テレフォンショッキングとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > テレフォンショッキングの意味・解説 

テレフォンショッキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/29 02:58 UTC 版)

テレフォンショッキング」(英称TELEPHONE SHOCKING)は、フジテレビ系列で放送されていた長寿バラエティ番組『森田一義アワー 笑っていいとも!』の日替わりゲストによるトークコーナー




  1. ^ HKT指原莉乃 「いいとも!」名札をもらったことを報告”. 日刊アメーバニュース (2014年4月1日). 2015年9月13日閲覧。
  2. ^ a b c 『いいとも』テレフォンショッキングに最多の21回出演したゲスト3人は?”. 週プレニュース (2014年3月10日). 2014年4月9日閲覧。
  3. ^ 32年間台本なし 夜のネオン街から“お昼の顔"になったタモリさんを語る+(1/3ページ) - MSN産経ニュース、2014.3.25
  4. ^ 詳細は森田一義アワー 笑っていいとも!#タモリの休暇・不在時の対応を参照。
  5. ^ 2人は当時日本テレビのキャッチフレーズ「おもしろまじめに4チャンネル」のイメージキャラクターを務めていた。なお、徳光のみフリー転向後も数回出演した(最後の出演は2013年12月4日)。
  6. ^ 笑っていいとも! - goo tv(関東版),2014年1月14日
  7. ^ 毎年夏放送の『FNS27時間テレビ』内の『笑っていいとも!増刊号生スペシャル』でこのコーナーが行われることがあったが、通常の『いいとも!』の放送ではないためトークの長さは記録にカウントされない。
  8. ^ 担当デザイナーの山口裕子も共に登場した。
  9. ^ 笑っていいとも! - goo tv(関東版),2012年4月9日
  10. ^ 今日のいいともニュース 2014年3月21日(金) 笑っていいとも!資料室
  11. ^ 【動画】「辞めろ!帰れ!!」"笑っていいとも!"出演の安倍首相に怒声 BLOGOS 2014年03月21日
  12. ^ なお、このさんまのテレフォンゲスト出演は予め決定していたもので、「お友達紹介」として紹介されたものではない。
  13. ^ この時は当時月曜レギュラーだった香取慎吾や当時金曜レギュラーだった草彅剛も出演した。
  14. ^ この日の通常のテレフォンゲストはDREAMS COME TRUE
  15. ^ 1985年4月15日(月曜日)にダンプ松本からの紹介でゲスト出演し、現役レギュラー陣初のテレフォンゲストとなった。
  16. ^ 1995年11月22日(水曜日)に小島奈津子(フジテレビアナウンサー)の付添人として出演。
  17. ^ 2010年12月24日(金曜日)に相方かつ実兄の千原せいじ千原兄弟として出演。
  18. ^ 『いいとも!』にAKB秋元、佐々木希、ロッチ加入 テレフォンアナは日替わりに - ORICON STYLE、2010年9月29日
  19. ^ なお、このストラップは当コーナーでしか手に入らないオリジナルのもので、デザインは2代目(夏休みバージョンとして使われたもの)
  20. ^ a b 『いいとも』テレフォンショッキングに最多の21回出演したゲスト3人は?”. 週プレニュース (2014年3月10日). 2014年4月9日閲覧。
  21. ^ 和田アキ子が『いいとも』“テレフォン”に出演。最多記録更新なるか。”. Techinsight (2014年3月14日). 2014年4月9日閲覧。
  22. ^ a b 日刊スポーツ、2014年4月1日24面
  23. ^ “放送8000回達成!とんねるずが29年ぶりの出演でタモリにレギュラー化を直談判!『笑っていいとも!』” (プレスリリース), フジテレビジョン, (2014年1月15日), http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2014/140115-017.html 
  24. ^ とんねるず 残り2ケ月半でレギュラー獲得 29年ぶり「いいとも!」で独壇場 スポーツニッポン 2014年1月14日
  25. ^ タモリ、最後のテレフォンで「毎日朝から飲んで7月くらいに死ぬと思う」 サンケイスポーツ 2014年3月31日


「テレフォンショッキング」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「テレフォンショッキング」の関連用語

テレフォンショッキングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



テレフォンショッキングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテレフォンショッキング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS