ドイツ博物館とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ドイツ博物館の意味・解説 

ドイツ博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/17 13:58 UTC 版)

ドイツ博物館(ドイツはくぶつかん、Deutsches Museum)はドイツミュンヘンにある技術・科学の国立博物館である。ドイツ国内のみならず、世界でもこの方面の博物館として頂点に立つものとされる。ミュンヘン旧市街の東側、イーザル門を出てすぐのイーザル川の中州に立つ。川の西対岸には欧州特許庁ドイツ特許商標庁[注 1]。がある。オスカー・フォン・ミラーが1903年に提唱、1925年から一般に開館した。農業、鉱業、航空工学から、鉄道、機械、宇宙、エレクトロニクスに至るまで、ドイツの科学技術を若い世代に引き継ぎ、学ばせるための博物館で、敷地面積5万km2。展示品目は約1万7千点以上。IMAXホールを備える。




  1. ^ 現在の所在地であるミュンヘンに移動した際、当初はドイツ博物館で審査等の業務を行っていた[1]


「ドイツ博物館」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドイツ博物館」の関連用語

ドイツ博物館のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ドイツ博物館のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドイツ博物館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS