CBCテレビとは? わかりやすく解説

CBCテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/22 16:56 UTC 版)

株式会社CBCテレビ(シービーシーテレビ、: CBC TELEVISION CO.,LTD.)は、中部日本放送(CBC)のテレビジョン放送部門で、中京広域圏放送対象地域として、テレビジョン放送を行う特定地上基幹放送事業者である。


注釈

  1. ^ a b c 元々の呼出符号は「JOAR-(D)TV」だったが2013年4月1日のラ・テ分社化に伴いこの呼出符号に変更された。なおJOGX(奇しくも東海テレビの隣)の符号は元々福岡県北九州都市圏(旧門司市小倉市など)をサービスエリアとして開局が予定されていた「西部毎日テレビジョン放送」(同局にとっては当時北九州局が親局だったテレビ西日本の隣の符号であった)に割り当てられていたがRKB毎日放送への統合により返上、符号をRKBラジオ・小倉(北九州)放送局と同じ「JOFO-TV」に変更されていた(現在はラジオのみで、テレビは中継局に降格)。
  2. ^ ただし、一部のMBSテレビ制作番組はこれ以前より番組販売の形で放送されてはいた。
  3. ^ 新潟放送長崎放送大分放送もアナログ放送が5chだが、前者はキー局のTBSテレビ・IBC岩手放送北陸放送と同じ「6」を、後者2局は共に「3」をリモコンキーIDとして使っている。
  4. ^ ちなみに、メ〜テレとテレビ朝日のアナログ親局とリモコンキーIDのずれ幅は同じ「5」である(メ〜テレ:11ch→ID6、テレビ朝日:10ch→ID5)。
  5. ^ テレビ朝日系列で5を使うのはテレビ朝日のほかに青森朝日放送岩手朝日テレビ東日本放送秋田朝日放送山形テレビ福島放送新潟テレビ21長野朝日放送静岡朝日テレビ北陸朝日放送広島ホームテレビ山口朝日放送瀬戸内海放送愛媛朝日テレビ長崎文化放送熊本朝日放送大分朝日放送鹿児島放送琉球朝日放送の計20局である。
  6. ^ 「4」を4chRKBが使うも、KBC1chだったため「1」になり、STVと同じ「5」が空いたため。
  7. ^ KBSとWTVは6chのABCテレビを含めた在阪広域4局が揃ってアナログ親局と同じ数字を引き継いだのとNHKの「1」「2」とTVOの「7」で空いた3つのIDから「5」になった。
  8. ^ 一方のHBC1chだったため「1」。
  9. ^ TBSテレビ系列局が存在しない秋田県福井県徳島県佐賀県のGガイドはそれぞれAKTFTBJRTstsの担当(後者2局はデジタルのみ。アナログはMBS〈当時〉とRKBが担当)で、日本テレビ系列のJRT以外はフジテレビ系列。リモコンキーID「5」がデフォルトのテレビ朝日系列にはかつてのADAMSの絡みもありGガイドホスト局は存在しない。
  10. ^ アピタ長久手店の土地所有者は中部日本放送である(かつて同じ場所にCBCハウジングが存在した)。
  11. ^ 代替番組として2019年より『復活!ロストグルメ』というバラエティ特番を放送している(詳細は後述)。
  12. ^ CBCテレビの他にも、系列局ではテレビユー山形山陰放送テレビ山口などでも出している。
  13. ^ アニメリコ枠並びに枠名廃止後のTBS制作アニメは年に1~2本程度が不定期で流れるものの、アニメイズム枠は2019年1月期の『魔法少女特殊戦あすか』の1本に留まる。
  14. ^ Dororonえん魔くん メ〜ラめら』・『輪るピングドラム』・『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』(第1期はスーパーアニメイズム枠であったため本局で放送)。、『アサルトリリィ BOUQUET
  15. ^ CBCラジオは引き続き東海ラジオとともに朝日放送ラジオMBSラジオの双方と系列関係にある。
  16. ^ CBCテレビが運営している住宅展示場『CBCハウジング』では、テレビ朝日系列(中京広域圏ではメ~テレで放送)の『プリキュアシリーズ』(朝日放送テレビ制作)や『平成・令和仮面ライダーシリーズ』(テレビ朝日制作)のキャラクターショーを開催することがある(メ〜テレが運営していた八事ハウジングは、2017年に朝日新聞社に譲渡されている)。
  17. ^ その一方で、MBSテレビが製作に関与した深夜アニメの中には上記のようにテレビ愛知(TXN)での放送となる作品があった(同局向け素材ではMBSテレビのクレジットが省略されている)。なお、毎日放送の持株会社であるMBSメディアホールディングスはTXNキー局のテレビ東京の持株会社であるテレビ東京ホールディングスとの資本関係が残っている。
  18. ^ 東海テレビは、土曜は中継可能だが、日曜は競馬中継を優先しているため放送が出来ない(やむを得ず放送した場合は競馬時間帯のみ中断する形式を採っていた。三重テレビで中継するのは原則としてナイター中継のみ)。NHK名古屋放送局で中継する場合は原則として全国ネットで放送する試合のみ放送。
  19. ^ 例外として、2010年9月9日放送の野球中継において、地上デジタル放送を利用したマルチ編成で、メインチャンネルを阪神戦(阪神甲子園球場)、サブチャンネルを横浜対巨人戦(横浜スタジアム)に充てて放送したことがある。
  20. ^ 逆にCBCテレビが中継するナゴヤドーム・北陸3県での中日主催の対広島戦では、中国放送が実況を広島からのオフチューブで差し替えて中継する例が多いが、在籍選手の2000本安打または200勝が懸った試合、リーグ優勝決定試合など重要な試合では現地乗り込みに変更する例がある(デーゲームでは年度により中国放送からの解説者・リポーター派遣によるネット受けの場合あった)。
  21. ^ 当時、広島の地元局のテレビ新広島ではビジターゲームの中継が少なかったため、同時ネットおよびオフチューブによる実況差し替えのどちらの形式でも放送されなかった。なお、テレビ新広島は2010年代以降ビジターゲームの放送が増加しているため、同様の事例では、要員の都合によりネット受けと自社での実況差し替えのどちらかで放送している。
  22. ^ ただし、ネットワーク配信やネットスポンサーのCM・提供クレジットの送出はTBSテレビが担当。
  23. ^ パ・リーグ球団の地元系列局や、中国放送など出場球団以外の中継制作局も参加することがある。
  24. ^ ただし、2011年の中日主管分は、中国放送・北海道放送・RKB毎日放送・オリックス主管時の毎日放送と異なり実際の制作業務(出演者の手配・スコアテロップ表示などの技術面・提供クレジット送出などの全国配信業務)をCBCテレビが行ったため、CBCテレビ主導制作時と変わらない体裁だった。
  25. ^ 近年は準々決勝の生中継は地上波放送なし。
  26. ^ 代表例として『三波伸介の新春てんぷく大脱線』(1977年 - 1980年)、『名古屋から愛をこめて』(1983年)など。年によりビートたけしタモリなどが担当した1月3日の特番もあった。
  27. ^ 2019年度以降を除く。この年は10月13日の15:30-16:54に代替のバラエティ番組『絶滅料理再現バラエティ ロストグルメ』を放送した。以後、2020年10月4日の14:00-15:30に第2弾、2021年10月9日14:00-15:24に第3弾、2022年10月15日14:00-15:24に第4弾が放送された[12]
  28. ^ 一部ネット局は15:40飛び降り。
  29. ^ 五社連盟締結に伴い打ち切り(1960年春)
  30. ^ 番組開始当初の2012年は三重テレビ放送岐阜放送で放送していたが、2014年より中京圏での放映権がCBCテレビに移行した。
  31. ^ 上記『アイドルパーティー』のネット打ち切りに伴い、2016年6月のみ穴埋めで放送。
  32. ^ 「しび しだぞう」「しび しだろう」「しび しだもん」の3つのキャラクターが「しび氏」候補にエントリーし、人気投票の結果「しび しだぞう」が選ばれた。
  33. ^ 尚、この時の『ばつぐんジョッキー』ディレクターであった加藤吉治郎は、2004年以降『燃えドラ』の著作権を有し、リリースをしているオフィスきちじろうの代表者である。

出典

  1. ^ a b c d e f 会社概要 - hicbc.com:株式会社CBCテレビ
  2. ^ a b c d 会社概要|支社・支局 - hicbc.com:株式会社CBCテレビ
  3. ^ a b c d 第8期決算公告(100万円未満切り捨て) - 株式会社CBCテレビ
  4. ^ “名古屋のテレビ局が共同で動画配信を軸としたサービス「Locipo(ロキポ)」を3月27日(金)に開始”. @Press. (2020年3月19日). https://www.atpress.ne.jp/news/208179 2020年3月19日閲覧。 
  5. ^ 民間放送教育協会(編) 『民教協20年の歩み:テレビで結ぶみんなの輪』1987年、27頁。 
  6. ^ 民間放送教育協会(編) 『民教協20年の歩み:テレビで結ぶみんなの輪』1987年、178頁。 
  7. ^ CBCテレビ瀬戸デジタルテレビ放送所・無線局免許状 - 総務省
  8. ^ サービスエリア - hicbc.com:What's CBC
  9. ^ [1]
  10. ^ hicbc.com CBCクラブ
  11. ^ 史上初!日本シリーズ地上波の中継なし - 日刊スポーツ、2010年10月24日
  12. ^ ブラマヨ小杉MC「ロストグルメ」大久保佳代子の思い出の味を再現 お笑いナタリー
  13. ^ a b ついに動画サイトへ!”. 魅惑のアナウンス室blog (2011年3月2日). 2013年1月1日閲覧。
  14. ^ たまり場”. 中部日本放送. 2013年1月1日閲覧。
  15. ^ CBCアナウンサーコンテンツ「たまり場」”. tamaribaCH. 2013年1月1日閲覧。
  16. ^ 1960年4月23日付け名古屋タイムズ・3面
  17. ^ あきやまただし絵本ライブ 第21回 平成20年7月26日 - 中部日本放送
    まんまるころんちゃん/松本梨香 - でか大・ドット・ネット ~DekaDai.net~”. 2020年5月26日閲覧。
  18. ^ 認定放送持株会社体制への移行に伴う当社及び子会社の体制に関するお知らせ (PDF)”. 中部日本放送 (2014年1月15日). 2014年1月15日閲覧。
  19. ^ CBCアナウンサー公式サイト - CBCテレビ
  20. ^ [2]
  21. ^ 原元美紀のミキペディア
  22. ^ 20世紀日本人名事典. “稲蔭 千代子” (日本語). コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2020年7月11日閲覧。
  23. ^ 2010年3月16日付『中日新聞』 「「やらせ」で9人処分」。
  24. ^ 今週金曜はCBC餃子 - 番宣娘。のブログ 2010年10月20日
  25. ^ Taka (2019年7月14日). “CBCテレビ報道部公式が誤爆? 和田政宗氏への暴行事件に「大げさというより、売名行為」とツイート”. ガジェット通信. https://getnews.jp/archives/2180061 2021年9月13日閲覧。 
  26. ^ a b c CBCテレビ公式Twitterアカウントが炎上。自民党の和田政宗氏に「大げさで売名行為」とツイート(篠原修司) - 個人” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年11月12日閲覧。
  27. ^ a b 2019年7月14日18時37分のツイート 2019年7月15日閲覧。
  28. ^ “CBCテレビが自民候補「売名行為」投稿を削除し謝罪 「投稿確認できず」とも”. 産経新聞. 産業経済新聞社. (2019年7月15日). https://www.sankei.com/article/20190715-2O5UZQLQVROULEFZLOIAX3J3CM/ 2019年7月15日閲覧。 
  29. ^ CBCテレビ報道部公式ツイッターでの不適切な投稿について”. CBCテレビ (2019年7月25日). 2019年7月26日閲覧。
  30. ^ 和田政宗 (2019年7月26日). “被害を受けた私より自社の論理を優先したCBC”. BLOGOS. https://blogos.com/article/393830/ 2019年7月26日閲覧。 



CBCテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 07:23 UTC 版)

解説委員」の記事における「CBCテレビ」の解説

CBCでは解説委員を「論説委員」と称している。 現職 北辻利寿○(特別、元:スポーツ部落合博満番記者石塚元章●(特別、ラジオパーソナリティとの兼務後藤克幸 横地昭仁 元職 日比英一(元:アナウンサー下島光男

※この「CBCテレビ」の解説は、「解説委員」の解説の一部です。
「CBCテレビ」を含む「解説委員」の記事については、「解説委員」の概要を参照ください。


CBCテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 13:55 UTC 版)

TBSテレビ系列平日午後のワイドショー枠」の記事における「CBCテレビ」の解説

この街は この風は ワイドショー&YOU(以上2番組を合わせて1969年4月 - 1974年9月ゴゴスマ -GO GO!Smile!-(2013年4月1日 - 2015年3月27日上述のように、2015年3月30日からも番組そのもの継続されるが、TBSテレビ途中までのネット受け開始に伴い、独自制番組ではなくなる。

※この「CBCテレビ」の解説は、「TBSテレビ系列平日午後のワイドショー枠」の解説の一部です。
「CBCテレビ」を含む「TBSテレビ系列平日午後のワイドショー枠」の記事については、「TBSテレビ系列平日午後のワイドショー枠」の概要を参照ください。


CBCテレビ(中日ドラゴンズ戦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 04:17 UTC 版)

S☆1 BASEBALL」の記事における「CBCテレビ(中日ドラゴンズ戦)」の解説

番組名2007年から2010年までは、『ザ・プロ野球 燃えよドラゴンズ!西暦)』で、オープニングで2007年からROAD TO VICTORY 燃えよドラゴンズ!」とコール表示されている。2011年からは、『燃えよドラゴンズ西暦)』がタイトルとなっている。 自社制作によるホームゲーム地方開催では、石川県立野球場富山市民球場アルペンスタジアムでの試合担当) の他、TBSテレビ毎日放送からのネット受けまたは技術協力による自社制作で対DeNA阪神ビジターゲーム放送する年数程度)。 2018年5月26日全国ネット阪神巨人戦差し替え)と2021年6月26日には、マツダスタジアムの対広島戦放送前者現地からではなく中国放送からの映像供による名古屋からのオフチューブ実況での放送となった解説川上憲伸実況西村俊仁中国放送J SPORTSでは解説山崎隆造実況坂上俊次リポーター石田充担当〉。副音声はスタジアムサウンドを実施)。後者については中京広域圏では同局解説牛島和彦実況江田亮名古屋からのオフチューブか現地乗り込みかは不明〉、副音声:スタジアムサウンドを実施)が放送したが、広島県ではテレビ新広島フジテレビ系列)が放送したJ SPORTSでも同時ネット解説山内泰幸実況野川諭生リポーター深井瞬テレビ新広島では直前の『全力応援 スポーツLOVERS特別企画連結編成)という、広島主催試合では両地域異な系列局での制作・放送となる極めて異例のものとなった(CBCテレビでは中国放送制作協力としてクレジットされた)。また、2022年5月にはデーゲーム地上波全国中継2日連続となった21日阪神巨人)・22日DeNAヤクルト)に当該中継差し替える形で広島対中日戦(マツダスタジアム)を当日中継する中国放送から映像提供を受け、本社スタジオからのオフチューブで放送した21日解説牛島和彦実況宮部和裕22日解説彦野利勝実況高田寛之中国放送J SPORTSでは21日解説安仁屋宗八実況石田充リポーター一柳信行22日解説山崎隆造実況伊東平リポーター坂上俊次)。 なお、2021年5月30日北海道放送中継し対日本ハム戦、同年6月9日東北放送放送した楽天戦は編成の都合で同局からのネット受けまたは自社での実況差し替え何れの形式での放送行わず通常編成とした。 2022年6月1日の対楽天戦は東北放送にも同時ネットした(解説吉見一起谷繁元信実況西村俊仁リポーター高田寛之)。オープニングタイトルはCBCテレビでは通常のローカル放送と同様燃えよドラゴンズ!』だったが(東北放送では『直球勝負! イーグルスLIVE』のオープニングムービー差し替え)、東北放送の配慮として、番組テーマ曲は『マコトシヤカではなく全国ネットTBSテレビを含む一部地域ネット時と同じ『絆傷』を使用した同様にランニングスコア上の番組名の『燃えよドラゴンズ!』も『S☆1 BASEBALL』に差し替えていた。その一方東北放送からは解説者・アナウンサー派遣がなく、『S☆1』のオープニングキャッチ後の立浪監督氣合一言」がそのまま東北放送でも流れた21:00以降、CBCテレビでは『東大王』の遅れネットメインチャンネルで、野球中継サブチャンネル放送するマルチ編成としたが、東北放送ではそのまま21:57まで放送枠確保した2022年から一部試合では東海テレビ共同で応援キャンペーン企画立浪応援プロジェクト」を実施し、プレゼントクイズのキーワードを画面表示することがある上記の中日楽天戦では東海3県ローカルという性格上CBCテレビでのみの実施し東北放送では当該コーナー差し替える対応が取られた。 時間帯放送時間中継延長備考ナイター 19時00分 - 20時54分 水曜日最大21時54分まで延長、他曜日はなし 放送日水曜日・木曜日金曜日日曜日が多いが、東海テレビ調整する場合例外火曜日土曜日放送する場合あり。 デーゲーム 14時00分 - 17時00分 なし 日曜日祝日が多いが土曜日放送する場合もあり。 ナイターの場合、夕方のローカル情報番組チャント!』の18時台一部使って中継が行われる。場合によっては18時台ローカルパートのうち、天気コーナー以外すべて中継差し替えることもある。また、17時台球場から直前情報入れ場合がある水曜日TBS系列19時20時21時台ローカルセールス枠のため21時54分まで放送することが多い系列局へのネットはほとんどが水曜日日曜日であり、週末・祝日の対巨人戦デーゲームTBS系列全国ネットまたはTBSテレビとの2局ネットまたは一部地域ネット(年度によっては日程の関係上放送ない場合がある)で中継する試合途中で放送終了時刻を迎えた場合は、終了直前に「この後CBCドラゴンズナイターお楽しみください」という誘導テロップが出る。 シーズン中はプレゼントクイズも行われており、CBCテレビマスコットキャラクターのころんちゃんとドアラキャッチボールをするアニメーション画面下部流れる。 地上波以外 TBS系列局がない地域巨人戦中継系列局では地元球団中継差し替える地域でも楽しむことができる。 J SPORTS CBCテレビが中継する日はJ SPORTSの『J SPORTS STADIUM』でも放送されメイン映像地上波J SPORTS共有するが、J SPORTS向けは地上波とは別のアナウンサー解説者担当しスコア表示J SPORTS仕様使用する地上波CM中や独自企画などを行なっていても、別進行となっている)。この措置は旧J-SPORTS1998年から1999年時代ら行われている(これは東海テレビも同様)詳細は「J SPORTS STADIUM#解説者を参照 2021年3月16日火曜日)の対巨人戦J SPORTSBS-TBSDAZN放送したが、いずれもメイン映像共有して実況それぞれが行う形となり、J SPORTS解説川相昌弘実況熊谷龍一)とDAZN解説宇野勝実況小野塚康之)は東京からのオフチューブで行ったJ SPORTSでは「制作協力:CBCテレビ、制作著作J SPORTS中日ドラゴンズ」としてクレジットされた。翌17日水曜日)はJ SPORTSBSテレビ東京DAZN中継したが、本来のテレビ東京系列局であるテレビ愛知ではなく前日同様CBCテレビの制作協力となったBS-TBSTBSチャンネル1 2010年以降、対巨人戦地上波ナイター東海3県ローカルデーゲーム編成に応じて全国ネットTBSテレビとの2局ネットあるいは一部地域ネット東海3県ローカルのどちらか)・BS-TBSTBSチャンネル1放送する際は地上波衛星波実況・解説が別々となっている。BS-TBSTBSチャンネル1では対巨人戦以外のJ SPORTSと同じ中継体制となり、スコア表示地上波自社仕様BS-TBSTBSチャンネル1ナゴヤドームのコンコースモニターと共通の独自デザイン)、テーマソング東海3県ローカル時の地上波は『マコトシヤカ』、衛星波TBSテレビネット局に含む時の地上波は『絆傷』)、番組名東海3県ローカル時の地上波は『燃えよドラゴンズ!』、衛星波TBSテレビネット局に含む時の地上波は『S☆1 BASEBALL』)で各々異なっている。BS-TBS地上波東海3県ローカル(ナイター・デーゲーム)またはTBSテレビとの2局ネットあるいは一部地域ネットデーゲームのみ)放送時は完全生中継放送しTBS系列全国放送デーゲームのみ)時に限り地上波とのトップ&リレー中継実施するトップ&リレー中継実施時は2013年から2015年までナイター開催トップ中継のみ別制作となり(TBSチャンネル1ではこのメンバー全編放送)、リレー中継地上波中継と同じ出演者担当する形式だったが、2016年以降デーゲーム開催原則としてリレー中継のみ実施し、CBCテレビのみ地上波全国放送終了後引き続き中継するが、地上波同時放送はならずTBSチャンネル1との同時放送となる。 2021年3月16日には、オープン戦の対巨人戦BS-TBS単独放送中継したが(地上波TBSチャンネル1では放送がなく、J SPORTSDAZNが別制作)、実況・解説はCBCテレビが行い(解説牛島和彦実況若狭敬一)、スコア表示ナゴヤドームのコンコースモニターからの流用ではなく、CBCテレビの地上波仕様使用したが、通常時異なり対戦投手打者次打者2人配球チャート球数球種表示省略した簡略化となっていた。またJ SPORTSDAZN映像共有した関係上、「映像提供 中日ドラゴンズ」がクレジットされた。 2022年3月15日も、前年同様オープン戦の対巨人戦BS-TBS単独放送中継した(解説牛島実況宮部和裕)。前年同様スコア表示地上波仕様使用したが、対戦NEXT表示が、TBSテレビ地上波準拠左下フルネーム版(NEXT表示位置カウント横に縦3行のTBSテレビ異なり対戦横にサイズ横に2列)からBS-TBSTBSチャンネル中国放送準拠カウント横にコンパクトサイズで4行表示されるタイプ変更され球数表示された。なお、オープニングタイトルが『S☆1 BASEBALL』で、テーマ曲CM前のジングルも『絆傷』を使用しながら、ランニングスコアの番組名手違い東海3県ローカル仕様の『燃えよドラゴンズ!となっていた。また前年同様J SPORTSJ SPORTSオンデマンド・スカパー!番組配信解説森繁和実況熊谷龍一)やDAZN解説阿波野秀幸実況石黒新平)と共有した関係上「映像提供 中日ドラゴンズ」がクレジットされた。 対巨人戦2016年までは年1回地上波東海3県ローカルBSNHK BS1CSTBSチャンネル1放送する場合日程上は金曜ナイターが多いが、金曜外で2012年4月19日(木)地上波全国ネット試合開始から19:00まで=解説小松辰雄実況水分貴雅19:00から 解説落合博満槙原寛己実況高田寛之リポーター:角上清司新タ悦男〉、2015年9月20日(日)東海3県ローカル試合開始から19:00まで=解説木俣達彦実況宮部和裕19:00から=解説牛島和彦彦野利勝実況角上清司リポーター高田寛之〉に放送)、TBSチャンネル1では地上波同時放送(ランニングスコアが『燃えよドラゴンズ!』でテーマ曲ローカル放送用の楽曲となる他ローカル企画通常通り実施オープニングタイトル地上波放送時間都合上裏送りとなるため番組名テーマ曲ともに通通り全国中継のものを使用)となることが多いが、2013年7月12日(金)TBSテレビ側でオフチューブ実況地上波東海3県ローカル=解説:牛島和彦森繁和実況:宮部和裕リポーター:伊藤敦基TBSチャンネル1=解説:緒方耕一実況初田啓介当日地上波副音声はスタジアムサウンド)で放送し2016年4月8日(金)地上波側が副音声企画実施した関係でBS-TBSでの中継同様に地上波とは別制作地上波東海3県ローカル解説山田久志立浪和義実況角上清司リポーター若狭敬一副音声水野裕子浅尾美和片岡安祐美進行宮部和裕TBSチャンネル1解説木俣達彦実況高田寛之)で放送した2014年は対巨人戦地上波テレビ愛知テレビ東京系列)、BS・CSがCBCテレビ=BS-TBSTBSチャンネル中継するという中日主催試合では異例の中継態勢4月9月発生した解説はいずれ牛島和彦担当し衛星波向けは地上波とのリレー中継除けばこの中継から初登場J SPORTS向けは2007年中国放送制作分への出演除けば2017年から担当)、実況4月5日(土)角上清司9月23日(火)高田寛之担当4月通常のBS-TBSTBSチャンネル向けと同様ナゴヤドームのコンコースモニターと共通のデザインを、9月地上波仕様各々使用した。ただし、VTR切り替え時のアイキャッチはいずれCBCテレビ制作地上波全国ネットローカル中継仕様対戦球団ロゴベースデザインではなくTBSテレビ毎日放送中国放送制作地上波全国ネット衛星波単独放送共通仕様放送当時の『侍プロ野球』の番組ロゴ)だった。詳細は「J SPORTS STADIUM#球団ごとの中継に関する事項を参照 その他 1980年代担当日ながら特番など編成の都合で放送できない日の中日主ゲームや1990年代長良川球場行われた広島主催中日戦 では、CBCテレビ制作によりぎふチャン振り替え放送が行われたことがある当時同局には中日新聞資本がなかったが、2010年代入り資本参加)。2009年にはCBCテレビが放映権持ちながら編成の都合で放送できなかった数試合三重テレビの『三重テレビナイター』で振替放送することがあった。通常三重テレビナイター東海テレビ制作担当するため、CBCテレビ制作三重テレビナイター異例の出来事であった2014年7月1日には石川開催5年ぶりにCBCテレビ制作三重テレビナイターとなったJ SPORTSとの同時放送かつスコア表示J SPORTS仕様使用)。 地方開催時 中日新聞の発行エリア北陸地方行われる主催ゲームをCBCテレビが中継する際、地元勧進元中日新聞との関係が強いフジテレビ系列局富山テレビ石川テレビ)である事や、番組編成等から、開催地系列局チューリップテレビ北陸放送)には巨人戦差し替えであってもネットされないことが多い 一方ローカルセールス枠の場合は開催地地元局での放送がない一方でビジター地元局では同時ネット(主に2015年まで中国放送解説者・ベンチリポートを派遣する場合あり)または独自の実況(主に毎日放送2016年以降中国放送)で放送されることがある副音声用いた放送地上デジタル放送ではステレオ2音声中日主催ゲームのうち、巨人戦全国放送との二元中継日を除く各試合では副音声用いた独自の企画実施している。 2016年度から、『ドラゴンズ愛』をテーマに、宮部和裕アナウンサーMC務め中日OBによる「レジェンド・トーク」や、放送席離れてナゴヤドーム内を回る「ドーム・ウォーク」(ぶら歩き副音声)や女性タレントゲスト招いた女子会」など様々な趣向企画実施した2017年度引き続き宮部MC務め前年度企画に加えて男性タレントによる「男子会」も実施している。これらの模様については宮部アナブログでも時折紹介されることがある。「男子会」で藤森慎吾山根良顕ゲスト出演した2017年4月5日放送分は 中国放送にもネットされたが、主音声実況中国放送側で差し替えていた。 ラジオ中継同時放送 2013年8月7日の対ヤクルト戦ではCBCラジオCBCドラゴンズナイター』の音声副音声として流す企画行った9月8日15日にも実施2014年以降数回行われた。なお、この企画日曜デーゲームかつ、ラジオローカル放送のみ行われる。 スタジアムサウンド 会場音源だけを放送する。年度により実施ない場合があるが、2015年日曜デーゲーム中国放送へのネット時に実施した2015年以降巨人戦全国ネット放送時に視覚障碍者などに向けたルールスタンド風景などの解説放送が行われている 過去企画つボイノリオドラゴンズ見れば見るほどCBCラジオ人気パーソナリティつボイノリオによる自身のラジオ番組さながらノリで送る(高田寛之アナウンサー解説者小松辰雄との共演2011年からSKE48出演)。視聴者から寄せられた感想のメールFAX中継枠の中紹介しきれなかった場合は、同氏パーソナリティ担当するCBCラジオの(つボイノリオの聞けば聞くほど)の中で読まれるようになっていた。 『小堀勝啓野球ブギウギ!』 小堀勝啓アナウンサーにより2007年まで放送。 『SKE48 野球場ようこそ!』 → 『燃竜(もえどら)ナイトテーマソングを歌うSKE48毎月登場し若狭敬一アナウンサーと共にMCとして番組盛り上げるつボイノリオ板東英二等の重鎮も「ご意見番」として登場通常ドーム内の特設ブース放送するが、2014年4月23日の対阪神戦では、初めドームではなくCBC会館本社スタジオからお笑いタレント木村祐一ゲスト迎えて放送したこれ以降ナゴヤドームではなく本社スタジオからの放送多くなっており、時期同じくして、ドラゴンズ選手の秘蔵写真など公開する『燃竜ナイト』が始まった。しかし、同企画試合終了後のみ行われる為、試合進捗状況次第では、試合終了から5分足らずで放送終了となる事から、扱う予定だったものは次回放送持越しとなる。なお、2013年7月7日放送では、個別握手会のために関東方面出向いていたSKE48代わりにAKB48内田眞由美名取中田ちさと出演した2015年シーズンより、番組タイトルが『燃竜(もえどら)ナイト』に変更されたが、同年限り終了し翌年からはテーマソング担当からも外れた2015年5月27日交流戦の対ソフトバンク戦RKB毎日放送でも副音声ごと同時ネットした(番組名のみ『侍プロ野球 Hawks Live 2015』に改題)。一方、対広島戦での中国放送へのネット時は実施していなかった(前述のスタジアムサウンドを実施)。 マルチ編成利用した二元中継企画 2010年9月9日には、地上デジタル放送において日本初プロ野球二元中継行い、対阪神戦毎日放送中継映像を主に使用し音声差し替え)と横浜巨人戦BS-TBS中継映像を主に使用し音声差し替え)を並列放送した。 これは元々BS-TBSのみで放送予定だった横浜戦を中継獲得したことによって実現したもの。 二元中継19時05分から開始されそれまで前座として主に『サンデードラゴンズ』に出演している若狭敬一夏目みな美による二元中継に関する解説に充てられた。さらに、どちらの試合見ているを問うアンケート調査行われた。 なお、中継自体制作社はBS-TBS横浜巨人戦中継が行われていた関係で、「制作協力TBSテレビ、製作著作CBCとなっていた(音声以外のほとんどはBS-TBSと同内容)。番組名テーマ曲阪神戦では東海3県ローカルの燃えよドラゴンズ!』(テーマ曲は『我竜伝説』)を、横浜巨人戦では全国中継の『ザ・プロ野球』(テーマ曲は『Baby Baby Baby』)を使用した阪神対中日=解説:山田久志実況角上清司リポーター高田寛之毎日放送では解説亀山つとむ立浪和義実況近藤亨リポーター金山泉担当) 横浜巨人解説高木守道実況水分貴雅BS-TBSでは解説槙原寛己実況新タ悦男リポーター初田啓介戸崎貴広担当

※この「CBCテレビ(中日ドラゴンズ戦)」の解説は、「S☆1 BASEBALL」の解説の一部です。
「CBCテレビ(中日ドラゴンズ戦)」を含む「S☆1 BASEBALL」の記事については、「S☆1 BASEBALL」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「CBCテレビ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「CBCテレビ」の関連用語

CBCテレビのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



CBCテレビのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCBCテレビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの解説委員 (改訂履歴)、TBSテレビ系列平日午後のワイドショー枠 (改訂履歴)、S☆1 BASEBALL (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS