阪神タイガースとは?

阪神タイガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/24 04:03 UTC 版)

阪神タイガース(はんしんタイガース、英語: Hanshin Tigers)は、日本プロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。日本に現存する12球団の中で読売ジャイアンツに次いで2番目に歴史が長いプロ野球球団である。運営法人は株式会社阪神タイガース。親会社阪神電気鉄道阪急阪神ホールディングス傘下)。兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場本拠地




注釈

  1. ^ 日本職業野球連盟は現在の日本野球機構の源流に当る組織である。
  2. ^ この年は引き分けとして0.5勝+0.5敗を勝率に加算されていたため、引き分けとして0.5勝+0.5敗を勝率に加算されていなければ、大阪は勝率.5123、中日は勝率.5120となり、両球団の勝率が3毛差となり大阪は2位、中日は3位となる。
  3. ^ 2004年に巨人が更新
  4. ^ 同行していた電鉄本社常務取締役の石田一雄も犠牲となったが、これは同事故当日に運輸省(現・国土交通省)で行われた民鉄協の会議に出席し帰阪のために同事故の便に搭乗したものであるが、当初この会議には球団オーナーで電鉄本社社長の久万俊二郎が出席し同便で帰阪する予定だったが、久万が私用で出席できなくなったことで中埜・石田の両名が代理で出席し同便に搭乗し同事故の犠牲となった。
  5. ^ 8月10日と11日に福岡市平和台野球場で阪神対中日戦(地方主催試合)が行われ、事故日は13日から後楽園球場で行われる巨人対阪神戦に備えての移動日であった。犠牲になった中埜も事故前々日に応援のため平和台野球場を訪れていた。
  6. ^ この366便に搭乗していた選手の一員である木戸克彦の妻は当該事故便の123便に搭乗予定だったが直前にキャンセルし難を逃れた。
  7. ^ この当時、甲子園は改装工事中で使用できなかったため、京セラドーム大阪で試合を行った。
  8. ^ 最高打率が.270以下だったのはチームでは44年ぶり。
  9. ^ 前シーズンから通算すると10連敗。
  10. ^ パ・リーグでは前身のプレーオフで2004年2位の西武、2005年2位のロッテ(当時のプレーオフはパシフィック・リーグのみに先行導入され、プレーオフを勝ち抜いたチームがリーグ優勝というルールだった)、CS導入後の2007年2位の中日、2010年3位のロッテはいずれも日本一になっている。
  11. ^ 2011年の北海道日本ハムファイターズと並ぶ。
  12. ^ 本来の英語では複数形のsを「ス」と発音するのは、単数形の語尾が無声音の場合だけであるが、戦前の日本の球団名ではタイガースのほかにイーグルスセネタースがやはりあえて清音としている。戦後の命名ではセネタース阪急ブレーブス松竹ロビンス近鉄パールス東北楽天ゴールデンイーグルスがこれに該当する。
  13. ^ 1950年の開幕前に甲子園球場で開催されたオープン戦「大阪市長杯」で全チームが参加した入場行進の写真に「阪神タイガース」のプラカードが写っているのが確認できる[72]
  14. ^ 1975年には全国高等学校野球選手権大会の日程が雨天順延が相次いで5日延びたため、甲子園で行う予定だった阪神の試合が雨天中止に準じた扱いで予備日に振替開催されたこともある。
  15. ^ 現状では7月末から8月末までの1ヶ月程度に及んでいる。
  16. ^ 新幹線や飛行機を使うまでは、在来線の夜行列車などで長時間移動したりした。
  17. ^ かつては旅館の大部屋で雑魚寝ということもあったが、今はシティホテルの個室である。
  18. ^ 実際には、巨人も毎年7月中旬 - 下旬の都市対抗野球開催期間中に阪神ほどではないが長期遠征を行っている。
  19. ^ 2012年からこの制度になった。
  20. ^ 2015年以降、阪神の主催試合は奇数年が72試合、偶数年が71試合となっている。
  21. ^ 2006年も1試合を予定していたが、同球場の設備の老朽化を理由に甲子園に振り替えとなり、2007年以降はオープン戦すら行っていない。なお、それ以降はオリックスと巨人が公式戦を開催した実績がある。
  22. ^ 交流戦が開催されている2005年以後は梅雨時の開催は行っていなかったが、2009年は交流戦2試合を開催した。
  23. ^ 2011年も1試合を開催予定であったが、雨天中止となり甲子園での開催に振り替えられた。
  24. ^ 2011年の公式戦開幕は東日本大震災の影響で日程が順延されたことによるもので、当初の予定ではビジターでの開幕だった。
  25. ^ なお、その次の主催ゲーム開幕シリーズ扱いとなる京セラドームの中日戦も中止となったため、延期日程補填の観点から10月にヤクルト3連戦を京セラドームで開催している
  26. ^ 当初、セ・パ両リーグで同時開幕を前提としていたため大阪ドーム以外での開催も検討されたが、パ・リーグがセ・リーグよりも一週間早く3月20日(土曜日)に開幕し、かつ開幕カードから3日間空けて26日(金曜日)から次カードを行うという日程を組んだ。なお、セ・リーグは26日に開幕した[75]。もし同時開催であれば、かつてオリックスが本拠地としていた保護地域の兵庫県内にあるスカイマークスタジアムの利用も示唆されていた。
  27. ^ 当年はWBCとの兼ね合いで2010年のように開幕をずらすなどの日程の調整が難しかったことなどで、阪神が返上した。
  28. ^ 綱島理友監修の書籍『スポーツマスコット図鑑』では「1984年ごろ」と記述[76]
  29. ^ なお、特許電子図書館ウェブサイトでも確認できる商標画像は、手書きでなされたものである。
  30. ^ 井上章一の著書『阪神タイガースの正体』によると、阪神は甲子園球場へのナイター設備の設置(1956年)が大阪スタヂアムより遅れたことで観客動員が低迷し、1950年代前半は南海の観客動員は阪神を上回った。ナイター設置後も1959年からは3年続けて南海を下回っていた[95]
  31. ^ 1961年に刊行した『毎日放送十年史』では南海との契約が営業に貢献したと記したが、1991年に刊行した『毎日放送の四〇年』の中では1971年に甲子園の阪神・巨人戦の中継枠2試合を確保したことを「"虎の子"の二試合、スポーツ担当だけでなく、全社あげて晴天を祈る気持ちだった。」と記すほど状況は変化していた[98]
  32. ^ 南海と毎日放送との契約は、1960年に南海が契約額を引き上げたことから、1961年にはプロ野球中継自体を大幅に削減していた。
  33. ^ 『毎日放送の四〇年』には1970年代の関西地区のプロ野球ファンについて「圧倒的に阪神タイガースのファンが多く、次いで巨人、さらに間をおいて南海、阪急、近鉄である」と記し、その対応として同局が「ナイター中継は阪神、巨人を中心にしたセ・リーグに主眼を置き、パ・リーグ在阪3球団のカードを交え…選ぶのが基本姿勢」との記述がある[100]
  34. ^ その一方、読売新聞系の「スポーツ報知」は、スポーツ新聞として唯一、球団発行のタイガース公式イヤーブックに広告が掲載されていない。ただし、同じく読売系列の讀賣テレビ放送の広告は掲載されている
  35. ^ 書籍「プロ野球12球団全選手百科名鑑」シリーズでは、原則各球団の球団歌を記載しているが、「阪神タイガースの歌」は通称の方で明記されている。
  36. ^ この時、オーダー表提出係を担っていた岡本伊三美は、先発投手に「江夏」と書かれているのを見て「本当にこれでいいんですか?」と金田に念押ししている。
  37. ^ 星野は巨人への反骨心とすでにAクラス入りが決まっていたことから真ん中にボールを集めたといわれるが、カチカチになった阪神打線はこれを打てなかった(詳しくは中田潤の「新庄くんは、アホじゃない!」を参照)。
  38. ^ 山際淳司のドキュメント小説では、新幹線内で選手が持ち込んだラジオの試合中継をナインが聞いており、中日の勝利が決まった途端に王貞治が嬉しさの余り叫んだ、と描写されている。この時の情景は、翌年放映のテレビアニメ侍ジャイアンツ』第38話に取り入れられている。
  39. ^ この試合はプロ野球の公式戦初となる「勝った方が優勝」となる事実上の優勝決定戦だった。
  40. ^ この際、タクシー1台が騒ぎに巻き込まれて車体に損傷を受けている。試合告知の看板への損傷などもあった(上記読売新聞記事による)。
  41. ^ 中村の愛称。当日もテレビ中継のゲストで出演していた。
  42. ^ 後藤和昭は「阪神選手は翌日までロッカールームに缶詰めにされた」と語っているが「19時にファンが引きあげた」という当時の報道とは食い違いを見せている。
  43. ^ 制作時点ではパシフィック・リーグの覇者が決まっていなかったため、「阪神 - パ・リーグ優勝チーム」という表記だった。
  44. ^ 『関西の私鉄』には「(阪神百貨店の)祝優勝のペナント、店員用ワッペンは「その日」のために、倉庫で眠っている」とあるが、これが1985年に使われたかどうかは不明。

出典

  1. ^ 第84期決算公告、2018年(平成30年)7月3日付「官報」(号外第144号)93頁。
  2. ^ 球団史 1985, p. 43.
  3. ^ 球団史 1985, pp. 79 - 85.
  4. ^ 球団史 1985, pp. 97 - 101.
  5. ^ 球団史 1985, pp. 142 - 149.
  6. ^ 球団史 1985, pp. 195 - 198, 208 - 212.
  7. ^ 球団史 1985, pp. 261 - 262.
  8. ^ 球団史 1985, p. 383.
  9. ^ 阪神、初の最下位転落時の監督・後藤次男さん キャッチフレーズは「みんな仲良くボチボチと」産経
  10. ^ NHK特集 エースなき優勝~阪神21年目の栄冠~ - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  11. ^ a b 野崎勝義著ダメ虎を変えた! ぬるま湯組織に挑んだ、反骨の11年、2011年、朝日新聞社、P34-39
  12. ^ “王ダイエー日本一 星野監督勇退”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 1. (2003年10月28日) 
  13. ^ この年の記述の出典は特記無い場合週刊ベースボール』、ベースボール・マガジン社2012年12月10日、 70頁。
  14. ^ “阪神が新ユニホーム発表 ビジター用はシャツが黒!”. スポニチ Sponichi Annex. (2012年1月31日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/01/31/kiji/K20120131002543310.html 2017年4月9日閲覧。 
  15. ^ “阪神・坂井オーナー 前半戦「申し訳ない結果」”. スポニチ Sponichi Annex. (2012年7月20日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/07/20/kiji/K20120720003714850.html 2017年4月9日閲覧。 
  16. ^ “阪神 弱っ7連敗…中畑監督も同情「暗いなあ」”. スポーツニッポン. (2012年7月29日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/07/29/kiji/K20120729003784000.html 2015年10月14日閲覧。 
  17. ^ “エルドレッドが逆転2ラン!阪神8連敗で自力CS消滅”. スポーツニッポン. (2012年8月11日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/08/11/kiji/K20120811003887970.html 2015年10月14日閲覧。 
  18. ^ “阪神 今季22度目の零敗で2年連続Bクラス決定”. スポーツニッポン. (2012年9月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/09/25/kiji/K20120925004195520.html 2015年10月14日閲覧。 
  19. ^ 2012年度公式戦順位表”. 日本野球機構. 2015年10月14日閲覧。
  20. ^ “新井弟 出血も実らず 阪神 対巨人9連敗に「やる気あるんか」”. スポーツニッポン. (2012年9月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/09/05/kiji/K20120905004048510.html 2015年10月14日閲覧。 
  21. ^ “阪神 東京ドーム10連敗 好機に併殺、直後に逆転許す”. スポーツニッポン. (2012年9月15日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/09/15/kiji/K20120915004117210.html 2015年10月14日閲覧。 
  22. ^ “阪神 鬼門ナゴヤドーム8連敗「あと一本がね…」”. スポーツニッポン. (2012年9月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/09/08/kiji/K20120908004068400.html 2015年10月14日閲覧。 
  23. ^ “名選手ともに引退…金本「残念というか、もったいない」”. スポニチ Sponichi Annex. (2012年9月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/09/28/kiji/K20120928004213340.html 2017年4月9日閲覧。 
  24. ^ “球児 入団会見はクラブハウス開催 98年歴史“聖域”第一声”. スポニチ Sponichi Annex. (2012年12月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/12/08/kiji/K20121208004728170.html 2017年4月9日閲覧。 
  25. ^ 西岡剛選手入団記者会見”. 阪神タイガース公式サイト (2012年11月20日). 2015年10月14日閲覧。
  26. ^ 福留孝介選手入団会見”. 阪神タイガース公式サイト (2013年1月5日). 2015年10月14日閲覧。
  27. ^ 日高剛選手の入団について”. 阪神タイガース公式サイト (2012年11月27日). 2015年10月14日閲覧。
  28. ^ 2013年度新人選手入団発表会”. 阪神タイガース公式サイト (2012年12月3日). 2015年10月14日閲覧。
  29. ^ 読売新聞2013年9月23日スポーツ面
  30. ^ 朝日新聞2013年9月23日スポーツ面
  31. ^ “巨人、2年連続リーグ優勝!阪神敗れ、昨季より1日遅く決定”. スポーツニッポン. (2013年9月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/22/kiji/K20130922006662460.html 2015年10月14日閲覧。 
  32. ^ “メッセ3安打完封で12勝目!阪神のCS進出決定”. スポーツニッポン. (2013年9月23日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/23/kiji/K20130923006673680.html 2015年10月14日閲覧。 
  33. ^ “阪神快勝!鳥谷逆転弾 3年ぶりのシーズン勝ち越し、2位確定”. スポーツニッポン. (2013年10月3日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/03/kiji/K20131003006741170.html 2015年10月14日閲覧。 
  34. ^ “3位広島が下剋上!阪神に2連勝、巨人とのファイナルS進出”. スポーツニッポン. (2013年10月13日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/13/kiji/K20131013006802330.html 2015年10月14日閲覧。 
  35. ^ ““代打の神様”桧山が引退表明「ほっとしている気持ちある」”. スポーツニッポン. (2013年9月7日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/07/kiji/K20130907006570060.html?feature=related 2015年10月14日閲覧。 
  36. ^ 掛布雅之氏のGM付育成&打撃コーディネーター就任について阪神タイガース公式サイト 2013年10月21日配信
  37. ^ ここまでの記述の出典は産経新聞2014年9月27日付スポーツ面とする。
  38. ^ “阪神 CS進出決めた!終盤に勝ち越し、福留が千金打!”. スポーツニッポン. (2014年9月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/09/27/kiji/K20140927009005330.html 2015年10月14日閲覧。 
  39. ^ “広島 痛恨の逆転負けで3位転落 CS本拠地開催ならず 阪神2位確定”. スポーツニッポン. (2014年10月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/06/kiji/K20141006009058060.html 2015年10月14日閲覧。 
  40. ^ “史上最強”虎助っ人陣の共通点とは…”. デイリースポーツ. 2014年10月15日閲覧。
  41. ^ スポーツニッポン関西版2014年10月8日付2面
  42. ^ “セCS初の同点コールド適用 0―0のまま12回表終了で打ち切り”. スポーツニッポン. (2014年10月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/12/kiji/K20141012009090750.html 2015年10月14日閲覧。 
  43. ^ “原G無残…CS史上初4連敗 采配空振り、9回反撃も届かず”. スポーツニッポン. (2014年10月18日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/18/kiji/K20141018009127510.html 2015年10月14日閲覧。 
  44. ^ “阪神 下克上ならず…敵地で9連敗“呪縛”解けないまま終戦”. スポーツニッポン. (2014年10月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/30/kiji/K20141030009197920.html 2015年10月14日閲覧。 
  45. ^ “今夜も福留!サヨナラ押し出しで虎通算5000勝”. 日刊スポーツ. (2015年5月28日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1483509.html 2016年9月26日閲覧。 
  46. ^ “阪神、2夜連続サヨナラで球団通算5000勝!福留が押し出し四球選ぶ”. サンケイスポーツ. (2015年5月28日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20150528/tig15052822580015-n1.html 2015年5月28日閲覧。 
  47. ^ “阪神 連夜のサヨナラ勝ちで通算5000勝!また福留決めた!”. スポニチ Sponichi Annex. (2015年5月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/05/28/kiji/K20150528010436970.html 2017年4月9日閲覧。 
  48. ^ “大勝で交流戦セで唯一勝ち越し”. デイリースポーツ. (2015年6月16日). http://www.daily.co.jp/newsflash/tigers/2015/06/16/0008128322.shtml 2015年10月14日閲覧。 
  49. ^ “セ・リーグ6球団監督が前半戦を総括”. 日刊スポーツ. (2015年7月16日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1507867.html 2016年9月26日閲覧。 
  50. ^ “阪神が最速で1万試合到達 川藤幸三OB会長「誇らしい数字」”. 産経WEST. (2015年7月3日). http://www.sankei.com/west/news/150703/wst1507030067-n1.html 2015年7月3日閲覧。 
  51. ^ “阪神史上初の1万試合達成 和田監督「すごいな」”. 日刊スポーツ. (2015年7月3日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1501474.html 2016年9月26日閲覧。 
  52. ^ “阪神逆転負けでリーグ優勝完全消滅”. デイリースポーツ. (2015年9月27日). http://www.daily.co.jp/newsflash/tigers/2015/09/27/0008434942.shtml 2016年9月26日閲覧。 
  53. ^ 週刊ベースボール2015年12月14日号、P82
  54. ^ “阪神・関本賢太郎、涙の引退会見”. デイリースポーツ. (2015年9月30日). http://www.daily.co.jp/newsflash/tigers/2015/09/30/0008443522.shtml 2015年10月14日閲覧。 
  55. ^ 藤井彰人選手が現役引退を発表”. 阪神タイガース公式サイト (2015年10月13日). 2015年11月9日閲覧。
  56. ^ “阪神、和田監督の退任を発表”. デイリースポーツ. (2015年9月30日). http://www.daily.co.jp/newsflash/tigers/2015/09/30/0008444016.shtml 2016年9月26日閲覧。 
  57. ^ 週刊ベースボール2015年11月2日号、P109
  58. ^ 阪神、首脳陣を“総入れ替え” 高橋光信打撃コーチを解任サンケイスポーツ、2015年10月18日
  59. ^ “金本新監督が誕生 受諾を決断”. デイリースポーツ. (2015年10月17日). http://www.daily.co.jp/tigers/2015/10/17/0008491007.shtml 2015年11月9日閲覧。 
  60. ^ “再建へ金本新監督とタッグ!掛布氏2軍監督就任、28年ぶり縦じま”. スポーツニッポン. (2015年10月21日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/10/21/kiji/K20151021011359610.html 2015年11月9日閲覧。 
  61. ^ 阪神・金本新監督「最強のコーチ陣」 来季スタッフ発表 スポーツニッポン 2015年10月27日
  62. ^ “阪神も現金のやり取りか 球団社長「事実確認している」”. スポニチ Sponichi Annex. (2016年3月15日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/03/15/kiji/K20160315012218610.html 2017年4月9日閲覧。 
  63. ^ “阪神もチーム内で“高校野球くじ” 巨人、DeNAに続いて”. スポニチ Sponichi Annex. (2016年3月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/03/22/kiji/K20160322012262090.html 2017年4月9日閲覧。 
  64. ^ 【首位浮上一問一答】阪神・金本監督、球団史上初の9点差を逆転勝利に「僕も長い間プロ野球いますけど初めて」 - サンスポ、2017年5月6日
  65. ^ 阪神 DeNAに敗れ2位転落 ドラ2小野は3回6失点で初勝利ならず - スポニチアネックス、2017年5月28日
  66. ^ 阪神史上初の5投手がシーズン60試合登板 ドリス、マテオ、岩崎、桑原、高橋デイリースポーツ 2017年9月27日
  67. ^ 金本虎が誇る最強リリーフ陣!60試合登板の五人衆Baseball Crix 2017年10月8日
  68. ^ 阪神:最下位の原因は打撃の低調に 金本監督辞任へ 毎日新聞 2018年10月11日
  69. ^ “阪神鳥谷の連続出場ストップ 歴代2位1939試合”. 日刊スポーツ. (2018年5月29日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805240000481.html 2018年5月29日閲覧。 
  70. ^ 最下位決定の阪神 甲子園で今季39敗目 23年ぶりにチームワースト塗り替える Sponichi Annex 2018年10月9日
  71. ^ 藤田平氏超えた!阪神鳥谷が球団最多の2065安打 日刊スポーツ 2018年10月4日
  72. ^ 鈴木龍二 『プロ野球と共に五十年』上巻、恒文社〈恒文社新書〉、1984年ISBN 4770405936口絵。
  73. ^ 参照:『げんまつWEBタイガース歴史研究室』内「阪神タイガース観客動員数」[リンク切れ]『プロ野球Freak』内「阪神タイガース」
  74. ^ 能見 延びた開幕有効活用!理想投球フォーム追求 スポニチ Sponichi Annex 2017年4月9日閲覧
  75. ^ 公式戦2010年度カレンダー 3・4月 - NPB公式サイト3月20日配信
  76. ^ 綱島理友(監修) 『スポーツマスコット図鑑』、2009年[要ページ番号]ISBN 9784569772387
  77. ^ 登録番号第1543155号、1978年4月24日出願、1982年10月27日登録。
  78. ^ タイガースショップバイヤー・トッシーのとら日記 丸虎マーク天井照明について(2006年4月29日更新分)
  79. ^ 登録番号第1482910号、1976年11月10日出願、1981年10月30日登録。
  80. ^ 登録番号第1727154号、出願日1981年4月25日、商標登録10月31日。
  81. ^ 綱島理友、綿谷寛 『プロ野球ユニフォーム物語』 ベースボール・マガジン社、2005年[要ページ番号]ISBN 4583038070 『阪神タイガース70年史 猛虎伝説』 ベースボール・マガジン社、2005年、105頁。ISBN 4583613210。「綱島理友のタイガース意匠学」
  82. ^ 登録番号:第589835号、出願日:1961年5月25日。
  83. ^ 登録番号:第1553794号、1978年4月19日出願、1982年12月24日登録。
  84. ^ 登録番号:第1621729号)。
  85. ^ 2018年新ユニフォーム発表阪神タイガース公式サイト 2017年11月25日
  86. ^ 雑誌「週刊ベースボール」(ベースボールマガジン社刊)2008年7月28日号11-13ページ復刻ユニフォーム物語」
  87. ^ ウル虎の夏2013公式サイト7/26(金)〜9/1(日)はウル虎の夏2013
  88. ^ 西岡 意味深「ノーコメントです」 限定ユニに苦笑い!?(2014年2月1日スポニチ Sponichi Annex 2017年4月9日閲覧)、【阪神】ウル虎グリーン・ユニホーム披露(2014年1月31日日刊スポーツ 同2月1日閲覧)
  89. ^ “阪神 サードユニお披露目、黄色基調 上本「虎のイメージに合う」”. スポニチ Sponichi Annex. (2015年2月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/02/05/kiji/K20150205009756720.html 2017年4月9日閲覧。 
  90. ^ 【プロ野球】阪神・新井「かっこいい!」サードユニホーム発表、黄色に黒の袖 「ウル虎の夏」で着用(2016年2月5日産経ニュース 同2月8日閲覧)
  91. ^ 「ウル虎の夏2017」着用サードユニフォーム「ウル虎イエローユニフォーム」を発表!
  92. ^ 阪神・メッセ、ウル虎イエローユニホームは「かっこいい」 SANSPO.COM 2017年1月31日
  93. ^ 4/26-28「伝統の一戦」第1ラウンドで「輝流ラインユニフォーム2016」着用!阪神タイガース 2016年2月10日
  94. ^ 阪神 G戦用ブラックユニホームをお披露目デイリースポーツ 2017年1月25日
  95. ^ 井上章一 2001, pp. 76, 94 - 109.
  96. ^ 永井良和、橋爪紳也 『南海ホークスがあったころ 野球ファンとパ・リーグの文化史』 紀伊國屋書店2003年、156 - 157頁。ISBN 4314009470
  97. ^ 『関西テレビ放送10年史』 関西テレビ放送株式会社総務局社史編集室 編、1968年[要ページ番号]
  98. ^ 井上章一 2001, pp. 90 - 91.
  99. ^ 井上章一 2001, p. 329.
  100. ^ 井上章一 2001, p. 91.
  101. ^ 球団史 1985, p. 44.
  102. ^ a b 2018年新ユニフォーム発表阪神タイガース公式サイト 2017年11月25日
  103. ^ a b オフィシャルスポンサー制度を初導入
  104. ^ 株式会社ローソンとのオフィシャルスポンサー契約締結に合意
  105. ^ オフィシャルスポンサー契約の締結について 阪神タイガース公式サイト 球団ニュース 2018年01月29日
  106. ^ a b c “代打の神様”もたどり着けない、真弓氏のシーズン代打打点記録”. サンケイスポーツ. 2016年12月25日閲覧。
  107. ^ “【10月10日】2004年(平16) 始まりも終わりも代打 “神様”八木裕引退”. スポニチアネックス. (2011年10月10日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/pro_calendar/1110/kiji/K20111010001799910.html 2016年9月26日閲覧。 
  108. ^ a b 杉本厚夫「阪神タイガースファンにみる大阪文化」2005年、フォーラム現代社会学、第5巻、69-76頁‐CiNii、2016年9月26日閲覧。
  109. ^ “阪神一筋22年。桧山進次郎が「代打の神様」と呼ばれるまで”. webSportiva. (2013年11月7日). https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2013/11/07/22/ 2016年9月26日閲覧。 
  110. ^ 野村克也『野生の教育論:闘争心と教養をどう磨くか』ダイヤモンド社、2013年、97頁-ISBN 978-4478024782
  111. ^ “阪神・関本が引退会見 “代打の神様”の本音は「回って来ずに勝ってほしい…」”. ベースボールキング. (2015年9月30日). http://baseballking.jp/ns/49605 2016年9月26日閲覧。 
  112. ^ 江夏豊、波多野勝 『左腕の誇り 江夏豊自伝』 草思社2001年[要ページ番号]ISBN 479421040X
  113. ^ 毎日新聞大阪本社 1973年10月23日朝刊
  114. ^ a b c d e 読売新聞1973年10月23日23頁
  115. ^ 四国新聞1973年10月23日11頁
  116. ^ a b 産経新聞(近畿版D)、1973年10月22日、13ページ、テレビ欄。
  117. ^ a b 南海放送西日本放送は途中飛び乗りで放送。広島テレビは14時台は自社制作の『女性ロータリー』を、15時台はフジテレビから同時ネットの『3時のあなた』を優先した関係で放送しなかった。また、当時TBSテレビ系だった朝日放送は、14時からの『ワイドショー・プラスα』を山陽放送中国放送等のネット局に裏送りした(中国新聞、1973年10月22日、8ページ、テレビ・ラジオ欄)。
  118. ^ 1973年10月22日の朝日新聞(東京版)、テレビ・ラジオ欄、産経新聞(岡山版)、14ページ、ラジオ欄、中国新聞、8ページ、テレビ欄。
  119. ^ 中村鋭一さん虎党に愛され…甲子園暴動もABC放送席だけ無被害(『デイリースポーツ2017年11月8日付記事)を参照。
  120. ^ a b 西澤あきら『阪神戦・実況32年。甲子園の放送席から見たタイガースの真実』講談社、2014年、第2章第11節「73年最終戦、甲子園で阪神が敗れ暴動が発生。そのとき放送席は!?」(pp.113-117)。
  121. ^ 毎日新聞大阪本社 1973年10月23日朝刊
  122. ^ 毎日新聞東京本社 1973年10月23日朝刊
  123. ^ 毎日新聞大阪本社 1973年10月23日朝刊
  124. ^ 『関西の私鉄』 朝日新聞大阪本社社会部 編、清文堂出版、1981年、178頁。ISBN 4792423775
  125. ^ 連載コラム『伝説』野球放送の裏側〜名勝負の演出者たち(10) - 日刊スポーツ大阪版2010年9月25日付
  126. ^ “0時3分…阪神2日がかり9回勝ち初 15連戦回避”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2018年9月21日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809210000077.html 2018年9月23日閲覧。 
  127. ^ a b 「【内田雅也の追球2012】 "読み"の醍醐味とドラマ性」スポーツニッポン、2012年2月11日3面





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「阪神タイガース」の関連用語

阪神タイガースのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



阪神タイガースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの阪神タイガース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS