吉岡里帆とは?

Weblio 辞書 > 人名 > タレントデータベース > 吉岡里帆の意味・解説 

吉岡 里帆

吉岡里帆の画像 吉岡里帆の画像
芸名吉岡 里帆
芸名フリガナよしおか りほ
性別女性
生年月日1993/1/15
干支酉年
出身京都府
身長158 cm
URLhttp://www.ateam-japan.com/ateam/yoshiokariho/
ブログURLhttps://ameblo.jp/yoshi-rihorihoriho/
靴のサイズ24 cm
プロフィール1993年1月15日生まれ京都府出身主な出演作は、TBSごめん、愛してる』『カルテット』、CM日清どん兵衛」』『資生堂エリクシール ルフレ」』『綾鷹』、J-WAVEUR LIFESTYLE COLLEGE』など他多数。趣味・特技は、と遊ぶ、新派観劇書道アルトサックス
代表作品1年2017
代表作品1TBSごめん、愛してる
代表作品2年2017
代表作品2TBSカルテット
代表作品3年2017
代表作品3CM日清どん兵衛」』
職種タレント俳優女優
趣味・特技と遊ぶ/新派観劇/書道/アルトサックス

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
京都府出身のタレント  横山由依  和田幾子  本田望結  吉岡里帆  ゆい  祐真キキ

吉岡里帆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/12 03:18 UTC 版)

吉岡 里帆(よしおか りほ、1993年〈平成5年〉1月15日[1] - )は、日本女優




注釈

  1. ^ 3回生まで在籍[16]。4回生時に他の大学に編入試験を受けた上で転学。
  2. ^ MOOSIC AWARDS 2014 女優賞[80]、新人監督映画祭 日本映画監督新人協会 新人女優賞[81] 受賞。
  3. ^ 2015年より全国の結婚式場での上映会にて上映された[84]のに続き、2016年11月に劇場公開[42]
  4. ^ 湘南乃風コカ・コーラのコラボソング。
  5. ^ 発売に併せて週刊プレイボーイ2018年7月30日号で80p特集が組まれた[155][156][157]

出典

  1. ^ a b c d e f g 吉岡里帆”. エーチーム. 2015年12月6日閲覧。
  2. ^ “吉岡里帆インタビュー『女優として燃費がすごく悪い(笑)』”. ORICON NEWS (オリコン株式会社). (2017年4月12日). https://www.oricon.co.jp/special/49921/2/ 2018年2月14日閲覧。 
  3. ^ a b “朝ドラ吉岡さん「里帰り」感動 びわ湖開き”. 京都新聞. (2016年3月13日). オリジナルの2016年11月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161124155937/http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20160313000038 2016年11月24日閲覧。 
  4. ^ a b c d e 2015年ブレイク必至“女優・吉岡里帆”の素顔に密着!”. 日刊SPA! (2015年5月16日). 2015年12月25日閲覧。
  5. ^ a b c d 宮路美穂 (2016年4月24日). “あさドラ“メガネっ子”吉岡里帆「無色透明な女優でいたい」”. スポーツ報知. オリジナルの2016年10月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161018212701/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160423-OHT1T50197.html 2016年10月17日閲覧。 
  6. ^ a b c “朝ドラに続きクドカン作、吉岡里帆「追い風感じてます」”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年5月2日). http://thetv.jp/news_detail/76532/ 2016年10月17日閲覧。 
  7. ^ a b c d 平野和子 (2016年6月7日). “猫好き家族、俳優・吉岡里帆さん「生き物は何でも好き」 「あさが来た」のめがねっ子役”. sippo (朝日新聞社). オリジナルの2016年11月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161122222130/http://sippolife.jp/article/2016060600009.html 2016年11月22日閲覧。 
  8. ^ 吉岡, 里帆 (2017年4月14日). 吉岡里帆、貯金をしていた意外な理由とは. (インタビュー). テレビドガッチ(プレゼントキャスト).. https://dogatch.jp/news/ntv/44233/detail/ 2018年11月11日閲覧。 
  9. ^ 吉岡里帆「実は高校1年のとき…」丸秘話にCHAI大盛り上がり!”. UR LIFESTYLE COLLEGE. J-WAVE (2018年3月13日). 2018年11月11日閲覧。
  10. ^ a b c d e “吉岡里帆、芝居に一途な京娘!共演の城田優「スルメのような女優」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2015年5月6日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150506/geo15050605030004-n1.html 2016年11月22日閲覧。 
  11. ^ a b “吉岡里帆、初メジャー舞台に「心折れた」”. Lmaga.jp (京阪神エルマガジン社). (2016年11月30日). https://www.lmaga.jp/news/2016/11/17907/ 2016年12月2日閲覧。 
  12. ^ a b 吉岡, 里帆 (2018年1月16日). 吉岡里帆が語る「グラビアのお仕事のこと」 テレビっ子・吉岡里帆さんインタビュー #2. インタビュアー:てれびのスキマ. 文春オンライン(文藝春秋).. http://bunshun.jp/articles/-/5835 2018年11月4日閲覧。 
  13. ^ a b c d 徳重辰典 (2018年3月13日). “吉岡里帆、生真面目の原点は「守らなければいけなかった母」 世間で見られているようなシンデレラガールとはちょっと違っていた、吉岡里帆の物語”. BuzzFeed News (BuzzFeed Japan). https://www.buzzfeed.com/jp/tatsunoritokushige/rihoyoshioka 2018年11月5日閲覧。 
  14. ^ 菊地陽子 (2018年10月14日). ““意外にアツい”吉岡里帆 演劇に目覚め、直談判→門前払いの過去”. AERA dot. (朝日新聞出版). https://dot.asahi.com/wa/2018101100013.html?page=1 2018年11月5日閲覧。 
  15. ^ a b c “朝ドラ後半戦での好演が光る吉岡里帆の素顔とは!?”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年2月26日). http://thetv.jp/news_detail/73224/ 2016年10月17日閲覧。 
  16. ^ a b 文学部日本語日本文学科の尾西正成助教が女優・吉岡里帆さんらと誌上対談 ニュースピックアップ.京都橘大学ホームページ.(2017年4月17日) 2017年5月23日閲覧。
  17. ^ a b “吉岡里帆が小劇場で語った20歳の夢「女優として羽ばたきたい」”. Smart FLASH (光文社). (2018年8月15日). https://smart-flash.jp/entame/47185 2018年11月5日閲覧。 
  18. ^ a b 吉岡, 里帆 (2018年1月16日). 吉岡里帆が語る「グラビアのお仕事のこと」 テレビっ子・吉岡里帆さんインタビュー #2. インタビュアー:てれびのスキマ. p. 3. 文春オンライン(文藝春秋).. http://bunshun.jp/articles/-/5835?page=3 2018年11月4日閲覧。 
  19. ^ a b 吉岡, 里帆 (2018年1月16日). 吉岡里帆が語る「グラビアのお仕事のこと」 テレビっ子・吉岡里帆さんインタビュー #2. インタビュアー:てれびのスキマ. p. 2. 文春オンライン(文藝春秋).. http://bunshun.jp/articles/-/5835?page=2 2018年11月4日閲覧。 
  20. ^ “研修医役に挑戦の吉岡里帆が現場では女子会、オフはあの人と美術館?”. 週プレNEWS (集英社). (2016年10月11日). http://wpb.shueisha.co.jp/2016/10/11/73288/2 2016年10月17日閲覧。 
  21. ^ 丸山ひろし (2017年6月30日). “深夜バスに漫画喫茶…吉岡里帆、“役の幅が広すぎる女優”を支える「下積み時代」”. AERA dot. (朝日新聞出版): p. 2. https://dot.asahi.com/dot/2017062700013.html?page=2 2018年11月5日閲覧。 
  22. ^ “吉岡里帆、親にも言えず「何の為にこんなことをしているんだろう」下積み時代振り返り涙”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年4月27日). https://mdpr.jp/news/detail/1682272 2018年11月5日閲覧。 
  23. ^ 日経エンタテインメント』(2017年7月号)、日経BP社 pp. 24
  24. ^ a b “メガネをとったら美女が 「あさが来た」の“宜ちゃん”吉岡里帆”. zakzak by 夕刊フジ (産経デジタル). (2016年3月14日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20160314/enn1603141533015-n1.htm 2016年10月17日閲覧。 
  25. ^ “吉岡里帆「あまちゃん」オーディション落選時の秘話告白「悔しかった」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年11月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/18/kiji/K20161118013748270.html 2016年11月19日閲覧。 
  26. ^ “吉岡里帆、広瀬すずに負けて「死んだ」…オーディションに落ちまくった過去告白”. スポーツ報知. (2016年11月18日). オリジナルの2016年11月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161120004918/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161118-OHT1T50156.html 2016年11月19日閲覧。 
  27. ^ ドラマ、映画に大注目の吉岡里帆が初グラビアで泣いちゃった?「自分のお尻をじっと見られるなんて…」”. 週プレNEWS (2015年5月2日). 2015年12月25日閲覧。
  28. ^ はじめまして。”. 吉岡里帆オフィシャルブログ「なんでもない毎日。」 (2014年7月23日). 2015年2月7日閲覧。
  29. ^ 高倉文紀. “注目!次世代女優ファイル 吉岡里帆(よしおか・りほ)”. タレントパワーランキング. アーキテクト. 2016年10月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年10月17日閲覧。
  30. ^ a b “吉岡里帆、『つむぐもの』出演決定! 映画初主演・石倉三郎の介護士役を熱演”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年11月21日). http://news.mynavi.jp/news/2015/11/21/261/ 2016年10月17日閲覧。 
  31. ^ 麦倉正樹 (2016年3月17日). “『あさが来た』丸メガネの「のぶちゃん」役で注目! 吉岡里帆の骨太な“女優魂””. リアルサウンド (blueprint). http://realsound.jp/movie/2016/03/post-1206.html 2016年12月3日閲覧。 
  32. ^ “吉岡里帆#3『役に馴染むって楽しい』”. ヒカリグラフ (blueprint). (2016年11月16日). http://hikarigraph.com/cover/cover20161116/ 2016年12月3日閲覧。 [リンク切れ]
  33. ^ 坂田正樹 (2017年6月18日). “吉岡里帆“変顔”で殻を破った 役にハマる女優としての転機”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0092261 2018年11月5日閲覧。 
  34. ^ a b “朝ドラ好演の吉岡里帆、1日船長に”. デイリースポーツ online. (2016年3月12日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/03/12/0008884945.shtml 2016年10月17日閲覧。 
  35. ^ 宮越大輔 (2016年12月3日). “吉岡里帆、女優魂芽生えた2016年!年女の来年はさらに飛躍”. SANSPO.COM (産経デジタル): p. 3. http://www.sanspo.com/geino/news/20161203/int16120305030001-n3.html 2016年12月3日閲覧。 
  36. ^ 宮越大輔 (2016年12月3日). “吉岡里帆、女優魂芽生えた2016年!年女の来年はさらに飛躍”. SANSPO.COM (産経デジタル): p. 4. http://www.sanspo.com/geino/news/20161203/int16120305030001-n4.html 2016年12月3日閲覧。 
  37. ^ “『あさが来た』のぶちゃん・吉岡里帆、『ゼクシィ』9代目CMガールに抜てき”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年5月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2071956/full/ 2016年10月17日閲覧。 
  38. ^ “ゼクシィ9代目CMガールは朝ドラでブレークした美少女”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年5月20日). http://thetv.jp/news_detail/78375/ 2016年10月17日閲覧。 
  39. ^ “吉岡里帆、ブレークの実感は「ゼロですね」”. 日テレNEWS24 (日本テレビ放送網). (2016年10月16日). http://www.news24.jp/articles/2016/10/16/08343767.html 2016年11月22日閲覧。 
  40. ^ 斉藤貴志 (2016年12月6日). “吉岡里帆、地味さがいい?“ジミカワ”ビジュアルで幅広い人気”. ORICON STYLE (オリコン). http://www.oricon.co.jp/special/49611/ 2016年12月16日閲覧。 
  41. ^ a b “吉岡里帆、ブレイク前の初主演映画は「ボロアパートを借りて」撮影へ通っていた”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年11月5日). オリジナルの2016年11月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161109025802/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161106-OHT1T50037.html 2016年11月9日閲覧。 
  42. ^ a b c 丹治翔 (2016年11月7日). “朝ドラ女優吉岡里帆、「幻」の初主演映画が公開 無名時代の夢かなう”. withnews (朝日新聞社). http://withnews.jp/article/f0161107003qq000000000000000W02h10501qq000014260A 2016年12月11日閲覧。 
  43. ^ 筒井政也 (2016年8月24日). “吉岡里帆「鳥人間コンテスト2016」で司会挑戦”. スポーツ報知. オリジナルの2016年10月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161018204125/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160823-OHT1T50128.html 2016年10月17日閲覧。 
  44. ^ “『2017 ブレイク女優ランキング』吉岡里帆が首位 “怪演”から“泣きの演技”までこなす演技力に支持”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年11月24日). https://mdpr.jp/news/detail/1744135 2018年11月4日閲覧。 
  45. ^ a b “高橋一生、竹内涼真、吉岡里帆らが新人賞 「2018年 エランドール賞」受賞作品・受賞者発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年1月23日). https://mdpr.jp/news/detail/1742074 2018年11月4日閲覧。 
  46. ^ “吉岡里帆「カルテット」は「今でも私の背中を押してくれている」受賞に感極まる<エランドール賞>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年2月1日). https://mdpr.jp/news/detail/1780179 2018年11月4日閲覧。 
  47. ^ a b “エランドール賞表彰式で号泣の吉岡里帆 涙のわけは「サクラサク」?”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年2月2日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/column/20180202-OHT1T50054.html 2018年11月11日閲覧。 
  48. ^ a b “吉岡里帆がVOGUEアワード受賞に「夢のようです」、木村多江らと授賞式出席”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年11月24日). https://natalie.mu/eiga/news/258128 2018年11月11日閲覧。 
  49. ^ a b Yahoo!検索大賞2017”. Yahoo! JAPAN検索. Yahoo! JAPAN. 2018年11月11日閲覧。
  50. ^ “紅白、高橋一生&吉岡里帆に目がいってしまう視聴者続出<紅白本番>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年12月31日). https://mdpr.jp/music/detail/1738129 2018年11月11日閲覧。 
  51. ^ a b 第16回やましな栄誉賞の決定及び表彰式の開催について, (PDF), やましな栄誉委員会 (京都府京都市山科区), (2018年1月30日), http://www.city.kyoto.lg.jp/yamasina/cmsfiles/contents/0000231/231331/kouhou.pdf 2018年12月6日閲覧。 
  52. ^ a b “吉岡里帆さんに京都やましな栄誉賞 段田安則さんも”. 京都新聞. 京都新聞社. (2018年2月7日). https://www.kyoto-np.co.jp/country/article/20180207000202 2018年12月6日閲覧。 
  53. ^ a b “吉岡里帆、火10枠で連ドラ初主演 桐谷健太&向井理と“ホラー”な三角関係”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年11月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2099938/full/ 2017年11月1日閲覧。 
  54. ^ a b “吉岡里帆、田村正和との共演は「一生忘れることのない時間」『眠狂四郎 The Final』で時代劇初挑戦”. TVLIFE web (学研プラス). (2018年1月22日). http://www.tvlife.jp/entame/155779 2018年11月4日閲覧。 
  55. ^ a b “吉岡里帆、役柄脱ぎ捨て“今の姿”完全撮り下ろし 異例のロケ敢行”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年4月19日). https://mdpr.jp/news/detail/1759319 2018年11月4日閲覧。 
  56. ^ a b “吉岡里帆、大胆美背中にドキッ!“嘘のない姿”に迫る”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年7月19日). https://mdpr.jp/news/detail/1780179 2018年11月4日閲覧。 
  57. ^ a b “吉岡里帆、トップバッターでガルアワ開幕 リーゼント&ロングヘアで驚きイメチェン<GirlsAward 2018 A/W>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年9月16日). https://mdpr.jp/news/detail/1793018 2018年9月16日閲覧。 
  58. ^ “吉岡里帆、映画で歌声初お披露目&ギターにも挑戦 “奇抜メイク”阿部サダヲとハイテンションロックコメディ<音量を上げろタコ!>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年10月10日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1720064 2018年12月10日閲覧。 
  59. ^ “吉岡里帆が絶叫&熱唱 映画「音量を上げろタコ!」 主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」MV本編映像バージョンが公開”. MANTANWEB (MANTAN). (2017年10月27日). https://mantan-web.jp/movie/QMZfwxkt5wU.html 2018年12月10日閲覧。 
  60. ^ “吉岡里帆、テレビ初歌唱 アグレッシブなパフォに「カッコいい声」「もっと歌って」”. MusicVoice (株式会社アイ・シー・アイ). (2018年12月5日). https://www.musicvoice.jp/news/201812050108985/ 2018年12月6日閲覧。 
  61. ^ “吉岡里帆、音楽番組で歌声初披露 堂々熱唱に「心が震えた」「ロックでかっこいい」と反響”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年12月6日). https://mdpr.jp/music/detail/1808778 2018年12月10日閲覧。 
  62. ^ 大野智己 (2015年5月2日). “ドラマ、映画に大注目の吉岡里帆が初グラビアで泣いちゃった?「自分のお尻をじっと見られるなんて…」”. 週プレNEWS (集英社): p. 4. http://wpb.shueisha.co.jp/2015/05/02/47175/4 2016年10月17日閲覧。 
  63. ^ “吉岡里帆、ダウンタウン&坂上忍に書道を披露 - 腕前はプロ級の八段”. マイナビニュース (マイナビ). (2016年11月18日). http://news.mynavi.jp/news/2016/11/18/306/ 2016年11月19日閲覧。 
  64. ^ ”. 吉岡里帆オフィシャルブログ「なんでもない毎日。」 (2014年8月18日). 2015年2月7日閲覧。
  65. ^ 弟は人見知り”. 吉岡里帆オフィシャルブログ「なんでもない毎日。」 (2015年5月5日). 2015年5月7日閲覧。
  66. ^ “吉岡里帆「団塊世代と話が合うから役との共通点はない」”. 週刊女性PRIME (主婦と生活社). (2016年5月15日). http://www.jprime.jp/articles/-/7111 2016年10月17日閲覧。 
  67. ^ “朝ドラ宜ちゃん 美少女素顔に騒然”. デイリースポーツ online. (2016年3月12日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/03/12/0008885988.shtml 2016年10月17日閲覧。 
  68. ^ 吉岡, 里帆 (2018年7月22日). <家族のこと話そう>父母は仲良しのお手本 女優・吉岡里帆さん. インタビュアー:大沢悠. TOKYO Web(東京新聞).. http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201807/CK2018072202000153.html 2018年11月4日閲覧。 
  69. ^ 吉岡, 里帆 (2018年4月9日). 吉岡里帆:彼女に挑戦状が届き続ける理由. インタビュアー:Wakako Shudo. VICE(i-D).. https://i-d.vice.com/jp/article/a3yn7e/her-magic-is-working-riho-yoshioka-interview 2018年11月4日閲覧。 
  70. ^ 吉岡, 里帆 (2018年4月10日). 吉岡里帆について知っておくべき10のこと. インタビュアー:Wakako Shudo. VICE(i-D).. https://i-d.vice.com/jp/article/d35ep7/10things-you-need-to-know-about-riho-yoshioka 2018年11月4日閲覧。 
  71. ^ a b 「pop style 心の視線が強く導く ALL ABOUT 吉岡里帆」『読売新聞 東京版【夕刊】』(読売新聞社)、2019年9月18日、8-9面。2019年9月18日閲覧。
  72. ^ a b 吉岡, 里帆 (2017年8月2日). 『STAR SAND -星砂物語-』吉岡里帆インタビュー「戦争映画なのに少女の恋を描いたロマンチックなお話」. インタビュアー:ゆうせい. シネマズ PLUS(クラップス).. https://cinema.ne.jp/recommend/starsand2017080206/ 2018年11月5日閲覧。 
  73. ^ いい顔に迫る資生堂クロストーク「ONE ON ONE」vol.12 野球選手 菊池 涼介 × 女優 吉岡 里帆”. 資生堂. 企業広告 (2018年3月). 2018年11月6日閲覧。
  74. ^ 吉岡里帆 (2018年4月3日). “実は広島は第二の故郷。カープー!”. Instagram. 2018年11月5日閲覧。
  75. ^ 17年1月期“最も質の高いドラマ”は『カルテット』〜「第7回コンフィデンスドラマ賞」で最多5部門受賞(2017年4月28日)、オリコンニュース、2017年4月28日閲覧。
  76. ^ ザテレビジョン. “第92回主演女優賞”. KADOKAWA. 2017年5月10日閲覧。[リンク切れ]
  77. ^ “【2017年間ドラマ賞】「新人賞」に吉岡里帆、『カルテット』での経験を経て「女優として覚悟が決まった」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年2月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2106372/full/ 2018年2月26日閲覧。 
  78. ^ エランドール賞歴代受賞者一覧”. 一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会. 2018年1月22日閲覧。
  79. ^ “出演作品を本人が完全解説! 最旬女優・吉岡里帆の軌跡を振り返る【映画編1】 - エンタメ - ニュース” (日本語). 週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]. (2018年8月8日). https://wpb.shueisha.co.jp/news/entertainment/2018/08/08/106799/ 2018年9月10日閲覧。 
  80. ^ MOOSIC AWARDS 2014”. アーカイブ. MOOSIC LAB official site. AUGUST 20,2016時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月17日閲覧。
  81. ^ 新人監督映画祭、各賞発表結果を更新しました!”. ニュース. 新人監督映画祭 NDFF (2014年12月2日). 2016年10月17日閲覧。
  82. ^ “福田雄一監督の新作映画『明烏』、菅田将暉、城田優、若葉竜也らがホストに”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2015年2月12日). http://www.cinra.net/news/20150212-akegarasu 2016年3月13日閲覧。 
  83. ^ 新人介護福祉士を演じた若手女優・吉岡里帆、介護の理想と現実を痛感”. シネマトゥデイ (2015年11月22日). 2015年12月25日閲覧。
  84. ^ “結婚式の舞台裏をリアルに描く! ウエディングプランナーをテーマにしたハートフルな映画が公開”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年2月19日). https://mdpr.jp/wedding/detail/1469089 2016年10月17日閲覧。 
  85. ^ 映画『Happy Wedding』公式ページ
  86. ^ “織田梨沙、吉岡里帆、満島真之介らが出演 日豪合作映画『STAR SAND-星砂物語-』公開決定”. リアルサウンド (blueprint). (2017年3月25日). http://realsound.jp/movie/2017/03/post-4511.html 2017年3月25日閲覧。 
  87. ^ “吉岡里帆は若き日のオードリー・ヘップバーン!? 日豪合作『STAR SAND』予告編”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年5月9日). http://www.oricon.co.jp/news/2090394/full/ 2017年5月20日閲覧。 
  88. ^ “吉岡里帆、映画『世界ネコ歩き』ナレーションに 「フニャッと幸せな気持ちになって」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年7月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2093934/full/ 2017年7月12日閲覧。 
  89. ^ “阿部サダヲがカリスマ歌手役、吉岡里帆も歌う 映画『音量を上げろタコ!』”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2017年10月10日). https://www.cinra.net/news/20171010-onryoagero 2017年10月10日閲覧。 
  90. ^ “玉森裕太×吉岡里帆×染谷将太!東野圭吾「パラレルワールド・ラブストーリー」実写映画化”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年3月12日). http://eiga.com/news/20180312/1/ 2018年3月12日閲覧。 
  91. ^ “乃木坂46・堀未央奈主演『ホットギミック』 追加キャストに桜田ひより、吉岡里帆ら”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年3月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2131692/full/ 2019年3月16日閲覧。 
  92. ^ “吉岡里帆が視力失った元警官役に挑戦「見えない目撃者」9月公開”. 映画ナタリー. (2019年4月25日). http://natalie.mu/eiga/news/329259 2019年4月25日閲覧。 
  93. ^ “吉岡里帆、劇場版『名探偵コナン』ゲスト声優に 宮川大輔と“関西代表””. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年2月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2086052/full/ 2017年2月16日閲覧。 
  94. ^ “長井龍雪最新作「空青」は姉妹と姉の元恋人の“四角関係”描く、吉沢亮が声優初挑戦”. コミックナタリー. (2019年6月11日). https://natalie.mu/comic/news/335042 2019年6月11日閲覧。 
  95. ^ “吉岡里帆が語る「グラビアのお仕事のこと」”. エキサイトニュース (エキサイト株式会社). (2018年1月16日). https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20180116/Bunshun_5835.html?_p=5 2018年2月14日閲覧。 
  96. ^ スタッフより7”. 吉岡里帆オフィシャルブログ「なんでもない毎日。」 (2015年6月8日). 2015年6月11日閲覧。
  97. ^ ドラマ甲子園”. フジテレビ. 2016年2月25日閲覧。
  98. ^ 新たな出演者が決定!◇連続テレビ小説「あさが来た」”. NHK (2015年12月3日). 2015年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月6日閲覧。
  99. ^ “朝ドラに続きクドカン作、吉岡里帆「追い風感じてます」”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2016年5月2日). http://news.walkerplus.com/article/76532/ 2016年12月25日閲覧。 
  100. ^ 松井珠理奈、連ドラ初主演!ドラマ「死幣」で大学生役”. ニュースウォーカー (2016年6月8日). 2016年6月8日閲覧。
  101. ^ “吉田羊、地上波連ドラマ初主演! 「チーム・バチスタ」スタッフによる医療ミステリー”. シネマカフェ (イード). (2016年8月8日). http://www.cinemacafe.net/article/2016/08/08/42503.html 2016年12月25日閲覧。 
  102. ^ “吉岡里帆、4クール連続で連ドラ出演 坂元裕二脚本作に「夢のようなお仕事」”. ORICON STYLE. (2016年12月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2082461/full/ 2016年12月3日閲覧。 
  103. ^ 山口発地域ドラマ「朗読屋」”. NHK山口放送局. 2016年12月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年12月25日閲覧。
  104. ^ “吉岡秀隆主演の山口発ドラマ「朗読屋」キャストに吉岡里帆、緒川たまき、市川実日子、前野朋哉、富岡英里子、山下真司、市原悦子”. music.jpニュース (株式会社エムティーアイ). (2016年9月17日). http://music-book.jp/video/news/news/124486 2016年12月25日閲覧。 
  105. ^ おはなしのくに「ももたろう」 吉岡里帆さんにインタビュー!”. NHK for School:NHK|スタッフ日記 (2017年1月18日). 2018年5月14日閲覧。
  106. ^ “長瀬智也、19年ぶり恋愛ドラマ主演 韓流作品『ごめん、愛してる』をリメイク”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年4月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2088939/full/ 2017年4月12日閲覧。 
  107. ^ 吉岡里帆『世にも奇妙』に初主演「トラウマをぜひ受け取って」”. ORICON NEWS. オリコン (2017年9月26日). 2017年9月26日閲覧。
  108. ^ “吉岡里帆『眠狂四郎』で時代劇初挑戦 田村正和と共演「一生忘れることのない時間」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年1月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2104400/full/ 2018年1月21日閲覧。 
  109. ^ “吉岡里帆:フジ系ドラマ初主演 新人ケースワーカー役で「今までと違った新しい挑戦」”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年5月14日). https://mantan-web.jp/article/20180513dog00m200023000c.html 2018年5月14日閲覧。 
  110. ^ “京都人の密かな愉しみ Blue 修業中 祗園さんの来はる夏” (プレスリリース), NHKエンタープライズ, (2019年8月8日), https://www.nhk-ep.co.jp/kyotojin3/ 2019年8月10日閲覧。 
  111. ^ ドラマスペシャル あの家に暮らす四人の女”. テレビ東京. 2019年10月1日閲覧。
  112. ^ “中谷美紀・吉岡里帆・永作博美・宮本信子が一つ屋根の下 ドラマSPで共演”. シネマトゥデイ. (2019年8月14日). https://www.cinematoday.jp/news/N0110548 2019年10月1日閲覧。 
  113. ^ “吉岡里帆が「時効警察」新作に新人刑事役で出演、決めゼリフは「ガンバリマス!」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年7月6日). https://natalie.mu/eiga/news/338651 2019年7月6日閲覧。 
  114. ^ 眠れぬ真珠特集”. dTV. 2016年6月5日閲覧。
  115. ^ “ピース又吉、清里活性化に一肌脱ぐ 吉岡里帆主演の地方PR動画制作”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年6月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2072865/full/ 2016年6月5日閲覧。 
  116. ^ “スマホ視聴に特化したドラマ『スマドラ』 桜井日奈子、三吉彩花ら出演”. ORICON NEWS (オリコン株式会社). (2016年12月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2082730/full/ 2018年2月14日閲覧。 
  117. ^ “磯村勇斗、吉岡里帆が主演「時効警察とくべつへん」ビデオパスで配信”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年9月24日). https://natalie.mu/eiga/news/348741 2019年9月25日閲覧。 
  118. ^ NONFIX : 吉岡里帆と一晩 アートナイト”. フジテレビ. 2018年2月21日閲覧。
  119. ^ NHKスペシャル|見えないものが見える川奇跡の清流 銚子川”. NHK. 2019年4月25日閲覧。
  120. ^ “生田斗真×吉岡里帆、平成を短歌で振り返る『平成万葉集』今夜放送”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2019年1月2日). https://www.crank-in.net/news/61541 2019年4月25日閲覧。 
  121. ^ 平成万葉集 第一回「ふるさと」”. NHK. 2019年4月25日閲覧。
  122. ^ 平成万葉集 第二回「女と男」”. NHK. 2019年4月25日閲覧。
  123. ^ 平成万葉集 第三回「この国に生きる」”. NHK. 2019年5月4日閲覧。
  124. ^ 吉岡里帆 神秘のハワイ 宇宙と地球をつなぐ島”. BS-TBS. 2018年11月30日閲覧。
  125. ^ “最新映画のレアな耳より情報をDAIGOがお届け!新番組『キネマのDAIGO☆味』放送開始” (プレスリリース), J:COM, (2015年3月20日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000118.000007676.html 2018年2月21日閲覧。 
  126. ^ “第68回NHK紅白歌合戦:ゲスト審査員に吉岡里帆、ひふみん、鈴木亮平、高橋一生ら”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年12月20日). https://mainichi.jp/articles/20171220/dyo/00m/200/011000c 2018年2月21日閲覧。 
  127. ^ “井上芳雄主演「ナイスガイ in ニューヨーク」に吉岡里帆、高橋克実ら”. ステージナタリー. (2016年6月29日). http://natalie.mu/stage/news/192672 2016年6月30日閲覧。 
  128. ^ “吉岡里帆、地元関西でコメディ舞台”. Lmaga.jp (京阪神エルマガジン社). (2016年11月23日). https://www.lmaga.jp/news/2016/11/17662/ 2016年11月23日閲覧。 
  129. ^ ふたりの娘”. FMシアター. NHK (2015年12月14日). 2015年12月14日閲覧。
  130. ^ 2016-2017ゼクシィCMサイト 〜ふたりの法則”. ゼクシィ (2016年5月19日). 2016年5月20日閲覧。
  131. ^ “吉田 羊さん・吉岡 里帆さんを起用した新テレビCMを放映開始!” (プレスリリース), JXエネルギー, (2016年10月5日), オリジナルの2016年10月9日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20161009112327/http://www.noe.jx-group.co.jp/newsrelease/2016/20161005_01_1150234.html 2017年2月4日閲覧。 
  132. ^ “いま、人気急上昇中の女優・吉岡里帆さんの新CMが公開 ピュアな吉岡さんの“色々”な表情と美しい色素材の融合に注目! 〜DIC企業ブランドCM「今日は何色?」篇 30秒 2016年10月5日(水)より放送開始〜” (プレスリリース), DIC株式会社, (2016年10月5日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000021806.html 2017年2月4日閲覧。 
  133. ^ “DIC 企業ブランド新CM「いろどりの詩(うた)」篇 2017年10月4日より放送開始” (プレスリリース), DIC株式会社, (2017年10月4日), http://www.dic-global.com/ja/release/2017/20171004_01.html 2018年6月30日閲覧。 
  134. ^ DICグループのブランディング”. DIC株式会社. 2018年5月23日閲覧。
  135. ^ “吉岡里帆さんが、口内炎が痛くて食べられない葛藤を好演 / 口内炎治療薬ブランド「トラフル®」TV-CM3篇を順次放映開始” (プレスリリース), 第一三共ヘルスケア, (2016年11月17日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000005551.html 2016年11月18日閲覧。 
  136. ^ スマホアプリ「実況パワフルプロ野球」のTVCMが公開されました!”. パワプロ通信. コナミデジタルエンタテインメント (2016年12月13日). 2016年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月15日閲覧。
  137. ^ “UR賃貸住宅 新TV-CM2016年12月16日(金)より全国放映開始〜人気急上昇中の女優・吉岡里帆さんを起用し、UR賃貸住宅の魅力を訴求〜” (PDF) (プレスリリース), 独立行政法人 都市開発機構, (2016年12月16日), http://www.ur-net.go.jp/press/h28/ur2016press_1216_cm.pdf 2017年2月4日閲覧。 
  138. ^ “今注目の女優 吉岡里帆さんを起用!「ツケ払い」 のテレビCM第2弾を放送開始” (プレスリリース), 株式会社スタートトゥデイ, (2017年3月17日), https://www.starttoday.jp/news/20170317-1593/ 2017年3月17日閲覧。 
  139. ^ 綾鷹 にごりほのか「ほのか先生 ていねい」篇 TVCMメイキングレポート”. 日本コカ・コーラ. 2018年3月2日閲覧。
  140. ^ “「綾鷹 茶葉のあまみ」 2月26日(月)発売” (プレスリリース), コカ・コーラシステム, (2018年2月26日), https://www.cocacola.co.jp/press-center/news-20180226-11-01 2018年3月2日閲覧。 
  141. ^ 綾鷹が、ほうじ茶を作るとどうなる?”. 日本コカ・コーラ (2018年6月18日). 2018年6月25日閲覧。
  142. ^ “吉岡里帆、京都市長からの任命証に「おおきに!」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年2月4日). https://thetv.jp/news/detail/99405/ 2017年2月4日閲覧。 
  143. ^ 日清のどん兵衛「どんぎつね 篇」”. 日清食品グループ. 2017年5月19日閲覧。
  144. ^ 日清のどん兵衛「どんぎつね出てきません 篇」”. 日清食品グループ. 2017年5月19日閲覧。
  145. ^ “吉岡里帆:初の化粧品CMに「うれしい」 “泡チュー”ポーズ披露”. 毎日キレイ (株式会社MANTAN). (2017年7月20日). http://mainichikirei.jp/article/20170720dog00m100000000c.html 2017年7月20日閲覧。 
  146. ^ “吉岡里帆がセリフなしの「表情」だけですべてを語る!魅せる! 新動画『ボクはKEANA』” (プレスリリース), 資生堂, (2018年11月21日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001292.000005794.html 2018年12月10日閲覧。 
  147. ^ “吉岡里帆、5人のOLに変身!コミカルな日常を演じる”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年9月1日). https://thetv.jp/news/detail/119839/ 2017年9月1日閲覧。 
  148. ^ オリコン株式会社 (2017年9月25日). “吉岡里帆出演の話題のCM、制作者に狙いを聞いてみた”. ORICON NEWS. https://www.oricon.co.jp/article/305147/ 2018年5月23日閲覧。 
  149. ^ “吉岡里帆:「後輩にプレゼントしたい」 腕時計ブランドのイメージキャラクターに就任”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年2月21日). https://mantan-web.jp/article/20180221dog00m200005000c.html 2018年2月21日閲覧。 
  150. ^ 「勘違い」篇:ミラ トコット”. ダイハツ工業. テレビCMを見る. 2018年6月25日閲覧。
  151. ^ ダイハツ新型「ミラトコット」CMに吉岡里帆さんが「おとなまる子」としてCM出演!!”. ちびまる子ちゃん オフィシャルサイト (2018年6月26日). 2018年6月30日閲覧。
  152. ^ “コンタクトユーザーのつらい悩みに応える ロートCキューブプレミアム シリーズ誕生” (プレスリリース), ロート製薬, (2019年3月22日), https://www.rohto.co.jp/news/release/2019/0322_01/ 2019年7月26日閲覧。 
  153. ^ “アールイズ・ウエディング、吉岡里帆さんを起用した初のTVCMがスタート” (プレスリリース), グッドラック・コーポレーション, (2019年8月1日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000033223.html 2019年8月3日閲覧。 
  154. ^ “吉岡里帆、赤色のゴージャスなドレス姿で登場 音声ガイドに初挑戦”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年5月27日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190527/geo19052715450024-n1.html 2019年5月27日閲覧。 
  155. ^ “吉岡里帆が1台のバスに乗って走破した前代未聞の「ロードトリップ」ーーこれは反則!と悶絶するファンが続出!?”. 週プレNEWS (集英社). (2018年5月7日). http://wpb.shueisha.co.jp/2018/05/07/104354/ 2018年5月7日閲覧。 
  156. ^ 吉岡里帆 写真集【公式】 (riho_book) - Instagram
  157. ^ “創刊52年の歴史の中でも初めて!吉岡里帆が週刊プレイボーイをジャック!”. エンタメステーション (ソニー・ミュージックエンタテインメント). (2018年7月14日). https://entertainmentstation.jp/news/248727 2019年5月3日閲覧。 
  158. ^ 小山美咲 (2017年7月19日). “濡れる吉岡里帆が美しすぎ…フォトブックが発売”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0093060 2018年11月4日閲覧。 
  159. ^ “「音量を上げろタコ!」コンピ詳細発表、ジャケに叫ぶ阿部サダヲ&吉岡里帆”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年9月9日). https://natalie.mu/music/news/298906 2018年12月10日閲覧。 


「吉岡里帆」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「吉岡里帆」の関連用語

吉岡里帆のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



吉岡里帆のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの吉岡里帆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS