日本BS放送とは? わかりやすく解説

日本BS放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/09 07:54 UTC 版)

日本BS放送株式会社(にほんビーエスほうそう、: Nippon BS Broadcasting Corporation)は、BSデジタル放送を行っているビックカメラグループの衛星基幹放送事業者である。


注釈

  1. ^ 一部無料の見逃し配信と都度課金配信の番組が含まれている。

出典

  1. ^ 基幹放送事業者の議決権保有状況等 BS認定基幹放送事業者 - 総務省電波利用ホームページ
  2. ^ 学校法人文化学院(2018年3月末で学校法人了徳寺学園に統合)と共同で建設。2018年3月末までは5階以上を文化学院校舎として使用していた。
  3. ^ 2010年(平成22年)4月1日に加盟。開局当初はデータ放送・CS放送主体であり民放連の範疇外であったこと、またハイビジョン放送参入後も、テレビショッピングの割合が多いことを理由に、入会の承認に時間を要したためである。“日本BS放送が4月1日に民放連に入会へ、民放連の理事会が承認”. 日経クロステック. (2010年3月18日). https://xtech.nikkei.com/it/article/NEWS/20100318/346005/ 2022年6月1日閲覧。 
  4. ^ BSデジタル大丈夫? 新局増加、ハード面追いつかず…[リンク切れ] - 産経新聞2008年(平成20年)1月25日
  5. ^ “J:COM TVに「BS11デジタル」登場〜 J:COMオン デマンドでBS11の3Dコンテンツを配信!〜”. ジュピターテレコム. (2010年10月19日). https://newsreleases.jcom.co.jp/news/40708.html 2022年6月1日閲覧。 
  6. ^ 開局2年目 展望と戦略、社長に聞く[リンク切れ] - 東京新聞2009年(平成21年)1月30日朝刊。
  7. ^ 文化通信.com
  8. ^ 文化通信.com
  9. ^ 文化通信.com
  10. ^ “2014年8月期 決算説明会”. 日本BS放送株式会社IR情報. (2014年10月20日). https://corp.bs11.jp/ir/library/presentation/BriefAnnouncementPar/0/TwoDownPar/03/document_1/presentation_20141020.pdf 2010年10月25日閲覧。 
  11. ^ 有報リーダー”. Lafla. 2017年6月15日閲覧。[リンク切れ]
  12. ^ 日本放送協会 『NHK年鑑2000』日本放送出版協会、2000年11月11日、457頁。 
  13. ^ 2005年(平成17年)8月の“放送法施行規則と放送普及基本計画の見直し [1]”に基づく体制。
  14. ^ 新4K8K衛星放送開始に伴う帯域再編後は、当局以外に1920×1080ピクセルを維持しているのはNHK BSプレミアム(ただし、21.5スロットから当局と同じ18スロットに削減)とWOWOW3波(24スロット×3波→72スロットから削減なし)だけである。
  15. ^ 平成30年日本民間放送連盟賞・番組部門 [テレビエンターテインメント番組] 最優秀賞を受賞!”. 日本BS放送株式会社. 2021年9月23日閲覧。
  16. ^ 【連載】地デジの足音 74 テレビを買い替えたら、次はBDでOK?(3) マイナビニュース
  17. ^ BS11、4月からの新番組編成を発表。アニメも強化 AV Watch
  18. ^ プロ野球中継なし!BS11、4月番組改編で世代別視聴者獲得 - 日経トレンディ・2012年2月13日[リンク切れ]
  19. ^ 当初は名称を設定しなかったが、2015年3月に公募で決定された。
  20. ^ 名称公募以降は、オープニングとクロージングの時にしか見られなくなった。そのオープニングとクロージングも2017年秋に変更となったため、見ることはできなくなった。
  21. ^ 10月1日に新規開始するBSデジタル放送のチャンネル・EPGデータ追加に合わせて変更。
  22. ^ BS11からのお知らせ 2010年(平成22年)12月9日
  23. ^ 朝日新聞 2011年6月30日付 「出演者みんな自民議員 「放送倫理に違反」と機構意見書」[リンク切れ]
  24. ^ BPO『"自"論対論 参議院発』に関する意見
  25. ^ 動画配信サイト「BS11+」オープン 見逃し配信サイトをリニューアル”. ORICON NEWS (2022年7月21日). 2022年7月21日閲覧。
  26. ^ CS放送局のスポーツ系チャンネルなどではよく見られる表示だが、民放BSデジタル放送では当時唯一であった。2017年から2019年までトゥエルビが表示を行っている。
  27. ^ 2019年末までの韓国・中国・台湾、ヨーロッパドラマ枠は早朝時間を除き全て韓国ドラマの放送枠であった。
  28. ^ 「日本BS放送株式会社 2016年8月期 第2四半期 決算説明会 - 日本BS放送株式会社・2016年4月22日
  29. ^ 他の無料BS局では、トゥエルビで全ての時間帯のアニメ番組(一部を除く)に、BS朝日BSテレ東BSJapanextで朝・夕方時間帯(全日)のアニメ・特撮番組で表示を行っており、それ以外の無料BS局では表示を行っていない。
  30. ^ 2021年6月26日までは土曜 20:00 - 20:55でも放送していた。また、2021年9月24日までは単独番組として金曜 20:00 - 20:53でも放送していた。
  31. ^ 2021年10月2日までは土曜 20:00 - 20:55で放送。
  32. ^ 土曜日はBSテレ東ウイニング競馬』(テレビ東京制作)の放送する14:30 - 16:00、日曜日はフジテレビ系列地上波『みんなのKEIBA』(東日本・沖縄地区)『KEIBA BEAT』(西日本地区)の放送する基本15:00 - 16:00(開始時間は変動あり)は中断。地上波の『中央競馬ワイド中継』に近い体制。
  33. ^ 【BS11】スタンレーレディスゴルフトーナメント” (日本語). 【BS11】. 2021年10月12日閲覧。
  34. ^ 【BS11】We are STARDOM!!~世界が注目!女子プロレス~” (日本語). 【BS11】. 2022年9月25日閲覧。
  35. ^ reserved, Copyright (c) 2020 World Wonder Ring STARDOM, All rights. “スターダム公式サイト” (日本語). スターダム✪STARDOM. 2022年9月25日閲覧。
  36. ^ 【BS11】WBSC U-18 ベースボールワールドカップ” (日本語). 【BS11】. 2022年9月25日閲覧。
  37. ^ 本時間帯は生放送の時はBS日テレの142chと同じものが放送される。BS11専用に事前収録されたものが放送される場合もある。
  38. ^ 同番組の一部で、NHKメディアテクノロジーが日本でただ1台保有する3Dハイビジョン中継車と、3台の3Dハイビジョンカメラを使用して実施された。これ以外は通常の2Dもしくはモバイル中継で対応。
  39. ^ 元々はチバテレビ制作であったが、2011年(平成23年)4月より移管された。
  40. ^ 「TKO」木本がMCのBS11「アプリ学院!」放送終了 公式サイトで発表”. スポーツニッポン (2022年7月29日). 2022年7月30日閲覧。
  41. ^ 【BS11】ザ・チーム 勝ち負けの向こう側” (日本語). 【BS11】. 2021年10月11日閲覧。
  42. ^ 【BS11】キラボシ!” (日本語). 【BS11】. 2021年10月11日閲覧。
  43. ^ BS日テレでも放送。
  44. ^ onagiyaのツイート(978585892670472192)
  45. ^ BPO:BS11の番組に意見書「政治的公正性損なう」 毎日新聞 2011年6月30日 19時13分
  46. ^ BS11「“自”論対論 参議院発」は放送倫理違反 BPOが意見書 産経ニュース 2011年6月30日 16時33分[リンク切れ]
  47. ^ 議員に番組制作丸投げ、放送倫理違反と意見書 読売オンラインニュース 2011年6月30日 18時32分






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本BS放送」の関連用語

日本BS放送のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本BS放送のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本BS放送 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS