田村淳とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 芸能人 > 声優 > 日本の声優 > 田村淳の意味・解説 

田村淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/09 02:42 UTC 版)

田村 淳(たむら あつし、1973年12月4日 - )は、日本お笑いタレント司会者作家ロンドンブーツ1号2号ボケ担当だが、近年はツッコミ担当をしている。淳本人は著書の中で「僕はもうネタ見せをする事も、舞台に上がることもないので芸人ではなくなった。」と述べている。相方・田村亮とは同じ姓だが、血縁関係はない。身長167センチメートル、体重56キログラム[1]山口県下関市彦島出身。慶應義塾大学法学部通信教育課程に在学中。よしもとクリエイティブ・エージェンシー吉本興業)所属。




  1. ^ 田村淳”. タレントデータバンク. 2017年1月12日閲覧。
  2. ^ 田村淳Twitter(2015年9月28日)。
  3. ^ “田村淳さんの野菜ソムリエ資格取得について”. 日本ベジタブル&フルーツマイスター協会. (2009年11月24日). http://www.vege-fru.com/news/news091124.php 
  4. ^ “ロンブー・淳 生放送で電撃結婚発表!お相手は29歳の一般女性”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2013年9月17日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/09/17/kiji/K20130917006636010.html 2013年9月17日閲覧。 
  5. ^ ロンブー淳に捧げるウェディングソングCD発売”. 2016年11月23日閲覧。
  6. ^ 田村淳に贈るウェディングソング「ずっとだよ」”. 2016年11月23日閲覧。
  7. ^ ロンハー”. 2016年11月23日閲覧。
  8. ^ ロンブー・田村淳は「ギリギリを歩くため」44歳で大学を受験する - ハフィントンポスト日本版・2018年1月13日
  9. ^ ロンブー田村淳、慶應大通信課程に入学。青学不合格後に出願「とにかく学びたいという気持ち」
  10. ^ INLIFE 男の履歴書 田村淳
  11. ^ 犬山観光特使ロンドンブーツ1号2号田村淳さん(犬山観光情報(犬山市HP内(2012年11月7日閲覧))
  12. ^ “城好きロンブー淳 「日本城郭検定」3級合格「試験ドキドキするね」”. スポニチ. (2012年12月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/12/02/kiji/K20121202004691830.html 
  13. ^ 田村淳公式Facebook
  14. ^ 秒速5センチメートル | ZIP!日本テレビZIP!』 2013年5月17日 TVでた蔵
  15. ^ 「山口県にはレノファがある」ロンブー田村淳さんがホーム開幕戦に来場!
  16. ^ 地元への熱い想いを行動に移し発信する: 田村 淳
  17. ^ ラブライブ!シリーズのファンを指す総称。
  18. ^ 「ラブライブ!サンシャイン!!」ロンブー・田村淳、痛車で聖地巡礼! 止まらない“ラブライバー化”に反響 アニメ!アニメ! 2019年2月7日配信、2月9日閲覧
  19. ^ 当日は桜内梨子役・逢田梨香子、津島善子役・小林愛香をゲストに迎えた。当初は小原鞠莉役・鈴木愛奈も出演予定であったが、体調不良のため出演を見合わせた。
  20. ^ MUSIC JAPAN』2011年2月6日放送分本人談[信頼性要検証]
  21. ^ 2012年9月11日放送『テベ・コンヒーロ』より[信頼性要検証]
  22. ^ ロンブー淳初告白「立候補は絶対しない」不出馬宣言 日刊スポーツ
  23. ^ ロンブー淳 台湾の馬英九総統と握手 「2015 台湾観光貢献賞」デイリースポーツ 2015年3月3日
  24. ^ 「田村淳の地上波ではダメ!絶対!」第1回放送(2016年4月14日)
  25. ^ 番組YouTube動画
  26. ^ Twitter 2017年1月19日
  27. ^ “ロンブー淳が警官にマジギレ、怒声浴びせる 大人気なさすぎる姿がネットで生放送”. J-CASTニュース. (2012年10月27日15:03). http://www.j-cast.com/2012/10/27151676.html?p=all 
  28. ^ a b “田村淳 警官との口論騒動で謝罪”. デイリースポーツ. (2012年10月31日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2012/10/31/0005493720.shtml 
  29. ^ “田村淳「知りたがり!」今週は出演自粛”. デイリースポーツ. (2012年10月31日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2012/10/31/0005493760.shtml 
  30. ^ “田村淳、NHK生放送の出演自粛 「コンビで司会」実現ならず”. J-CASTニュース. (2012/11/ 2 11:55). http://www.j-cast.com/2012/11/02152480.html 
  31. ^ “ロンブー「淳の休日」が開催延期を決定 淳「色々と直前まで考えたのですが…」”. デイリースポーツ. (2012年11月2日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2012/11/02/1p_0005499731.shtml 
  32. ^ ロンブー淳 警察とのトラブル以降は好意的に「夜、散歩してて絶対こんばんはって言いますから」 ライブドアニュース
  33. ^ 2008年1月18日放送回『ナインティナインのオールナイトニッポン』で発言。[信頼性要検証]
  34. ^ a b c 「チャラ男」とは呼ばせない「ロンブー淳」が5億円豪邸、『週刊新潮』2018年7月19日風待月増大号、42-43頁。
  35. ^ 田村淳Twitter(2018年7月14日)。
  36. ^ 2010年1月8日放送回『加藤浩次の吠え魂』で発言。[信頼性要検証]
  37. ^ 田村淳 スネ夫役受けてた…似てる自負/芸能/デイリースポーツ online
  38. ^ Shibuya Deep A』2011年3月4日放送分本人談[信頼性要検証]
  39. ^ “ロンブー淳、新経済番組に意気込み「生きる教科書という目線で観て」”. ORICON STYLE. (2016年4月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2069933/full/ 2016年4月11日閲覧。 
  40. ^ 企業の人事担当や就活生迎える新番組「田村淳の大学生ビジネス会議」スタート”. 2016-01-30. 2016年2月1日閲覧。
  41. ^ 「ロンブー淳の一度は行きたい!武将の隠し湯 戦国一の温泉好き!信玄と美人の湯SP」 (1/3) - お笑いナタリー Power Pushお笑いナタリー
  42. ^ 約91万人動員、ニコニコ超パーティーで田村淳らがニコ動ユーザーとコラボ”. 2014年3月2日閲覧。
  43. ^ 「亀田興毅に勝ったら1000万円」対戦相手決定”. ナリナリドットコム (2017年5月2日). 2017年5月7日閲覧。
  44. ^ “偏差値32”のロンブー淳が青学受験に挑戦 100日間「全力で勉強」”. オリコンニュース (2017年9月23日). 2017年12月10日閲覧。
  45. ^ “eスポーツプロリーグ「RAGE Shadowverse Pro League」選手がついに決定!AbemaTV事前特番でメディア初登場” (日本語). AbemaTIMES. https://abematimes.com/posts/4025769 2018年4月14日閲覧。 
  46. ^ 全国4都市行脚 全日本パリピ選手権 in大阪#1 | 無料のインターネットテレビはAbemaTV(アベマTV)”. AbemaTV. 2018年5月26日閲覧。
  47. ^ ロンブー淳が自著発売イベントでファンを記者に見立て会見、口コミ期待”. お笑いナタリー (2015年7月15日). 2015年7月16日閲覧。
  48. ^ ロンブー淳が海外アーチストに作詞初提供!失恋テーマに台湾バンドに書き下ろし”. スポーツ報知 (2015年8月17日). 2015年8月17日閲覧。


「田村淳」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「田村淳」の関連用語

田村淳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



田村淳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの田村淳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS