第68回NHK紅白歌合戦とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 第68回NHK紅白歌合戦の意味・解説 

第68回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/22 09:11 UTC 版)

第68回NHK紅白歌合戦』(だいろくじゅうはちかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、2017年平成29年)12月31日19時15分から23時45分まで放送された通算68回目のNHK紅白歌合戦である。


  1. ^ Jupiter」「好きだ。」を順に披露(Jupiterは冒頭のみ)。
  2. ^ AIの出場回数。
  3. ^ Cry & Fight」「EXCITE」を順に披露。
  4. ^ 自身のカウントダウンコンサートを開催する神奈川県横浜市西区パシフィコ横浜展示ホールからの中継。
  5. ^ ウルフルズとして過去2回出場。
  6. ^ 東京都渋谷区セルリアンタワー屋上からの中継。
  7. ^ 「ENDLESS RAIN」「」を順に披露。
  8. ^ 大声ダイヤモンド」「365日の紙飛行機」「11月のアンクレット」を順に披露。
  9. ^ GUTS !」「Doors 〜勇気の軌跡〜」を順に披露。
  10. ^ 自身のカウントダウンコンサートを開催する神奈川県横浜市港北区横浜アリーナからの中継。
  11. ^ 紅組の紅白最多出場記録更新。

注釈

  1. ^ 平尾昌晃藤山一郎(歌手)、宮川泰(作曲家)の後を受けた3代目「蛍の光」指揮者として第57回(2006年)から第67回(2016年)まで11回にわたって務めた[9]
  2. ^ 前年は投票で48位以内に入ったHKT48の“なこみく”(矢吹奈子と田中美久)が、当時まだ中学生だったため労働基準法第6章第61条の規定によりAKB48の出演時間帯に出演できず天童よしみのバックダンサーに回り、49位と50位のメンバーが繰り上げられた。また、前述の通り、当初は兒玉遥も出演予定であったが、休養のため出演できなくなり、AKB48チーム8の小田えりなに変更された[8]
  3. ^ 石川は第34回1983年)のみ産休中のため歌手として出場していないが、特別ゲストとして当日の放送に顔見せで登場している[38]

出典

  1. ^ a b c d e f “『第68回NHK紅白歌合戦』 総合司会は内村光良に決定 紅組は有村架純 白組は嵐・二宮和也”. ORICON NEWS. (2017年11月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2100493/full/ 2017年11月13日閲覧。 
  2. ^ a b c “紅白歌合戦、桑子アナが総合司会!トータス松本ら初出場10組発表”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年11月16日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171116-OHT1T50084.html 2017年11月16日閲覧。 
  3. ^ 『NHK紅白歌合戦』2年目の「夢を歌おう」 放送時間決定 ,ORICON NEWS,2017年9月8日
  4. ^ 司会者 NHK紅白歌合戦公式サイト
  5. ^ “紅白ウラトークチャンネル” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本放送協会, (2017年12月1日), http://www.nhk.or.jp/kouhaku/uratalk/ 2017年12月5日閲覧。 [リンク切れ]
  6. ^ “紅白楽屋トーク” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本放送協会, (2017年12月1日), http://www.nhk.or.jp/kouhaku/gakuyatalk/ 2017年12月5日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ “SHISHAMO『明日も』“高校生ホーン隊”募集” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本放送協会, (2017年12月1日), http://www.nhk.or.jp/kouhaku/shishamo/ 2017年12月5日閲覧。 [リンク切れ]
  8. ^ a b c “AKB48 曲目投票企画” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本放送協会, (2017年12月4日), http://www.nhk.or.jp/kouhaku/akb48/ 2017年12月5日閲覧。 [リンク切れ]
  9. ^ “紅白の顔「蛍の光」指揮者11年、平尾昌晃さんの後任は?”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年7月23日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170723-OHT1T50297.html 2017年11月14日閲覧。 
  10. ^ “「蛍の光」新しい指揮者が決定!” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本放送協会, (2017年12月7日), http://www.nhk.or.jp/kouhaku/topics/topics_171207.html 2017年12月7日閲覧。 [リンク切れ]
  11. ^ “「夢を歌おう」特別企画 安室奈美恵 出場決定!” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本放送協会, (2017年12月19日), http://www.nhk.or.jp/kouhaku/topics/topics_171219.html 2017年12月19日閲覧。 [リンク切れ]
  12. ^ ゲスト審査員 決定、第68回NHK紅白歌合戦、2018年1月2日閲覧。[リンク切れ]
  13. ^ “「夢を歌おう」特別企画 桑田佳祐 出場決定!” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本放送協会, (2017年12月22日), http://www.nhk.or.jp/kouhaku/topics/topics_171222.html 2017年12月22日閲覧。 [リンク切れ]
  14. ^ 渋谷が舞台グランドオープニング映像で幕開け 毎日新聞 2017年12月31日
  15. ^ 「紅白歌合戦」の舞台美術はどのように生まれたのか? NHKデザインセンター森内大輔に聞く MAGAZINE | 美術手帖
  16. ^ 三山ひろし、けん玉ギネス失敗「また挑戦」 日刊スポーツ 2017年12月31日
  17. ^ 紅白歌合戦:SEKAI NO OWARI 産休Saoriに代わってNakajinがピアノ演奏 まんたんウェブ 2017年12月31日
  18. ^ 初出場の三浦大知、無音シンクロダンスで魅了 日刊スポーツ 2018年1月1日
  19. ^ WANIMA、紅白へ続くレッドカーペットを疾走!「全力で歌いたいと思います」 (音楽ナタリー、2017年12月29日)2020年8月3日閲覧
  20. ^ 欅坂・平手友梨奈ら3人、過呼吸で倒れた 内村光良とコラボ中に 紅白歌合戦 産経新聞 2018年1月1日
  21. ^ YOSHIKI、紅白で封印解禁!圧巻のドラムプレーで1年締めくくる、スポーツ報知 2017年12月31日
  22. ^ 有村架純、沢村一樹&木村佳乃サプライズ登場で茨城弁再び 桑田佳祐は替え歌「愛の言葉を有働」<紅白本番>,modelpress,2017年12月31日
  23. ^ 【紅白リハ】石川さゆり、10回目「津軽海峡・冬景色」へ込めた想い オリコン 2017年12月29日
  24. ^ 「紅白」審査方法に今回も疑問の声 男女で勝敗…そもそも必要なのか!?,産経新聞,2018年1月16日
  25. ^ 三浦大知が初紅白「光栄、視聴者としても楽しみ」,日刊スポーツ,2017年11月16日
  26. ^ 【紅白】Hey!Say!JUMP、初出場決定「10周年の大きなプレゼント」,ORICON NEWS,2017年11月16日
  27. ^ 【紅白】エレカシ初出場 宮本独壇場で爆笑連発,ORICON NEWS,2017年11月16日
  28. ^ 紅白出場歌手発表 トータス松本がソロとして初出場,サンケイスポーツ,2017年11月16日
  29. ^ 竹原ピストル、紅白初出場に喜び語る「父ちゃん、母ちゃん喜ぶだろうな〜」,スポーツ報知,2017年11月16日
  30. ^ “竹原ピストルやリトグリらも紅白内定 あす正式発表”. 日刊スポーツ. (2017年11月15日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201711150000104.html 2018年8月26日閲覧。 
  31. ^ 【紅白】SHISHAMO、高校時代からの活動つながり「うれしい」,ORICON NEWS,2017年11月16日
  32. ^ 第68回NHK紅白歌合戦:三太郎で人気のWANIMAが初登場 「取り消しにならないように全力で」,MANTANWEB,2017年11月16日
  33. ^ リトグリ初紅白「夢見ていた」、初武道館は1分完売,日刊スポーツ,2017年11月16日
  34. ^ TWICE初紅白 韓国グループ6年ぶり「光栄」,ORICON NEWS,2017年11月16日
  35. ^ 丘みどり、紅白初出場「天国の母との約束果たせた」 ,スポーツ報知,2017年11月16日
  36. ^ 松たか子、18年ぶり紅白!…朝ドラ「わろてんか」主題歌で ,スポーツ報知,2017年11月16日
  37. ^ 【紅白】倉木麻衣、12年ぶり4回目の出場へ 「コナン」コラボでギネス記録も,ORICON NEWS,2017年11月16日
  38. ^ “石川さゆり、歌が大きな存在/紅白を語る”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2009年12月26日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20091226-578681.html 2017年11月16日閲覧。 
  39. ^ “石川さゆり、女性歴代最多40回目の紅白出場…でも本当は「41回通っている」訳とは”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年11月16日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171116-OHT1T50211.html 2017年11月18日閲覧。 
  40. ^ “水樹奈々が切り拓いた『紅白』声優枠が消滅した理由――μ'sが2年前に犯した失態”. サイゾーウーマン. (2017年12月31日). https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzowoman_201712_post_168310/ 2021年5月16日閲覧。 
  41. ^ 第68回NHK紅白歌合戦:曲目・曲順を発表 大トリはゆず「栄光の架橋」,マイナビニュース,2017年12月23日
  42. ^ 紅組トリは石川さゆり、NHKが「世論調査で上位」,日刊スポーツ,2017年12月23日
  43. ^ 嵐、紅白2年連続大トリ!トリは紅組最多40回出場の石川さゆり,サンケイスポーツ,2017年11月16日
  44. ^ 嵐、2年連続大トリ有力 TOKIOも候補に,スポーツニッポン,2017年11月16日
  45. ^ ゆず、NHK紅白歌合戦の白組トリ&大トリに内定
  46. ^ ゆず紅白初の大トリ、紅組は石川さゆり きょう発表
  47. ^ 嵐は安室奈美恵を前に敵前逃亡!? 『紅白』大トリが「ゆず」に決まった裏事情とは,日刊サイゾー,2017年12月27日
  48. ^ 安室奈美恵、紅白「特別出演」決定 番組側は“究極の大トリ”検討 ,スポーツニッポン,2017年12月20日
  49. ^ AKB48 曲目投票企画”. 第68回NHK紅白歌合戦. 日本放送協会. 2017年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月18日閲覧。
  50. ^ 「AKB48 曲目投票企画」投票結果”. 第68回NHK紅白歌合戦. 日本放送協会. 2017年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月2日閲覧。
  51. ^ 「AKB48 曲目投票企画」中間結果”. 第68回NHK紅白歌合戦. 日本放送協会. 2017年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月2日閲覧。
  52. ^ “「紅白」後半視聴率 安室出演も歴代ワースト3位39.4% 前年下回り2年ぶり大台40%割れ”. スポーツニッポン. (2018年1月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/02/kiji/20180101s00041000314000c.html 2018年1月2日閲覧。 
  53. ^ “紅白視聴率40%届かなかった背景にテレ東の大健闘”. 日刊スポーツ. (2018年1月3日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201801030000077.html 2018年1月7日閲覧。 
  54. ^ “紅白視聴率、安室奈美恵熱唱で瞬間最高48・4% 第1部はブルゾンちえみで39・2%”. スポーツ報知. (2018年1月4日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180104-OHT1T50170.html 2018年1月4日閲覧。 
  55. ^ “NHK会長 紅白視聴率歴代ワースト3位も「幅広い年代に見ていただけた。」”. スポーツニッポン. (2018年1月11日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/11/kiji/20180111s00041000168000c.html 2018年1月11日閲覧。 


「第68回NHK紅白歌合戦」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第68回NHK紅白歌合戦」の関連用語

第68回NHK紅白歌合戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第68回NHK紅白歌合戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第68回NHK紅白歌合戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS