ヒルナンデス!とは?

ヒルナンデス!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/07 05:59 UTC 版)

ヒルナンデス!』(英称:Hirunandesu! )は、2011年平成23年)3月28日から日本テレビ系列で、月曜日から金曜日の11:55 - 13:55(JST)に生放送されている情報バラエティ番組である[2]ハイビジョン制作。




注釈

  1. ^ 日本テレビでのレギュラー番組は『シャル・ウィ・ダンス?』(2006年4月 - 2007年3月)以来4年ぶりである。
  2. ^ 2012年8月6日 - 8月10日、2013年8月5日 - 8月9日、2014年8月4日 - 8月8日、2015年8月3日 - 8月7日、2016年8月8日 - 12日、2017年7月24日 - 28日、2018年7月30日 - 8月3日は夏休みのため、曜日MC(曜日レギュラー)が代理でメインMCを務めた。
  3. ^ a b c d 2016年3月までは曜日MC。
  4. ^ a b 2012年4月より加入。
  5. ^ a b c d 2014年4月より加入。
  6. ^ a b 2017年4月より加入。
  7. ^ 2017年4月 - 2018年9月は水曜レギュラー。同年10月より火曜に移動。
  8. ^ 2011年10月より加入。
  9. ^ 日本テレビでのレギュラー番組は『ピカイチ』(1999年10月 - 2001年9月)以来9年半ぶりである。
  10. ^ a b c DON!』から継続して出演。
  11. ^ 2013年4月 - 2017年3月は水曜レギュラー。同年4月より木曜に移動。
  12. ^ a b 2016年4月から2017年3月までは木曜隔週レギュラー。同年4月より毎週出演。
  13. ^ 隔週時代は桐山が単独で出演し、中間と友近が桐山が出演しない日に出演し、友近とスタジオで共演する時もあった。その場合は中間が出演しない。2016年度後期からは友近との共演が多くなった。
  14. ^ 2017年3月24日までは友近と共に出演し、スタジオで桐山との共演は原則無かった。ただし、中間が単独でスタジオ出演する時もあり、2016年度後期からは単独での出演が多くなっていた。
  15. ^ 所属するWAHAHA本舗の舞台稽古や公演のために欠席することがある。
  16. ^ 2016年3月まではスペシャルレギュラー。
  17. ^ 番組開始から2012年3月までは水曜隔週レギュラー。2012年4月から2013年3月までは金曜隔週レギュラー。同年4月より毎週出演。ただしそれ以後も回によっては出演しない時もある。
  18. ^ 2015年10月から2016年3月までは金曜隔週レギュラー。同年4月より毎週出演。
  19. ^ 2017年1月から3月までは火曜VTR企画「メイプル超合金の突撃!ギリギリアンケート」を担当。
  20. ^ 2016年4月より加入。
  21. ^ 中間と共に出演し、スタジオで桐山との共演は原則ない。ただし回によっては桐山とスタジオで共演する時もある。ただし、2016年度後期はスタジオでは桐山との共演が多く、中間との共演はしなくなっていた。
  22. ^ 2018年1月17日より担当。
  23. ^ a b 2018年10月より加入。隔週で担当。『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ制作)も兼務。
  24. ^ 番組開始より出演予定だったが、肺結核感染による療養のため、休養中は「ハーフ枠」としてユージ、ラルフ鈴木(日本テレビアナウンサー)、SHELLY、葉山エレーヌ、日本テレビアナウンサー)、LiLiCoがローテーションで代理出演していた。2011年6月28日放送回で復帰後初のVTR出演を果たし、翌週の7月5日よりスタジオに出演していた。番組卒業後も火曜VTR企画「JOYの激安調査隊ナンデス」「JOYの路線バスすごろく旅」を担当していた。
  25. ^ 自身の不倫報道の影響で2013年5月24日・31日は体調不良により出演を見送っていたが、そのまま降板となった。
  26. ^ a b おもいッきりDON!』及び『DON!』から継続して出演。
  27. ^ 2014年4月からは同時間帯の『バイキング』に金曜日レギュラーとして出演している。
  28. ^ a b 2017年4月以降はVTR企画のレギュラーとして出演。
  29. ^ a b 卒業後は金曜VTR企画「東海道レッツ五十三次 新名物探し」のみを2018年9月まで担当。
  30. ^ テレビ朝日系列(サブ)とのクロスネット局だが、ANNの一部番組供給部門には非加盟。NNS単独加盟時代から当枠は日テレの番組を放送。
  31. ^ どさんこワイドひる』内で約30秒 - 1分程度のダイジェスト版として放送。
  32. ^ 野島→2012年1月6日 - 2017年5月31日は毎曜日担当。
  33. ^ 2012年10月4日 - 2013年9月27日まで内田和久二と表示していた。
  34. ^ 木曜のみ。
  35. ^ 2011年5月のみ、エンディングテーマ曲に砂川恵理歌「一粒の種〜合唱〜」(よしもとアール・アンド・シー)が使われていた。
  36. ^ 「フェルナンデスくんが行く!」のコーナー内ではフェルナンデスくん1号からもらったシシケバブ1本(後程キャラクターグッズも追加)で請け負ったことになっている。
  37. ^ この手法は、以前深夜番組の『WIN』でも用いられた手法である。
  38. ^ 1号のファンだというトヨタ自動車の社員らが主催する自社のイベントで初登場。当初の呼称は「巨大フェルナンデスくん1号人形」だった。
  39. ^ これにもシリアルナンバーが入っているが、番号は4号からとなっている。
  40. ^ 本番組内でニュースコーナーが設けられるまでは、『NNNストレイトニュース』と『情報ライブ ミヤネ屋』内の最新ニュースの間、約3時間(日本テレビ系列局での)ニュースの時間が無かった。また、ニュースコーナーが設けられた事により、「フェルナンデスくんが行く!」は短縮、「トークナンデス!」は廃止された。
  41. ^ 同年7月21日8月14日放送分ではゲストとして出演した。
  42. ^ この回は曜日編成の関係でレギュラー放送非ネット局のテレビ大分でも同時ネットで放送された。
  43. ^ 後続の『ミヤネ屋新春SP梅沢富美男の大豪邸で大暴露祭り!ミヤトーク!』(読売テレビ制作、通常放送とは別枠での放送)の開始時刻が通常放送に比べ5分早く、事前収録による1時間枠で放送したことにより、通常放送より5分早終了となっている。
  44. ^ 曜日MCを務めたレギュラーが卒業したのは村上が唯一である。
  45. ^ この回も曜日編成の関係でレギュラー放送非ネット局のテレビ大分でも同時ネットで放送された。
  46. ^ 長友佑都との結婚およびそれに伴い日本を離れる事から。当日はそれを記念して「おめでとう愛梨ちゃん!卒業SP」が放送された。
  47. ^ このときテロップは13:30頃のニュースコーナーのテロップは使われず、NNN系列緊急放送時のテロップが使われた。

出典

  1. ^ 曜日企画によっては実際される場合もある。そして、7daysTVなど、日本テレビ系のキャンペーンを実施している場合は1週間(月〜金)の全日帯実施される。
  2. ^ a b 日テレ、昼帯の新MCは南原清隆と新人・水ト麻美アナ 〜同枠45年ぶりにバラエティ復活
  3. ^ 開始以来「ヒルナンデス!」に初勝利! - スポニチ、2016-8-15
  4. ^ バイキングが初勝利、ヒルナンデスに「ファミリー感なくなった」と厳しい声 - 日刊大衆、2016-8-18
  5. ^ 番組最高8・1%!祝日&雨効果? - スポニチ、2018-3-22
  6. ^ 視聴率は7・6% 同時間帯トップ - 報知、2018-6-18
  7. ^ 『バイキング』初の週平均民放トップ! ドン・ファン妻直撃で高視聴率 - マイナビニュース、2018-6-19
  8. ^ ドン・ファン妻が単独告白の「バイキング」高視聴率 - デイリースポーツ、2018-6-18
  9. ^ フジ「バイキング」週間平均視聴率 2週連続で民放横並びトップ ,スポーツニッポン,2018年6月25日
  10. ^ 恵俊彰『ひるおび!』帝国が崩壊危機! 6年連続視聴率首位も、坂上忍のフジ『バイキング』が猛追中!,日刊サイゾー,2018年7月1日
  11. ^ フジ『バイキング』番組史上初、月間平均視聴率で民放横並び2位,ОRICON STYLE,2018年7月1日
  12. ^ 『ワイド!スクランブル』橋本氏が降板 今振り返る「昼番組」の戦国史,リアルライブ,2018年7月16日
  13. ^ a b 「ヒルナンデス!」水卜アナの後任に梅澤&滝の2年目アナウンサーコンビ” (2017年8月28日). 2017年8月28日閲覧。
  14. ^ 1週間通して行われる場合もある。
  15. ^ VTRの回もあり。
  16. ^ スタジオの回もあり。
  17. ^ ヒルナンデス! : 視聴率7.8%で初の昼トップ 3度目のいいとも抜き 毎日新聞デジタル 2012年2月8日閲覧。
  18. ^ ヒルナンデス!がゴールデン進出 朝日新聞デジタル 2015年6月30日閲覧。
  19. ^ 「ヒルナンデス!」番組内における放送障害について[リンク切れ] 読売テレビ 2015年9月15日閲覧。
  20. ^ 「ヒルナンデス!」で放送事故、読売テレビが謝罪”. 日刊スポーツ新聞社 (2015年9月15日). 2017年11月22日閲覧。
  21. ^ Hey! Say! JUMP大躍進! この夏の出演番組全見せザ・テレビジョン 2016年6月28日発行、同日閲覧。
  22. ^ 水卜麻美アナ『ヒルナンデス!』9月末卒業を発表 涙こらえ「すべてだった」(『ORICON STYLE2017年8月8日付記事)


「ヒルナンデス!」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヒルナンデス!」の関連用語

ヒルナンデス!のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヒルナンデス!のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒルナンデス! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS