I amとは? わかりやすく解説

i am

別表記:アイアム

「i am」とは・「i am」の意味

「i am」は英語の基本的な表現であり、直訳すると「私は」を意味する。しかし、この表現単独使われることは少なく、主に自己紹介や状態を伝える際に用いられる例えば、「I am John.」は「私はジョンです。」となり、自己紹介使われるまた、「I am happy.」は「私は幸せです。」となり、自分感情状態を伝える際に用いられる

「i am」の発音・読み方

「i am」の発音は、IPA表記では /aɪ æm/ となる。カタカナ表記では「アイ・アム」と読む。日本人発音する際のカタカナ英語では「アイアム」となる。この表現発音によって意味や品詞が変わる単語はないため、特別な注意必要ない。

「i am」の定義を英語で解説

「I am」 is the first person singular present tense of the verb "be". It is used to express identity, characteristics, or states of being. For instance, "I am a teacher" expresses identity, "I am tall" describes a characteristic, and "I am tired" indicates a state of being.

「i am」の類語

「i am」の類語としては、「I'm」がある。これは「i am」の短縮形で、口語表現非公式な文書でよく使用される例えば、「I'm John.」や「I'm happy.」といった具体的な表現がある。

「i am」に関連する用語・表現

「i am」に関連する表現としては、他の人称be動詞組み合わせがある。「you are」、「he is」、「she is」、「it is」、「we are」、「they are」などがそれに該当する。これらはそれぞれあなたは」、「彼は」、「彼女は」、「それは」、「私たちは」、「彼らは」と訳すことができる。

「i am」の例文

以下に「i am」を用いた例文10個示す。 1. "I am a student."(私は学生である。)
2. "I am from Japan."(私は日本出身である。)
3. "I am interested in art."(私は芸術興味がある。)
4. "I am not a doctor."(私は医者ではない。)
5. "I am going to the park."(私は公園に行くつもりである。)
6. "I am eating breakfast."(私は朝食食べている。)
7. "I am happy to see you."(あなたに会え嬉しい。)
8. "I am tired."(私は疲れている。)
9. "I am sorry for the mistake."(そのミスについて申し訳ない。)
10. "I am sure that you will succeed."(あなたが成功することは確信している。)

アイ‐エー‐エム【IAM】


I am...

作者庄司肇

収載図書庄司肇作品集 第1巻 戦中戦後小説集
出版社作品社
刊行年月2003.6


I A.M.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/12 23:37 UTC 版)

I A.M.(あいあむ)は、2010年10月4日から2015年3月31日までJ-WAVEで放送されていたラジオ番組




「I A.M.」の続きの解説一覧

I am...

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/19 06:25 UTC 版)

I am...』(アイ・アム)は、日本歌手浜崎あゆみの4枚目のオリジナル・アルバム2002年1月1日avex traxより発売。


  1. ^ I am...|浜崎あゆみ”. ORICON STYLE. オリコン. 2016年6月7日閲覧。
  2. ^ a b 浜崎あゆみ / I am...”. CDジャーナル. 2020年8月18日閲覧。



IAM (曖昧さ回避)

(I am から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/12 15:51 UTC 版)

IAM (アイエイエム)



アイ・アム

(I am から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/04 07:12 UTC 版)

アイ・アムI am)は、英語で「私は~だ。」という意味を指す。掛詞として用いられることも多い。




「アイ・アム」の続きの解説一覧

I am

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 08:01 UTC 版)

I am (TM NETWORKの曲)」の記事における「I am」の解説

ビート感はポリスアルバムシンクロニシティー』を意識して作られた。 キーが「C→Eb→D→C」と忙しく転調するこのため宇都宮隆レコーディングに相当苦労した語っている。 同じコード進行と同じ尺だが、譜割り細かくすることによって曲にスピード感を出していく手法とっている。そのためか、ボーカル宇都宮はこの楽曲について、「歌ってると徐々に高揚してくる」と自身ラジオ語った小室この手法を過去にも何度使っており、典型的なのがglobeの『Many Classic Moments』である。 エレクトリック・ギターは元リンプ・ビズキットマイク・スミス担当アコースティック・ギター木根担当している。 ベースにはYAMAHAFMシンセサイザーDX7』が使用されている。

※この「I am」の解説は、「I am (TM NETWORKの曲)」の解説の一部です。
「I am」を含む「I am (TM NETWORKの曲)」の記事については、「I am (TM NETWORKの曲)」の概要を参照ください。


I am

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 08:01 UTC 版)

I am (TM NETWORKの曲)」の記事における「I am」の解説

コンセプトは"人間であること""人間らしくあること"。小室が「今の現代状況俯瞰的見た歌詞書きたい」と、構想60日を費やした小室ニコニコ生放送出演した際、自分作った曲の大半後になって悔いが残るが、この楽曲に関しては「今のところ満足しています」とコメントしている。 小室みつ子Twitterにて「力強くて男っぽさがある」とコメントしている。

※この「I am」の解説は、「I am (TM NETWORKの曲)」の解説の一部です。
「I am」を含む「I am (TM NETWORKの曲)」の記事については、「I am (TM NETWORKの曲)」の概要を参照ください。


I am (TK EDM Mix)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 08:50 UTC 版)

Green days 2013」の記事における「I am (TK EDM Mix)」の解説

2012年から小室コンセプトとして掲げている「EDM (Electronic Dance Music)」をより強調してリミックスされている。デジタルリリースされていないため2022年時点も本CDでしか聴くことができない

※この「I am (TK EDM Mix)」の解説は、「Green days 2013」の解説の一部です。
「I am (TK EDM Mix)」を含む「Green days 2013」の記事については、「Green days 2013」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「I am」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「I A.M.」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「I am」の関連用語

I amのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



I amのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのI A.M. (改訂履歴)、I am... (改訂履歴)、IAM (曖昧さ回避) (改訂履歴)、アイ・アム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのI am (TM NETWORKの曲) (改訂履歴)、Green days 2013 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS