ホロタイプとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ホロタイプの意味・解説 

ホロタイプ

別名:正基準標本、正模式標本
英語:holotype

ホロタイプとは、生物分類学の用語で、新種初めて正式に報告する論文原記載)の中で指定される、個体標本のこと。「正基準標本もしくは「正模式標本」ともいう。

ホロタイプは、発見報告された個体新種であることの物的証明であるだけでなく、新種として学名をつける際の基準としても、後に発見された個体が同じ種(新種か否か同定する際の基準としても、絶対的重要性をもつ、唯一無二の個体である。

ホロタイプは1個体のみと決められている。2つ以上の個体標本がある場合そのうち1つがホロタイプとなり、他はホロタイプに準じるもののホロタイプとは別扱いの「パラタイプ」と位置づけられる。

ホロタイプの「ホロ」(holo-)は、「全体の」「完全な」という意味の接頭辞である。パラタイプパラpara-)は「近似」「副」といった意味である。

ちなみにプロトタイプ」の「プロト」(proto-)は「最初の」「原初の」といった意味であり、「プロトタイプ自体は「試作品」「原型」などと訳されることが多い。ただしもちろん分類学標本区分には「プロトタイプ」という区分はない(ない)。

ホロタイプ【holotype】

ある生物新種として記載する際に必要な模式標本のうち、記載論文でただ一つ明示的に指定されるもっとも重要な標本正基準標本。正模式標本



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ホロタイプ」の関連用語

ホロタイプのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ホロタイプのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2020 Weblio RSS