宝塚歌劇団18期生とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 宝塚歌劇団18期生の意味・解説 

宝塚歌劇団18期生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/21 16:53 UTC 版)

宝塚歌劇団18期生(たからづかかげきだん-きせい)とは1928年宝塚歌劇団に入団し、1929年、花組公演『春のをどり』(一部生徒は『絵踏』『エスパーダ』にも出演)で初舞台を踏んだ51人を指す[1]。当時は寶塚少女歌劇團であった。




  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 100年史(人物) 2014, p. 15.
  2. ^ 100年史(人物) 2014, p. 5.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1933年1月、154号
  4. ^ 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1933年8月、161号、P87
  5. ^ 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1934年8月、173号、P28
  6. ^ a b c d e f g h i j k 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1929年4月1日、109号
  7. ^ a b c 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1932年6月、147号、P50
  8. ^ a b 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1934年10月、175号
  9. ^ a b 『東宝』、東宝出版社、1936年4月号
  10. ^ a b c d e f g h i j k 『寳塚日記』冨士野高嶺著、不二乃屋、1948年1月10日
  11. ^ a b 『続 たからづか日記』冨士野高嶺著、歌劇グラフ社、1948年8月20日
  12. ^ a b c 『エスエス』、東宝発行所、1938年2月号
  13. ^ 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1934年12月、177号、P63
  14. ^ 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1929年5月1日、110号、p35
  15. ^ 『エスエス』、東宝発行所、1938年3月号
  16. ^ a b 90年史 2004, p. 239.
  17. ^ a b 元タカラジェンヌの冨士野高嶺さん死去”. MSN産経ニュース (2011年7月23日). 2013年9月29日閲覧。
  18. ^ 文化功労者表彰(文化賞・文化奨励賞・文化活動功労賞) 過去の受賞者一覧”. 神戸市. 2013年9月29日閲覧。
  19. ^ a b 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1935年4月、181号
  20. ^ 『エスエス』、東宝発行所、1939年6月号
  21. ^ 『エスエス』、東宝発行所、1938年1月号
  22. ^ 宝塚現役最年長・春日野八千代さん 肺炎で死去、96歳”. スポニチAnnex (2012年8月30日). 2013年9月29日閲覧。
  23. ^ 『エスエス』、東宝発行所、1939年7月号
  24. ^ 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1935年1月、178号
  25. ^ a b 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1934年9月、174号、P82


「宝塚歌劇団18期生」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宝塚歌劇団18期生」の関連用語

宝塚歌劇団18期生のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



宝塚歌劇団18期生のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宝塚歌劇団18期生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS