宮城郡とは?

宮城郡

読み方:ミヤギグン(miyagigun)

所在 宮城県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

宮城郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/23 03:47 UTC 版)

宮城郡(みやぎぐん)は、宮城県陸奥国陸前国)の。宮城県の県名の由来となっている。




  1. ^ 以下、この節は池邊彌『和名類聚抄郡郷里驛名考證』477-478頁による。
  2. ^ 河原町、新河原町、新河原町東丁、南石切町、新弓ノ町、八軒小路、南染師町、南鍛冶町、南材木町、穀町、三百人町、五十人町、六十人町、畳屋丁、保春院前丁、成田町、表柴田町、裏柴田町、元茶畑、椌木通、木ノ下、西新丁、東新丁、荒町、連坊小路、清水小路、北目町、上染師町、田町、南町、柳町、大町一丁目頭、大町一丁目、大町二丁目、大町三丁目、大町四丁目、大町五丁目、大町五丁目新丁、新伝馬町、名掛丁、二十人町、榴ヶ岡、舟丁、堰場、石名坂、弓ノ町、土樋、猿牽丁、姉歯横丁、石垣町、米ヶ袋上丁、米ヶ袋中丁、米ヶ袋下丁、米ヶ袋十二軒丁、米ヶ袋広丁、米ヶ袋鍛冶屋前丁、米ヶ袋中ノ坂、米ヶ袋鹿子清水通、七軒丁、鉄砲横丁、桜小路、道場小路、伊勢屋横丁、南六軒丁、片平丁、本荒町、良覚院丁、狐小路、袋町、中ノ町、琵琶首丁、琵琶首新丁、花壇、花壇川前丁、霊屋下、越路、越路六軒丁、越路路地町、宮沢、川内大橋通、川内柳丁、川内中ノ瀬町、川内大工町、川内川前丁、川内明神横丁、川内元支倉、川内澱橋通、川内元支倉通、川内新横丁、川内数寄屋丁、川内亀岡町、川内亀岡北裏丁、川内三十人町、川内山屋敷、肴町、立町、立町新丁、本柳町、元櫓丁、定禅寺通櫓丁、元鍛冶町、常盤町、北材木町、本材木町、跡付町、木町末無、立町通、定禅寺通、南町通、南光院丁、教楽院丁、薬鑵小路、裏五番丁、柳町通、北目町通、新寺小路、国分町、二日町、北鍛冶町、通町、北田町、堤町、支倉町、木町通、新坂通、土橋通、支倉通、半子町、伊勢堂下、神子町、北山町、八幡町、坊主町、江戸町、覚性院丁、石切町、中島丁、切通、十二軒丁、北五十人町、滝前丁、角五郎丁、角五郎新丁、澱町、勾当台通、表小路、外記丁、堤通、外記丁通、上杉山通、同心町通、中杉山通、光禅寺通、二本杉通、杉山通、元寺小路、茂市ヶ坂、掃部丁、末無掃部丁、大仏前、同心町中丁、元貞坂、大聖寺裏門通、空堀丁、新名懸丁、新小路、花京院通、長丁、長刀丁、北六軒丁、鉄砲町、車町、小田原山本丁、小田原裏山本丁、小田原車通、小田原宮町東裏丁、小田原東丁、小田原袖振丁、小田原遣水丁、小田原長丁通、小田原高松通、小田原金剛院丁、小田原広丁、小田原大行院丁、小田原牛小屋丁、小田原清水沼通、小田原弓ノ町、小田原北一番丁通、小田原北二番丁通、小田原北三番丁通、宮町、東一番丁、東二番丁、東三番丁、東四番丁、東五番丁、東六番丁、東七番丁、東八番丁、東九番丁、東十番丁、北一番丁、北二番丁、北三番丁、北四番丁、北五番丁、北六番丁、北七番丁、北八番丁、北九番丁、北十番丁。
  3. ^ 『宮城県史』復刻版第2巻52頁。
  4. ^ 町村の統合自体は前日の3月31日付で実施されている。(明治22年(1889年)2月9日付、宮城県令第8号)
  5. ^ 表全体の典拠は『宮城郡誌』302頁。ただし、竹尾の退任日については『塩竈市史』第2巻の22頁により修正。


「宮城郡」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宮城郡」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

宮城郡のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



宮城郡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宮城郡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS