J_SPORTS_STADIUMとは?

J SPORTS STADIUM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/29 05:21 UTC 版)

J SPORTS STADIUM』(ジェイ・スポーツ・スタジアム)は、J SPORTSが製作・放送しているプロ野球中継のテレビ番組名である。また、全日本大学野球選手権大会などのJ SPORTSが放送するアマチュア野球中継も同タイトルで放送される。




  1. ^ 過去にCS放送では日本テレビ系の日テレジータスフジテレビ系のフジテレビONE(旧「フジテレビ739」)、朝日放送テレビテレビ朝日)系のスカイ・A sports+(2011年度まで、現「スカイA」)、テレ朝チャンネル2(旧・朝日ニュースター。2012年度から)において同系列の地上波で放送された試合を同時(スカイ・Aとテレ朝ch2のみ録画。なお、旧テレ朝チャンネル→テレ朝ch1については編成の特殊性の都合で放送されたことがない)で放送したことがあった。テレビ東京が製作した試合のCSでの放送はない(TX系CSの日経CNBCアニメシアターXは編成の特殊性の関係で放送されていないため)
  2. ^ スポーツ専門テレビ局 J SPORTSで日本シリーズ2010第1戦・第2戦・第5戦を完全生中継! ジェイ・スポーツ・ブロードキャスティング 2010年10月26日
  3. ^ 中日および広島主催の試合の大部分
  4. ^ WBC・MLB・プロ野球から大学野球・リトルリーグなどの学生野球まで国内外の野球を徹底放送!(Jスポーツリリース 2013年2月12日・同2月13日閲覧)
  5. ^ スコア表示はJ SPORTS仕様のを使用する(「野球好き」ロゴは省略)が、テーマ曲は通常のFOX SPORTS仕様を使用する。
  6. ^ スポーツテレビ局J SPORTS プロ野球2015シーズン 4球団徹底放送! - JSPORTS、2014年12月26日閲覧
  7. ^ 大前一樹の徒然歳時記〜つれづれダイアリー〜 2008年5月6日
  8. ^ 2015年7月4日の「オリックス対ソフトバンク」戦が該当するが、当番組の放送中に中止が決まったため、この場合は予定の17:45までではなく、17:30までで打ち切りとなった
  9. ^ 都合で出演出来ない場合は東海テレビアナウンサーが出演
  10. ^ 2011年3月からそれまでのネット番組は「中部日本放送」、ローカル番組は「CBC」と使い分けていた地上波番組の制作クレジット表記を「CBC」に統一したが、2014年3月まで正式社名でクレジットを出していた。2014年4月の分社化以降「CBCテレビ」に表記を変更した。
  11. ^ テレビ愛知の映像利用時は、東海ラジオ解説者が担当する場合がある
  12. ^ テレビ愛知の映像利用時に東海ラジオ解説者が担当する場合は現地放送席の場合あり
  13. ^ 全国放送・中部地方(NHK名古屋放送局・NHK岐阜放送局NHK津放送局NHK静岡放送局NHK福井放送局NHK金沢放送局NHK富山放送局)・東海3県(NHK名古屋放送局・NHK岐阜放送局・NHK津放送局)向け
  14. ^ スコア表示には表示されないが、実際の中継制作は、ナゴヤドームのライブビジョン(バックスクリーンの大型画面)など映像関係全般を担当、また、在名局の野球中継制作にも関わっている名古屋東通が行っている
  15. ^ かつて(1999年頃)は北陸遠征の対阪神戦でサンテレビ・テレビ大阪が映像を製作し、中国放送が実況とベンチリポートを差し替えた中継が放送されたことがあり、テレビ大阪の映像を使用した時は、実況・解説・リポートのみ中国放送のスコア表示で、それ以外はテレビ大阪のスコア表示だった。
  16. ^ J SPORTSでの放送がないビジターへの乗り込み時は、ホームチーム側の系列局アナウンサーが出演した例がある(2015年6月14日の対ソフトバンク戦で九州朝日放送のアナウンサーが出演)。また2019年には朝日放送テレビとの地上波2局ネット時に、同局のアナウンサーが阪神ベンチリポーターとして出演する可能性があったが、雨天中止となった。
  17. ^ a b 近年はクレジットを省略することが多かったが、地上波では2017年から再度表示している。
  18. ^ 全国放送・中国地方(NHK広島放送局・NHK山口放送局NHK松江放送局NHK鳥取放送局NHK岡山放送局)向け・広島県向け
  19. ^ テレビ新広島子会社。テレビ新広島や中国放送の中継にも協力している
  20. ^ 対巨人戦・一部試合のみ
  21. ^ フジテレビ主導制作による地上波全国中継。テレビ新広島・TSSプロダクションも制作協力しているが、ノンクレジット扱い。
  22. ^ J sports制作クレジットの字幕では「東北楽天ゴールデンイーグルス」と表記。BS・インターネットテレビでは従来どおり「楽天野球団」として表記される
  23. ^ 原則、関西テレビ、朝日放送テレビ、テレビ大阪のアナウンサーが実況する場合はレポーターは同じ局のアナウンサー、もしくは都合がつかない場合にJ SPORTS側からフリーアナウンサーを用いるが、2008年8月の京セラドームでのある試合では、実況が関西テレビ、リポーターがテレビ大阪と系列局の異なる放送局のアナウンサーが担当した試合があった。
  24. ^ a b 但し、FOX ムービープレミアムで放送すべき試合についてはスカパー!・スカパー!プレミアムサービス向けには同チャンネルでは放送しないため、ロッテ・オリックス主管の1試合ずつをJ SPORTS2に振り替えて放送を行う(ケーブルテレビ向けはFOXムービープレミアムでそのまま放送するため、J SPORTSでは別番組に差し替え)
  25. ^ オープン戦は、地上波放送がない場合は関連企業の東海テレビプロダクションが技術協力に加わることがある。地上波が三重テレビでの放送する場合も東海テレビが担当する(三重テレビでの放送分は東海テレビが制作担当)。2009年以前は、当初東海テレビで放送予定だった試合が急遽三重テレビに変更になった場合は、本番組を同時放送したことがあった。
  26. ^ 普段東海テレビとCBCテレビがJ SPORTS向け中継に使用している
  27. ^ 第一戦はテレビ愛知、第二戦は東海テレビ
  28. ^ この映像はNHK BS1におけるNHKプロ野球の中日主催試合でも使用されている。ちなみに、配信を行う試合のほとんどは2011年はNHK BS1での放送が行われる試合であったが、2012年よりテレビ愛知での試合と地上波中継がない試合が対象となっている。
  29. ^ 別スタッフで行う場合、ひかりTV・ネット配信向けは東京ケーブルネットワークが制作協力し、スコア表示も日本ハム、オリックスの東京ドーム開催分と同じものを使用
  30. ^ BSフジ・フジテレビONE・TWOでは、2006年4月8日以降は井端弘和岩瀬仁紀立浪和義山崎武司山本昌は出演せず(井端・立浪・山崎はフジテレビ制作のフジテレビONE『SWALLOWS BASEBALL L!VE』、岩瀬はJ SPORTS制作分に何れも出演)、鹿島忠・権藤博・鈴木孝政・谷沢健一(谷沢や2003年までの鈴木はフジテレビとも契約がある、上記の4人が出演しない場合は本数契約の解説者が出演する場合がある)、東海テレビアナウンサーの小田島卓生加藤晃斉藤誠征高橋知幸森脇淳、タレントの下嶋兄が出演し(下嶋はリポーターのみ出演、下嶋が出演しない場合は上記の東海テレビアナウンサーが担当)、BS-TBS・TBSチャンネル1では、2010年7月9日以降はBS-TBSで放送せず、TBSチャンネル1で地上波同時放送となる場合を除き、井端弘和・岩瀬仁紀・山田久志は出演せず、牛島和彦・川上憲伸・小松辰雄・立浪和義・彦野利勝(川上・立浪は地上波TBS系列全国中継も担当、牛島はTBSテレビとも契約)、CBCテレビアナウンサーの江田亮塩見啓一高田寛之西村俊仁水分貴雅宮部和裕若狭敬一が出演する。
  31. ^ テレビ神奈川は自社でHD画質対応の中継車を所有しておらず、中継車の借り受けやTBSテレビ等からの映像提供で対応している。クライマックスシリーズではテレビ朝日系列局が映像の送り出しに協力しており、広島主催では広島ホームテレビ担当試合が該当
  32. ^ 6月28日はテレビ大阪が、6月29日はサンテレビが関西ローカルで地上波放送を行った
  33. ^ 北海道文化放送では『日本ハム対西武』、仙台放送では『オリックス対楽天』、テレビ西日本サガテレビテレビ長崎テレビ熊本テレビ大分テレビ宮崎鹿児島テレビ沖縄テレビでも同時ネット)では『ソフトバンク対ロッテ』を各々中継したが、NST新潟総合テレビは『NST終戦70年特別番組 大林宣彦監督作品 この空の花 2015 70年目の夏(後編)』、高知さんさんテレビは『ペケポンプラスSP』(フジテレビで8月11日放送分)を放送した
  34. ^ 同カードは中京テレビも実況・解説を差し替えて放送するが、阪神対巨人戦の雨天中止時は広島テレビと同様に雨傘番組に振替となる。
  35. ^ 過去にTBSテレビの解説者(衣笠祥雄・川口和久・牛島和彦など)が中国放送ローカルに出演した際には、差し替えずにそのまま放送されていた。
  36. ^ 新井が毎日放送制作関西ローカルの阪神主催試合の中継に系列応援で出演した場合は、同系列のGAORAで同時放送されることがある。
  37. ^ BS日テレ・日テレジータスでは、池谷公二郎・野村謙二郎・山本浩二(2017年以前の池谷・野村・山本は日本テレビとの契約がある、2019年3月29日の開幕戦では日本テレビ解説者の江川卓高橋由伸が、一部試合では黒田博樹が何れも出演)、広島テレビアナウンサーの小野宏樹澤村優輝長野正実宮脇靖知森拓磨、巨人ベンチリポート担当の日本テレビアナウンサーの蛯原哲上重聡河村亮佐藤義朗田辺研一郎平川健太郎町田浩徳が出演し、BSフジ・フジテレビONE・TWOでは山内泰幸または達川光男(山内はフジテレビ主導制作のクライマックスシリーズ日本シリーズ〈何れも広島東洋カープが出場する試合のみ〉も担当、達川はフジテレビとも契約)・谷繁元信等フジテレビまたは本数契約の解説者、テレビ新広島アナウンサーの加藤雅也野川諭生深井瞬が出演する。
  38. ^ BS-TBS・TBSチャンネル1では、TBSテレビ制作となった2011年4月16日以降はBS-TBSで放送せず、TBSチャンネル1で地上波同時放送となる場合を除き、安仁屋宗八・天谷宗一郎・新井貴浩・山崎隆造(新井はTBSテレビとも契約があり、地上波TBS系列全国中継も担当)、中国放送アナウンサーの石田充石橋真一柳信行伊東平坂上俊次は出演せず、TBSテレビ解説者の川口和久槙原寛己(槙原は地上波TBS系列全国中継も担当、川口・槙原が出演しない場合は佐々木主浩〈地上波TBS系列全国中継も担当〉を中心としたTBSテレビまたは本数契約の解説者が出演)、TBSテレビアナウンサーの伊藤隆佑小笠原亘清原正博佐藤文康清水大輔土井敏之戸崎貴広新タ悦男初田啓介(地上波TBS系列全国中継や2018年の広島県ローカル中継には巨人ベンチリポート担当で出演)が出演する。
  39. ^ BS朝日・テレ朝チャンネル2では、テレビ朝日制作となった2013年8月11日以降は、北別府学(2019年は井端弘和が3月31日・5月5日の、2020年〈同年1月20日から北別府が成人T細胞白血病の発症による本格的な治療に専念するため活動を休止しているため〉は里崎智也が7月15日・16日の地上波広島県ローカル中継に各々出演)、広島ホームテレビアナウンサーの西田隆人・廣瀬隼也吉弘翔は出演せず(吉弘は開幕3戦目である2019年3月31日のテレビ朝日制作の地上波関東ローカル放送に広島ベンチリポート担当で地上波広島県ローカルとの兼任で出演)、テレビ朝日との契約がある前田智徳(2015年までは前田が地上波広島県ローカル出演時は本数契約の解説者が出演)、テレビ朝日アナウンサーの大西洋平草薙和輝斎藤康貴清水俊輔三上大樹が出演する。
  40. ^ 一部横浜戦に限り、テレビ神奈川も担当した。ごくまれにビジター側のフジテレビ系列局(関西テレビ・東海テレビ・テレビ新広島)・テレビ朝日系列局(メ〜テレ)が地上波同時放送時に限り担当した事例もある。
  41. ^ テレビ神奈川・ビジター側フジテレビ系列局・メ〜テレ制作時は該当局のアナウンサーが派遣して実況担当することもあった。
  42. ^ テレビ神奈川・ビジター側フジテレビ系列局・メ〜テレ制作時は該当局(メ〜テレ制作時はテレビ朝日が派遣する場合あり)の解説者が担当することもあった。
  43. ^ 当初は「フジテレビ739」
  44. ^ a b c ベイスターズナイター』と同時中継実施の時
  45. ^ 「映像制作」名義での製作協力
  46. ^ a b c d e 試合日による
  47. ^ 千葉テレビ発の場合、CTCは製作著作のクレジットなし
  48. ^ a b c d e スカイスタジアム時代。当時の西武戦中継のクレジットでは「制作協力:テレビ朝日 制作著作:西武ライオンズ」となっていた。
  49. ^ 2013年4月に朝日ニュースターから改称。
  50. ^ フジテレビの子会社の映像制作会社
  51. ^ QVCマリンフィールドの映像を制作する会社
  52. ^ テレビ西日本の子会社の映像制作会社
  53. ^ このBSO(ボールから先に表示するもの)はMLBや一般的な国際大会ルールで使われていて、変更は2010年からNPBでも審判がボールからコールすることになったことによるもの。日本ではスコアボードやテレビ中継ではストライクから先に出すSBO表示が一般的で、2010年4月の段階でBSO表記にしたのは横浜スタジアムのスコアボードと、テレビ中継のスコア表示ではJ SPORTSとロッテ球団の公式映像(TwellVやチバテレ、インターネット中継で使用)、西武球団公式映像(テレ玉やBS朝日〈交流戦の対巨人戦・クライマックスシリーズを除く〉で使用)のみ。マツダスタジアムは2010年から改修して対応。ほかのほとんどの球場やNHK、多くの民放の野球中継では2011年からの対応となったため、いち早く対応したといえる。
  54. ^ 例えば、ナゴヤドームでの中日対阪神戦の場合、2015年までは「Dragons 0-0 Tigers」と表示されていたが、2016年からは「Tigers 0-0 Dragons」と表示されている。
  55. ^ コンコースモニター用は2010年からハイビジョン対応にリニューアルされ、同時にCBCテレビ発でBS-TBS・TBSニュースバード→TBSチャンネル1で放送する対巨人戦も同一となった(BS-TBS・TBSチャンネルでの放送時に限りコンコースモニターが別デザインに変更)。
  56. ^ 中国放送では、TBSテレビ・毎日放送が制作協力に参加した場合、前記2局仕様を借り受けることがあった他、北陸遠征では映像協力したテレビ大阪(テレビ東京系)仕様を使用したことがある。
  57. ^ a b 2011年以前も東海テレビ解説者だったが、2011年まではJ SPORTS向けには達川が現場復帰した期間のテレビ新広島制作・地上波同時放送の広島主催ゲームを除き出演していなかった。
  58. ^ 2011年まで中日のコーチだった笘篠誠治の実弟
  59. ^ J SPOORTS公式サイトの番組紹介には記載がなく、放送当日のGガイドなどの広島ホームテレビの電子番組表や広島県版新聞各紙(読売新聞・36ページ)などに掲載(解説:北別府・松中、実況:吉弘翔、リポーター:西田隆人)。当該中継は九州朝日放送も自社の出演者により別制作を行った(解説:西村龍次、実況:沖繁義)。
  60. ^ 地上波は放送枠の関係等で放送されなかった。
  61. ^ 「中日ドラゴンズ球団外広報」の肩書を持ち、長年にわたって東海テレビで中日応援番組の司会を務めている峰竜太の長男。以前はジャニーズ事務所の俳優だったが、現在は東海地方拠点のローカルタレントである
  62. ^ 2020年のオープン戦では、中継開始冒頭に放送席を映していて、この時はアナウンサー・解説者も窓側に背を向ける形で話をしている。
  63. ^ 2020年は、新型コロナウイルス感染拡大予防策の一環として、カメラを放送席に設置しない為、放送席は映らない。
  64. ^ 非中日系では、兵庫県独立局であるサンテレビが、対阪神戦の自社乗り込み中継を認められていて、中日系放送局と同系列のビジター地元局・在京局・地上波民放系BSデジタル放送局も独自中継が可能である。
  65. ^ 7月 プロ野球放送休止のお知らせ(広島エリア)
  66. ^ 2018年度プロ野球中継に関するお知らせ
  67. ^ 2014年から2015年にかけて、スコア表示を段階的にテレビ朝日・北海道テレビ・メ〜テレ・朝日放送テレビ・九州朝日放送に準じたデザインに変更したため、「勝ちグセ。」のロゴはランニングスコアのみ表示されている。
  68. ^ 中日のナゴヤ球場本拠地時代では東海テレビ(三重テレビからの委託を含む。左側から)とCBCテレビ・NHK名古屋放送局(右側から)で向きが異なっていた。
  69. ^ 中国放送では、TBS系列全国放送の対巨人戦及び巨人戦以外の試合をビジター側地元局が実況・解説を差し替えず、同時ネットで放送する場合は、放送席のセットをローカル仕様(『Veryカープ! RCC』や『広島家族 RCC』のロゴ)からTBS系列全国中継仕様(『S☆1 BASEBALL』など全国中継の番組名表記)に変えることがある。
  70. ^ 2011年8月6日は中国放送がBS-TBS・TBSニュースバード向けにも別制作したため放送席は映ったが、放送席のセットはTBS系列全国中継仕様を使用した。
  71. ^ 在広局がビジターゲームを自社制作で放送する場合、広島テレビ・広島ホームテレビでは、広島からのオフチューブと現地乗り込みが混在し、乗り込み時に限り放送席が映る。中国放送・テレビ新広島では、広島からのオフチューブのため放送席は映らないが、中国放送では、リーグ優勝決定・広島在籍選手の2000本安打・200勝への王手など重要試合・東通の制作協力で独自映像を制作するヤクルト主催試合では自社乗り込みを行う場合は放送席が映ることがあり、テレビ新広島は2017年にスタジオにセットを組んで疑似的に放送席を設置したことがあった。広島テレビでは、2017年のファーム日本選手権はJ SPORTSからのスコア表示込みの映像提供で広島からのオフチューブで中継したが、スタジオからの顔出しがあった。
  72. ^ 試合日によりテレ玉、またはチバテレと共同製作。後者は「製作」のテロップには表記されなかった。
  73. ^ 現在のパーフェクト・チョイスはアダルト専門であるが、当時は現在のスカチャン相当のチャンネルもパーフェクト・チョイスを名乗っていた。
  74. ^ 2012年からテレ朝系で中継されるオールスターと日本シリーズは朝日ニュースター→テレ朝ch2での当日録画に移行





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「J_SPORTS_STADIUM」の関連用語

J_SPORTS_STADIUMのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



J_SPORTS_STADIUMのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのJ SPORTS STADIUM (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS