コンプレックスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 精神医学 > コンプレックス > コンプレックスの意味・解説 

コンプレックス

英語:complex

コンプレックスとは

コンプレックス(英:complex)とは、心理学精神医学の用語で、さまざまな感情複合体のこと。 衝動欲求記憶などの、さまざまな心理的要素無意識に複雑に絡み合って形成される。または、特に「劣等感」を指す意味で用いられる表現である。

日本ではいわゆる劣等感」の同義語にあたる表現として「コンプレックス」の語を用いることが多いが、この劣等感は「インフェリオリティーコンプレックスinferiority complex)」と呼ばれる種類のコンプレックスに区分される。本来は「コンプレックス=劣等感というわけではない

インフェリオリティーコンプレックスとは

インフェリオリティーコンプレックスinferiority complex)は、コンプレックスの下位区分のひとつであり、「自分他より劣っているという感情結びつく複合的な心的表象」のことである。

見方変えれば、日本語一般的な文脈における「コンプレックス」を「インフェリオリティーコンプレックスの略」と捉えるともできる

俗な文脈では、「劣等感の意味での「コンプレックス」をさらに略してコンプ」と表現されることがある

コンプレックスの語源

「コンプレックス」は英語の complex由来する語であり、もともとは「複雑な」「入り組んだ」「集合体という意味形容詞または名詞である。

英語の complex語源ラテン語の《com-plectere》で、もともとは「包含するという意味とされる

例文

日本語文章では「コンプレックス」は「劣等感」に近い意味合い用いられる

コンプレックスの類義語・対義語

類語としては「引け目」や「劣等感」が挙げられる。もちろん、コンプレックスは必ずしもネガティブな感情を指すものではないため、「引け目」や「劣等感の方狭義の意味合いを指す場合に限る

コンプレックスはは特に対義語あるよう概念ではないが、「コンプレックス(complex)= 複雑に絡み合う感情」という点を念頭に置くと、「純粋」や「単純」のような意味の言葉を「コンプレックス」の対極位置づけることはできるかもしれない

コンプレックス【complex】

読み方:こんぷれっくす

精神分析用語。情緒的に強く色づけされた表象複合した心理抑圧されながら無意識のうちに存在し現実行動影響力をもつ。マザーコンプレックス・エディプスコンプレックス・インフェリオリティーコンプレックスなど。複合感情複合観念

日本では特に、インフェリオリティーコンプレックス劣等感の意味使われる。「強い—を抱く」

複雑に関連していること。複合的であること。複合体。「シネマ—」


コンプレックス

【英】:complex

集合建築複合建築団地などのこと。

コンプレックス

作者金堀常美

収載図書モカコーヒーを、ブラック
出版社新風舎
刊行年月2004.5
シリーズ名新風舎文庫


コンプレックス

作者石田衣良

収載図書てのひら迷路
出版社講談社
刊行年月2005.11

収載図書てのひら迷路
出版社講談社
刊行年月2007.12
シリーズ名講談社文庫


コンプレックス

名前 Complex

コンプレックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 21:43 UTC 版)

心理学精神医学用語のコンプレックス(独:Komplex)とは、衝動・欲求観念記憶等の様々な心理的構成要素が無意識に複雑に絡み合って形成された観念の複合体をいう。ふだんは意識下に抑圧されているものの、現実の行動に影響力をもつ。「感情複合」とも言われる。




「コンプレックス」の続きの解説一覧

コンプレックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 00:33 UTC 版)

トリックの登場人物」の記事における「コンプレックス」の解説

貧乳がコンプレックスで、稀にではあるテレビ出演多くの人目につく場に出る際は見栄張って豊胸パッド重ねて着用する豊胸効果があるといわれる温泉入った際は実際に大きくなったのか嬉しそうにしていたが、その直後従業員に「すぐに引っ込みますよ」と言われがっかりしていた。上田をはじめ見ず知らずの人から貧乳呼ばれることがよくある自身自虐ネタに使うことがある他に水虫ウオノメにも悩んでいる。

※この「コンプレックス」の解説は、「トリックの登場人物」の解説の一部です。
「コンプレックス」を含む「トリックの登場人物」の記事については、「トリックの登場人物」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コンプレックス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

コンプレックス

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 05:30 UTC 版)

発音(?)

東京式アクセント

コ↗ンプレ↘ッ

京阪式アクセント

こんぷ↗れっ↘くす

語源

名詞

コンプレックス

  1. 入り混じること。複合
  2. 心理学心の中抑圧された感情複合体感情複合
  3. インフェリオリティコンプレックスの略。劣等感

複合語


「コンプレックス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



コンプレックスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

コンプレックスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コンプレックスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2022 All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンプレックス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトリックの登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのコンプレックス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS