黒木瞳とは?

黒木 瞳

黒木瞳の画像 黒木瞳の画像
芸名黒木 瞳
芸名フリガナくろき ひとみ
性別女性
誕生日10/05
血液型A
出身福岡県
URLhttp://www.kurokihitomi.net/
デビュー年1986
プロフィール81年宝塚歌劇団入団娘役トップスターとして活躍後、85年退団86年、映画『化身』(監督東陽一)で女優デビュー。この作品で第10回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞その後多数映画作品出演する。97年上映された映画『失楽園』(監督森田芳光)が話題呼び第21回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞ほか多数の賞を受賞。その他、映画における代表作に、『阿修羅のごとく』『東京タワー』『怪談』『ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター』。また2016年6月公開の『嫌な女』で初監督務める。また、テレビ作品では、『ママさんバレーでつかまえて』『同窓会~ラブ・アゲイン症候群』『下流の宴』『推定有罪』などがある。その他、舞台CMにも多数出演代表作に、舞台ハムレット』『取り立てお春』、CM田辺三菱製薬』など。また、書籍『母の言い訳』では日本文芸大賞エッセイ受賞、『私の場合』など出版多数ある。
デビュー作映画『化身
代表作品1年2010
代表作品1テレビ同窓会
代表作品2年2011
代表作品2テレビ下流の宴
代表作品3年2013
代表作品3テレビおトメさん
職種タレント俳優女優

» タレントデータバンクはこちら

黒木瞳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/03 14:38 UTC 版)

黒木 瞳(くろき ひとみ、1960年昭和35年)10月5日 - )は、日本女優タレント歌手映画監督。元宝塚歌劇団月組トップ娘役。




注釈

  1. ^ 水城学園という予備校に通っていた。[要出典]
  2. ^ 原沙知絵の旅・小山薫堂の旅とともに90分に構成

出典

  1. ^ a b c d e f g 別冊宝島』(宝島社)2551「日本の女優 100人」p.104.
  2. ^ 公式サイト profile
  3. ^ 黒木瞳 kurokihitomi.net(お知らせ) 2012年6月15日閲覧
  4. ^ a b c ファミリーヒストリー|2015/05/15(金)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2015年5月17日閲覧。
  5. ^ 自著『母の言い訳』p.208 など
  6. ^ かんさい情報ネットten. 2016年6月24日放送回”. gooテレビ (2016年6月24日). 2017年5月30日閲覧。
  7. ^ 母と川で洗濯をした故郷の思い出 黒木瞳さん”. 朝日新聞 (2017年1月10日). 2017年5月30日閲覧。
  8. ^ a b c 週刊朝日』1997年11月28日号 p.48 - 53「マリコの言わせてゴメン!」
  9. ^ 朝日新聞』2014年5月15日夕刊「黒木瞳のひみつのHちゃん」
  10. ^ a b c 小林公一(監修)『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、93頁。ISBN 978-4-484-14601-0
  11. ^ 自著『わたしが泣く時』p.33 - 37
  12. ^ 自著『わたしが泣く時』p.22 - 25
  13. ^ 自著『わたしが泣く時』p.108 - 116、178 - 184
  14. ^ 週刊文春』(文藝春秋)2003年10月2日号 p.175 - 176
  15. ^ 自著『母の言い訳』序章(p.5 - 11)など
  16. ^ https://www.news-postseven.com/archives/20170406_507903.html
  17. ^ 1999年8月14日 各新聞テレビ欄より。
  18. ^ 1999年12月31日 各新聞テレビ欄より。
  19. ^ 2000年12月31日 各新聞テレビ欄より。
  20. ^ 黒木瞳が視聴率低迷の大相撲を後押し”. 日刊スポーツ (2006年11月9日). 2017年5月29日閲覧。
  21. ^ 2005年12月7日、2006年12月6日、2007年12月5日、2008年12月3日、2009年12月2日 各新聞テレビ欄より。
  22. ^ FNS歌謡祭の司会に黒木瞳と草なぎ剛!黒木が初生歌披露”. サンケイスポーツ (2005年11月25日). 2017年5月30日閲覧。
  23. ^ 2011FNS歌謡祭に宝塚・コンドルズが出演”. 演劇ニュース (2011年11月23日). 2017年5月30日閲覧。
  24. ^ 2007年8月18日、2011年8月20日 各新聞テレビ欄より。
  25. ^ a b 市川遥 (2015年7月23日). “黒木瞳、映画監督デビュー!ベストセラー小説「嫌な女」を映画化”. シネマトゥデイ. 2015年7月23日閲覧。
  26. ^ https://www.excite.co.jp/news/article/Jprime_14671/
  27. ^ 黒木瞳さん主演『嫌な女』制作開始!”. プレミアムドラマ. ドラマトピックスブログ: NHKブログ (2015年10月30日). 2015年11月3日閲覧。
  28. ^ 朝日新聞 夕刊 (朝日新聞社): p. [要ページ番号]. (2016年8月24日) 
  29. ^ a b 榊原和子 (2007年7月31日). “由美子へ・取材ノート 第17章 由美子その死”. 宝塚プレシャス+ (朝日新聞社). http://astand.asahi.com/takarazuka/yumiko/TKY200707300404.html 2017年6月5日閲覧。 
  30. ^ 黒木瞳『夫の浮わ気』幻冬舎、2000年4月、[要ページ番号]ISBN 4-87728-857-0
  31. ^ “詳報・渡辺淳一さんのお別れの会】(5)黒木瞳さん「先生と同じ時代に生きてきたことに感謝」”. 終活WEB ソナエ (産経デジタル). (2014年7月28日). http://sonae.sankei.co.jp/ending/article/140728/e_sogi0006-n1.html 2016年10月15日閲覧。 
    “黒木瞳「究極の愛を教えていただいた」…渡辺淳一さんお別れ会に900人”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2014年7月28日). オリジナルの2014年8月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140804023211/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20140728-OHT1T50307.html 
    “志穂美悦子さん、海外映画祭で空手の相手に…岡田茂氏死去”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2011年5月10日). オリジナルの2014年1月4日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/79qCT 
    岡田茂東映相談役”. ザ・ウィークリープレスネット. 2016年10月15日閲覧。
  32. ^ Graziaより[要文献特定詳細情報]
  33. ^ 浅見光彦ミステリー5 越後路殺人事件”. ファミリー劇場. 2017年5月30日閲覧。
  34. ^ フジテレビ「2008FNS歌謡祭」
  35. ^ “噂の深層 黒木瞳VS君島十和子 おけいこバトル”. ライブドアニュース. リアルライブ (LINE). (2009年9月5日). https://web.archive.org/web/20160920095202/http://news.livedoor.com/article/detail/4333668/ 2016年10月15日閲覧。 
  36. ^ 藤原竜也が人生を乗っ取られてどん底に…”. ニュースウォーカー (2016年5月12日). 2016年5月12日閲覧。
  37. ^ “仲間由紀恵が主演務めるWOWOWドラマ「楽園」に黒木瞳、小林薫、夏帆ら出演”. 映画ナタリー. (2016年10月18日). http://natalie.mu/eiga/news/205763 2016年10月18日閲覧。 
  38. ^ “新ドラマ「就活家族」1月スタート!三浦友和、黒木瞳、前田敦子、工藤阿須加が家族に”. シネマトゥデイ. (2016年11月10日). http://www.cinematoday.jp/page/N0087403 2016年11月10日閲覧。 
  39. ^ “佐々木蔵之介:「黄昏流星群」ドラマ化で主演 中山美穂、黒木瞳と三角関係に”. まんたんウェブ. (2018年7月19日). https://mantan-web.jp/article/20180718dog00m200078000c.html 2018年7月19日閲覧。 
  40. ^ “黒木瞳&松田美由紀&りょう:「犬神家の一族」で“史上最恐”美人三姉妹 番組P「すごみ感じて恐ろしかった」”. まんたんウェブ. (2018年12月3日). https://mantan-web.jp/article/20181202dog00m200034000c.html 2018年12月3日閲覧。 
  41. ^ “「インクレディブル・ファミリー」三浦友和、黒木瞳、綾瀬はるか、高田延彦が続投”. 映画ナタリー. https://natalie.mu/eiga/news/278852 2018年4月20日閲覧。 
  42. ^ 今夜、誕生!音楽チャンプ(テレビ朝日)、2017年10月6日閲覧
  43. ^ にっぽん再発見 九州・沖縄物語「豪華列車で旅する九州・美しの国」 (PDF)”. 日本放送協会 (2013年10月23日). 2013年10月26日閲覧。
  44. ^ 黒木瞳が普通ではない主婦役、オークラ作舞台で東京03らと共演”. CINRA.NET (2015年11月9日). 2015年11月10日閲覧。
  45. ^ “輝翔館 夏初校歌 作詞手がけた黒木瞳さんに贈る1勝 全国高校野球地方大会 福岡”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2010年7月5日). http://www.nishinippon.co.jp/nsp/koushien/2010/local/fukuoka/20100705/20100705_0001.shtml 2016年10月15日閲覧。 
  46. ^ 作品紹介ページ





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黒木瞳」の関連用語

黒木瞳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



黒木瞳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黒木瞳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS