生年月日とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 時間 > > 生年月日の意味・解説 

生年月日

読み方:せいねんがっぴ

生年月日とは、人が生まれた年月日という意味であり、つまり誕生日のこと。「出生年月日」と表現されることもある。一般的には1959年1月17日生まれのような形で具体的に表記される

生年(=生まれ年)」は西暦用い場合もあれば和暦元号)を用い場合もある。また、誕生日」と表現される場合生年含まず月・日情報だけが念頭に置かれている場合も多い。

生年月日は、一般的に扱われる範囲においては最も詳細な個人出生時期に関す情報である。戸籍にも生年月日が記載される個人照合認証する手段として生年月日が用いられる場合もある。

「数え年」と「満年齢」

年齢の数え方には「数え年」と「満年齢」がある。かつては加齢は「数え年」による扱い標準的であった、つまり国民全員元旦に年をとっていた。明治から昭和にかけて法律整備され法的な加齢扱い満年齢に準拠することで一本化された。

生年月日と加齢のタイミング

法的に加齢タイミングは生年月日の前日終了した瞬間である。つまり誕生日前の日満年齢加算されて、誕生日当日は加齢済みの身として迎えることになる。この考え方により、4月1日生まれの子供は3月31日加齢することになり、同年4月2日以降に生まれた子供よりひとつ上の学年組み込まれることになる。

生年月日の類語

「生年月日」の類語に「誕生日」や「出生日のような表現挙げられる

せい‐ねんがっぴ〔‐ネングワツピ〕【生年月日】

読み方:せいねんがっぴ

生まれた年と月と日


誕生日

(生年月日 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 08:37 UTC 版)

誕生日(たんじょうび)は、特定のの生まれた、あるいは、毎年迎える誕生記念日のこと。派生的に、動物サービスなどにも用いる場合がある。「○年○月○日」のような「年」の部分をつけてある特定の人などの誕生の日を示すこともあれば、単に「○月○日」のみで記念日を示すこともある。前者の「○年○月○日」の用法は、生年月日(せいねんがっぴ)と同義。


注釈

  1. ^ 日本国内においては、日本国籍者の場合はパスポートなどの例外を除き和暦で表記されるが、日本以外の国籍を持つ人は運転免許証などの例外を除き西暦が使われることが多い。たとえば個人番号カード(マイナンバーカード)の生年月日は日本国籍者については和暦で、日本以外の国籍を持つ人については西暦で表記されている[10]
  2. ^ 学校教育法第十七条 保護者は、子の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満十二歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校に就学させる義務を負う
  3. ^ 行政手続、誕生日会などのイベント、割引などの特典など
  4. ^ 正確には次の通りである。グレゴリオ暦1900年2月28日は、ユリウス暦では1900年2月16日である(12日のずれ)。グレゴリオ暦1900年3月1日〜3月13日は、ユリウス暦1900年2月17日〜2月29日に相当する。グレゴリオ暦1900年3月14日〜2100年2月28日は、ユリウス暦1900年3月1日〜2100年2月15日に相当する(13日のずれ)。グレゴリオ暦2100年3月1日〜3月14日は、ユリウス暦2100年2月16日〜2月29日に相当する。グレゴリオ暦2100年3月15日は、ユリウス暦では2100年3月1日である(14日のずれ)。
  5. ^ 実際のイエスの誕生日に関する議論はクリスマスを参照
  6. ^ 初代大統領ジョージ・ワシントンの誕生日(本来の誕生日は2月22日<ユリウス暦2月11日>)。その後、第16代大統領エイブラハム・リンカーンの誕生日2月12日と複合する形で現在の方式になった。

出典

  1. ^ 鵜澤由美 2008, p. 226-227.
  2. ^ 鵜澤由美 2008, p. 227.
  3. ^ 鵜澤由美 2008, p. 227-228.
  4. ^ 鵜澤由美 2008, p. 228-232.
  5. ^ 鵜澤由美 2008, p. 235.
  6. ^ 鵜澤由美 2008, p. 240.
  7. ^ 鵜澤由美 2008, p. 244-248.
  8. ^ 鵜澤由美 2008, p. 249.
  9. ^ 鵜澤由美 2008, p. 252.
  10. ^ 地方公共団体情報システム機構番号移行サポートセンター. “番号制度に関するQ&A (pdf)”. 2019年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月19日閲覧。 - 問3を参照。
  11. ^ ニジェール人の誕生日は1月1日が多い 2008.8 笹川陽平 日本財団
  12. ^ 宮崎市定『元日と誕生日』岩波現代文庫「東風西雅抄」P235 - 236。ただし北魏は漢民族の王朝ではない
  13. ^ 湯浅邦弘 『ビギナーズ・クラシック中国の古典 菜根譚』 角川ソフィア文庫 7版2015年(初版14年) p.217.
  14. ^ おたんじょうびせき【御誕生日席】の意味 - goo辞書(デジタル大辞泉)
  15. ^ アストリッド・リンドグレーン『やねの上のカールソン』岩波書店版 訳・大塚勇三 リンドグレーン作品集7 1965年:ISBN 4001150670
  16. ^ 年齢計算ニ関スル法律第2項
  17. ^ 間に閏日を挟む場合は366日目
  18. ^ 「2月28日」は誕生日より前であり、「3月1日」は誕生日より後であるため、2月28日を過ぎて3月1日になった瞬間(3月1日0時)を一般的には加齢のタイミングとみなされる。
  19. ^ 概要|国連ウェーサクの日・日本委員会 公式 HP”. 2022年8月14日閲覧。
  20. ^ 誕生日に自殺や事故死が増える、大阪大学調べ (2016年6月6日)
  21. ^ 事故・自殺・病気 - 1年で最も死亡率の高い日が統計調査で明らかに
  22. ^ 創世記(口語訳)#40:20-22
  23. ^ マタイによる福音書(口語訳)#14:6-12



生年月日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 09:00 UTC 版)

児玉清」の記事における「生年月日」の解説

実際の出生日1933年12月26日だが、当時は数え年年齢カウントされていた(数え年は、生まれ年1歳とするため、左記の場合生6日後に年が明け2歳になる。法律上1902年満年齢使用する事が定められていたが、慣習太平洋戦争後まで使われていた)ため、1週間足らず2歳になるのを嫌った親が出生日1月1日」で出生届出したという。

※この「生年月日」の解説は、「児玉清」の解説の一部です。
「生年月日」を含む「児玉清」の記事については、「児玉清」の概要を参照ください。


生年月日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 14:38 UTC 版)

本多勝一」の記事における「生年月日」の解説

本多生年は、著書によって1931年昭和6年)、1932年昭和7年)、1933年昭和8年)の3通り記しており、どれが正しいのかは不明である。たとえば『中国の旅』ハードカバー版1972年朝日新聞社)によると1931年であり、同書文庫版1981年朝日新聞社)によると1933年であり、『殺される側の論理』(1982年朝日新聞社)によると1932年であるという。2011年インタビューでは本多1931年生まれ語っている。生年月日を記した資料現代日本人名録98』および『20世紀日本人名事典』によると、1932年1月28日生まれだが戸籍上は1931年11月22日生まれであるという。殿岡昭郎の『体験的本多勝一論』(2003年日新報道)によると、1987年3月3日京都地裁開かれたベトナム僧尼焼身自殺をめぐる民事裁判原告本人質問にて、本多は「1933年4月28日生まれである可能性がある」と発言している。本多は「私はですね、いわゆる旧制中学入って間もなく戦争終わった世代ものですから」、「私が(旧制)中学年になった一九四五年四月」と述べている。

※この「生年月日」の解説は、「本多勝一」の解説の一部です。
「生年月日」を含む「本多勝一」の記事については、「本多勝一」の概要を参照ください。


生年月日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 14:42 UTC 版)

じゅういっちゃん」の記事における「生年月日」の解説

1999年8月23日じゅういっちゃん誕生日になっているこの日は、現在BS11放送している日本BS放送当時は日本ビーエス放送企画』)が設立された日である。

※この「生年月日」の解説は、「じゅういっちゃん」の解説の一部です。
「生年月日」を含む「じゅういっちゃん」の記事については、「じゅういっちゃん」の概要を参照ください。


生年月日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 03:51 UTC 版)

芥川舟之」の記事における「生年月日」の解説

芥川舟之の生年月日には異説あり、正確に生年不詳とされる場合が多い。

※この「生年月日」の解説は、「芥川舟之」の解説の一部です。
「生年月日」を含む「芥川舟之」の記事については、「芥川舟之」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「生年月日」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

生年月日

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 01:35 UTC 版)

名詞

年月日せいねんがっぴ

  1. ある人生まれ年月日

類義語

翻訳


「生年月日」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



生年月日と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

生年月日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生年月日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの誕生日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの児玉清 (改訂履歴)、本多勝一 (改訂履歴)、じゅういっちゃん (改訂履歴)、芥川舟之 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの生年月日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS