利得とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 権利 > 利得 > 利得の意味・解説 

り‐とく【利得/利徳】

読み方:りとく

利益を得ること。また、その利益。もうけ。「―を追求する」「―を上げる」

(利得)トランジスターなどの増幅器で、入力に対する出力の比。→ゲイン2


ゲイン

別名:利得
【英】gain

ゲインとは、電気回路増幅器によって電気信号増幅すること、またはその増幅の値のことである。

ゲインは増幅器入力され信号出力され信号の値の対比によって求められる電流電圧電力についてそれぞれ求めることが可能で単位デシベルdB)で表される

例えデジタルカメラなどでは、増幅回路使用して信号のゲインをコントロールすることによって、暗い場所撮影したデジタル画像明るさ調整することなどが可能になっている。


利得 (ゲームの)

「OR事典」の他の用語
ゲーム理論:  共有知識  凸ゲーム  別払い  利得  利得双行列  利得行列  利得関数

利得

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/10/14 15:14 UTC 版)

利得(りとく)




「利得」の続きの解説一覧

利得

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 06:09 UTC 版)

アンテナ」の記事における「利得」の解説

アンテナ放射する電波電界強度を、アンテナの利得ゲイン)としてデシベルdB)で表す。表記には2通りあり、半波ダイポールアンテナ基準とするdBまたはdBd表記相対利得)と全ての方向均等に電波放射する仮想的な等方向性(アイソトロピック)アンテナ基準とするdBi表記絶対利得)がある。dBi表記dBd表記より2.14dB(又は2.15dB)大きな値となるため、利得の比較には注意が必要である。 指向性を持つアンテナにおいては放射最大となる放射角における電波強さを利得とするため、指向性が強いアンテナほど利得が大きくなる傾向がある

※この「利得」の解説は、「アンテナ」の解説の一部です。
「利得」を含む「アンテナ」の記事については、「アンテナ」の概要を参照ください。


利得

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 14:45 UTC 版)

パラボラアンテナ」の記事における「利得」の解説

パラボラアンテナの利得は次のように求められるG = 4 π A λ 2 e A = ( π d λ ) 2 e A {\displaystyle G={\frac {4\pi A}{\lambda ^{2}}}e_{A}=\left({\frac {\pi d}{\lambda }}\right)^{2}e_{A}} A {\displaystyle A} は開口面積円形パラボラアンテナなら A = π d 2 / 4 {\displaystyle A=\pi d^{2}/4} , がこれに当たる。 d {\displaystyle d} は円形パラボラアンテナ直径。 λ {\displaystyle \lambda } は波長e A {\displaystyle e_{A}} は開口効率標準的なアンテナでは0.55~0.70程度加工精度前方にある障害物などがこれを決める。

※この「利得」の解説は、「パラボラアンテナ」の解説の一部です。
「利得」を含む「パラボラアンテナ」の記事については、「パラボラアンテナ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「利得」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「利得」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



利得と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「利得」の関連用語

利得のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



利得のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリゲインの記事を利用しております。
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2023 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの利得 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアンテナ (改訂履歴)、パラボラアンテナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS