剣幸とは?

剣 幸

剣幸の画像 剣幸の画像
芸名剣 幸
芸名フリガナつるぎ みゆき
性別女性
誕生日03/02
星座うお座
出身地富山県
URLhttp://int-acc.jp/a2/artist/tsurugi_hp.html
プロフィール富山県富山市出身3月2日生まれ1974年宝塚歌劇団入団1985年月組男役トップスターとなり、数々名作を残す。『ミー・アンド・マイガール』は宝塚史上初めての1年間続演という異例記録樹立した。1990年退団し、以降舞台・映画・TV幅広く活動している。『宝塚歌劇殿堂顕彰者。
デビュー作宝塚舞台虞美人
代表作品1舞台『「ミー・アンド・マイガール宝塚歌劇団』(ビル・スナイブスン役)
代表作品2年20152019
代表作品2舞台エリザベート』(ゾフィー役)
代表作品3年2019
代表作品3舞台FACTORY GIRLS~私が描く物語~』(ラーコム夫人/オールド・ルーシー役)
職種俳優女優タレント/音楽

» タレントデータバンクはこちら

剣幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 06:17 UTC 版)

剣 幸(つるぎ みゆき、1954年3月2日 [6]- )は、日本女優。元宝塚歌劇団月組トップスター[7]


注釈

  1. ^ 剣=宝塚歌劇団所属、野川=夫が当時関西テレビ放送勤務だった。
  2. ^ 開始当初はナイターオフ編成として、聴取率調査週間日を除く、金曜日21時から21時20分、2021年度ナイターシーズン中は、日曜日のニッポン放送ショウアップナイターの時間帯にナイターの開催が予め行われない場合(但し聴取率調査週間日、並びに夏季の屋外開催を中心に、日曜日ナイターが予め予定されていたカードが雨天中止となった場合でも放送しない)の予備番組として、20時から20時20分放送。剣が注目するエンタメ情報について、出演者や演出家などへのインタビューコーナー(スタジオ、ないしはリモート出演が多く、基本的に前後編2回に分ける)と、剣が防災士であるということから、防災情報を述べる

出典

  1. ^ 「とやま賞」受賞者名鑑
  2. ^ 菊田一夫演劇賞のあゆみ 第18回 1992年度
  3. ^ ありがとうございました! 東京芸術劇場ミュージカル月間 剣幸 優秀賞受賞
  4. ^ 読売演劇大賞 第17回(2010年)受賞結果
  5. ^ 読売演劇大賞 第21回(2014年)受賞結果
  6. ^ a b c 日本タレント名鑑』 VIPタイムズ社、2012年、632頁。
  7. ^ a b 『演劇ぶっく』 えんぶ、2013年8月号、65頁。
  8. ^ 剣幸 『メリーゴーランドのように(Soiree books)』 東宝映像事業部、1992年、66頁。
  9. ^ 北日本新聞』2014年3月21日。
  10. ^ 剣幸 『メリーゴーランドのように(Soiree books)』 東宝映像事業部、1992年、著者紹介頁。
  11. ^ 『テレビ・タレント人名事典』 日外アソシエーツ、2001年、697頁。
  12. ^ 剣幸 『メリーゴーランドのように(Soiree books)』 東宝映像事業部、1992年、103頁。
  13. ^ 剣幸 『メリーゴーランドのように(Soiree books)』 東宝映像事業部、1992年、86頁。
  14. ^ a b c d 歌劇』 宝塚歌劇団、1990年12月号、60頁。
  15. ^ 剣幸 『メリーゴーランドのように(Soiree books)』 東宝映像事業部、1992年、50-52頁。
  16. ^ 剣幸 『メリーゴーランドのように(Soiree books)』 東宝映像事業部、1992年、53-62頁。
  17. ^ 剣幸 『メリーゴーランドのように(Soiree books)』 東宝映像事業部、1992年、70頁。
  18. ^ 読売新聞北陸支社(富山地域面)』2013年10月11日。
  19. ^ 剣幸 『メリーゴーランドのように(Soiree books)』 東宝映像事業部、1992年、69頁。
  20. ^ 宝塚グラフ』 宝塚歌劇団、1990年12月号、48-49頁。
  21. ^ a b 『歌劇』 宝塚歌劇団、1990年12月号、61頁。
  22. ^ 『歌劇』 宝塚歌劇団、1990年12月号、64-65頁。
  23. ^ 「剣幸、その思い出と送る言葉」『宝塚グラフ』 宝塚歌劇団、1990年12月号、44-45頁。
  24. ^ 「愛と夢に乾杯!! - 剣幸を送る言葉 - 」『歌劇』 宝塚歌劇団、1990年12月号、70-77頁。
  25. ^ a b 『歌劇』 宝塚歌劇団、1990年12月号、63頁。
  26. ^ 『歌劇』 宝塚歌劇団、1990年12月号、82頁。
  27. ^ 『歌劇』 宝塚歌劇団、1990年12月号、64頁。
  28. ^ 『ハロー・ドーリー!』公式サイト キャスト・プロフィール”. オーバード・ホール. 2015年10月7日閲覧。
  29. ^ 土曜ワイド劇場「広域捜査官 楠錬三郎 3」ロケ便り”. オフィス・エイツー (2003年7月). 2015年10月7日閲覧。
  30. ^ 【インタビュー&稽古場レポ】剣 幸「ミー&マイガール」”. ローチケHMV (2015年10月29日). 2017年5月28日閲覧。
  31. ^ 『北日本新聞』2012年11月27日。
  32. ^ 読売新聞』2014年2月2日。
  33. ^ 恋文vol.46”. 剣幸オフィシャルウェブサイト (2016年1月). 2016年2月29日閲覧。
  34. ^ 宝塚歌劇100周年記念施設「宝塚歌劇の殿堂」の新たな顕彰者を選出しました 宝塚歌劇の発展に寄与した顕彰者4名が殿堂入りします (PDF)”. 阪急電鉄ニュースリリース (2015年10月2日). 2016年2月29日閲覧。
  35. ^ 中日新聞』1993年8月17日。
  36. ^ 剣幸 『メリーゴーランドのように(Soiree books)』 東宝映像事業部、1992年、145-146頁。
  37. ^ 榛名由梨「榛名由梨のOh!タカラヅカ」『サンケイスポーツ(近畿版)』1990年7月13日。
  38. ^ デイリースポーツ』2009年12月3日。
  39. ^ a b 大地真央と役替わり
  40. ^ 『ステージぴあ関西版』 ぴあ 関西支社、2015年9+10月号、9頁。
  41. ^ 情報誌『mite mite』 富山市民文化事業団、2015年2月20日発行、12頁。
  42. ^ a b 宝塚歌劇団OGによる"男唄"カバーアルバム第3弾『麗人REIJIN -Season 2』、2016年1月6日(水)リリース決定!”. エンタステージ (2015年12月31日). 2019年12月30日閲覧。
  43. ^ a b 元宝塚男役が集うコンサート、真琴つばさ「お衣装でも勇気を出して魅せます」”. ステージナタリー (2016年9月22日). 2019年12月30日閲覧。
  44. ^ 小林公平・寺田瀧雄メモリアルトーク&プチコンサート⑤【追加公演】
  45. ^ “島田虎之介「ダニー・ボーイ」が舞台化、真田佑馬&水田航生が出演”. コミックナタリー. (2016年8月17日). http://natalie.mu/comic/news/198410 2016年8月17日閲覧。 
  46. ^ “上演8時間超のポール・クローデル「繻子の靴」を渡邊守章が演出、出演に剣幸”. ステージナタリー. (2016年8月29日). http://natalie.mu/stage/news/199842 2016年8月30日閲覧。 
  47. ^ 鄭義信版「ヴェニスの商人」は関西弁が炸裂する「歌うシャイロック」”. ステージナタリー (2016年12月3日). 2016年12月15日閲覧。
  48. ^ NHKテレビテキスト『NHK短歌』 NHK出版、2015年5月号、32-33頁。
  49. ^ NHK. “NHK短歌 - NHK”. NHK. 2018年12月15日閲覧。
  50. ^ 週間番組表|AMラジオ 1242 ニッポン放送”. ニッポン放送 (2021年3月22日). 2021年3月22日閲覧。
  51. ^ 剣幸オフィシャルウェブサイト”. 2021年3月26日閲覧。
  52. ^ “越路吹雪37回忌、トリビュートアルバム&メモリアルコンサートに宝塚OGら”. ステージナタリー. (2016年10月26日). http://natalie.mu/stage/news/206881 2016年10月26日閲覧。 


「剣幸」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「剣幸」の関連用語

剣幸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



剣幸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2021 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの剣幸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS