岸香織とは?

岸香織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/22 06:10 UTC 版)

岸 香織(きし かおり、1939年4月6日 - 2012年6月5日)は、宝塚歌劇団卒業生宝塚歌劇団公演編成会議議員。本名は岸本理恵子(きしもと りえこ)。大阪府大阪市出身、大谷高等学校出身。公称身長156cm。愛称は「キッシャン」(姓に由来)。後輩の大方からはキシモトさんと呼ばれていた。




[ヘルプ]
  1. ^ a b c 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、58-59頁。ISBN 9784484146010
  2. ^ 訃報:岸香織さん73歳=元宝塚歌劇団男役 毎日新聞 2012年8月25日閲覧
  3. ^ 1966年8月の東京宝塚劇場公演では、演目が『藍と白と紅』に変更され、『春風とバイオリン』は2幕で上演。
  4. ^ 1968年9月の東京宝塚劇場公演では、演目が『シャンゴ』に変更。
  5. ^ 宝塚大劇場公演より題名変更。
  6. ^ 東京宝塚劇場公演より演目が変更。
  7. ^ 大路三千緒と役替わり
  8. ^ 麻実れいと役替わり
  9. ^ 1975年4月の東京宝塚劇場公演は『ボン・バランス』に演目が変更


「岸香織」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「岸香織」の関連用語

岸香織のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



岸香織のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岸香織 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS