IT技術とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 技術 > IT技術の意味・解説 

情報技術

(IT技術 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/25 00:28 UTC 版)

情報技術(じょうほうぎじゅつ、: information technology、IT)とは、コンピュータを使ってあらゆる種類の電子的なデータ情報を作成、処理、保存、取得、交換することである[1][2]。ITは一般的に、業務運用英語版の文脈の中で用いられ、個人的な用途や娯楽のための技術英語版とは異なる[3]


注釈

  1. ^ 後に「IT」という用語がより広く使われるようになったことについて、Kearyは次のようにコメントしている。『当初の用途である「情報技術 (information technology; IT)」は、データの保存・検索・処理・配布という広大な分野に応用される技術の融合を表すのに適していた。この有用な概念的用語は、その後、大いに役立つと言われるものに変えられたが、定義を強化することはなかった。ITという用語は、あらゆる機能、規律、役職の名称に適用するには実質を欠いている。』 [7]
  2. ^ 「形式 (format)」とは、文字エンコード方式など、保存されたデータの物理的特性を指し、「構造 (unstructured)」は、そのデータの構成を表す。

引用

  1. ^ e-words IT用語辞典
  2. ^ Daintith, John, ed. (2009), “IT”, A Dictionary of Physics, Oxford University Press, ISBN 9780199233991, http://www.oxfordreference.com/views/ENTRY.html?subview=Main&entry=t83.e1592 2012年8月1日閲覧。  (要購読契約).
  3. ^ Free on-line dictionary of computing (FOLDOC)”. 2013年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月9日閲覧。
  4. ^ a b Butler, Jeremy G., A History of Information Technology and Systems, University of Arizona, http://www.tcf.ua.edu/AZ/ITHistoryOutline.htm 2012年8月2日閲覧。 .
  5. ^ Leavitt, Harold J.; Whisler, Thomas L. (1958), “Management in the 1980s”, Harvard Business Review 11, http://hbr.org/1958/11/management-in-the-1980s .
  6. ^ Chandler, Daniel; Munday, Rod (2011-02-10), “Information technology”, A Dictionary of Media and Communication (first ed.), Oxford University Press, ISBN 978-0199568758, https://books.google.com/books?id=nLuJz-ZB828C&pg=PA211 2012年8月1日閲覧, "Commonly a synonym for computers and computer networks but more broadly designating any technology that is used to generate, store, process, and/or distribute information electronically, including television and telephone." .
  7. ^ Ralston, Hemmendinger & Reilly (2000), p. 869.
  8. ^ Wright (2012), p. 279.
  9. ^ Chaudhuri (2004), p. 3.
  10. ^ Lavington (1980), p. 11.
  11. ^ Enticknap, Nicholas (Summer 1998), “Computing's Golden Jubilee”, Resurrection (20), ISSN 0958-7403, オリジナルの9 January 2012時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120109142655/http://www.cs.man.ac.uk/CCS/res/res20.htm#d 2008年4月19日閲覧。 .
  12. ^ Cooke-Yarborough, E. H. (June 1998), “Some early transistor applications in the UK”, Engineering Science & Education Journal 7 (3): 100–106, doi:10.1049/esej:19980301, ISSN 0963-7346 .
  13. ^ Advanced information on the Nobel Prize in Physics 2000”. Nobel Prize (2018年6月). 2019年12月17日閲覧。
  14. ^ Alavudeen & Venkateshwaran (2010), p. 178.
  15. ^ Lavington (1998), p. 1.
  16. ^ “Early computers at Manchester University”, Resurrection 1 (4), (Summer 1992), ISSN 0958-7403, オリジナルの28 August 2017時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20170828010743/http://www.cs.man.ac.uk/CCS/res/res04.htm#g 2008年4月19日閲覧。 .
  17. ^ Universität Klagenfurt, ed., “Magnetic drum”, Virtual Exhibitions in Informatics, http://cs-exhibitions.uni-klu.ac.at/index.php?id=222 2011年8月21日閲覧。 .
  18. ^ The Manchester Mark 1, University of Manchester, オリジナルの21 November 2008時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20081121112547/http://www.digital60.org/birth/manchestercomputers/mark1/manchester.html 2009年1月24日閲覧。 .
  19. ^ Khurshudov, Andrei (2001), The Essential Guide to Computer Data Storage: From Floppy to DVD, Prentice Hall, ISBN 978-0-130-92739-2, https://archive.org/details/essentialguideto00andr .
  20. ^ Wang, Shan X.; Taratorin, Aleksandr Markovich (1999), Magnetic Information Storage Technology, Academic Press, ISBN 978-0-12-734570-3 .
  21. ^ Wu, Suzanne, “How Much Information Is There in the World?”, USC News (University of Southern California), http://news.usc.edu/#!/article/29360/How-Much-Information-Is-There-in-the-World 2013年9月10日閲覧。 .
  22. ^ a b c Hilbert, Martin; López, Priscila (1 April 2011), “The World's Technological Capacity to Store, Communicate, and Compute Information”, Science 332 (6025): 60–65, Bibcode2011Sci...332...60H, doi:10.1126/science.1200970, PMID 21310967, http://www.sciencemag.org/content/332/6025/60.full?sid=ef08b031-c911-46ae-9e9c-d675cc635c6d 2013年9月10日閲覧。 .
  23. ^ Americas events – Video animation on The World's Technological Capacity to Store, Communicate, and Compute Information from 1986 to 2010”. The Economist. 2012年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月13日閲覧。
  24. ^ a b c Ward & Dafoulas (2006), p. 2.
  25. ^ Olofson, Carl W. (October 2009), A Platform for Enterprise Data Services, IDC, http://public.dhe.ibm.com/software/data/sw-library/ims/idc-power-of-ims.pdf 2012年8月7日閲覧。 .
  26. ^ Ward & Dafoulas (2006), p. 3.
  27. ^ Silberschatz, Abraham (2010) (英語). Database System Concepts. McGraw-Hill Higher Education. ISBN 978-0-07-741800-7. https://books.google.com/books?id=BcOUCgAAQBAJ .
  28. ^ Pardede (2009), p. 2.
  29. ^ a b Pardede (2009), p. 4.
  30. ^ Kedar, Rahul (2009) (英語). Database Management System. Technical Publications. ISBN 9788184316049. https://books.google.com/books?id=SELyJ4a5nTcC 
  31. ^ van der Aalst (2011), p. 2.
  32. ^ Dyché, Jill (2000), Turning Data Into Information With Data Warehousing, Addison Wesley, ISBN 978-0-201-65780-7, https://archive.org/details/edataturningdata00dych .
  33. ^ Weik (2000), p. 361.
  34. ^ a b Pardede (2009), p. xiii.
  35. ^ Han, Kamber & Pei (2011), p. 5.
  36. ^ Han, Kamber & Pei (2011), p. xxiii.
  37. ^ Han, Kamber & Pei (2011), p. 8.
  38. ^ The Joint Task Force for Computing Curricula 2005.Computing Curricula 2005: The Overview Report. Archived 21 October 2014 at the Wayback Machine..
  39. ^ “Technology Sector Snapshot”. The New York Times. オリジナルの2017年1月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170113163914/http://markets.on.nytimes.com/research/markets/usmarkets/sectors.asp?sector=57 2017年1月12日閲覧。 
  40. ^ Our programmes, campaigns and partnerships”. TechUK. 2017年1月12日閲覧。
  41. ^ Cyberstates 2016”. CompTIA. 2017年1月12日閲覧。
  42. ^ Manifesto Hatched to Close Gap Between Business and IT”. TechNewsWorld (2020年10月22日). 2021年3月22日閲覧。
  43. ^ Proctor, K. Scott (2011), Optimizing and Assessing Information Technology: Improving Business Project Execution, John Wiley & Sons, ISBN 978-1-118-10263-3 .
  44. ^ Top Information Services companies”. VentureRadar. 2021年3月8日閲覧。
  45. ^ Follow Information Services on Index.co”. Index.co. 2021年3月8日閲覧。
  46. ^ Publishing, Value Line. “Industry Overview: Information Services”. Value Line. 2021年3月8日閲覧。
  47. ^ a b c d e Lauren Csorny (2013年4月9日). “U.S. Careers in the growing field of information technology services”. U.S. Bureau of Labor Statistics. 2022年2月13日閲覧。
  48. ^ Bynum, Terrell Ward (2008), “Norbert Wiener and the Rise of Information Ethics”, in van den Hoven, Jeroen; Weckert, John, Information Technology and Moral Philosophy, Cambridge University Press, ISBN 978-0-521-85549-5 .
  49. ^ Reynolds, George (2009), Ethics in Information Technology, Cengage Learning, ISBN 978-0-538-74622-9 .


「情報技術」の続きの解説一覧

「IT技術」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



IT技術と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「IT技術」に関係したコラム

  • 株式銘柄の分類一覧

    株式市場に上場している銘柄は、さまざまなタイプや条件に分類されます。上場している銘柄を分類することにより、そのグループの値動きの特徴をつかんだりすることができます。例えば、条件で分類する場合、時価総額...

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

IT技術のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



IT技術のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの情報技術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS