否認とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 心理学 > 否認の意味・解説 

ひ‐にん【否認】

読み方:ひにん

[名](スル)事実として認めないこと。承認しないこと。「罪状を―する」⇔是認


否認

読み方:ひにん
【英】:denial

否認とは、自分依存症であると認めないことであり、依存症の人は誰もが持っている心理である。

 アルコール依存症は否認の病といわれます。否認とは、自分依存症になっている認めないことを言います。「自分アルコール依存症ではない」「自分には酒の問題はない」と飲酒問題を全く認めないことだけではなく、「確かに酒の問題はあるが、やめよう思えばいつでもやめられる」「アルコール依存症だと思うが、それほど重症ではない」などと考えるのも、問題実際よりも軽く考えているという点で、否認であるといえます。ほかにも、「仕事必要だから仕方なく飲んでいる」「眠れないから飲むだけだ」などと、自分飲酒コントロールできないことをほかの原因求めたり、「酒を飲んで死ぬなら本望だ」「どうせ止めていいことはない」などと、最初からあきらめてしまって結果的に飲み続けてしまうのも、よく見られる否認です。否認は、自分深刻な状況にあるということから身を守るための心理的な防衛機制一種考えられ依存症の人は誰でも多かれ少なかれ否認があるものです。しかし、否認は、飲酒問題解決妨げるものであり、否認を克服していくことが依存症回復プロセスそのものともいえます


否認

【仮名】ひにん
原文denial

精神医学において、ある人問題または状況について事実または現実認識できない、あるいは認識したくない状態。

否認

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 14:11 UTC 版)

夢判断 日常生活の精神病理学英語版 性道徳に関する3つの論文英語版 快原理の彼岸英語版


  1. ^ a b “denial”. Oxford English Dictionary (Online, U.S. English ed.). Oxford University Press. http://www.oxforddictionaries.com/us/definition/american_english/denial 2014年5月24日閲覧。 
  2. ^ Niolon, Richard (2011年4月8日). “Defenses”. psychpage.com. Richard Niolon. 2014年5月24日閲覧。
  3. ^ Freud, Sigmund (1925). "Die Verneinung".
  4. ^ Sirri, L.; Fava, G.A. (2013). “Diagnostic criteria for psychosomatic research and somatic symptom disorders”. International Review of Psychiatry 25 (1): 19–30. doi:10.3109/09540261.2012.726923. PMID 23383664. 
  5. ^ a b c d e f g 山本由紀; 長坂和則 『対人援助職のためのアディクションアプローチ: 依存する心の理解と生きづらさの支援』 中央法規出版、2015年10月2日、Chapt.1.2。ISBN 978-4805852538 
  6. ^ a b 信田さよ子 『依存症』 文芸春秋、2000年6月。ISBN 978-4166601080 


「否認」の続きの解説一覧

否認

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 05:24 UTC 版)

ラシュヴァ渓谷の民族浄化」の記事における「否認」の解説

虐殺の後クロアチア人指導者らはプロパガンダ力を借りて虐殺否定したり、紛争加わ他の勢力責任転嫁ようとした。ダリオ・コルディッチ(英語版)は国際連合人権センター調査官であるパヤム・アハヴァン(英語版に対してクロアチア防衛評議会アフミチの虐殺関与した事実否定し自分の部下良きキリスト教徒として決しこのようなことをするはずがないとして、セルビア人ムスリム人責任転嫁図りこれ以上調査必要ないとした。クロアチア防衛評議会のティホミル・ブラシュキッチ(英語版)もコルディッチの前で、イギリス軍スチュワート大佐に対して同様の否認主義態度示している

※この「否認」の解説は、「ラシュヴァ渓谷の民族浄化」の解説の一部です。
「否認」を含む「ラシュヴァ渓谷の民族浄化」の記事については、「ラシュヴァ渓谷の民族浄化」の概要を参照ください。


否認

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 16:26 UTC 版)

依存症」の記事における「否認」の解説

詳細は「否認」を参照 依存症患者は、病的な心理的防衛機制である「否認」を多用するため、しばしば依存症は『否認の病』とも言われる(否認言動診断必須ではない)。また、家族恋人などが依存症患者共依存している場合共依存している者も否認を行う。 嗜癖性を持つ物質への依存では、離脱症状発現抑えることが病気利得となり、否認行動強化するこのため多くの嗜癖物質法的に厳しく規制されている(麻薬覚せい剤大麻など)。

※この「否認」の解説は、「依存症」の解説の一部です。
「否認」を含む「依存症」の記事については、「依存症」の概要を参照ください。


否認

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 17:45 UTC 版)

パソコン遠隔操作事件」の記事における「否認」の解説

男性Xは事件への関与否認しており、セキュリティマルウェアには関心がないとしている。また、トロイプログラムがC#書かれているに対し本人C#プログラム書けない主張している。なお、取り調べで「C#書かれプログラム検証したことがある」という男性Xの発言根拠に身上調書では「C#使える」としている。 上記のC#をめぐる認識齟齬挙げて男性Xならびに弁護人取り調べの可視化録音撮影)を要求したが、警察がこれに応じないため留置房から出ることを拒否し19日以後取り調べが行われていない。また弁護士側は決定的証拠提示するように要求しているが、検察側はこれに応じていない。 この逮捕については新たな誤認逮捕である可能性指摘されたまた、弁護士らは1月3日15時以降にピンク首輪をつけた」猫について写真を、2月25日から募集している。男性Xは1月3日13時半ごろ〜15時半ごろに江の島滞在していたが、その時間帯のそばで大道芸が行われ混雑していたため猫に首輪つけること困難であることと、少なくとも、14時50分ごろの時点では猫に首輪ついていない写真あること挙げ15時以降に猫に首輪ついていない写真があれば男性Xの無実証明できるとしている。 東京地方裁判所で4回行われた勾留理由開示2月26日3月21日5月1日5月28日)では、法廷で男性Xは無実訴えた

※この「否認」の解説は、「パソコン遠隔操作事件」の解説の一部です。
「否認」を含む「パソコン遠隔操作事件」の記事については、「パソコン遠隔操作事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「否認」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

否認

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 12:06 UTC 版)

名詞

ひにん

  1. 事実として認めないこと。

対義語

動詞

活用

サ行変格活用
否認-する

「否認」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



否認と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「否認」の関連用語

否認のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



否認のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
厚生労働省厚生労働省
(C)2022 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの否認 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのラシュヴァ渓谷の民族浄化 (改訂履歴)、依存症 (改訂履歴)、パソコン遠隔操作事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの否認 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS