吉屋信子とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 吉屋信子の意味・解説 

吉屋信子

吉屋信子の俳句

すすき原すすきに触れて月のぼる
まことより嘘が愉しや春灯
初暦知らぬ月日は美しく
書初は恋の場面となりにけり
滑り台児らがすべれば花吹雪
緑陰に自転車止めて賭将棋
 

吉屋信子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/05 10:22 UTC 版)

吉屋 信子(よしや のぶこ、1896年明治29年)1月12日 [1]- 1973年昭和48年)7月11日[2])は、1920年代から1970年代前半にかけて活躍した、日本小説家である。


  1. ^ a b 鹿児島達雄『現代鎌倉文士』かまくら春秋社、1984年、216頁。
  2. ^ a b 鹿児島達雄『現代鎌倉文士』かまくら春秋社、1984年、220-222頁。
  3. ^ 中川 2013, p. 63-64.
  4. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)361頁
  5. ^ 中川 2013, pp. 62-65.


「吉屋信子」の続きの解説一覧



吉屋信子と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「吉屋信子」の関連用語

吉屋信子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



吉屋信子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの吉屋信子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS