橋本愛_(1996年生)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 橋本愛_(1996年生)の意味・解説 

橋本愛 (1996年生)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/02 07:40 UTC 版)

橋本 愛(はしもと あい、1996年1月12日 - )は、日本女優、元ファッションモデル




注釈

  1. ^ 2009年さぬき映画祭で初上映・グランプリ受賞。2010年8月21日 - 22日、シネマート六本木上映。
  2. ^ 熊本県のPR映画。
  3. ^ 映画「大人ドロップ」スピンオフ作品。
  4. ^ ミニアルバムジャケット写真のみの出演。

出典

  1. ^ a b コトバンク 橋本愛”. 2016年2月7日閲覧。
  2. ^ AFRO FUKUOKA 「VOICE」vol.41 橋本愛” (2012年12月1日). 2016年2月7日閲覧。
  3. ^ a b c d 星原克也「女優魂 橋本愛 14歳飛躍の幕開け」、『熊本日日新聞』(熊本日日新聞社)2011年1月1日、新年号第2部。
  4. ^ a b c 阿川佐和子のこの人に会いたい 第1048回」『週刊文春文藝春秋 2015年1月1日・8日 新春特大号(2014年12月25日発売号) p.194-198
  5. ^ 橋本 愛. 美少女Interview vol.7 「橋本 愛」. インタビュアー:高倉文紀. Next CM Girls.. オリジナルの2013-05-23時点によるアーカイブ。. http://archive.is/o5YoO 2013年4月27日閲覧。 
  6. ^ グランプリは高良光莉、特別賞は桃瀬美咲である。
  7. ^ 最年少は13歳!セブンティーンモデル2009が決定”. ウォーカープラス. 角川マガジンズ (2009年8月18日). 2013年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月27日閲覧。
  8. ^ a b “橋本愛が“美少女”貞子役「すみません私で…みたいな」”. スポーツニッポン. (2012年5月11日). オリジナルの2013年5月24日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/sdXqT 2013年4月27日閲覧。 
  9. ^ a b “橋本愛、声優に初挑戦…映画「劇場版 BLOOD―C―」”. スポーツ報知. (2012年3月9日). オリジナルの2012年3月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120309021420/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120308-OHT1T00288.htm 2012年5月11日閲覧。 
  10. ^ 2012年 第86回キネマ旬報ベスト・テン結果発表”. キネマ旬報社. 2013年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月27日閲覧。
  11. ^ モデルプレス (2014年5月2日). “橋本愛、4年半活躍の「Seventeen」卒業 「正直怖かった」本音告白”. 2014年5月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年5月17日閲覧。
  12. ^ cinemacafe.net (2015年2月15日). “橋本愛、ベルリン映画祭に艶やか着物で出席! “独語”で挨拶”. 2015年3月15日閲覧。
  13. ^ 橋本愛「西郷どん」で大河デビュー 西郷隆盛の最初の妻役「不吉な嫁」”. スポーツ報知 (2018年1月30日). 2018年2月22日閲覧。
  14. ^ “橋本愛×門脇麦×成田凌「ここは退屈迎えに来て」バンクーバー映画祭に出品決定!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年9月12日). https://eiga.com/news/20180912/1/ 2018年9月13日閲覧。 
  15. ^ “橋本愛、バドミントン経験を生かせず「不完全燃焼」と悔し顔”. 映画.com. (2012年7月29日). オリジナルの2013年5月24日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/PLXOR 
  16. ^ a b 橋本愛インタビュー『どういう女優になっていくかは考えていない』”. ORICON NEWS (2016年10月20日). 2018年2月22日閲覧。
  17. ^ インタビュー:橋本 愛「どこにもいないから、自分を探すというか、作ってる」”. ライブドアニュース (2013年6月14日). 2018年2月22日閲覧。
  18. ^ 橋本愛、ミステリアスな服に「UFO呼べそう」 - 牛にはしゃぐ一面も”. マイナビニュース (2017年5月27日). 2018年2月22日閲覧。
  19. ^ 『美しい星』リリー・フランキー&橋本愛 単独インタビュー”. シネマトゥデイ (2017年5月18日). 2018年2月22日閲覧。
  20. ^ “橋本愛と出かける、刺激いっぱいのニューヨーク旅。”. VOGUE GIRL. https://voguegirl.jp/feature/ai_nydiary 2018年2月22日閲覧。 
  21. ^ 第4回TAMA映画賞 受賞作品・受賞者発表!!”. TAMA CINEMA FORUM. 2014年1月22日閲覧。
  22. ^ 第34回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞を受賞しました”. ソニー・ミュージックアーティスツ. 2014年1月22日閲覧。
  23. ^ 2012年 第86回キネマ旬報ベスト・テン結果発表”. キネマ旬報社. 2014年1月22日閲覧。
  24. ^ 第36回日本アカデミー賞優秀作品”. 日本アカデミー賞協会. 2014年1月22日閲覧。
  25. ^ 第17回(2012年)日本インターネット映画大賞結果”. 日本インターネット映画大賞運営委員会. 2014年1月22日閲覧。
  26. ^ 第4回日本シアタースタッフ映画祭in成城 受賞者発表”. 日本シアタースタッフ映画祭. 2014年1月22日閲覧。
  27. ^ エランドール賞歴代受賞者一覧”. 一般社団法人 日本映画テレビプロデューサー協会. 2014年1月21日閲覧。
  28. ^ 映画.com (2013年10月7日). “人気沸騰中の実力派・池松壮亮「大人ドロップ」に主演!ヒロインは橋本愛”. 2013年10月7日閲覧。
  29. ^ オリコンスタイル (2013年8月7日). “中島哲也監督『告白』以来3年ぶり新作『渇き。』製作決定 役所広司、橋本愛、中谷美紀ら出演”. 2013年8月24日閲覧。
  30. ^ コミックナタリー (2014年1月19日). “五十嵐大介「リトル・フォレスト」映画化、主演は橋本愛”. 2014年1月19日閲覧。
  31. ^ cinemacafe.net (2014年8月27日). “橋本愛の愛たっぷり“ひと手間”料理に注目! 映画『リトル・フォレスト』”. 2014年8月31日閲覧。
  32. ^ CINRA.NET (2013年11月20日). “岩明均『寄生獣』が2部作で実写映画化、キャストに染谷将太、深津絵里、橋本愛”. 2013年11月20日閲覧。
  33. ^ CINRA.NET (2014年8月25日). “橋本愛と蒼波純がW主演、大森靖子×松居大悟監督の映画『ワンダフルワールドエンド』”. 2014年8月31日閲覧。
    映画.com (2014年10月25日). “橋本愛×蒼波純のゴスロリ風衣装 「ワンダフルワールドエンド」ポスター&予告編完成!”. 2014年10月28日閲覧。
  34. ^ 竹内結子“怖すぎるホラー”で橋本愛と初共演!中村義洋監督とは5度目のタッグ”. 映画.com (2015年6月20日). 2015年6月20日閲覧。
  35. ^ リリー・フランキー主演「シェル・コレクター」、場面写真に離島で橋本愛と並ぶ姿”. 映画ナタリー (2015年11月6日). 2015年11月6日閲覧。
  36. ^ “橋本愛&高良健吾、行定勲監督の熊本PR映画「うつくしいひと」に出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年11月2日). http://natalie.mu/eiga/news/164554 2015年11月2日閲覧。 
  37. ^ 橋本愛主演作「バースデーカード」10月公開、宮崎あおいと母娘役で初共演”. 映画ナタリー (2016年2月16日). 2016年2月16日閲覧。
  38. ^ “松雪泰子が橋本愛と成海璃子の母親演じる「古都」、川端康成の小説を現代にアレンジ”. 映画ナタリー. (2016年6月15日). http://natalie.mu/eiga/news/190894 2016年6月15日閲覧。 
  39. ^ “橋本愛、永野芽郁、染谷将太が瀬田なつき監督作「PARKS」に出演”. 映画ナタリー. (2016年12月8日). http://natalie.mu/eiga/news/212366 2016年12月8日閲覧。 
  40. ^ “吉田大八、三島由紀夫「美しい星」を大胆脚色で映画化!リリー×亀梨×橋本愛が宇宙人に”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年3月1日). http://eiga.com/news/20160301/2/ 2016年3月1日閲覧。 
  41. ^ “橋本愛、門脇麦、成田凌 金メダル級新世代スターで人気小説映画化”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年2月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/20/kiji/20180219s00041000320000c.html 2018年2月20日閲覧。 
  42. ^ “橋本愛、地元・熊本の遊園地が舞台「オズランド」に凱旋出演!夢と笑顔与えるクルーに”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年5月9日). http://eiga.com/news/20180509/6/ 2018年5月9日閲覧。 
  43. ^ “橋本愛が山戸結希プロデュース「21世紀の女の子」で松本花奈とタッグ”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年9月21日). https://natalie.mu/eiga/news/300476 2018年10月3日閲覧。 
  44. ^ オリコンスタイル (2013年8月19日). “橋本愛、数学で難事件を解決! NHKで連ドラ初主演 相手役は高良健吾”. 2013年8月24日閲覧。
  45. ^ AOI Pro.お知らせ (2014年1月10日). “NHK Eテレ 企画オーディション番組『青山ワンセグ開発』でドラマ『ねんりき!北石器山高校超能力研究部』が放送されます!”. 2014年1月24日閲覧。
  46. ^ “橋本愛「西郷どん」で大河デビュー 西郷隆盛の最初の妻役「不吉な嫁」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年1月30日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180129-OHT1T50254.html 2018年1月30日閲覧。 
  47. ^ 《2019年大河ドラマ》出演者発表 第2弾!ビートたけしが “落語の神様” 役でナビゲート! いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~”. NHKオンライン. NHK (2017年11月29日). 2018年7月25日閲覧。
  48. ^ “橋本愛、テレ朝ドラマ初出演 『dele』物語に「一目惚れした」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年7月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2116115/full/ 2018年7月25日閲覧。 
  49. ^ “橋本愛、5年半ぶり連ドラ主演…41歳上の教授に恋する23歳大学院生役”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年5月9日). https://hochi.news/articles/20190508-OHT1T50303.html 2019年5月9日閲覧。 
  50. ^ “橋本愛、民放連ドラ5年ぶり出演 高畑充希の“同期”役「勇気を持って演じたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年8月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2142747/full/ 2019年8月22日閲覧。 
  51. ^ ひかりTV. “ひかりTVオリジナルドラマ 24時間女優-待つ女-”. 2014年3月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月19日閲覧。
  52. ^ dwango.jp news (2013年9月24日). “あまちゃん女優 橋本愛がラジオ卒業”. 2013年10月13日閲覧。
  53. ^ “CM動画 贅沢微糖 BOSS(ボス) サントリー” (プレスリリース), BOSS贅沢微糖, オリジナルの2014年2月23日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140223041106/http://www.suntory.co.jp/softdrink/boss/bitou/cm.html 
  54. ^ “最新テレビコマーシャルを9月29日(土)から放映開始” (プレスリリース), 東京ガス, (2012年9月28日), オリジナルの2013年5月24日時点によるアーカイブ。, http://archive.is/RRhQf 2013年4月27日閲覧。 
  55. ^ 財経新聞 (2014年4月2日). “トヨタ、松田翔太さん&橋本愛さん出演の「スペイド Jack」CMを放映開始”. 2014年4月4日閲覧。
  56. ^ “「キミの本気をはじめよう。瞳にニューコン!」ウェブサイトオープン” (プレスリリース), ジョンソン・エンド・ジョンソン, (2012年7月10日), オリジナルの2013年5月24日時点によるアーカイブ。, http://archive.is/4FW2V 2013年4月27日閲覧。 
    “「キミの本気に はじめてのコンタクト 瞳にニューコン!アキュビュー」” (プレスリリース), ジョンソン・エンド・ジョンソン, (2013年3月21日), オリジナルの2013年5月24日時点によるアーカイブ。, http://archive.is/F5hEg 2013年4月27日閲覧。 
  57. ^ “As I am starring Ai Hashimoto” (プレスリリース), JOURNAL STANDARD, (2018年3月27日), http://journal-standard.jp/ladys/news/js-ladys/new/2018/03/27/5274/ 2018年4月15日閲覧。 
  58. ^ CDJournal (2013年8月5日). “橋本 愛出演、Base Ball Bear 「senkou_hanabi」ミュージック・ビデオ公開!”. 2013年11月20日閲覧。
  59. ^ CINRA.NET (2013年12月10日). “大森靖子の新アルバム『絶対少女』から橋本愛、蒼波純ら出演のPV公開、監督は松居大悟”. 2014年1月24日閲覧。
  60. ^ ナタリー (2013年12月24日). “大森靖子「君と映画」PVに橋本愛&蒼波純が再び登場”. 2014年1月24日閲覧。
  61. ^ ナタリー (2014年4月24日). “モーモールルギャバン新作ジャケに“ファン”橋本愛登場”. 2014年5月17日閲覧。


「橋本愛 (1996年生)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「橋本愛_(1996年生)」の関連用語

橋本愛_(1996年生)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



橋本愛_(1996年生)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの橋本愛 (1996年生) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS