あるあるネタとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > あるあるネタの意味・解説 

あるあるネタ

多くの人が日常生活体験している、ありがち事柄、ほんの些細な事柄ネタにして笑いを取る芸風

あるある‐ねた

《「ねた」は「たね(種)」の逆さ読み日常生活における事象見聞などで、多くの人の共感を得ることのできる話題また、その話題笑いをとる演芸のこと。

[補説] 聞いた人に「よくある」「あるある」と思わせることから。


あるあるネタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/09 06:13 UTC 版)

あるあるネタとは、日常生活などで多くの人が経験しているような身の回りの些細なことを挙げたり、観客の共感を得ることで笑いを誘う演芸などの手法のひとつである[1][2]




「あるあるネタ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あるあるネタ」の関連用語

あるあるネタのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



あるあるネタのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのあるあるネタ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS