劣等コンプレックスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 精神医学 > コンプレックス > 劣等コンプレックスの意味・解説 

れっとう‐コンプレックス【劣等━】

〔名〕 (コンプレックスドイツ Komplex 英 complex劣等感が強い潜在意識となって正常な判断や行動の妨げとなったもの。劣等感との境界漠然としていて、程度の差とみられる


劣等感

(劣等コンプレックス から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/20 15:56 UTC 版)

劣等感(れっとうかん、: Inferiority complex)は、自分が他人に劣っていると感じること。劣後感(れつごかん)ともいう。強烈な不平等感を持つ人々を記述するために使用される心理学用語であり、それによって多くの場合、極端な内気、自己隔離、社会的従順などが発生する。劣等感はしばしば、ある人がすべての他人よりも何らかの形で不足している、または劣っているという信念から生じる[1]




「劣等感」の続きの解説一覧



劣等コンプレックスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「劣等コンプレックス」の関連用語

劣等コンプレックスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



劣等コンプレックスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの劣等感 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS