バズるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > バズるの意味・解説 

バズる

別表記:Buzzる
英語:buzz

短期間爆発的話題広がり多くの人の耳目注目集め、巷を席巻すること、といった意味で用いられる言い回し。主にインターネット上におけるソーシャルメディア等を通じ拡散などについて用いられる。

たとえばTwitterツイッター上で盛大にリツイートされて拡散急上昇している状況バズっている典型的状況といえる。むろんTwitter上で拡散だけが「バズる」と表現される現象であるというわけではない。

「バズる」の由来は英語の動詞 buzz日本語化した語と捉えられる。語尾「る」を活用することで「バズっている」「バズった」という風に文脈に応じた使い方ができる。

バズる話題ポジティブネガティブかという要素には依拠せず、美談不祥事炎上発言・ゴシップネタ・あるあるネタ新商品等々さまざまな物事やキーワードに対して使われる。ただしネガティブ寄り話題バズっている状況は「バズる」よりも「炎上」の語で表現される場合が多い。

バズ・る

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗にウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNS通じて多人数がうわさをしたり、意見感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマーケティング


バズる

別名:buzzる
【英】buzz

バズるとは、インターネット上で口コミなどを通じて一躍話題となるさま、各種メディアや一消費者話題席巻するさまを指す語である。

バズるという語は英語の動詞 buzz日本語化した言い方である。buzz には「噂話などでガヤガヤ騒ぐ」といった意味合い用法がある。英語圏でも「buzz」はいわゆる口コミマーケティング根幹位置する示すキーワードであり、口コミによる拡散誘導するマーケティング手法を「バズマーケティング」と呼ぶことも多い。

「バズる」という表現は、もっぱら短期間爆発的話題広がる場合に用いられる。ある程度時間をかけてじわじわ話題を広げていくさまは「バイラル」(viral)の語で表現される。

バズる状況同様に短期間一挙に話題席巻するものの、好意的興味関心ではなく、むしろ反感嫌悪感に基づく非難批判によって話題席巻する、という状況はバズるとは呼ばれず「炎上」と呼ばれる

ネット社会のほかの用語一覧
ネット社会:  ZOZOSUIT
評価・評判:  Amazon認証購入者  エアレビュー  バズる  バイラル  神アプリ  カスタマーレビュー

バズ

(バズる から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 14:13 UTC 版)

バズ(buzz)


  1. ^ ちなみにbuzzerの英語の発音は「バザ」に近い(en:wikt:buzzer)。
  2. ^ バズる(バズル)とは”. コトバンク. 2017年10月26日閲覧。


「バズ」の続きの解説一覧

バズる

出典:『Wiktionary』 (2019/06/18 14:52 UTC 版)

動詞

バズ

  1. 俗語自動詞ウェブ上で急激にかつ広範囲話題になる。

語源

名詞バズ」+ 動詞接尾辞「る」

活用

バズ-る 動詞活用日本語活用
ラ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
バズ

活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 バズらない 未然形 + ない
意志勧誘 バズろう 未然形音便 + う
丁寧 バズります 連用形 + ます
過去・完了・状態 バズった 連用形音便 + た
言い切り バズる 終止形のみ
名詞 バズること 連体形 + こと
仮定条件 バズれば 仮定形 + ば
命令 バズ 命令形のみ

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バズる」の関連用語

バズるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バズるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリバズるの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのバズる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS