リプライとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > リプライの意味・解説 

リプ

別名:リプライ、reply

リプとは、リプの意味

リプとは、英語の reply を略したカタカナ語であり、返事反応応答という意味のことばである。Twitterツイッター)におけるリプとは返信のことであり、あるアカウントや、あるツイートに対して投稿されたツイートのことを指す。リプの仕方は、リプをするツイートの下にある吹き出しマークタップ、あるいはクリックして入力するか、画面の下にある「返信ツイート」の入力するかの2通りがある。リプとは、リプが一覧表示されるスペースのことである。

リプにはリプ返、初リプ、空リプ、巻き込みリプなどがある

リプの主たるものとして、リプ返、初リプ、空リプ巻き込みリプなどがある。

リプ返とは、ツイートに付いたリプに対して返信をすることで、初リプは、初めその人ツイートにリプを送ることである。

空リプとは、空中リプライ空リプライ2種類を指しており、どちらも略して空リプ呼ばれているが、意味合い異なる。空中リプライ宛先がないリプのことであり、普通のツイート誰か宛てツイートをすることである。リプをするほどではないが、伝えたいことがあるときなどに使われる。空リプライは、内容がないリプのことを指す。

巻き込みリプは、リプライの内容と関係のない第三者をリプライに巻き込んでしまうことである。誰か誰かがリプで会話をしているときに、どちらかに対してリプを送ると、最初に会話をしていた2人ともにリプが送られてしまい、リプを送ったつもりのない人にもリプの通知が行ってしまうことがある。これを巻き込みリプと言うが、巻き込まれた人は自分に関係のないやり取りにも関わらず、リプの通知が届いてしまうという現象が起こるため、巻き込まないよう注意が必要である。


リプライ【reply】


リプライ

【英】reply

リプライとは、電子メール電子掲示板BBS)などにおいて、主に自分宛てメッセージに対して返信することである。あるいは、返信趣旨として投稿送信されたメッセージそのものを指すこともある。リプライはもともと「返事をする」「応答する」といった意味の英語である。

Twitterにおけるリプライは(「リプ」と呼ばれることが多い)、ツイート先頭宛名加えて「@(ユーザー名) 本文」という形で記述し、指定したユーザー宛てて送られるメッセージを指す。必ずしも自分宛のメッセージ対す返信とは限らず不特定多数向けて発信されたツイート対す発信者宛のメッセージもリプライに該当する。このやりとり第三者閲覧許容するものであり、送信者・受信者の両方フォローしている場合には第三者でも自分タイムライン表示できる。なお、Twitterプライベートやり取りを行う場合は「ダイレクトメッセージ」が用いられる。

電子メールでは、メールヘッダー書式に「Reply-to」という項目が用意されており、ここに返信メール宛先指定することができる。

また、特にBBSなどでは、返答応答の意味でレスレスポンスresponse)の語が用いられることが多い。このリプライとレスポンスがほぼ同義として認識され、用いられている場合少なくない

ちなみにIETF発表した電子メール等の形式に関する文書RFC 2822)によれば電子メール返信した際に題名付加される「Re:」という表示由来は、「reply」でも「response」でも「regard-to」でもなく、ラテン語の「res」に由来する「~について」といった意味の英語の前置詞から来ている。


参照リンク
Internet Message Format - (RFC 2822。英語)
Web2.0のほかの用語一覧
ミニブログ:  mixiボイス  ミニブログ  密友  リプライ  Twitter  Tumblr  TypePad Micro


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リプライ」の関連用語

リプライのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リプライのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリリプライの記事を利用しております。

©2021 Weblio RSS