あれとは?

あれ

[感]感動したり驚いたり、また不審に思ったりしたときに発する語。あら。おや。「あれ、変だなあ」


あれ【荒れ】

あれること。荒廃。「壁の荒れが目だつ」

風雨激しく天候穏やかでないこと。また、物事激しく変動すること。「荒れ模様

皮膚があらくなること。「手の荒れ」


あれ【彼】

[代]

遠称指示代名詞

第三者持っている物、または、話し手聞き手双方見えている物をさす。あのもの。「彼は何だ」「彼が欲しい」

双方見えている場所をさす。あそこ。

「―に見えるは茶摘みじゃないか」〈文部省唱歌茶摘

双方知っている過去事柄をさす。例のこと。「彼は忘れられない出来事だ」「彼以来からだのぐあいが悪くってねえ」

三人称人代名詞双方見えている人、分かっている人をさす。あの人。「彼が君の妹か」

二人称人代名詞あなた。

「―は何する僧ぞと尋ねらるるに」〈宇治拾遺・一〉


あれ【×吾/我】

[代]一人称人代名詞。われ。わたし。

さ寝むとは―は思へど」〈記・中・歌謡〉

[補説] 上代語中古には、「あれにもあらねば返しすべくも思はねど」〈源・玉鬘〉のような慣用表現に残るだけで、「われ」が多く用いられた。


あれ【×礼】

動詞「あ(生)る」の連用形からか》賀茂の祭のときの幣帛(へいはく)。(さかき)に種々の綾絹(あやぎぬ)や鈴などをつけたもの


有れ、在れ


荒れ、散れ、離れ、生れ


有れ、在れ


荒れ

読み方:あれ

ラ行下一段活用動詞「荒れる」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

あれ 【阿礼】

御阿礼

あれ

作者星新一

収載図書怪談24恐怖
出版社講談社
刊行年月2004.9

収載図書死体ばんざい
出版社理論社
刊行年月2008.8
シリーズ名星新一YAセレクション


あれ

作者皆川博子

収載図書小説
出版社集英社
刊行年月2006.7


あれ?

作者賢二

収載図書ショートショートの広場 14
出版社講談社
刊行年月2003.2
シリーズ名講談社文庫


あれ?

作者平山夢明

収載図書東京伝説渇いた街怖い話
出版社竹書房
刊行年月2006.5
シリーズ名竹書房文庫


あれ

  1. 英語のItを訳した言葉性的魅力
  2. 英語のイツト(It)を訳した言葉、クララ・ボーの映画イツト」から来てゐる。性的魅力のことを言ふのである。「あのはあれがあるわ」などと近代女性にまで性的魅力発見するとか。

あれ

  1. 例のもの、乃至レコともいう。千変万化意味深長にして自由自在どこでも何事にも使える代名詞、「君のあれはいけるね」「あれのつもりだったら幸いにして、あれは終ってたよ」など。〔風流

荒れ

読み方:あれ

  1. 逆艪』の樋口次郎のやうに大童(おほわらは)に髪を振りさばいた鬘(かつら)。〔歌舞伎
  2. 髪を振りさばいた鬘。逆櫓樋口次郎等に用ひ、剣劇の方では、大乱闘の揚句になる髪の形に用ふ

分類 歌舞伎演劇

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
あれ

指示語

(あれ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/29 17:34 UTC 版)

指示語(しじご)または指示詞(しじし、demonstrative)とは、話し手のいる地点と状況をもとにしてものを指し示す機能を持つ語であり、特に代名詞限定詞として用いられる[1]日本語の「これ」「その」や英語thisthat などは典型的な指示詞である。


  1. ^ Diessel 1999: 2.


「指示語」の続きの解説一覧

あれ

出典:『Wiktionary』 (2020/05/06 09:47 UTC 版)

代名詞

あれ(れ)】

  1. 距離的、時間的、または心理的に、話し手からも聞き手からもとおくにあるものごと人格意識されない人、また時節状況
    • あれが市役所です。
    • あれは誰?
    • あれはもう昔のことだ。
    • あれからすっかり元気になった。
    • あれほどはひどくない。
    • あれで一体何か面白いのか。
    • あれはあれでいいだろう。
  2. 距離的、時間的、または心理的に、話し手からも聞き手からもとおくにあるひと。(その人を見下し表現とされる)。あいつ。
    • あれにも困ったもんだ。
  3. (古)距離的に話し手からも聞き手からもとおくにある場所。あそこ、かなた。
  4. (「あれで」「あれでいて」「あれでも」などの形で)見かけと違って。ああ見えて。案外。意外と
    • からだの弱さうな、気の弱さうな人であるけれども、あれで却々野心家だとも思つてゐた。(中原中也『逝ける辻野君』)
  5. (「あれだろう」「あれじゃないか」「あれだ」などの形で)事情確認説明する際の導入句として。知ってのとおり。たしかこのように聞いているが。自分はこう思うが。
    あさ子 あら。(悄気て)困るわ。あたし、ちっとも怠けなんかいやしないのよ。だけど、あれでしょう三年間ちっともお針なんか持たなかったんだもの。そりゃ、女学校時分はやったけれど。(森本薫『みごとな女』)
  6. 事物。もの。それ。そのこと。
  7. 述語に用いられて)おかしい、こまる、具合が悪い、いきすぎだなどのニュアンスを表す。〜何だ
  8. 言葉をぼかす。または頭に浮かばない言葉代わりとして。
    • 久しぶりにあれをしようとしたら急にあれが始まっちゃって。
    • あれのあれをあれしてもらえるとあれなんだけど。

発音

東京式アクセント
あ↗れ
京阪式アクセント
↗あ

関連語

日本語指示詞
  近称(こ-) 中称(そ-) 遠称(あ- 不定称(ど-)
指示代名詞 これ[複数:これら] それ[複数:それら] あれ[複数:あれら] どれ
指示代名詞卑称 こいつ そいつ あいつ どいつ
連体詞 この その あの どの
場所 ここ そこ あそこ どこ
方向 こちらこっち そちらそっち あちらあっち どちらどっち
態様 こう
こんな
そう
そんな
ああ
あんな
どう
どんな

翻訳

感動詞

あれ

  1. 意外さや驚き不審想定異な様子に気がついたことなどをあらわす。あ、あら、あれれ、おや
  2. (古)感動をあらわす

発音

あ↗れ

名詞

あれれ】

  1. 荒れること。

発音

東京式アクセント
あ↗れ
京阪式アクセント
↗あれ

動詞

あれ

  1. あれる」の未然形
  2. 「あれる」の連用形
  3. 「ある」の仮定形
  4. 「ある」の命令形

代名詞:彼

あれ

  1. 遠くにある人・物・場所・時節などを指して)あれ。
  2. あなた

代名詞:吾

あれ

  1. わたし

語源

日本祖語 *a




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

あれのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



あれのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの指示語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのあれ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS