春日とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 時間 > > 春日の意味・解説 

かすが【春日】

読み方:かすが

《「春日」の表記は、地名「かすが」にかかる枕詞「はるひ」を当てたもの》

[一]奈良市およびその付近の称。特に、春日大社のあたり。

[二]福岡県の市。福岡市の南に位置し住宅地自衛隊春日原基地がある。人口10.72010)。


しゅん‐じつ【春日】

読み方:しゅんじつ

春の日。はるび。また、春の日ざし。《 春》「—を鉄骨のなかに見て帰る/誓子」


はる‐ひ【春日】

読み方:はるひ

《「はるび」とも》

【一】[名]春の日射し。また、春の一日。《 春》「竹の風ひねもすさわぐ—かな/犀星

【二】春の日(かす)む意から、同音の「かす」を含む地名の「春日(かすが)」にかかる。

「—春日を過ぎ」〈武烈紀・歌謡


春日

神社名辞典では1989年7月時点の情報を掲載しています。

春日

作者中山義秀

収載図書戦国史記―斎藤道三
出版社講談社
刊行年月1995.9
シリーズ名大衆文学

収載図書新編 中山義秀自選歴史小説第4巻
出版社宝文館出版
刊行年月1997.3

収載図書江戸鈍感力時代小説傑作選
出版社集英社
刊行年月2007.12
シリーズ名集英社文庫


春日

読み方:シュンジツ(shunjitsu)

春の日

季節

分類 天文


春日

読み方:ハルビ(harubi)

春の太陽をも言い、春の一日をも言う

季節

分類 時候天文


春日

読み方:シュンジツ(shunjitsu)

作者 萩原朔太郎

初出 大正3年

ジャンル


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日


春日

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

春日


春日

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

春日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/23 19:09 UTC 版)

春日(かすが、はるひ、はるび、しゅんじつ)




「春日」の続きの解説一覧

春日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 07:01 UTC 版)

アイ・シティ」の記事における「春日」の解説

春日ラボ研究員で、元所長の春日宗介息子

※この「春日」の解説は、「アイ・シティ」の解説の一部です。
「春日」を含む「アイ・シティ」の記事については、「アイ・シティ」の概要を参照ください。


春日(はるか)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/31 04:56 UTC 版)

コトノバドライブ」の記事における「春日(はるか)」の解説

店長の姪。美術系専門学校に通うため、新潟県から店長住んでいるアパートの上の階に引っ越してきた。

※この「春日(はるか)」の解説は、「コトノバドライブ」の解説の一部です。
「春日(はるか)」を含む「コトノバドライブ」の記事については、「コトノバドライブ」の概要を参照ください。


春日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 07:38 UTC 版)

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」の記事における「春日」の解説

正式に武蔵国春日領。春日部市旧称とされているが、実在しない架空の地名同名作中では城一つ宿場町、そして農民たちの畑があるのみで、商人もめったに立ち寄らない辺鄙な町。領主である春日和泉守が大蔵井との縁談断ったことからこの地が戦場となった

※この「春日」の解説は、「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」の解説の一部です。
「春日」を含む「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」の記事については、「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」の概要を参照ください。


春日(文京区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 15:15 UTC 版)

日本の人名地名一覧」の記事における「春日(文京区)」の解説

徳川家光乳母春日局拝領し町屋としたことから。

※この「春日(文京区)」の解説は、「日本の人名地名一覧」の解説の一部です。
「春日(文京区)」を含む「日本の人名地名一覧」の記事については、「日本の人名地名一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「春日」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「春日」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



春日と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「春日」の関連用語



3
72% |||||

4
72% |||||

5
72% |||||

6
72% |||||

7
72% |||||

8
72% |||||

9
72% |||||

10
72% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



春日のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの春日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアイ・シティ (改訂履歴)、コトノバドライブ (改訂履歴)、クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦 (改訂履歴)、日本の人名地名一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS