海乃美月とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 海乃美月の意味・解説 

海乃美月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/07 12:38 UTC 版)

海乃 美月(うみの みつき、5月18日[1] - )は、宝塚歌劇団月組に所属する娘役。次期月組トップ娘役[2][3]




出典

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、49頁。ISBN 978-4-86649-125-7
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 宝塚月組次期トップコンビに月城かなと&海乃美月 第95期生のトップスターは3人目 スポーツ報知。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 宝塚歌劇団月組次期トップコンビに月城かなと&海乃美月 ステージナタリー。
  4. ^ a b c d e f g 山岸利行 (2019年12月12日). “<華宝塚>記憶に残る舞台人に 海乃美月(月組)”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/7265 2020年8月31日閲覧。 
  5. ^ a b c d 『波瀾爆笑!? 我が人生 海乃美月/宝塚GRAPH 2017年4月号』、宝塚クリエイティブアーツ、2017年、90-92頁。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 名取千里 (2015年6月1日). “仏革命を背景にトップスターの 恋人役を役替りで演じる”. ウィズたからづか. http://www.with-takarazuka.com/fairy/2015/06/ 2019年10月6日閲覧。 
  7. ^ a b c d e 石井啓夫 (2014年6月21日). “【タカラヅカ夢舞台】月組ホープ暁千星と海乃美月「ちょっと特別な例かも」”. ZAKZAK. https://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/photos/20140621/enn1406211100005-p3.htm 2019年10月6日閲覧。 
  8. ^ a b “「夢のようで……」感無量の朝美 宝塚月組の新人公演”. 産経WEST. (2014年10月21日). https://www.sankei.com/west/news/141021/wst1410210071-n1.html 2019年10月6日閲覧。 
  9. ^ a b 薮下哲司 (2015年9月15日). “暁千星 最高のバースデー、バウ・ワークショップ「A-EN」アリバージョン開幕”. 薮下哲司の宝塚歌劇支局プラス. https://ameblo.jp/takarazukakagekishikyoku/entry-12073504303.html 2019年10月6日閲覧。 
  10. ^ 3度目の新人公演ヒロインで、大舞台の経験も豊富な6年目の娘役・海乃美月 スポーツ報知。[リンク切れ]
  11. ^ a b “夢奈瑠音が新人公演初主演「大きな財産を得ました」”. 日刊スポーツ. (2017年1月17日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1766628.html 2019年10月6日閲覧。 
  12. ^ a b 橘涼香 (2017年5月14日). “宝塚歌劇のフランス大革命もの上演史に、新たに刻まれた美弥るりかの単独初主演作 ミュージカル『瑠璃色の刻』”. 宝塚ジャーナル. http://takarazuka-j.blog.jp/archives/1880960.html 2019年10月6日閲覧。 
  13. ^ a b 橘涼香 (2018年6月20日). “劇作家の作家への愛に溢れた作品で月城かなと東京初主演!宝塚歌劇月組公演『THE LAST PARTY〜S.Fitzgerald's last day〜フィッツジェラルド最後の一日-』”. 宝塚ジャーナル. http://takarazuka-j.blog.jp/archives/1896107.html 2019年10月6日閲覧。 
  14. ^ a b 村上久美子 (2019年1月10日). “月組・美弥るりか、アンナカレーニナ初日「まさか」”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201901100000888.html 2019年10月6日閲覧。 
  15. ^ a b 月組・鳳月杏主演「出島小宇宙戦争」初日「いままでの宝塚にないワクワク感」 デイリースポーツ。
  16. ^ a b 宝塚月組トップ珠城りょうのスペシャル・ライブ上演 日刊スポーツ。
  17. ^ a b 月城かなと「頑張ります」「ダル・レークの恋」初日 日刊スポーツ。
  18. ^ 『NEW GENERATION III』 阪急コミュニケーションズ、2013年、54頁。ISBN 978-4-484-13514-4

注釈

  1. ^ 怪我のためショー「クルンテープ」は全日程休演。


「海乃美月」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「海乃美月」の関連用語

海乃美月のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



海乃美月のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの海乃美月 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS