宝塚歌劇団1期生とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 宝塚歌劇団1期生の意味・解説 

宝塚歌劇団1期生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/08 18:02 UTC 版)

宝塚歌劇団1期生(たからづかかげきだん-きせい)は阪急電鉄の創始者小林一三1913年7月に結成した寶塚唱歌隊が前身で、初舞台の公演演目は、高峰妙子雲井浪子、外山咲子、雄島艶子、八十島楫子、由良道子、関守須磨子らは1914年第1回記念公演『ドンブラコ』で、若菜君子は1915年春季公演の『雛祭』[1]である。




  1. ^ 『寳塚歌劇少女の生活』河原蓬著、育文館書店、1922年11月25日
  2. ^ a b 『宝塚歌劇90年史 すみれ花歳月を重ねて』 宝塚歌劇団2004年4月1日、238頁。 
  3. ^ a b 橋本雅夫 『夢を描いて 華やかに 宝塚歌劇80年史』 宝塚歌劇団1994年9月9日、196頁。 


「宝塚歌劇団1期生」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宝塚歌劇団1期生」の関連用語

宝塚歌劇団1期生のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宝塚歌劇団1期生のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宝塚歌劇団1期生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS