夢咲ねねとは?

夢咲ねね

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/30 03:08 UTC 版)

夢咲 ねね(ゆめさき ねね、1984年[1][2]7月4日[1][3][4][2] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団星組トップ娘役[1][3][5][6]




出典

  1. ^ a b c profile 夢咲ねね公式ファンクラブサイト。
  2. ^ a b c d e f g h 夢咲ねね 株式会社キューブオフィシャルサイト。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 私なりのジュリエット/夢咲ねね プレシャス!宝塚。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 組替え直後も大役熱演!!/夢咲ねね プレシャス!宝塚。
  5. ^ a b c d e f 宝塚に元関脇・逆鉾の長女が花組異動 スポニチAnnex。
  6. ^ a b c d 夢咲ねね、妹・愛加に退団の心得学ぶ? デイリースポーツ。
  7. ^ a b c d e f g h 阪急交通社、新イメージキャラクターに宝塚歌劇団星組<夢咲ねね>を起用します! 阪急交通社。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l The name of タカラジェンヌII/月組 夢咲ねね 夢が咲くように 産経新聞ENAK。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m 夢咲ねねサヨナラ特別番組「Star☆Princess」 タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  10. ^ a b c d e f 夢咲ねねが宝塚退団会見「本当に感謝」 日刊スポーツ。
  11. ^ a b c d e 第55回:夢咲ねねが「グレート・ギャツビー」の難役ヒロインで元宝塚の本領を発揮! 映画.com。
  12. ^ 夢咲ねね 2021年4月1日 所属のお知らせ 株式会社キューブオフィシャルサイト。
  13. ^ 『サンセット大通り』ベティ役の夢咲ねねにインタビュー!「“太陽”のようなベティを精一杯表現したい」 エンタステージ。
  14. ^ 「1789」小池徹平、加藤和樹ら豪華衣装で登場「間違いなく革命的な作品に」 ステージナタリー。
  15. ^ 「ビッグ・フィッシュ」あの世に行く瞬間に思い出す「一生の思い出に残る作品」 ステージナタリー。
  16. ^ 井上芳雄「ギャツビーのためのこれまでだった、と言える作品に」 ステージナタリー。
  17. ^ 「1789」“進化&深化”して最高の革命へ、小池徹平・加藤和樹ら意気込む ステージナタリー。
  18. ^ 「ラブ・ネバー・ダイ」開幕に市村正親「最高のものをお届けできるように」 ステージナタリー。
  19. ^ a b c 甲斐翔真、阿部顕嵐らの出演で青春映画のミュージカル化『October Sky-遠い空の向こうに-』10月日本初演! 演劇きっく。
  20. ^ 口を裂かれた青年が“本当の笑顔”求め葛藤、浦井健治らの「笑う男」開幕 ステージナタリー。
  21. ^ 「ビッグ・フィッシュ」装い新たに開幕、川平慈英「癒しのパワースポットに」 ステージナタリー。
  22. ^ 明日海りお主演「ポーの一族」ライブ配信追加開催&千秋楽のライブビューイングが決定 ステージナタリー。
  23. ^ “赤根那奈、本郷奏多主演「ラブホの上野さん」で連続ドラマ初出演”. ステージナタリー. (2016年12月14日). http://natalie.mu/stage/news/213210 2016年12月15日閲覧。 
  24. ^ 渋谷の街で男たちが暴走、孤独と欲望描く奥田庸介監督の新作『ろくでなし』 CINRA.NET。

注釈

  1. ^ 4/11〜13のみ柚希礼音と特別出演。
  2. ^ 赤根那奈名義。
  3. ^ 赤根那奈名義。
  4. ^ 赤根那奈名義。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「夢咲ねね」の関連用語

夢咲ねねのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



夢咲ねねのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの夢咲ねね (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS