武内絵美とは?

武内絵美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/21 21:22 UTC 版)

武内 絵美(たけうち えみ、本名:宮本 絵美〔みやもと えみ、旧姓:武内〕、1976年11月22日 - )は、 テレビ朝日所属のアナウンサー(現在アナウンス部での役職は主任)。




注釈

  1. ^ 他局代表は柴田倫世(日本テレビ)、小倉弘子(TBS)、内田恭子(フジテレビ)、大橋未歩(テレビ東京)。
  2. ^ 他局代表は阿部哲子(日本テレビ)、小倉弘子(シドニーから数えて3度目、TBS)、高島彩(フジテレビ)、滝井礼乃(テレビ東京)。
  3. ^ 番組開始当初から木・金曜日を担当していた徳永有美(出演時点ではテレビ朝日アナウンサー)が、同局を退社したことによる措置。

出典

  1. ^ こんな事あんの(笑)”. 上地雄輔オフィシャルブログ「神児遊助」 Powered by Ameba. サイバーエージェント (2012年4月8日). 2017年6月9日閲覧。
  2. ^ テレ朝・武内アナ入籍…スポーツ関係会社員と スポーツ報知 2010年11月23日。2013年3月2日閲覧
  3. ^ テレ朝・武内アナ、妊娠5カ月「楽しみ」きょう「報ステ」で生報告 産経新聞 2011年5月27日閲覧(2011年5月30日時点のアーカイブ
  4. ^ 宇賀アナ「報ステ」2代目スポーツキャスター 産休・武内アナの後任に オリコンスタイル 2011年7月30日。2013年3月2日閲覧
  5. ^ テレ朝・武内アナ、第1子男児出産 サンケイスポーツ 2011年10月6日閲覧(2011年10月6日時点のアーカイブ
  6. ^ “武内絵美アナ、産休で1年4か月ぶり仕事復帰”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2012年12月1日). オリジナル2012年12月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121201062046/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20121201-OHT1T00053.htm 2017年6月9日閲覧。 
  7. ^ a b 武内アナ復帰!アナウンス部の呼び方問題!?”. テレビ朝日. 2018年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月20日閲覧。
  8. ^ “テレ朝・武内絵美アナ、第2子妊娠 初夏出産予定”. eltha (oricon ME). (2017年2月23日). http://beauty.oricon.co.jp/trend-culture/trend/news/2086413/full/ 2017年2月23日閲覧。 
  9. ^ “テレ朝・武内絵美アナ、第2子女児出産!時期みて仕事復帰する予定”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年6月9日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170609/mrg17060905010001-n1.html 2017年6月9日閲覧。 
  10. ^ “『ミュージックステーション』新サブMCは入社1年目並木万里菜アナ「タモリさんは仙人みたいな人」”. リアルサウンド. (2018年10月19日). オリジナル2018年10月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181021002305/https://realsound.jp/2018/10/post-265652.html 2018年10月21日閲覧。 
  11. ^ リニューアル♪ テレビ朝日『報道ステーション 宇賀なつみコラム(うがナツ!)』 2011年4月6日閲覧


「武内絵美」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「武内絵美」の関連用語

武内絵美のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



武内絵美のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの武内絵美 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS