草彅剛とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 芸能人 > 声優 > 日本の声優 > 草彅剛の意味・解説 

草彅剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/17 03:55 UTC 版)

草彅 剛(くさなぎ つよし[2]1974年昭和49年〉7月9日[2] - )は、日本俳優歌手タレント愛媛県生まれ[3]埼玉県出身[2]春日部市育ち[3]。株式会社CULEN所属。アイドルグループSMAPの元メンバー(1988年 - 2016年)。


注釈

  1. ^ その後も声優歌手水樹奈々しか例がない。
  2. ^ なお、辺見えみりが草彅の大ファンで中学生だった頃に堀越まで草彅を見に行って、草彅の追っかけをしていたことを告白している。
  3. ^ モスクワ国際映画祭公式上映会での詳細は#エピソードの「タップダンス、モスクワ国際映画祭でのこと」を参照。
  4. ^ a b 2013年はフジテレビ開局55周年記念として放送された。
  5. ^ a b ただし、2008年はSMAPのコンサートを札幌ドームで開催していたため、司会を務めていない(同番組にはSMAPとして中継で出演し曲を披露した)。
  6. ^ 詳細は#活動を参照。
  7. ^ なお、草彅主演作の舞台はチケット入手困難と言われており、そのキャンセル待ちの行列ができる状態について松井は異常な事態と形容している。
  8. ^ ドラマは『僕の生きる道』『僕の歩く道』。映画は『僕と妻の1778の物語』。
  9. ^ 一般的には、出だしの弟分の半次郎の家と、料理屋水熊の場面、そして最後の荒川の土手シーンだけが上演されることが多い。
  10. ^ 山のあなた 徳市の恋』、ドラマおよび映画『任侠ヘルパー』、『99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜』等の映像媒体より確認できる。
  11. ^ 当番組は2010年3月まで放送された。
  12. ^ 2004年に同ドラマの共演者は当時の草彅について次のように述べている。韓国の女優・歌手のイ・ジェウンは、「日本とは違う環境でのお仕事なのに、学ぼうという姿勢が強く、どんどんとけ込んでいって、初対面の人にも積極的に心を開いていって、役者としても、とても魅力的でした」
  13. ^ さらにイ・ジェウンは、「あの当時、韓国では日本人俳優は本当に珍しくて、しかも日本で最高の人気を誇っている、そんなスターが自ら朝鮮語を学び、朝鮮語で一緒にドラマで共演するなんて聞いたこともなかったし、とても新鮮でした。でも凄く台詞も自然で、その努力のほどが伝わってきました」と述べ、韓国の俳優のチョ・インソンは、「僕にも積極的に声を掛けてきてくれました。普通なら、その慣れない環境に戸惑うはずなんですが、やはり日本でも凄く有名な俳優だけあって、その気配りにも関心させられました」と述べている。
  14. ^ ちなみに、当時の韓国は韓国での日本大衆文化の流入制限により、日本語のCD販売や日本語の歌の放送が開放されていない。
  15. ^ 韓国ではMBCを通じて韓国全土に放映された。
  16. ^ 日本と韓国の俳優が全編朝鮮語の台詞で演じている映画は今までに例がない。
  17. ^ また、両者で日本の大衆文化が韓国で解禁されつつあるが、これから日韓の文化交流はどのようになっていくかなどが話されたほか、趙大使は草彅に、これからも日韓の親善のために両国の架け橋として引き続き頑張ってくださいとの旨を伝え、「草彅さんを通じて、日韓がより近い存在になれたらと思います」と述べている。
  18. ^ この対談で、昨年(2003年)の草彅と盧大統領の対談が韓国全土に放映されたことも話題になった。
  19. ^ 授賞式は同年11月25日。
  20. ^ 同年の日本イノベーター大賞選考委員を務めた松永真理は、「日本イノベーター大賞というのは、イノベイティブな動きに対して表彰するものなんですけれど、その中で“ジャパンクール”、日本のソフトパワーを発揮した人っていうことで、チョナン・カンさんが見事選ばれました。やはり、今年、2004年というのは韓流ブームが巻き起こった年だと思いますけれど、チョナン・カンさんは、2001年の4月から、3年半前からこの番組を作ってらして、韓国の文化を伝えてらっしゃって、まさに日本に韓流を起こし、なおかつ『ホテル ビーナス』で、日本映画で全編朝鮮語の主演されたっていう、そういうことが、しかも、朝鮮語は独学でマスターされて、それこそ大統領からチェ・ジウさんのインタビューも通訳なしでなさってましたけど、ああいうふうに韓国の言葉で、ちゃんと迎え入れてインタビューされるっていうのは、私は最高のおもてなしだなと、そういう意味で、本当に格好よくて、まさに“ジャパンクール”にふさわしい、そういうことだと思います」と述べている。
  21. ^ ほかに、現地の草彅ファンから高級ハンボクなどが贈られたことも明らかになっている。
  22. ^ 草彅の写真も掲載されている。
  23. ^ a b c d e f g 文藝春秋創刊100周年記念号(2022年1月号)「100年の100人」より草彅剛へのインタビュー「タモリ・知れば知るほどわからない人」p310-311
  24. ^ 本人は後年、「『笑っていいとも!』に出演したことで、タレントとしての僕の人生が開けました」と回想している[149]
  25. ^ 地上波局アナログ放送終了の2012年までの分。なお、佐藤勉総務相は草彅への高い評価を示している。
  26. ^ この項の下部、「“大縄”を襷がけで背負いながら100キロマラソン完走」を参照。
  27. ^ ソロ曲目にて。
  28. ^ 曲目「真夜中のMERRY-GO-ROUND」にて。
  29. ^ 曲目「Adieu」から曲目「Nightless Girl」にかけて。
  30. ^ この“大縄”を襷がけで背負いながら走ることで、草彅に異常な負荷がかかっていたが、体を痛めながらも完走した。例えば、人は通常の100キロマラソンで、身に着けたウエストバッグが揺れて体に軽く当たったりが繰り返されるだけでも痣ができたりするため、その比ではない重量の大縄を片方の肩だけに掛けて走る行為は、大縄からの反動に加え、重心の観点からしても多大な負荷があったといえる。
  31. ^ 監督樋口真嗣から頼まれ、出演に至る。
  32. ^ 1991年8月15日 - 9月1日(青山劇場
  33. ^ 1992年8月1日 - 25日(南座
  34. ^ 1993年8月6日 -15日(アートスフィア)、8月17日 - 24日(南座)
  35. ^ 1993年12月3日 - 26日(博品館劇場
  36. ^ 初演:1995年3月6日 - 23日(紀伊國屋ホール)、再演:1995年11月23日 - 26日(近鉄劇場
  37. ^ 初演:1999年2月20日 - 28日(近鉄劇場)、3月5日 - 3月27日(シアターコクーン)、再演:2000年1月15日 - 25日(近鉄劇場)、1月28日 - 30日(アートピアホール)、2月4日 - 20日(青山劇場)
  38. ^ 初演:2002年2月13日 - 16日(サントリーホール)、再演:2002年6月22日・23日(びわ湖ホール)、6月30日(ホワイトキューブ
  39. ^ 2006年4月1日 - 30日(シアタートラム
  40. ^ 2008年5月10日 - 6月8日(世田谷パブリックシアター
  41. ^ 2010年11月2日 - 28日(世田谷パブリックシアター)
  42. ^ 2012年11月3日 - 12月1日(赤坂ACTシアター)、12月8日 - 12月11日(梅田芸術劇場)、2013年1月30日 - 2月3日(韓国国立劇場)
  43. ^ 2013年4月3日 - 30日(東急シアターオーブ
  44. ^ 2015年4月29日 - 6月2日(PARCO劇場
  45. ^ 2018年4月14日 - 5月6日(神奈川芸術劇場)、5月12日 - 6月3日(シアタートラム)、6月16日 - 17日(兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール)
  46. ^ 「第12回環境コミュニケーション大賞 テレビ環境CM部門 優秀賞」受賞。
  47. ^ (社)地上デジタル放送推進協会(2003年設立)と(社)BSデジタル放送推進協会(1991年設立)が統合したことで2007年4月より法人格はそのままで団体名がデジタル放送推進協会になり、草彅は引き続き、地デジ普及促進メインキャラクターを務めている。
  48. ^ 作品にクレジット表記はない。

出典

  1. ^ Tsuyoshi Kusanagi”. Internet Movie Database. 2016年5月10日閲覧。
  2. ^ a b c d Johnny's net SMAP Profile”. ジャニーズ事務所 (2016年). 2017年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月1日閲覧。
  3. ^ a b 草彅剛 TOWER RECORDS ONLINE 2016年1月14日閲覧。
  4. ^ 水樹奈々『深愛』幻冬舎、2011年1月21日、第1刷、96頁。ISBN 978-4-344-01936-2
  5. ^ 大竹まことゴールデンラジオ 2016年1月18日 辺見えみり、弘田三枝子、森永卓郎 『Podcast Douga』2016年1月18日。
  6. ^ a b 日本映画magazine 2013、33頁。
  7. ^ a b “草なぎ剛がATP賞個人賞を受賞”. nikkansports.com. (2003年6月19日). http://www./ns/entertainment/f-et-tp0-030618-0023.html 2003年6月20日閲覧。 
  8. ^ a b 速報!ドラマ情報 2003年 6月号:草なぎ剛「ATP賞」受賞 All About,Inc.
  9. ^ 2008/01/23『FNS歌謡祭』フジテレビ社長賞受賞! フジテレビ、2008年1月23日。
  10. ^ 『STOP THE SMAP』2008年2月4日。
  11. ^ 国内映画ランキング : 2006年7月18日発表 『映画.com』
  12. ^ a b 『サンケイスポーツ』2006年9月5日
  13. ^ a b ~洗剤CM好感度1位「草なぎ剛さん」~”. ネットエイジア株式会社 (2009年7月31日). 2009年8月7日閲覧。
  14. ^ 「国際ドラマフェスティバルinTokyo2010」で連続ドラマ部門優秀賞を受賞、放送後もなお話題を呼んでいる『任侠ヘルパー』”. フジテレビ (2010年12月10日). 2010年12月11日閲覧。
  15. ^ “第52回ブルーリボン賞各部門ノミネート発表!『沈まぬ太陽』『ディア・ドクター』が最多”. シネマトゥデイ. (2010年1月6日). https://www.cinematoday.jp/news/N0021660 2019年1月27日閲覧。 
  16. ^ 鑑賞者から高評価、アンケート実施 北米報知新聞。
  17. ^ a b c d e 『女性セブン』通巻2278、2月24日号、小学館、2011年、60・61頁。雑誌コード:20924-2/24。
  18. ^ フジテレビ代表取締役社長(当時)・豊田皓の発言より。2011年1月度社長会見要旨(2011.1.28)”. フジテレビ (2011年2月1日). 2011年2月17日閲覧。
  19. ^ 『僕と妻の1778の物語』初登場首位獲得で、草なぎブランド健在!!”. シネマトゥディ (2011年1月20日). 2011年1月27日閲覧。
  20. ^ a b 平成24年度「電波の日・情報通信月間」記念中央式典における表彰”. 総務省 (2012年6月1日). 2012年6月2日閲覧。
  21. ^ a b c d 地上テレビジョン放送の完全デジタル化関係者への総務大臣感謝状贈呈”. 総務省 (2012年6月1日). 2012年6月2日閲覧。
  22. ^ 2015 55th ACC CM FESTIVAL にて ACC ゴールド賞 受賞”. 島忠 (2015年9月25日). 2016年3月20日閲覧。
  23. ^ “草なぎ&香取はラジオでファンに感謝 4日連続でメンバー全員が解散言及”. Sponichi Annex. (2016年8月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/08/21/kiji/K20160821013205920.html 2016年8月21日閲覧。 
  24. ^ “ジャニーズ事務所 香取ら退所3人を代弁「感謝」…サイトを8日で閉鎖と発表”. Daily Sports Online. (2017年9月4日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/09/04/0010524240.shtml 2017年9月5日閲覧。 
  25. ^ “元SMAP3人がファンサイト「新しい地図」開設 来月16日に始動か”. Sponichi Annex. (2017年9月22日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/21/kiji/20170922s00041000088000c.html 2017年9月22日閲覧。 
  26. ^ “元SMAPの3人、新事務所で芸能活動へ”. 朝日新聞. (2017年9月22日). http://www.asahi.com/articles/ASK9Q56M4K9QUCLV00K.html 2017年9月22日閲覧。 
  27. ^ “草なぎ剛、2017年の“新人YouTuber”ランキング1位に! 2位はTWICE”. ザテレビジョン. (2017年12月21日). https://thetv.jp/news/detail/131664/ 2019年1月27日閲覧。 
  28. ^ “「本当にミラクル」「伝説だ」 江頭2:50と草なぎ剛、チャンネル登録者数100万人をそろって達成”. ねとらぼ. (2020年2月9日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2002/09/news023.html 2020年2月9日閲覧。 
  29. ^ “草なぎ剛、一般女性と結婚「今までと変わらぬスタンスで仕事を続けていきたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年12月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2180781/full/ 2020年12月30日閲覧。 
  30. ^ a b 【日本アカデミー賞】草なぎ剛が最優秀主演男優賞「頭真っ白」と呆然”. ORICON NEWS (2021年3月19日). 2021年3月20日閲覧。
  31. ^ 『ミッドナイトスワン』最優秀作品賞!草なぎ剛「奇跡起こる」と驚き”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2021年3月19日). 2021年3月23日閲覧。
  32. ^ a b c 『サンスポ 韓Fun』2011年5/4号、産経新聞社、2011年4月27日、32面。
  33. ^ “草なぎ剛“日韓文化大使”になる!李大統領から直々就任要請”. msn産経ニュース. (2008年4月22日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/media/080422/med0804221121000-n1.htm 2008年4月25日閲覧。 
  34. ^ a b 草なぎ剛 韓国万博の日本館サポーターに 『デイリースポーツ online』2012年1月18日。
  35. ^ a b 日刊スポーツ』2011年1月9日。
  36. ^ 地上デジタルテレビ放送関連団体の役割等”. 総務省. 2021年10月28日閲覧。
  37. ^ a b 映画 山のあなた〜徳市の恋〜 イントロダクション”. PRESENTCAST INC.. 2016年4月25日閲覧。
  38. ^ スタッフコメント”. KTV. 2013年1月15日閲覧。
  39. ^ ■ 僕と妻の1778の物語”. Minisystems. 2016年4月28日閲覧。
  40. ^ 二都物語◇キャスト”. フジテレビ (2013年). 2013年11月1日閲覧。
  41. ^ 『月刊feature』1999年4月号、角川書店、1999年2月25日。
  42. ^ 『つかこうへい (文藝別冊)』河出書房新社、2011年。ISBN 978-4309977430
  43. ^ 「草彅剛の生きる道」『EZ!TV』2004年3月7日。
  44. ^ a b c d コンテンツ「有紀と千日(内田有紀主演舞台の日記)」”. つかこうへい事務所 (2000年). 2000年10月8日閲覧。
  45. ^ a b c つかこうへいコラム『読売新聞』2003年8月30日。
  46. ^ コンテンツ「有紀と千日(内田有紀主演舞台の日記)」2”. つかこうへい事務所 (2000年). 2000年10月8日閲覧。
  47. ^ 「心に刻まれた“つかの言葉”」『スタジオパークからこんにちは』2011年1月12日。
  48. ^ 父帰る/屋上の狂人 2006、5頁。
  49. ^ 2006/04/06”. 松井今朝子 (2006年4月6日). 2012年9月21日閲覧。
  50. ^ 松井今朝子『今朝子の晩ごはん 仕事も遊びもテンコ盛り篇』ポプラ社〈ポプラ文庫〉、2010年4月、初版。ISBN 978-4-591-11756-9
  51. ^ 『LOOK at STAR!』vol.20、学習研究社、2006年4月27日。
  52. ^ 勝手にマッチャー演劇大賞。”. 河原雅彦 (2007年2月5日). 2014年3月7日閲覧。
  53. ^ 『女性自身』光文社、2007年12月18日。
  54. ^ “草なぎ主演「日本沈没」”. YOMIURI ONLINE. (2005年7月5日). http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/jul/o20050704_20.htm 2005年7月15日閲覧。 
  55. ^ a b 日本映画magazine 2012、30頁。
  56. ^ a b c d e f g h 日本映画magazine 2012、33頁。
  57. ^ a b キネマ旬報 2011、26頁。
  58. ^ TVぴあ』関東版、2009年7月22日。
  59. ^ a b 日本映画magazine 2012、21頁。
  60. ^ 草彅剛。”. タカハタ秀太 (2009年9月18日). 2009年9月25日閲覧。
  61. ^ TVぴあ』7/11号、2007年6月27日。
  62. ^ a b c 日本映画magazine 2012、29頁。
  63. ^ a b c d 『K2(パンフレット)』シス・カンパニー、2010年、7頁。
  64. ^ 「この人にトキメキっ!」『生活ほっとモーニング』2008年5月30日。
  65. ^ サンケイスポーツ』2010年2月12日。
  66. ^ 『女性セブン』通巻2307、10月13日号、小学館、2011年、33頁。雑誌コード:20922-10/13。
  67. ^ a b 日本映画magazine 2012、35頁。
  68. ^ コラム「三谷幸喜のありふれた生活」786、『朝日新聞』夕刊、2016年1月21日。
  69. ^ a b コラム「三谷幸喜のありふれた生活」751、『朝日新聞』夕刊、2015年5月7日。
  70. ^ つかこうへいコラム『読売新聞』2003年8月23日。
  71. ^ 「BISTRO SMAP」『SMAP×SMAP』2009年2月16日。
  72. ^ 父帰る/屋上の狂人 2006、22頁。
  73. ^ 父帰る/屋上の狂人 2006、26頁。
  74. ^ 父帰る/屋上の狂人 2006、27頁。
  75. ^ キネマ旬報 2011、23頁。
  76. ^ a b 『デイリースポーツ』2013年1月31日。
  77. ^ BALLAD SPECIAL”. Rakuten, Inc. (2009年). 2009年12月27日閲覧。
  78. ^ 『TAKUMIZM』2012年6月3日。
  79. ^ a b インタビュー 白石光太郎役 玉森裕太さん”. KTV (2015年). 2015年2月13日閲覧。
  80. ^ 『テリー伊藤のフライデースクープ』2015年3月13日。
  81. ^ TVガイドのインタビューにて。『SMAP×SMAP COMPLETE BOOK 月刊スマスマ新聞 VOL.5〜GREEN〜』TOKYONEWS MOOK 通巻305号、東京ニュース通信社、2012年、25頁。ISBN 978-4-86336-239-0
  82. ^ 『キネマ旬報』No.1462、キネマ旬報社、2006年、ISSN 1342-5412。
  83. ^ ポポロ』2012年6月号、麻布台出版社、2012年、110頁。
  84. ^ non-no 2007、172頁。
  85. ^ a b 日本映画magazine 2012、31頁。
  86. ^ 『山のあなた 徳市の恋(フライヤー)』イラストバージョン、東宝、2008年、裏の頁。
  87. ^ a b 『デイリースポーツ』2008年5月10日。
  88. ^ a b 渡辺えりコラム『山形新聞』夕刊、2008年5月22日。
  89. ^ 『スポーツ報知』2008年5月10日。
  90. ^ コラム「三谷幸喜のありふれた生活」727、『朝日新聞』夕刊、2015年4月23日。
  91. ^ a b c d e Tarzan』No.414(2004年3月10日号)、マガジンハウス、2004年、表紙、14・15頁。雑誌コード:24032-3/10。
  92. ^ a b 「DVD ドラマ劇場 珠玉の名作」『TV LIFE』首都圏版、学習研究社、2008年2月13日発売、111頁。
  93. ^ a b 『Tarzan Mail Magazine【Apec@ll!】』vol.96、マガジンハウス、2004年2月24日。
  94. ^ duet』5月号(第19巻第5号)、発行:ホーム社・発売:集英社、2004年、105頁。雑誌コード:16517-5。
  95. ^ 『山のあなた 徳市の恋 プレミアム・エディション』ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント、2008年、品番 GNBD-7102。
  96. ^ 『任侠ヘルパー』アニプレックス、2010年、品番 ANSB-5911。
  97. ^ 『99年の愛 〜JAPANESE AMERICANS〜 Blu-ray』TCエンタテインメント、2011年、品番 TCBD-0013。
  98. ^ 『任侠ヘルパー Blu-ray スペシャル・エディション』東宝、2013年、品番 TBR23125D。
  99. ^ 任侠ヘルパー談話”. フジテレビ (2009年). 2009年10月1日閲覧。
  100. ^ 「☆玉森裕太:2015/3/16」『キスログ』2015年。
  101. ^ 月刊TVnavi』首都圏版4月号、産経新聞出版、2016年、12・13頁。雑誌コード:16335-4。
  102. ^ a b c d e f g Wink up』2012年7月号、ワニブックス
  103. ^ a b c d 『POTATO』2012年7月号、学研マーケティング。
  104. ^ MEN'S NON-NO』2012年7月号、集英社
  105. ^ a b 『Hey!Say!JUMP 会報』NO.16、2013年。
  106. ^ 日刊スポーツ』2012年5月5日。
  107. ^ a b 日本映画magazine 2012、32頁。
  108. ^ a b c 日本映画magazine 2012、11頁。
  109. ^ 日本映画magazine 2012、23頁。
  110. ^ 日本映画magazine 2012、26頁。
  111. ^ 日本映画magazine 2013、19頁。
  112. ^ 日本映画magazine 2013、20頁。
  113. ^ a b c 草彅くん、韓国大統領と直接対話。2代に渡る。”. 株式会社メディアプロダクツジャパン (2008年4月17日). 2016年3月21日閲覧。
  114. ^ 『サンスポ 韓Fun』2011年5/11号、産経新聞社、2011年5月4日、32面。
  115. ^ 『週刊TVガイド』2001年6月2日 - 6月8日号[要ページ番号]
  116. ^ 『チョナンカン』2004年1月16日。
  117. ^ 『SMAP×SMAP』2004年3月8日。
  118. ^ “草なぎ、盧大統領と流ちょう朝鮮語トーク”. nikkansports.com. (2003年6月9日). http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-030609-0001.html 2003年6月11日閲覧。 
  119. ^ “草なぎ、韓国大統領にほめられた”. nikkansports.com. (2003年6月9日). http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-030609-0020.html 2003年6月11日閲覧。 
  120. ^ a b 『チョナン・カン』2004年1月23日。
  121. ^ 『チョナン・カン2』2004年6月11日。
  122. ^ 『チョナン・カン2』2004年12月3日。
  123. ^ 『チョナン・カン2』2005年7月22日。
  124. ^ 초난강, "몸과 마음을 다바쳐 韓-日 교류에 힘써"『조이뉴스24』2006年8月29日。
  125. ^ 冬のサクラ前線 Vol.03”. TBS (2011年1月18日). 2012年2月5日閲覧。
  126. ^ 「チョナン・カン」として日韓交流に大きく貢献してきたSMAPの草彅剛さん初の翻訳本。原作は韓国でシリーズ累計360万部以上という異例のベストセラーを記録。 『wani books web』2011年1月9日。
  127. ^ a b 日本映画magazine 2013、32頁。
  128. ^ “草なぎ 韓国”凱旋” チョナン・カン念願 ソウルで舞台公演”. 中日スポーツ. (2013年1月31日). https://web.archive.org/web/20130205104830/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2013013102000179.html 2015年3月22日閲覧。 
  129. ^ “草なぎ「夢だった」韓国主演舞台初日!香取も駆け付けた”. スポーツニッポン. (2013年1月31日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/01/31/kiji/K20130131005092680.html 2015年3月22日閲覧。 
  130. ^ 『日刊スポーツ』2013年1月31日。
  131. ^ a b 『Guide to Dpa』〔 2014年度版 〕、一般社団法人デジタル放送推進協会[Dpa]、8・9頁。
  132. ^ 「(社)デジタル放送推進協会(Dpa)第1回総会」開催”. デジタル放送推進協会 (2007年). 2009年2月18日閲覧。
  133. ^ JUNON』2000年3月号[要ページ番号]
  134. ^ キキミミ!』2011年8月12日。
  135. ^ 月刊ザテレビジョン』首都圏版2000年4月号、[要ページ番号]
  136. ^ ポポロ』2008年6月号、麻布台出版社、2008年、[要ページ番号]
  137. ^ SMAP POWER SPLASH』2008年11月30日。
  138. ^ STOP THE SMAP』2011年9月19日。
  139. ^ smaSTATION!!』2008年8月30日。
  140. ^ 『SmaTIMES』(フリーペーパー)#370、2010年4月。
  141. ^ 『おはようSMAP』2003年12月3日。
  142. ^ 『Weeklyぴあ』2008年5月29日号[要ページ番号]
  143. ^ non-no 2007、171頁。
  144. ^ non-no 2007、173頁。
  145. ^ 朝日新聞』テレビ・ラジオ、2016年1月1日、3面。
  146. ^ 『スポーツニッポン』2013年1月31日。
  147. ^ 『SD 慎語事典』No.0385、2014年7月9日。
  148. ^ 『さんま&SMAP 美女と野獣のクリスマススペシャル』2015年12月22日。
  149. ^ 文藝春秋「100年の100人」
  150. ^ タモリの伊豆にある別荘。『笑っていいとも!増刊号』1997年1月12日。
  151. ^ タモリの住宅。『笑っていいとも!増刊号』2010年1月17日。
  152. ^ 『笑っていいとも!増刊号』2009年1月11日。
  153. ^ 『SMAP×SMAP』1998年1月26日。
  154. ^ 笑っていいとも!』2008年6月16日。
  155. ^ 笑っていいとも!増刊号』2009年3月8日。
  156. ^ 『Mr.S -SAIKOU DE SAIKOU NO CONCERT TOUR-』Fukuoka Dome、2014年11月23日。
  157. ^ 『SmaTIMES』(フリーペーパー)#470、2012年8月。
  158. ^ “草なぎ剛 高倉健の“代理出席””. デイリースポーツ. (2012年12月29日). http://www.daily.co.jp/gossip/2012/12/29/0005634297.shtml 2015年3月2日閲覧。 
  159. ^ 高倉健さんとSMAP・草なぎ剛の交流が明らかに”. livedoor NEWS (2014年11月20日). 2014年11月22日閲覧。
  160. ^ a b Wink up』1993年12月号、ワニブックス、1993年。
  161. ^ TOKIOファースト写真集 『TOKIO INITIAL』(初版)ワニブックス、1994年10月10日、50頁頁。ISBN 4-8470-2375-7 
  162. ^ a b 月刊ザテレビジョン』首都圏版2011年3月号、KADOKAWA、2011年、165頁。
  163. ^ 『産経新聞』2009年4月24日。
  164. ^ “草なぎ容疑者 全裸で奇声!異例の家宅捜索も”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2009年4月24日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/04/24/kiji/K20090424Z00001380.html 2018年6月7日閲覧。 
  165. ^ 『産経新聞』2009年4月25日。
  166. ^ 『デイリースポーツ』2009年5月2日。
  167. ^ “草なぎ剛 28日の「スマスマ」収録で仕事復帰”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2009年5月14日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2009sodo/KFullNormal20090514011.html 2012年12月29日閲覧。 
  168. ^ トヨタ、ヤマサ醤油皮きりに 草なぎさんCMも次々再開 J-CASTニュース (2009年5月14日) 2012年12月29日閲覧。
  169. ^ 『スポニチ』2009年7月25日。
  170. ^ “アンケートで92%が同情”. SANSPO.COM. (2009年4月26日). オリジナルの2009年4月27日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2009-0427-1055-01/www.sanspo.com/geino/news/090426/gng0904260504001-n1.htm 2009年4月27日閲覧。 
  171. ^ a b 『週刊新潮』1月28日号、新潮社、2016年。
  172. ^ 『SMAP×SMAP』2009年6月1日。
  173. ^ 『日本映画navi』vol.21、産経新聞社、2010年、6頁。ISBN 978-4-8191-5012-5
  174. ^ “草なぎ剛、酒を解禁!タモリから「誰も文句言わないよ」”. SANSPO.COM. (2014年3月25日). https://www.sanspo.com/article/20140325-LFRJMGXIRZPENOUFXYMWPSZVWY/ 2016年9月6日閲覧。 
  175. ^ 『サンケイスポーツ』2014年3月25日。
  176. ^ “草なぎ剛の“一番後悔していること”にスタジオ騒然”. ナリナリドットコム. (2021年8月3日). https://www.narinari.com/Nd/20210866672.html 2021年8月3日閲覧。 
  177. ^ 草なぎ50人と乱闘「任侠ヘルパー」映画化”. 朝日新聞社 (2012年2月9日). 2012年2月10日閲覧。
  178. ^ Myojo』1988年9月号、集英社、[要ページ番号]
  179. ^ 『『ぷっ』すま』2000年10月10日。
  180. ^ DVD『SMAP 007 MOVIES-Summer Minna Atsumare Party』Victor、VIBL-185。
  181. ^ DVD『Smap! Tour! 2002!』Victor、VIBL-128〜30。
  182. ^ DVD『Sexy Six Show』Victor、VIBL-184。
  183. ^ 婦人公論』No1309、中央公論新社、2010年、80頁。雑誌コード:26101-11/7。
  184. ^ an・an』No.1741、マガジンハウス、2011年、18 - 21頁。雑誌コード:20483-1/19。
  185. ^ BISTRO SMAP」『SMAP×SMAP』1999年9月6日。
  186. ^ 「課:Lesson 7/タイトル:Jeans For Everyone/ジャンル:時代・流行」『Lingua-Land English Course II』教育出版
  187. ^ 『高等学校 現代政治・経済 最新版』清水書院 ISBN 978-4-389-60030-3
  188. ^ 課1『Vivid English Course I』第一学習社。
  189. ^ 『NEW HORIZON English Cours 2』東京書籍、88頁。
  190. ^ 日刊スポーツ』2004年5月18日。
  191. ^ 『日本映画magazine』2012 vol.29 OAK MOOK 448号、オークラ出版、2012年、29頁。
  192. ^ 『SmaTIMES』(フリーペーパー)#123、2004年7月。
  193. ^ 『チョナン・カン2』2007年5月18日。
  194. ^ 毎日新聞』2004年3月30日。
  195. ^ a b 第159回国会 外務委員会 第8号(平成16年3月18日(木曜日))”. 衆議院 (2004年3月18日). 2004年4月21日閲覧。
  196. ^ 「児童の権利条約批准10周年記念シンポジウム」の開催について”. 外務省 (2004年3月23日). 2004年4月21日閲覧。
  197. ^ We are SMAP! 2010 CONCERT DVD』Victor、VIBL-777〜9。
  198. ^ 『We are SMAP!』から人気曲を「着うたフル(R)」にて配信中!”. Victor Entertainment,Inc. (2010年). 2011年3月2日閲覧。
  199. ^ a b 本日配信! 「100キロマラソン完走のため、草なぎ剛君にかけた言葉」”. Bungeishunju Ltd. (2012年7月25日). 2012年10月7日閲覧。
  200. ^ 『オリ☆スタ』No.414 2012年8月13日号、オリコン・エンタテインメント、2012年、45頁。
  201. ^ 月刊ザテレビジョン』首都圏版2012年10月号、KADOKAWA、2012年。
  202. ^ 草なぎ剛の愛犬クルミ 飼い主譲りの名演、まめにケアも”. NEWSポストセブン (2018年4月27日). 2018年4月27日閲覧。
  203. ^ EOS Kiss M CM Gallery”. キヤノン EOS Kiss BRAND SITE. 2018年4月27日閲覧。
  204. ^ 香取慎吾と草なぎ剛のSingTuyoが歌うCMソング配信リリース決定、作詞作曲はぼくりり”. 音楽ナタリー (2018年4月9日). 2018年5月1日閲覧。
  205. ^ 2015 55th ACC CM FESTIVAL総務大臣賞/ACC グランプリ決定” (2015年9月25日). 2021年1月27日閲覧。
  206. ^ 【特集】第92回ドラマアカデミー賞 結果発表 | ザテレビジョンザテレビジョンKADOKAWA、2017年5月10日閲覧。
  207. ^ 2017年のGQ MEN OF THE YEARが決定! 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾、佐藤琢磨、長谷川博己、秋山竜次、野田洋次郎、佐藤天彦、斎藤工の全9人が受賞”. GQ JAPAN (2017年11月22日). 2017年11月25日閲覧。
  208. ^ 草なぎ剛「お世話になった高倉健さんと大杉漣さんに報告したい」…ブルーリボン賞主演男優賞”. スポーツ報知 (2021年2月24日). 2021年2月24日閲覧。
  209. ^ 第47回放送文化基金賞 受賞一覧・記者発表”. 公益財団法人 放送文化基金 (2021年6月7日). 2021年6月18日閲覧。
  210. ^ 草なぎ剛&小松菜奈、「日本映画プロフェッショナル大賞」で主演賞に”. クランクイン!! (2021年6月17日). 2021年6月18日閲覧。
  211. ^ 「発表!第110回ドラマアカデミー賞」『週刊ザテレビジョン首都圏関東版』第41巻10号(2022年3月4日号)、KADOKAWA、2022年2月22日、 15-19頁。
  212. ^ 草なぎ剛、ギャラクシー賞・テレビ部門の個人賞に 『青天を衝け』での徳川慶喜役に評価「後世に残る」”. ORICON (2022年4月28日). 2022年4月30日閲覧。
  213. ^ “直木賞作家・西加奈子氏『まく子』映画化 草なぎ剛“ダメな父”役「しっかりしろよ…」”. ORICON NEWS. (2018年5月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2111493/full/ 2018年5月16日閲覧。 
  214. ^ “草彅剛主演の映画『台風家族』が9月に3週間限定で上映へ 新井浩文被告の出演シーンは再編集せず”. スパイス. (2019年8月2日). https://spice.eplus.jp/articles/248654 2019年8月13日閲覧。 
  215. ^ https://eiga.com/news/20200828/16/ 「ミッドナイトスワン」9月10日に先行上映! TOHOシネマズ64館にて
  216. ^ 草彅剛「忘れられない子供の頃の思い出がある」 『ミッドナイトスワン』製作のCULENによる、映画『サバカン SABAKAN』2022年8月公開” (日本語). ぴあ. 2021年12月14日閲覧。
  217. ^ 草なぎ剛、尾野真千子ら出演 少年の冒険と家族のひと夏描く『サバカン SABAKAN』製作へ” (日本語). Real Sound|リアルサウンド 映画部. 2021年12月14日閲覧。
  218. ^ “草なぎ剛、来年の大河『青天を衝け』出演 最後の将軍・慶喜役「僕の人生にとっても大きな役」”. ORICON NEWS. (2020年7月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2166660/full/ 2020年7月10日閲覧。 
  219. ^ “草なぎ剛主演ドラマのタイトルは「罠の戦争」、井川遥や杉野遥亮ら共演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年11月15日). https://natalie.mu/eiga/news/501416 2022年11月15日閲覧。 
  220. ^ 草彅剛さん主演!宮城発地域ドラマ「ペペロンチーノ」”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2020年11月11日). 2020年11月11日閲覧。
  221. ^ ペペロンチーノ”. 日本放送協会. 2021年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月6日閲覧。
  222. ^ "BSプレミアムドラマ「拾われた男 Lost Man Found」放送決定のお知らせ". ドラマ情報. 日本放送協会. 13 May 2022. 2022年5月13日閲覧
  223. ^ “稲垣吾郎×要潤×勝地涼のAmazonドラマ『東京BTH』12月配信 草彅剛も登場”. CINRA.NET. (2018年10月19日). https://www.cinra.net/news/20181019-tokyobth 2019年1月16日閲覧。 
  224. ^ “仲野太賀、草彅剛、伊藤沙莉の出演で松尾諭のエッセー「拾われた男」がドラマ化 来年世界配信”. サンスポ (産経デジタル). (2021年10月14日). https://www.sanspo.com/article/20211014-WEDR4J6KT5LPJOJFZYF3FXL664/ 2021年10月24日閲覧。 
  225. ^ “稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾のEテレ新番組「ワルイコあつまれ」が“告知なし”スタート!今晩再放送も(コメントあり)”. 音楽ナタリー. (2021年9月13日). https://natalie.mu/music/news/444890 2021年9月13日閲覧。 
  226. ^ ユニット「スマシプ
  227. ^ “稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が福岡で街ブラ「略してブラリク」”. スポーツ報知. (2018年11月19日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181119-OHT1T50087.html 2018年11月26日閲覧。 
  228. ^ “草なぎ剛「安室さんは日本の宝」「たくさんの夢とか幸せとかをいただいた」” (日本語). AbemaTIMES. https://times.abema.tv/articles/-/4893913 2018年9月20日閲覧。 
  229. ^ “草なぎ剛×ユースケ・サンタマリアの新番組『なぎスケ!』12月19日(木)よりAmazon Prime Videoで独占配信決定!1年9ヶ月ぶりになぎスケコンビが復活!” (プレスリリース), 株式会社massenext, (2019年11月13日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000030962.html 2019年11月13日閲覧。 
  230. ^ 共演者:堤真一
  231. ^ 舞台 二都物語 2013/4/3(水)~4/30(火)”. TOKYU BUNKAMURA, INC.. 2016年3月15日閲覧。
  232. ^ 共演者:香取慎吾
  233. ^ “草なぎ剛×松尾諭×小林勝也「バリーターク」上演決定、演出は白井晃”. ステージナタリー. (2018年2月7日). https://natalie.mu/stage/news/268533 2018年2月7日閲覧。 
  234. ^ 草彅剛主演、小西真奈美、片桐仁ら出演舞台『家族のはなしPART1』が全公演中止に│エンタステージ” (日本語). enterstage.jp. 2022年6月7日閲覧。
  235. ^ 草なぎ剛の舞台『家族のはなし』5月KAAT上演決定 昨年の東京公演中止経て”. ORICON NEWS. 2022年6月7日閲覧。
  236. ^ ピタゴラスイッチ”. NHK (2016年). 2016年5月16日閲覧。
  237. ^ 草彅剛、日仏奇才コラボのアニメ映画『ムタフカズ』声優に抜擢”. マイナビニュース (2018年8月7日). 2018年8月7日閲覧。
  238. ^ bayfm78 LOVE OUR BAY LOVE OUR FUTURE > インフォメーション”. bayfm (2016年12月6日). 2016年12月6日閲覧。
  239. ^ 草なぎ剛 1日中おむつにノリノリ「これでライブしてもいいかも」 2020年8月22日 スポニチアネックス
  240. ^ 草なぎ ヤマサ醤油CM 契約6月末で終了していた”. デイリースポーツ (2017年7月31日). 2018年8月6日閲覧。
  241. ^ 「僕はずーっとこれ!」つよぽん、昆布ぽん酢にお帰りなさい! 草彅剛さんを起用した「ヤマサ 昆布ぽん酢」、新TVCM『プライベートキッチン』篇 2019年4月10日(水)から、テレビスポット放送開始 - ヤマサ醤油 2019年4月9日(2019年4月10日閲覧)
  242. ^ “伊右衛門の新TV-CMに草彅剛さんが出演!予告CM「草彅剛、江戸時代へ。」篇をHPで先行公開 新CM発表会『伊右衛門 presents「こころの茶屋」』を3月18日(日)18時より、LIVE配信で実施”. サントリー食品インターナショナル株式会社・ニュースリリース. (2018年3月16日). https://www.suntory.co.jp/softdrink/news/pr/article/SBF0655.html 2018年3月16日閲覧。 
  243. ^ “草なぎ剛、空気階段の“抜群の演技力”に刺激受ける「僕の役者魂に火を」”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年4月14日). https://news.mynavi.jp/article/20220414-2321306/ 2022年4月14日閲覧。 
  244. ^ 草なぎ剛、退所後初CMは「1本満足バー」新作 “あの曲”のギター弾き語り動画も公開”. オリコンニュース (2017年9月29日). 2018年8月6日閲覧。
  245. ^ 草なぎ剛&香取慎吾、発毛剤CMで兄弟に「生えるのか?」「生える」”. マイナビニュース (2018年8月6日). 2018年8月6日閲覧。
  246. ^ 草彅剛さん出演の ili(イリ―)翻訳機の初テレビCM「イリ―にはしゃぐ男」篇が 3月15日より放映開始!”. 翻訳機iliアップデート情報 (2018年3月15日). 2018年3月29日閲覧。
  247. ^ 元SMAP3人そろって「ロト」新CM 3人では退所後初 2018年5月6日 スポニチアネックス
  248. ^ メルカリ、草なぎ剛さんを起用した新CMを11月17日(土)より放映開始 全長10mの巨大メルカリボックスをドローンで上空から撮影 2018年11月16日 株式会社メルカリ
  249. ^ スクエニ、『星のドラゴンクエスト』新プロデューサーに稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんが就任! 堀井雄二氏&市村龍太郎氏との記念対談動画も公開 2019年1月1日 Social Game Info
  250. ^ “草なぎ剛、香取慎吾は“香り”的存在!?「いい空気を交換しあって一緒に歩いてきた」”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年3月21日). https://news.mynavi.jp/article/20220321-2298475/ 2022年3月21日閲覧。 
  251. ^ “草なぎ剛、神木隆之介にお腹を“スワイプ”され悶絶 『Renta!』CMで共演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年4月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2231874/full/ 2022年4月19日閲覧。 



草彅剛(第13話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/11 00:08 UTC 版)

HR (テレビドラマ)」の記事における「草彅剛(第13話)」の解説

本編には出演せず、轟を演じ香取とのトークという形で出演した

※この「草彅剛(第13話)」の解説は、「HR (テレビドラマ)」の解説の一部です。
「草彅剛(第13話)」を含む「HR (テレビドラマ)」の記事については、「HR (テレビドラマ)」の概要を参照ください。


草彅剛(元SMAP)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 09:51 UTC 版)

タモリ」の記事における「草彅剛(元SMAP)」の解説

別荘や家にたびたび招待されており、周囲の第三者によると「まるで親子のように仲が良いとのこと

※この「草彅剛(元SMAP)」の解説は、「タモリ」の解説の一部です。
「草彅剛(元SMAP)」を含む「タモリ」の記事については、「タモリ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「草彅剛」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「草彅剛」の関連用語

草彅剛のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



草彅剛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの草彅剛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのHR (テレビドラマ) (改訂履歴)、タモリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS