リツイートとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > リツイートの意味・解説 

リツイート

別名:RT
英語:retweet

リツイートとは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス1つであるツイッターTwitter)において、他者もしくは自分の投稿再度投稿する機能のことである。リツイートという語は、英語で「つぶやき」を意味する動詞・名詞tweetに、「再び」を意味する接頭辞re-が付いたもので、ツイッター上ではRT省略した形で表記されることもある。

通常、リツイートはある投稿内容そのまま再投稿して他者広めるが、自分の意見感想などを書き足して再投稿することも可能でありこうしたリツイートの方法は「引用リツイート」と呼ばれる。リツイートは何度再投稿された場合でももともとの投稿者変わらないが、引用リツイートはコメント書き足した投稿者のものとみなされる

リツイートは、ツイッタータイムライン上のリツイートボタンを押し、リツイートまたは引用リツイートのいずれか選んで行う。リツイートは手軽にできることから、多くの人が「興味深い」「共感できる」と感じたツイート爆発的に広まって注目を集めるバズる)ことがよくある

リツイートは簡単にできるために素早く多くの人広めることが可能であるが、ときに誤った情報広められてしまうこともある。そのため、リツイートをする前にはその情報正しかどうかできるだけ確認することが推奨される

リツイート

別表記:RT
英語:retweet

リツイートとは、リツイートの意味

リツイートとは、Twitterツイッター)において他人投稿拡散したり、引用して再投稿するという意味のことばである。リツイートされた投稿は、フォロワーなど多くのユーザー閲覧できる。リツイートの英語のスペルretweet である。

リツイートは、他人コメントに対する単なる返信区別される。リツイートは、コメント付けず単に拡散する場合コメント付けて拡散する場合2種類がある。

コメント添えて拡散する場合のリツイートは、引用リツイートと呼ばれる引用リツイートをすると、拡散した他人投稿と、これに対する自分の投稿並列表示される自分の投稿がリツイートされたら、投稿下にリツイート数記され通知にはリツイートした人のアカウント表示される。リツイートの目的ユーザーにより異なるが、賛同目的したものとは限らない中には批判的な視点からリツイートする人もいる。

名誉毀損誹謗中傷など公序良俗違反疑いがあるツイートをリツイートすると、ツイートした本人と同じ罪を問われという事例もあるので、リツイートには注意が必要である。

自分のツイートに対してリツイートさせないようにするには、Twitter設定非公開アカウントにすればよい。いわゆる鍵垢鍵アカにすればよい。

リツイート

【英】retweet, RT

リツイートとは、Twitterにおいて、他のユーザーツイートつぶやき)を引用形式で自分のアカウントから発信することである。「RT」表記されることが多い。

一般的に、リツイートを行う際は「@(元々の発信者名)」といった形式引用元情報添えて本文には変更加えずに、フォロワー自分のツイート受信している他のユーザーに向けて発信される。リツイートを行うことで、自分興味を持った誰かツイート手軽にフォロワーへと流すことができる。

リツイートは元々、ハッシュタグと同様に、ユーザー間のローカルルールとして利用されはじめた利用方法である。米国登場して広く普及し、リツイートを便利に行うためのサービス複数登場した2009年8月にはTwitter運営者側がリツイート機能を公式機能として追加することを発表しその後追加行った日本語版Twitterでも、2010年1月にリツイートが公式機能として追加されている。

リツイートがTwitter公式な機能として採用される際、従来ローカルルールとは異な仕様がいくつか加えられている。このため、公式機能としてのリツイートを「公式リツイート」、旧来のローカルルールのリツイートを「非公式リツイート」として呼び分けている場合がある。単に「リツイート」と呼ばれている場合は、公式リツイート指していることが多い。

公式リツイートはではオリジナルのツイートに対してコメントや「拡散希望」などの加筆一切行えないようになっているまた、どれほど多くのユーザーが同じツイートをリツイートしても、タイムライン上に公式リツイート表示されず、オリジナルのツイートのみ表示されるようになっている。リツイート時に追加される「@(元々の発信者名)」などの情報によって140字の制限超過した場合も、公式リツイートの場合は全文そのまま送信できるようになっている

なお、RT引用のみ行うのに対して引用自分のコメント追加して流す「QT」(Quote Tweet)と呼ばれる使い方登場しており、普及しつつある。


参照リンク
Retweet Limited Rollout - Twitter Blog - (英語)
リツイート機能を公開しました - (Twitter公式ブログ 2010年1月22日
Webサービスのほかの用語一覧
Twitter:  QT  RT希望  リプライ  リツイート  リムる  リプ  ローカルトレンド

リツイート (retweet)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 01:33 UTC 版)

Twitter」の記事における「リツイート (retweet)」の解説

他のユーザー投稿再投稿すること。自身のフォロワーにそのツイート見せることができる。RTと略すことが多い。後述する非公式リツイート区別する目的で公式リツイートとも呼ばれる非公式リツイートユーザー間での広がりを受け、これを公式の機能として取り入れること簡易化し、後述改ざん問題解決同時に実現したものである

※この「リツイート (retweet)」の解説は、「Twitter」の解説の一部です。
「リツイート (retweet)」を含む「Twitter」の記事については、「Twitter」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「リツイート」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リツイート」の関連用語

リツイートのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リツイートのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2023 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリリツイートの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのTwitter (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS