北乃きいとは?

北乃 きい

北乃きいの画像 北乃きいの画像
芸名北乃 きい
芸名フリガナきたの きい
性別女性
生年月日1991/3/15
星座うお座
干支未年
血液型O
出身地神奈川県
身長158 cm
URLhttp://www.web-foster.com/pc/artists/Kitano/Kie
ブログURLhttp://ameblo.jp/kie-kitano/
プロフィール1991年3月15日生まれ神奈川県出身女優2005年ミスマガジンにてグランプリBS-i賞を受賞また、2007年には、映画「幸福な食卓」にて第31回日本アカデミー賞新人俳優賞・第29ヨコハマ映画祭最優秀新人賞受賞。その他、主な出演作は、映画『僕は友達が少ない』『爆心 長崎の空』『上京ものがたり』、フジテレビライフ』、dTV銀魂-ミツバ篇-』、舞台サイケデリック・ペイン』など多数
代表作品1年2007
代表作品1映画『幸福な食卓主演
代表作品2年2018
代表作品2舞台人形の家
代表作品3年2018
代表作品3舞台心臓濡れる』
職種俳優女優タレント

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
神奈川県出身のタレント  北乃きい  寉岡萌希  EMI  桐島かれん  岩堀せり  清水佐紀

北乃きい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/24 06:17 UTC 版)

北乃 きい(きたの きい[4]1991年3月15日[3][4] - )は、日本女優神奈川県横須賀市出身[1][2]フォスタープラス所属。一時期は歌手も務めていた。




注釈

  1. ^ 池田光咲三浦萌高橋和美福永真梨佳奥谷侑加が同期であった。
  2. ^ 堀北は『野ブタ。をプロデュース』、新垣は『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』への出演が主な選考事由である。
  3. ^ 通っていた中学は横須賀市立不入斗中学校(『BOMB』(学研パブリッシング)2008年3月号 p.131 - 138「北乃きい 巻頭大特集 PART2」の中で「山口百恵と同じ中学」と掲載されている。山口百恵#略歴の節も参照。)
  4. ^ きたのきい to スネオヘアー名義。スネオヘアーとのコラボレーション・シングル。
  5. ^ アナログレコードサイズ・特殊パッケージ。ピクチャーレーベル仕様。B2ポスター(両面)、レコード立て付き。
  6. ^ 当CMで共演の勝地涼は、映画『幸福な食卓』でも共演した。

出典

  1. ^ a b “北乃きい、水着撮影のエピソード語る”. model press. (2013年3月25日). http://mdpr.jp/cinema/detail/1232559 2016年9月19日閲覧。 本人発言「13歳のときに横須賀から1人で上京してきたとき、大変な経験をたくさんしました」参照
  2. ^ a b 北乃きいさん プロフィール”. THE NEW CLASSIC (2015年8月12日). 2016年9月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e 北乃きい kitano kie”. avex music create. 2016年9月19日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 北乃きい キタノキイ - 日本タレント名鑑”. VIP Times Inc.. 2016年9月19日閲覧。
  5. ^ 7年ぶり復活!斉藤由貴、倉科カナ、清水富美加ら歴代ミスマガジン集めてみた”. デイリー (2017年12月11日). 2020年10月26日閲覧。
  6. ^ 北乃きいドラマ撮影中に右足首靭帯損傷…痛み止めで撮影臨む”. 芸能ニュースラウンジ. 芸能ニュースラウンジ (2012年5月25日). 2021年3月23日閲覧。
  7. ^ 洗濯三回まわし”. オフィシャルブログ「チイサナKieのモノガタリ」 (2012年6月6日). 2014年2月9日閲覧。
  8. ^ 北乃きい 今秋から日テレ「ZIP!」総合司会、関根麻里の後任 スポーツニッポン 2014年8月19日配信、同日閲覧
  9. ^ 北乃きい、日本人初の「ミラノ国際映画祭」助演女優賞にノミネート”. SANSPO.COM (2015年5月5日). 2015年5月5日閲覧。
  10. ^ 北乃きいが「ZIP!」卒業 「ありがとうございました」と周囲に感謝”. ORICON.CO.JP (2016年9月30日). 2016年9月30日閲覧。
  11. ^ a b “北乃きい、14年目の進化!舞台初主演でいきなり世界的名作に挑戦”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年12月11日). http://www.sanspo.com/geino/news/20171211/geo17121105050002-n1.html 2017年12月11日閲覧。 
  12. ^ “北乃きい、11人きょうだいだった! 1月に30歳下の妹が誕生、母子と間違われることも”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年3月21日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/03/21/kiji/20210321s00041000564000c.html 2021年3月22日閲覧。 
  13. ^ 「B.L.T総研 第3回 卒業世代を徹底検証」『B.L.T.』2013年4月号、東京ニュース通信社、2013年2月、 42頁。
  14. ^ なかまなかまなかまなかま”. オフィシャルブログ「チイサナKieのモノガタリ」 (2010年3月15日). 2014年2月9日閲覧。
  15. ^ 3月15日サクラサク季節に - 2010年3月16日 菊地亜美オフィシャルブログ「アミノ酸ブログ」[リンク切れ]
  16. ^ a b 「北乃きい」『BOMB』、学研パブリッシング、2008年3月、 131 - 138頁、2017年4月3日閲覧。
  17. ^ ドラマ記者会見レポート『ライフ』[リンク切れ] - Gガイド 2007年
  18. ^ “北乃きい「中学でいじめられた」…「ライフ」制作発表で告白”. サンケイスポーツ. (2007年6月22日). オリジナルの2008年2月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080215211832/http://www.sanspo.com/geino/idol/ka/kitano_kie/20070622.html 2014年2月9日閲覧。 
  19. ^ 北乃きい「ZIP!」9月卒業…2時半起床2年、相談相手はイノッチだった,スポーツ報知,2016年7月30日
  20. ^ 「ブアカーオ選手が好き!」“格闘技ヲタク”北乃きいが理想の男性像明かす”. オリコンスタイル. オリコン (2012年3月12日). 2014年2月9日閲覧。
  21. ^ a b 北乃きい:野球好きでも選手との恋は「興味なしす”. MANTAN WEB. MANTAN (2008年7月29日). 2014年2月9日閲覧。
  22. ^ サンケイスポーツ2013年8月22日 木曜映画劇場 笹やんのええやン 「上京ものがたり」 22歳・北乃きいセーラー服姿に萌え~!?
  23. ^ “北乃きい、番組で明かした収集癖にファン興奮 「エロい」「変態すぎる」”. しらべぇ. (2019年7月18日). https://sirabee.com/2019/07/18/20162120464/ 2019年7月19日閲覧。 
  24. ^ “北乃きいの“ゲーム機愛”、見て楽しみニオイ嗅ぐ”. Narinari.com. (2019年7月18日). https://www.narinari.com/Nd/20190755520.html 2019年7月19日閲覧。 
  25. ^ “北乃きい、ゲームはプレイするより「匂いを嗅ぐ」派!?異常な趣味にスタジオ悲鳴”. RBB TODAY. (2019年7月18日). https://www.rbbtoday.com/article/2019/07/18/171501.html 2019年7月19日閲覧。 
  26. ^ 北乃きい、ゲーム機“つまみ”に「お酒飲めます」”. ナリナリドットコム (2019年9月23日). 2020年8月2日閲覧。
  27. ^ https://news.yahoo.co.jp/articles/d109a49cab3b331342966a337e35f69a35012c5d?page=1
  28. ^ 日本放送協会. “2019年度前期 連続テレビ小説「なつぞら」新たな出演者が決定!” (日本語). ドラマトピックス. 2019年1月7日閲覧。
  29. ^ 舘ひろし“上司役”徳重聡を讃える「よくやっている」”. ORICON STYLE (2016年2月16日). 2016年2月16日閲覧。
  30. ^ “北乃きい『ZIP!』卒業後初のドラマ出演 半年間の沈黙破り“大人の女”に”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年3月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2088201/full/ 2017年3月28日閲覧。 
  31. ^ “沢村一樹主演、アガサ・クリスティ『予告殺人』キャスト発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年3月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2131987/full/ 2019年3月21日閲覧。 
  32. ^ “吉沢悠&市原隼人、伴走者とブラインドランナー役で初共演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年1月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2153477/full/ 2020年4月13日閲覧。 
  33. ^ 「青春高校3年C組」日比野芽奈、初主演ドラマで感じた苦悩と成長 演技に圧倒された生徒も明かす「鳥肌が立ちました」<「あなた犯人じゃありません」インタビュー>”. モデルプレス (2021年1月7日). 2021年1月10日閲覧。
  34. ^ 映画 『コドモ警察』 公式ホームページ
  35. ^ 北乃きい、原爆をテーマにした映画『爆心』で新境地!「わたしは明るいままでいいのかな」と自問自答したことを明かす! - シネマトゥデイ。2012年3月6日(2013年1月30日閲覧)
  36. ^ “西原理恵子「上京ものがたり」実写映画化、主演は北乃きい”. マイナビニュース (マイナビ). (2013年3月22日). https://news.mynavi.jp/article/20130322-a211/ 2019年8月18日閲覧。 
  37. ^ 横浜ブルク13で映画「ヨコハマ物語」封切り-人間再生がテーマ - ヨコハマ経済新聞 2013年11月18日(2013年11月20日閲覧)
  38. ^ “北乃きい×本郷奏多のダブル主演作「戦国ガールと剣道ボーイ」大分で撮影開始”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年8月17日). https://natalie.mu/eiga/news/343929 2019年8月18日閲覧。 
  39. ^ 実写ドラマ版「銀魂」はミツバ篇!ヒロイン役は北乃きい”. シネマトゥデイ (2017年6月8日). 2017年6月20日閲覧。
  40. ^ “北乃きい&柄本時生W主演 劇団た組。の舞台『心臓が濡れる』7月上演”. CINRA.NET. (2018年3月19日). https://www.cinra.net/news/20180320-shinzouganureru 2018年3月21日閲覧。 
  41. ^ 第16回目公演『心臓が濡れる』”. 劇団た組。. 2020年4月7日閲覧。
  42. ^ 戯曲リーディング 『イザ ぼくの運命のひと / PICTURES OF YOUR TRUE LOVE』”. 世田谷パブリックシアター. 2020年4月8日閲覧。
  43. ^ “薮宏太主演、ミュージカル「ハル」追加キャストに北乃きい・七五三掛龍也ら”. ナタリー (ナターシャ). (2018年12月28日). https://natalie.mu/stage/news/314157 2020年4月10日閲覧。 
  44. ^ “北乃きい、「ウエスト・サイド・ストーリー」初挑戦 主人公トニー役は宮野&蒼井”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年6月26日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190626/geo19062605030003-n1.html 2019年6月26日閲覧。 
  45. ^ “方南ぐみ企画 朗読劇「青空」石倉三郎、北乃きい、近藤芳正、中島早貴よりコメント到着!”. ローチケ演劇宣言! (ローチケ演劇宣言!). (2020年1月12日). https://engekisengen.com/genre/play/20525/ 2020年4月13日閲覧。 


「北乃きい」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「北乃きい」の関連用語

北乃きいのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



北乃きいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2021 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北乃きい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS