紺野まひるとは?

紺野 まひる

紺野まひるの画像 紺野まひるの画像
芸名紺野 まひる
芸名フリガナこんの まひる
性別女性
生年月日1977/4/12
星座おひつじ座
干支巳年
血液型A
出身大阪府
身長160 cm
URLhttp://www.flamme.co.jp/MahiruKonno/
靴のサイズ23.5 cm
プロフィール4月12日生まれ大阪府豊中市出身女優としてテレビや映画、舞台などで活躍主な出演作に、日本テレビ49』、TBSなるようになるさ。』、フジテレビ外交官・黒田康作』、映画『恋するナポリタン』『鑑識・米沢守の事件簿』『はなちゃんのみそ汁』など。その他CMマルコメ』など多数出演している。
代表作品1年2013
代表作品1TBSなるようになるさ。
代表作品2年2016
代表作品2映画『はなちゃんのみそ汁
代表作品3年2013
代表作品3CMマルコメ料亭の味シリーズ」』無添加篇/だし入り
職種タレント俳優女優
好きな映画ニューシネマパラダイス
趣味・特技映画鑑賞

» タレントデータバンクはこちら

紺野まひる

以下の映画紺野まひる関連しています。
ネオ・インデックス


紺野まひる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/02 07:12 UTC 版)

紺野 まひる(こんの まひる、1977年4月12日 - )は、日本女優。元宝塚歌劇団雪組トップ娘役。大阪府豊中市出身[1]FLaMme所属。身長160cm[1]




  1. ^ a b c d e f g “紺野まひる イケメン同級生パイロットと結婚”. Sponichi Annex. (2008年12月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/12/01/kiji/K20081201Z00001190.html 2017年11月20日閲覧。 
  2. ^ 紺野まひる 第1子誕生を報告「元気な女の子」 - Sponichi Annex 2012年8月13日(2012年8月13日閲覧)
  3. ^ 紺野まひる 第2子を妊娠”. デイリースポーツ online (2015年5月27日). 2015年5月27日閲覧。
  4. ^ 紺野まひる 第2子女児を出産「元気に生まれてくれたことに感謝」”. Sponichi Annex (2015年9月18日). 2015年9月18日閲覧。
  5. ^ 「重要参考人探偵」に“デスパレートなセレブたち”が登場!”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2017年11月17日). 2017年11月20日閲覧。
  6. ^ 唐沢寿明が『世にも』初出演!”. とれたてフジテレビ. フジテレビ (2018年5月4日). 2018年5月22日閲覧。
  7. ^ “水川あさみ、安達祐実、菊地凛子らがドラマ「ミス・シャーロック」にゲスト出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年4月20日). https://natalie.mu/eiga/news/278960 2018年4月20日閲覧。 
  8. ^ 浜野謙太がマンション大規模修繕に挑む、カシワバラ新CM 監督は吉田大八”. CINRA.NET (2018年4月2日). 2018年5月22日閲覧。
  9. ^ “アラン・エイクボーンのコメディ「扉の向こう側」に壮一帆、紺野まひる、岸祐二”. ステージナタリー. (2016年5月12日). http://natalie.mu/stage/news/186842 2016年5月13日閲覧。 
  10. ^ “「扉の向こう側」開幕、SMクイーン役の壮一帆「体当たりでぶつかれたら」”. ステージナタリー. (2016年11月11日). http://natalie.mu/stage/news/209029 2016年11月14日閲覧。 


「紺野まひる」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「紺野まひる」の関連用語

紺野まひるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



紺野まひるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紺野まひる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS