フロイトとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 外国人名の読み方 > フロイトの意味・解説 

フロイト【Sigmund Freud】


フロイト

名前 Freud

ジークムント・フロイト

(フロイト から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/03 10:23 UTC 版)

ジークムント・フロイト: Sigmund Freud1856年5月6日 – 1939年9月23日)は、オーストリア精神科医。神経病理学者を経て精神科医となり、神経症研究、自由連想法無意識研究を行った。精神分析学の創始者として知られる。心理性的発達理論リビドー論幼児性欲を提唱した。


注釈

  1. ^ しかし、フロイトはやがて、「不安神経症」の原因として「性的虐待」を除外するようになる。というのも性的虐待を受けたと訴える患者の多くが、実は性的虐待を受けていないことが分かってきたのである。無論、虐待が皆無だったわけではなく、フロイトは少なくとも数件においては性的虐待がほぼ確実だと報告している。フロイトはしかし、他の大部分が事実に反するからといってそれを無視はせず、むしろ「なぜ」患者がそう考えるのかという側面から考察を進めた。いわゆる「客観的事実」としては誤りでも、患者にとって何かしらの「心的現実」があるという考えである。発達心理学者E.H.エリクソンはフロイトの理論を元にして、神経症患者達が性的な側面において損なわれており、患者達が過去において例外なくその発達課題を適切にこなせていなかったことを見いだした。[要出典]
  2. ^ 後にフロイトは大学教授の職を手に入れた。[要出典]
  3. ^ 国際心理療法医学会はドイツ精神療法学会を前身としており、ナチスが国際心理療法医学会に干渉してナチスへの忠誠を誓うマニフェストが学会誌に掲載されるなど、国際心理療法医学会もナチスから自由ではなかった。[要出典]
  4. ^ 「ユダヤ人の似非科学」というような揶揄、非難が浴びせられた。また、苗字のFreudイディッシュ語: פרייַד, פרייד‎‎)はヘブライ語: שמחהŚimḥāh(シムハー、"喜び"を意味するユダヤ人女性名)のイディッシュ語訳 פרייַדע‎ Frayde, Fraydel, Fraydl, Fraydes (< ドイツ語: Freude) に由来するが、英語圏では、初期の精神分析学に対する社会的不信から、しばしばFraud(詐欺師)と揶揄された。一方、精神分析的解釈からすると、言葉の錯誤には無意識の働き(コンプレックス等)が読み取れるため、精神分析派はそうした現象を逆に一種の錯誤の結果として解釈するかもしれない。[要出典]
  5. ^ フロイトは医学畑出身でこの用語を用いた。[要出典]
  6. ^ フロイトにこの重要な洞察をもたらした聡明な一人目の患者は、やがて有名な社会革命家になった。[要出典]
  7. ^ 彼は、抑圧された願望自体は消えることなく、無意識の領域に追いやられる、とした。また、意識の注意が和らぐ睡眠中の夢にも、その現れが見られるとし、その例として彼は、南極探検隊が遭難した際、食糧が底をついた彼等が一様に見た夢が、食糧に関するものだった例を挙げている。抑圧される内容の中には、意識にとって受け入れがたい性質のものもあり、本人にとって想起が苦痛となる性質のもある。それらは、忘却の対象となるが、無意識にとどまり、症状が見られる場合は、抑圧された何かしらのエピソードが原因だと考えられた。自由連想法では意図的に本人の批判的意識を和らげるよう促し、抑圧された部分が意識にのぼってくるように工夫し、その解明を図った。[要出典]
  8. ^ 日本の文化風土と欧米の文化風土は異なるため、ジェンダーに関する考えに差異がみられる、つまり本能的性行動のニュアンスが少々異なる、ということだ。[要出典]日本におけるそれらの差異についての研究としては、土居健郎の『「甘え」の構造』(弘文堂〈増補普及版〉、2007年5月。ISBN 4335651295)が有名である。
  9. ^ 現代においては、1960年代頃からツイッギーなどの影響で女性の体型が「筋肉質な体」から「痩せている体」に文化的流行が変化した。それによってダイエットをする必要性が生じ、食事制限のために食欲という(代理)本能的欲求を満たすことを放棄しなければならなくなっている。[要出典]
  10. ^ フロイトは意識から無意識へ抑圧された内容の表れが夢において見られるとしたのだが、普段抑圧されがちな内容が報告されれば、フロイトの理論を支持すると見なし、そうした内容を見なかったという報告があっても、「フロイトが間違っていると言いたい」という患者の願望の歪曲された形だ、といった解釈をした。仮定を支持するような現象にしろ、否定するような現象にしろ、結局は仮定を支持する形で理論に吸収されることになり、それに対する疑問が投げかけられている。[要出典]
  11. ^ 心理的な現象を説明する際に、本人の主観的報告に基づくデータの科学性を疑問視する声があるが、人の心理には主観的な側面も重要な意味を持つために、平均的な抽象的データのみに重点を置くことは、個々の個別性を無視してしまうことになり、現象の把握としては不十分だと言える。(が、後者は大まかな比較をする際に役に立つ。また、後年アメリカの心理学では、操作的手法を用い、カウンセリングを行った場合と行わなかった場合の結果の違いを明確に示し、主観・客観両面からのアプローチする方法が現れた。)フロイトは客観的には事実でないとしても、本人に真実性をもって迫っている場合を、本人にとっての「心的現実」ととらえた。[要出典]

出典

  1. ^ 湯浅赳男『面白いほどよくわかる現代思想のすべて』日本文芸社〈学校で教えない教科書〉、2003年1月、23頁。ISBN 453725131X
  2. ^ スラヴォイ・ジジェク「"現実界"をめぐる厄介な問題-『エイリアン』を観るラカン」『ラカンはこう読め!』鈴木晶訳、紀伊國屋書店、2008年2月、111頁。ISBN 9784314010368。「…この盲目的で破壊できないリビドーの執着を、フロイトは「死の欲動」と呼んだ。ここで忘れてならないのは、「死の欲動」は、逆説的に、その正反対のものを指すフロイト的な呼称だということである。精神分析における死の欲動とは、不滅性、生の不気味な過剰、生と死、生成と腐敗という(生物的な)循環を越えて生き続ける「死なない」衝動である。フロイトにとって、死の欲動といわゆる「反復強迫」とは同じものである。」
  3. ^ 『人類の知的遺産 56 フロイト』162-163頁、II-6 闘病と苦難、より抜粋。
  4. ^ a b 『人類の知的遺産 56 フロイト』166頁、II-6 闘病と苦難、より抜粋。
  5. ^ 『人類の知的遺産 56 フロイト』167頁、II-6 闘病と苦難、より抜粋。
  6. ^ 『人類の知的遺産 56 フロイト』168頁、II-6 闘病と苦難、より抜粋。
  7. ^ 『人類の知的遺産 56 フロイト』173頁、II-6 闘病と苦難、より抜粋。
  8. ^ Frosh, Stephen (1987). The Politics of Psychoanalysis. London: Macmillan. p. 1. ISBN 0-333-39614-6.
  9. ^ 『心は実験できるか—20世紀心理学実験物語』(ローレン・スレイター。2004年の書籍の日本語訳。2005年)325ページ ISBN 4-314-00989-6
  10. ^ 『ユングの心理学』(秋山さと子、1982年)73ページ ISBN 4-06-145677-6
  11. ^ A Phylogenetic Fantasy : Overview of the Transference Neuroses by Sigmund Freud”. Harvard University Press. 2009年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月23日閲覧。


「ジークムント・フロイト」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フロイト」の関連用語

フロイトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フロイトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジークムント・フロイト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS