五十嵐秀彦とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 現代俳句人名事典 > 五十嵐秀彦の意味・解説 

五十嵐秀彦

五十嵐秀彦の俳句

かたくりや希望は別の名で咲きぬ
こときれてゆく夕凪のごときもの
ちちろ虫夢で逢うたが忘れたか
てのひらに穴ありいつの日か吹雪く
なあ友よこの世だつて存外寒い
ひとひらは春の月面まで届く
コクトーの細き手首やいなつるび
メロンパン買つてあやめのそのほとり
一代の咎あれば言へ沙羅の花
三鬼の忌他人ばかりの靴ならび
下駄なんか履いてゐる人ほととぎす
不可知なる言葉すずらんなどと呼ぶ
円光に刻降り積もる木菟の耳
冬ざれてゆくわがまなこまなぶたも
冬の日のなほあたたかな時を病む
十三夜女ばかりのバスに乗り
十月や父に病衣と管五本
千年は散るに迅くて春の雪
地の限り人の限りを黄沙降る
声のせしゆふべに罌粟の花となる
大寒や人は柩を空に置く
新涼や夕餉に外す腕時計
日記買ふ絶望の魚捨つるため
春の雪掘る死にし蝶探すごと
月光の告訴満ちゐる口の中
月照らす机上流砂のごとき文字
末裔の那智火祭を浴びにけり
本郷に軍人の墓黒麦酒
杉は昏れゆく十八夜月を待つ
柊を挿し片づかぬ顔でゐる
沫雪やわれらと呼ぶに遅すぎて
消しゴムの腹より折るる遅日かな
溺れゆくこと飛ぶことに似る銀河
犬の来て銀河に触るる川堤
狐火や広重ひとり吾もひとり
現代と書き野遊びに出でにけり
白に白重ぬる雪の音を聴く
白鳥帰る一羽は死者のポケットに
窓ぬぐふ人惜しみ年惜しむとき
自転車に青空積んで修司の忌
花散つて藍のさざなみインク瓶
虚子の忌の飛行機雲をくぐりけり
蝶有罪あるいは不在雨あがる
読初の仰臥漫録日のにほひ
遊行忌や月光譚を巻き終へて
降る雪に重たき耳をふたつ持つ
雪の華あなたに見せてゐて暮れる
靴底の雪剥がし黙剥がしけり
魂ひとつ青野に還す血曼荼羅
鰐を飼ふ青年教師夏休
 

五十嵐秀彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/13 15:48 UTC 版)

五十嵐 秀彦(いがらし ひでひこ、1956年3月12日 - )は、俳人北海道帯広市生まれ。札幌市在住。現代俳句協会俳人協会会員。漫画家の田島ハルは次女[1]


  1. ^ 田島ハルのブログ
  2. ^ 2013年北海道文化賞贈呈式しおり


「五十嵐秀彦」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「五十嵐秀彦」の関連用語

五十嵐秀彦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



五十嵐秀彦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの五十嵐秀彦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS