用によって発達する思春期以降による女性第二次性徴によって、卵巣発達し女性ホルモンとも言われるエストロゲンプロゲステロン分泌増加起こり乳腺発達する。主にエストロゲン乳管発達プロゲステロンエストロゲンと共に乳腺葉発達作用する。 またプロラクチンオキシトシン乳汁分泌刺激生じる。 男性では機能退化している。しかし、男性でもエストロゲンレベルが病的に高まると乳汁分泌するうになることがある(女性化乳房)。

※この「生理」の解説は、「乳腺」の解説の一部です。
「生理」を含む「乳腺」の記事については、「乳腺」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/20 05:56 UTC 版)

ニコチンアミド」の記事における「生理」の解説

ナイアシンとしても知られるニコチン酸in vivoニコチンアミドら変換されるがビタミンとしての機能それぞれ全く同じである。しかしニコチンアミドには、偶発的ナイアシン変化による薬理学的毒性効果はない。したがって、ニコチンアミドコレステロール還元せず、皮膚の紅潮引き起こさない細胞では、ナイアシンNADNADPから組み込まれるが、ニコチンアミドニコチン酸のその経路は非常に似ている。NAD+NADP+は、酵素酸化還元反応において広く用いられる補酵素である。

※この「生理」の解説は、「ニコチンアミド」の解説の一部です。
「生理」を含む「ニコチンアミド」の記事については、「ニコチンアミド」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/04 12:48 UTC 版)

銅ペプチドGHK-Cu」の記事における「生理」の解説

20歳時のGHK-Cuの血中濃度は200ng/mLであり、60-80歳には80ng/mLに低下する。GHK-Cuはコラーゲンエラスチン合成増加させる必須ミネラル皮膚から供給しようとすれば皮膚刺激反応起こしやすいが、GHK-Cuでは皮膚刺激誘発する可能性は低く安全な代替物となる可能性がある。 GHK-Cuは親水性あるため皮膚からの吸収効率的ではなく親油性のナノカプセル化の加工はその利用効率向上させる

※この「生理」の解説は、「銅ペプチドGHK-Cu」の解説の一部です。
「生理」を含む「銅ペプチドGHK-Cu」の記事については、「銅ペプチドGHK-Cu」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 10:09 UTC 版)

両生類」の記事における「生理」の解説

変温動物であり、体温周囲の気温とともに変化する温帯から寒冷地に住む種は冬眠を行う。 心臓は、2心房1心室より構成される無尾類有尾類では若干構造違い心房中隔無尾類では完全だ有尾類では隙間があるという違いがある肺循環と体循環区別があるが、心室中隔がないので動脈血静脈血心室混じり合っ体全体および呼吸器双方送られる。ただし大動脈と肺皮動脈哺乳類で言う肺動脈)の付け根に「らせん弁」というものがあり、心室収縮時に入ったときの位置関係から動脈血はらせん弁で隠された肺皮動脈にはほぼ入らず逆に静脈血大半が肺皮動脈流れる(一部は左大動脈にも流れる)。また、皮膚呼吸への依存大きいため体循環側でもガス交換が行われているほか、無尾類では肺循環側(肺皮動脈)からも体表側に通じ血管存在しており、成体になるとに行く血管腹大動脈から分岐)が退化する代わりに肺皮動脈から皮下動脈分岐し心臓から直接こちらに血液送られるように成って皮膚呼吸効率高めている。 生息域一般に、川、沼、湖などの淡水およびその周辺であることから、海水魚からではなく淡水魚から派生して誕生した動物群であると考えられている。実際に両生類の体は塩分に対する耐性低く海産の種も確認されていない。(汽水域生息する種はいる:カニクイガエル)ただし化石種には海に住むものも存在した現生種・化石種を含め完全な植物食の種は知られていないアミノ酸の代謝などによって生ずアンモニアは、両生類にとっても有害な物質である。このアンモニア排泄を行う方法生育環境大きく異なり無尾目同士でも普通のカエルの場合は幼生オタマジャクシ)の時はからアンモニアのまま大半排出するが、変態後はアンモニア尿素変えて腎臓から排出する方が主流となるのだが、生涯水中ですごす種類の場合は幼生成体共にアンモニア排出のままになる。これも、潤沢利用できるのか、そうではないのかが関係しているものと見られている普通のカエル生涯水棲のクセノプス(ツメガエル)の窒素排出物構成比違い種類アンモニア尿素カエル幼生75 10 カエル成体3.2 91.4 クセノプス(幼生78 22 クセノプス(成体75 25

※この「生理」の解説は、「両生類」の解説の一部です。
「生理」を含む「両生類」の記事については、「両生類」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/25 22:55 UTC 版)

アミア・カルヴァ」の記事における「生理」の解説

ポリプテルス・ガー目・ハイギョなどの開と同様に通ことによる通常の呼吸他に水面から空気呑み込み小さな呼吸を通じてに取入れことによる空気呼吸可能である活動レベルが低いでも、酸素半分以上空気呼吸によって取り込んでいる。換気には、2つ異なタイプがある。タイプI水上貧酸素水塊中で誘発されるもので、吸気呼気動作からなりガス交換によって血中酸素濃度維持する役割がある。タイプII吸気のみの動作で、容積増加させて浮力確保する役割がある。本種は空気呼吸によって貧酸素環境でも代謝維持することで、生存能力を向上させている。周囲が暗くなる活動が活発になり、空気呼吸頻度増加する血液は、暖かく酸性水域適応したもので、水温10下回る動き鈍くなる。この温度では空気呼吸をほとんど行わないが、水温の上昇とともにその頻度増加するまた、高温時にも、二酸化炭素の排出ら行っている。適した水温12-26範囲で、18時に最も活動レベルが高い1950年爬虫類学者Wilfred T. Neillは、川から0.4kmの地点地下10cmから、直径20cm程度の繭を作って夏眠する種を発見した報告している。また同時に過去洪水この場所到達していたことにも言及している。本種のような河川性の魚類洪水によって水没した澱み進入し引いた時に取り残されることは珍しいことではないこのような夏眠報告逸話的複数回記録されているが、実験室では水上3-5日以上生存させることはできていない。だが、野外で実験未だ行われておらず、空気呼吸可能であること、糸や鰓弁硬い構造で、空気曝されてもガス交換可能であることから夏眠可能であるという見方存在する

※この「生理」の解説は、「アミア・カルヴァ」の解説の一部です。
「生理」を含む「アミア・カルヴァ」の記事については、「アミア・カルヴァ」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 23:50 UTC 版)

刺激伝導系」の記事における「生理」の解説

固有心筋特殊心筋は共に、外部からの刺激を受けなくとも特有のペース興奮繰り返す。しかし、この状態では心臓全体で血液駆出できるような有効な運動行えない。ただ心筋は、その介在板呼ばれる部分に、それぞれコネキシンの6量体であるコネクソン介したギャップ結合によって電気的に関連性有している。 こららの心筋自動的興奮リズムは、洞房結節7080 (回/分)で最も速い。そして、この洞房結節から刺激伝導系心臓全体へと伸びており、この洞房結節興奮電気信号として伝えられる。そのため、洞房結節心臓全体興奮ペースメーカー役割果たし心臓全体として血液駆出できるように運動できる。 また、刺激伝導系を通して電気信号として興奮伝え方法正常な心臓の拍動実現しているため、外部から電流流れた場合には、正常な電気信号伝達阻害され心臓の動きに異常を来たす場合がある。 なお、心臓には交感神経系副交感神経系双方自律神経繊維分布しており、交感神経刺激洞房結節を始めした心筋細胞興奮ペース速くし、副交感神経刺激逆に遅くする。この自律神経作用によって、運動ストレスなどで単位時間当たり心拍数が増す傾向出て逆に休息中眠っている際などに単位時間当たり心拍数減少する傾向が出る。 この他に、外部から取り入れた薬物が、単位時間当たり心拍数影響を与える場合もある。

※この「生理」の解説は、「刺激伝導系」の解説の一部です。
「生理」を含む「刺激伝導系」の記事については、「刺激伝導系」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 08:47 UTC 版)

美白」の記事における「生理」の解説

人間の皮膚の色は、人種によってその色合い異なるが、これは皮膚存在する色素メラニン負うところ大きい。また皮膚黒くなるのは色素メラニンよるもの大きい。 肌の色には、皮膚下に存在する毛細血管中を流れ血液の色、すなわち赤血球ヘモグロビン)の色も影響する

※この「生理」の解説は、「美白」の解説の一部です。
「生理」を含む「美白」の記事については、「美白」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 07:19 UTC 版)

リノール酸」の記事における「生理」の解説

植物油多く含まれ、特にベニバナ油サフラワー油)やコーン油(52-58%)、大豆油(52-58%)に多い。ヒト含めた動物体内ではリノール酸不飽和化炭素鎖長鎖化が進行しアラキドン酸からアラキドン酸カスケード呼ばれる生体反応経てプロスタグランジンなどの生理活性物質原料となるほか、細胞膜膜脂質として多く見られるn-6系の必須脂肪酸である。これはヒトを含む哺乳動物において、食餌からの摂取不可欠であるめであるn-6系の必須脂肪酸欠乏により、髪のパサつきや抜け毛などのほか、創傷の治癒の遅れが見られるまた、血中コレステロール値中性脂肪値を一時的に低下させる作用を持つ。 しかしながら過度の摂取アレルギー悪化させる2013年研究結果では、日常摂取する飽和脂肪酸一部15%程度)をリノール酸置き換えた場合、全死因死亡心血管死亡、冠疾患死亡リスク上昇する可能性指摘されている。 不飽和脂肪酸共通する性質不飽和脂肪酸の項に詳しい。

※この「生理」の解説は、「リノール酸」の解説の一部です。
「生理」を含む「リノール酸」の記事については、「リノール酸」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 02:34 UTC 版)

肺胞」の記事における「生理」の解説

赤血球中のヘモグロビン(Hb)は酸素分圧に応じて酸素と結合する性質有しており、酸素分圧が高い肺砲内で酸素と結合し、酸素分圧が低い末梢組織酸素遊離する二酸化炭素一部ヘモグロビン結合しているが、これは二酸化炭素運搬というよりもヘモグロビン酸素との親和性変化させることにより効率よく酸素運搬させる役割を持っている。二酸化炭素酸素よりも溶解しやすく、二酸化炭素運搬専ら血漿への溶解赤血球内での水和炭酸変化)によるイオン化によって血漿中に拡散して運搬される血漿中にはフリーの二酸化炭素炭酸イオン共存し化学平衡達しているが、二酸化炭素分圧の低い肺胞血液到達すると、まず二酸化炭素肺胞気中拡散し血漿二酸化炭素分圧下がることによって炭酸脱水されて二酸化炭素となり、さらに肺胞気中拡散して排泄される一方一酸化炭素シアン化水素は、ヘモグロビンとの親和性酸素より高いため、酸素運搬阻害して毒性発揮する。 なお、血液空気ガス交換血液‐ガス分配係数表される。これは、ガス溶ける血液分布容積求めるものであり、吸入麻酔薬選択調整使用される臨床においては、肺胞気・動脈血酸素分圧較差AaDO2)が肺胞における換気能の指標として重視される

※この「生理」の解説は、「肺胞」の解説の一部です。
「生理」を含む「肺胞」の記事については、「肺胞」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 21:43 UTC 版)

アベハゼ」の記事における「生理」の解説

日本産アベハゼ属の系統関係       アベハゼ     イズミハゼ       ナミハゼ         ホホグロハゼ     タヌキハゼ     大半真骨魚類窒素老廃物アンモニアのままで排泄するが、アベハゼ例外的にアンモニア尿素変える能力を持つ。とくに水中アンモニア濃度高くなると、尿素回路活発に働きアンモニアから尿素作られる。本種はこの能力によって、毒性の高いアンモニアの多い汚染された水中でも生活できるものと考えられるアベハゼ属のなかで、アベハゼにもっとも近縁なイズミハゼ同じく高い尿素合成能力持ち中程度合成能はナミハゼとタヌキハゼにも確認されているが、ホホグロハゼはその能力持たないこれらの種では北方分布するものほど尿素合成能力が高い傾向があり、この性質アベハゼ属が熱帯から温帯進出し種分化繰り返過程進化してきたと推測されている。

※この「生理」の解説は、「アベハゼ」の解説の一部です。
「生理」を含む「アベハゼ」の記事については、「アベハゼ」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 15:33 UTC 版)

二胚動物」の記事における「生理」の解説

ニハイチュウには組織器官呼べる構造はなく、飲作用細胞膜を介して能動輸送拡散により栄養摂取老廃物の排出等を行っていると考えられる

※この「生理」の解説は、「二胚動物」の解説の一部です。
「生理」を含む「二胚動物」の記事については、「二胚動物」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/23 20:50 UTC 版)

α-リノレン酸」の記事における「生理」の解説

ヒト含めた動物体内ではΔ6-脂肪酸デサチュラーゼにより18:3(n-3)のα-リノレン酸ALA)のΔ6の位置不飽和結合作りエロンガーゼにより炭素2個伸張して20:4(n-3)のエイコサテトラエン酸生成し、Δ5-脂肪酸デサチュラーゼにより不飽和結合増やして20:5(n-3)のエイコサペンタエン酸EPA)を生成し、このエイコサペンタエン酸から22:5n-3)のドコサペンタエン酸DPA)を経るかSprecher's shunt呼ばれる経路いずれか経て22:6(n-3)のドコサヘキサエン酸DHA)が生成される詳細デサチュラーゼを参照のこと。)。このようにヒト含めた多くの動物体内α-リノレン酸原料としてEPADHA生産することができるが、α-リノレン酸からEPADHA変換される割合10-15%程度である。 不飽和化するデサチュラーゼ炭素2個伸張するエロンガーゼω-3脂肪酸ω-6脂肪酸共通しているので、ω-3脂肪酸最初の出発物質であるα-リノレン酸摂取することで、ω-6脂肪酸最初の出発物質であるリノール酸がより多不飽和化されω-6脂肪酸であるアラキドン酸代謝させるのを抑制するα-リノレン酸摂取少なくアラキドン酸過剰に存在するうになるアラキドン酸カスケード経て多数作用の強い生理活性物質産生され炎症起こことがあるα-リノレン酸から生成されるDHAは脳や網膜リン脂質含まれる脂肪酸主要な成分である。妊娠・出産期に母親には無視できないω-3脂肪酸枯渇危険性高まりその結果として産後うつ病危険性関与する可能性がある健常者比較してうつ病患者ω-3脂肪酸蓄積量有意に低くω-6とω-3比率有意に高かったことが指摘されている。 2011年ハーバード大学発表された10年以上にわたる50,000人以上の女性対象とした調査で、α-リノレン酸豊富に摂取し同時にリノール酸をあまり摂取しないことは、有意にうつ病発生減少させることが認められたまた、この結果対照的にこの調査では、魚油含まれるEPADHA摂取は、うつ病発生減少させないことが認められたα-リノレン酸摂取する心血管疾患リスク軽減されるとの報告がある。

※この「生理」の解説は、「α-リノレン酸」の解説の一部です。
「生理」を含む「α-リノレン酸」の記事については、「α-リノレン酸」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/30 03:04 UTC 版)

ネフロン」の記事における「生理」の解説

糸球体構成する網細血管では血球成分や大質量蛋白質漏れ出ず、血漿成分体内毒素だけが濾過されボーマン嚢流れ出る漏れ出なかった血液成分は再び1本輸出細動脈となり、腎小体から出てゆく。一方糸球体濾過され毒素などはボーマン嚢受け止められ尿細管流れてゆく。尿細管壁では糸球体から流れ出た水分栄養再吸収したり、濾過し切れなかった毒素をさらに排泄したりして、原尿作ってゆく。糸球体近接装置では、原尿水量毒素濃度などの情報輸出細動脈伝達する。これを受けた輸出細動脈血圧調節するホルモンレニン)を分泌し腎臓への血流調節する

※この「生理」の解説は、「ネフロン」の解説の一部です。
「生理」を含む「ネフロン」の記事については、「ネフロン」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 15:37 UTC 版)

オオカミゴケ」の記事における「生理」の解説

ほとんどの地衣類と同様低温凍結に対する高い耐性がある。ある実験では15時間の冷凍経て生存し12分の解凍後に光合成再開した解凍中に氷点下でも光合成再開したことから冬季おいても活動していることが示唆される

※この「生理」の解説は、「オオカミゴケ」の解説の一部です。
「生理」を含む「オオカミゴケ」の記事については、「オオカミゴケ」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/28 05:55 UTC 版)

ロンベルグ試験」の記事における「生理」の解説

じっと直立した姿勢保っていられるのは、感覚神経路、感覚運動統合中枢運動神経路がいずれも正常である場合に限るこの際必要な感覚入力関節位置覚固有覚)、これは脊髄後索を伝わ視覚 である。 重要なことだが、脳は固有覚視覚どちらか正常ならば、平衡を保つために充分な入力得られる一方感覚系と運動系統合小脳行われる。また運動神経路は皮質脊髄路錐体路)である。 ロンベルグ試験第一段階開眼し立った状態)は、上記二つ感覚神経路のうち少なくも一つ、そして感覚運動統合中枢および運動神経路は正常であることを示している第二段階では閉眼によって視覚路からの入力消去する。このとき固有覚伝導路正常な姿勢維持できる。しかし、固有覚障害されていると、二つ感覚入力がなくなることになるので被験者はすぐに倒れてしまうのである

※この「生理」の解説は、「ロンベルグ試験」の解説の一部です。
「生理」を含む「ロンベルグ試験」の記事については、「ロンベルグ試験」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/29 08:10 UTC 版)

マミチョグ」の記事における「生理」の解説

本種は様々な環境条件耐性を持つことでよく知られる水温6 - 35の間で生存可能であり一回潮の干満間に水温15から30急速に変化するような環境にも耐えられることが報告されている。また、本種は広塩性英語版)の魚の中でも塩分濃度変化最も強いのひとつである 。マミチョグ仔魚は0.4-100‰の塩分濃度生育可能である。なお、100‰の塩分濃度いうのは海水およそ3倍に相当する。本種の成魚最低で1 mg/L低酸素濃度にも耐えることができる。この時本種は水面近くわずかに酸素濃度の高い領域呼吸を行うことで、低酸素濃度耐え抜く陸上で湿った空気にふれていれば数時間の間呼吸続けられたという報告もある。 メチル水銀クロルデコンダイオキシンポリ塩化ビフェニル多環芳香族炭化水素といった有害物質への耐性獲得した個体群知られている。この高い耐性利用した研究多数行われており、例えある研究では、ポリ塩化ビフェニルクレオソート油汚染著し海域捕獲した本種の個体と、非汚染地域個体トランスクリプトームを比較することで、その耐性原因となっている遺伝子探索試みている。

※この「生理」の解説は、「マミチョグ」の解説の一部です。
「生理」を含む「マミチョグ」の記事については、「マミチョグ」の概要を参照ください。


生理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/11 00:35 UTC 版)

ライギョダマシ」の記事における「生理」の解説

骨格軽量軟骨質はない。体には大量の脂肪蓄えられ、これは(特に繁殖用いる)エネルギー源なるだけでなく、中性浮力維持する役割もある。繁殖所で漁獲され個体脂肪減少していることが多く繁殖、または繁殖に伴う移動には大量のエネルギー要することが窺えるこれらの個体がどうなるのかは分かっておらず脂肪量が元に戻るのか、戻るとしたら、どのくらい再度繁殖可能となるのかも不明である少なくとも表面上大陸斜面上の個体では脂肪量は回復しているようである視覚側線システムは弱光下で獲物見つけることに適応している。南極海は夏でも氷に覆われるが、本種の感覚器官は、海が分厚い氷に覆われる冬や、光がほとんど届かない深度であっても生き残れるように進化している。嗅覚は非常に発達しており、釣り餌や、他の捕食者殺されたペンギン死骸などを容易に嗅ぎ当てる

※この「生理」の解説は、「ライギョダマシ」の解説の一部です。
「生理」を含む「ライギョダマシ」の記事については、「ライギョダマシ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「生理」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

生理

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 10:06 UTC 版)

名詞

せいり

  1. 生きていることに伴う様々現象はたらきしくみ呼吸消化排泄血液循環体温調節代謝など。
  2. 俗語法律月経メンス

発音(?)

せ↘ーり

派生語


「生理」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



生理と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生理」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスキピオニクス (改訂履歴)、失神ゲーム (改訂履歴)、カルシトニン (改訂履歴)、老年医学 (改訂履歴)、半矮性遺伝子 (改訂履歴)、血液学 (改訂履歴)、高度好塩菌 (改訂履歴)、陰核の勃起 (改訂履歴)、乳腺 (改訂履歴)、ニコチンアミド (改訂履歴)、銅ペプチドGHK-Cu (改訂履歴)、両生類 (改訂履歴)、アミア・カルヴァ (改訂履歴)、刺激伝導系 (改訂履歴)、美白 (改訂履歴)、リノール酸 (改訂履歴)、肺胞 (改訂履歴)、アベハゼ (改訂履歴)、二胚動物 (改訂履歴)、α-リノレン酸 (改訂履歴)、ネフロン (改訂履歴)、オオカミゴケ (改訂履歴)、ロンベルグ試験 (改訂履歴)、マミチョグ (改訂履歴)、ライギョダマシ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの生理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS