どんなとは?

どんな

形動

はっきりしないそのものの状態・性質程度などを想像ようとするさま。「どんな人が来るのだろう」「どんなにかうれしかったろう」「どんなものをお探しですか」

物事の状態・性質程度などに左右されないさま。「どんな物でも買い取る」「どんなに悲しくとも泣かない

[補説] 連体形に「どんな」「どんなな」の二形がある。連体形として一般には「どんな」の形が用いられるが、助詞「の」に続くときなどは「どんなな」の形が用いられる。「通信事情が悪いので、今の状況がどんななのか、よくわからない


ドンナ【(イタリア)donna】

女性の意》服飾などで、女性用・女物の意味に用いる語。→ウオモ


どんな

形動〕 (語幹そのまま連体形はたらきをする) 状態や程度について限定できないさま。どのよう

咄本当世口まね笑(1681)一「やれ此はどんなだ。あひるのやうなと仰らるるを」

歌舞伎韓人漢文手管始唐人殺し)(1789)三「京は近し芝居といへば歴々役者様方、どんなを見よふと儘也」

俳諧七番日記文化一三年(1816)一一月「町並やどんな庵でも餠さわぎ」


鈍な

読み方:どんな

形容動詞「鈍だ」の連体形

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

どんな

品詞人称代名詞
標準語》どの人。人を指す際の多少敬意のこもった表現。〔赤碕町以西使用か?〕
参照》こんな、そんな、あんな。
補遺中西さんは現在広島在住ですが、この表現広島でも使われているそうです。(ごんべ独白東伯町では聞いたことがなかった)

どんな

鈍な[意]まぬけ[例]なんちゅう、どんなじゃろうか(何という間抜けだろうか)

どんな

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 18:03 UTC 版)

連体詞

どんな

  1. はっきりていないものを考えるさま
  2. 物事状態などに左右されないさま
    • どんな漢字でも書ける

関連語

日本語指示詞
  近称(こ-) 中称(そ-) 遠称(あ-) 不定称(ど-)
指示代名詞 これ [複数: これら] それ [複数: それら] あれ [複数: あれら] どれ
指示代名詞 こいつ
こちらさま
そいつ
そちらさま
あいつ
あちらさま
どいつ
どちらさま
連体詞 この その あの どの
場所 ここ
こっから
そこ
そっから
あそこ
 
どこ
どっから
方向 こちらこっち そちらそっち あちらあっち どちらどっち
態様 こう
こんな
こんくらい
こんだけ
そう
そんな
そんくらい
そんだけ
ああ
あんな
あんくらい
あんだけ
どう
どんな
どんくらい
どんだけ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「どんな」の関連用語

どんなのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



どんなのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
鳥取弁辞書鳥取弁辞書
Copyright (C) 1996-2022 gonbe007
豊語林豊語林
Copyright (C) 2022 豊語林 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのどんな (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS