動機付けとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 心理学 > 動機付けの意味・解説 

動機づけ

(動機付け から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 09:12 UTC 版)

動機づけ(どうきづけ、motivation/mòʊṭəvéɪʃən(米国英語)、m`əʊṭəvéɪʃən(英国英語)、モチベーション)とは、行動を始発させ、目標に向かって維持・調整する過程・機能。


  1. ^ 美濃哲郎、大石史博編『スタディガイド心理学』(ナカニシヤ出版、2007年)、p.57
  2. ^ ジョン・アデア著 『Effective Motivation.』 Pan. (1996). ISBN 0-330-34476-5.
  3. ^ 美濃哲郎、大石史博編『スタディガイド心理学』(ナカニシヤ出版、2007年)、p.59


「動機づけ」の続きの解説一覧

動機付け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 16:28 UTC 版)

グロタンディーク群」の記事における「動機付け」の解説

可換モノイド M が与えられたとき、加法逆元導入することによって M から生じる「最も一般的なアーベル群 K を構成したい。そのようなアーベル群 K は常に存在し、M のグロタンディーク群呼ばれる。それは以下の普遍性によって特徴づけられ、 M から具体的に構成するともできる

※この「動機付け」の解説は、「グロタンディーク群」の解説の一部です。
「動機付け」を含む「グロタンディーク群」の記事については、「グロタンディーク群」の概要を参照ください。


動機付け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 14:22 UTC 版)

アレクサンドロフ拡大」の記事における「動機付け」の解説

例 (逆立射影) 一点コンパクト化幾何学的によく実感できる例は、立体射影の逆を考えること与えられる立体射影 S は北極点 (0, 0, 1) を除く単位球面からユークリッド平面への同相写像陽に与えるものであったことを思い出そう。その逆写像逆立射影)S−1: R2S2開写像かつ、追加の点 ∞ := (0, 0, 1) を添加して得られるコンパクトハウスドルフ空間へ稠密な埋め込みとなる。立体射影により緯線z = c平面円 r = √(1 + c)/(1 − c) へ写されるから、北極点 (0, 0, 1) の基本近傍系取り除いて得られる穴あき球冠 c ≤ z < 1 は平面閉円板 r ≥ √(1 + c)/(1 − c) の補集合対応する。より定性的述べれば、∞ における基本近傍系は、K が R2コンパクト部分集合亙るときの S−1(R2 ∖ K) ∪ {∞} によって与えられる。 この例はすでに一般の場合の鍵となる考え方含んでいる。 位相空間 X からコンパクトハウスドルフ空間 Y への埋め込み c: X ↪ Y で稠密な像を持ち埋め込み像の補集合 (remainder) が一点: {∞} = Y ∖ c(X) となるならば、c(X) はコンパクトハウスドルフ空間において開、したがっ局所コンパクトハウスドルフであるから、それに同相原像 X も局所コンパクトである。さらに言えば、X がコンパクトならば c(X) は Y において閉であり、したがっ稠密でない。よって、一点コンパクト化ができる空間は、コンパクトでなく、局所コンパクトかつハウスルドルフであることが必要十分である。さらに言えばそのような一点コンパクト化において各 x ∈ X の基本近傍系の像は c(x) ∈ c(X)基本近傍系与え、また(コンパクトハウスドルフ空間部分集合コンパクトとなるための必要十分条件はそれが閉であることだから)∞ の開近傍はちょうど X の補コンパクト部分集合の c による像に ∞ を添加して得られる集合でなければならない

※この「動機付け」の解説は、「アレクサンドロフ拡大」の解説の一部です。
「動機付け」を含む「アレクサンドロフ拡大」の記事については、「アレクサンドロフ拡大」の概要を参照ください。


動機付け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 01:18 UTC 版)

随伴行列」の記事における「動機付け」の解説

随伴行列の動機付けは、複素数が行列和と行列積の規則に従うことで 2×2 実行列として有効に表現できることに注意することによってなされるa + i b ≡ [ a − b b a ] {\displaystyle a+ib\equiv {\begin{bmatrix}a&-b\\b&a\end{bmatrix}}} これはつまり各「複素」数 z は、ガウス平面 C(を「実」ベクトル空間 R2見たもの)上で z を乗算することによって生じる C 上の「実」一次変換としての「実」2×2 行列として表現されるということである。 従って、複素数成分とする m×n 行列は、実数成分とする 2m×2n 行列として表される。このとき共軛転置は、この形に書いた実行列に対して単に転置をとること(をもとの m×n 行列立ち返って見ること)によって極めて自然に生じる。

※この「動機付け」の解説は、「随伴行列」の解説の一部です。
「動機付け」を含む「随伴行列」の記事については、「随伴行列」の概要を参照ください。


動機付け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/31 08:16 UTC 版)

有限拡大」の記事における「動機付け」の解説

線型代数学と同様ガロワ理論有限次元の方無限次元よりもはるかに簡単である原始元の定理例えすべての代数体、すなわち有理数体 Q のすべての有限拡大単拡大であることを保証する。 この枠組み応用十分である。これは理論発明者Évariste Galois (1811-1832) による応用である。例え多項式の方程式が解の公式をもつための必要十分条件与えアーベルの定理[要リンク修正]を伴う代数方程式理論述べることができる。立方体倍積問題角の三等分定規コンパス作図可能な正多角形分類のような古代までさかのぼ幾何学的な問題はPierre-Laurent Wantzel (1814-1848) によって有限拡大枠組みの中で解かれたフェルマーの最終定理多くのパラメーターの値に対して証明できる Ernst Kummer (1810-1893) の理論のような数論におけるたくさんの応用もまた述べることができる。 この状況はなお未解決の領域である、例え群が与えられたときにこの群をガロワ群としてもつ多項式見つける逆ガロワ理論フランス語版)。 それにも関わらず研究の対象が無限拡大あるよう数学大きな分野もまた存在する歴史的に最初の例は円積問題関係するFerdinand von Lindemann1882 年に Q の有限拡大で π を含むものは存在しないことを示した20世紀大きな仕事代表する他の理論類体論である。それは David Hilbert (1862-1943) によって開かれ本質的に無限拡大を扱う。

※この「動機付け」の解説は、「有限拡大」の解説の一部です。
「動機付け」を含む「有限拡大」の記事については、「有限拡大」の概要を参照ください。


動機付け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/17 09:46 UTC 版)

反傾表現」の記事における「動機付け」の解説

表現論において、 V {\displaystyle V} のベクトルと V ∗ {\displaystyle V^{*}} の線型汎関数はいずれ列ベクトル考えしたがっ表現は左から(行列の乗法によって)作用できる線型汎関数 φ {\displaystyle \varphi } の v ∈ V {\displaystyle v\in V} への作用 φ ( v ) {\displaystyle \varphi (v)} は行列の乗法 ⟨ φ , v ⟩ ≡ φ ( v ) = φ T v {\displaystyle \left\langle \varphi ,v\right\rangle \equiv \varphi (v)=\varphi ^{T}v} によって表現できる。ただし上付きの T {\displaystyle T} は行列の転置を表す。群 G {\displaystyle G} の作用整合的であるためには ⟨ ρ ∗ ( g ) φ , ρ ( g ) v ⟩ = ⟨ φ , v ⟩ {\displaystyle \left\langle \rho ^{*}(g)\varphi ,\rho (g)v\right\rangle =\left\langle \varphi ,v\right\rangle } ⟨ ρ ∗ ( g ) φ , ρ ( g ) v ⟩ = ⟨ ρ ( g − 1 ) T φ , ρ ( g ) v ⟩ = ( ρ ( g − 1 ) T φ ) T ρ ( g ) v = φ T ρ ( g − 1 ) ρ ( g ) v = φ T v = ⟨ φ , v ⟩ {\displaystyle \left\langle {\rho }^{*}(g)\varphi ,\rho (g)v\right\rangle =\left\langle \rho \left(g^{-1}\right)^{T}\varphi ,\rho (g)v\right\rangle =\left(\rho \left(g^{-1}\right)^{T}\varphi \right)^{T}\rho (g)v=\varphi ^{T}\rho \left(g^{-1}\right)\rho (g)v=\varphi ^{T}v=\left\langle \varphi ,v\right\rangle } となり、整合性を持つことが確かめられるリー環の表現に対しては、対応するリー群の表現との整合性を課す一般に、 Π {\displaystyle \Pi } がリー群の表現であれば、 π ( X ) = d d t Π ( e t X ) | t = 0 {\displaystyle \pi (X)=\left.{\frac {d}{dt}}\Pi \left(e^{tX}\right)\right|_{t=0}} によって与えられる π {\displaystyle \pi } はそのリー環の表現である。 Π ∗ {\displaystyle \Pi ^{*}} が Π {\displaystyle \Pi } に双対であれば、その対応するリー環の表現 π ∗ {\displaystyle \pi ^{*}} は、 π ∗ ( X ) = d d t Π ∗ ( e t X ) | t = 0 = d d t Π ( e − t X ) T | t = 0 = − π ( X ) T {\displaystyle \pi ^{*}(X)=\left.{\frac {d}{dt}}\Pi ^{*}\left(e^{tX}\right)\right|_{t=0}=\left.{\frac {d}{dt}}\Pi \left(e^{-tX}\right)^{T}\right|_{t=0}=-\pi (X)^{T}} で与えられる

※この「動機付け」の解説は、「反傾表現」の解説の一部です。
「動機付け」を含む「反傾表現」の記事については、「反傾表現」の概要を参照ください。


動機付け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/12 20:11 UTC 版)

函数の平均」の記事における「動機付け」の解説

算術平均」も参照 有限個のy1, y2, …, yn の(算術平均 y の定義性質は n y ¯ = y 1 + y 2 + ⋯ + y n {\textstyle n{\bar {y}}=y_{1}+y_{2}+\dotsb +y_{n}} であったことを思い出そう。すなわち「その値を n 個加えたものが、与えられた n 項 yi和に等しいこと」として定義される定数がそれら n 項の平均値である。 その類似対応物として、区間 [a, b] 上で定義され函数 f の(算術平均 f の定義性質としてa b f ¯ d x = ∫ a b f ( x ) d x {\displaystyle \int _{a}^{b}{\bar {f}}\,{\mathit {dx}}=\int _{a}^{b}f(x)\,{\mathit {dx}}} を考えるのは自然である。すなわち、f を区間 [a, b] 上で積分したものが [a, b] 上での f の積分値に等しいような定数 f を平均値とする。しかしこのとき、微分積分学第二基本定理によれば定数 f の積分は ∫ a b f ¯ d x = f ¯ x | a b = f ¯ b − f ¯ a = ( b − a ) f ¯ {\displaystyle \int _{a}^{b}{\bar {f}}\,{\mathit {dx}}={\bar {f}}x{\bigr |}_{a}^{b}={\bar {f}}b-{\bar {f}}a=(b-a){\bar {f}}} と求められ、また積分第一平均値定理によれば、f が開区間 [a, b] で連続ならば、c ∈ (a, b) が存在してa b f ( x ) d x = f ( c ) ( b − a ) {\displaystyle \int _{a}^{b}f(x)\,{\mathit {dx}}=f(c)(b-a)} となることが保証され、この値 f(c)函数 f(x) の [a, b] における平均値呼ばれる。そこで f := f(c) と書いて整理すれば、冒頭の定義に至る。

※この「動機付け」の解説は、「函数の平均」の解説の一部です。
「動機付け」を含む「函数の平均」の記事については、「函数の平均」の概要を参照ください。


動機付け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/14 02:39 UTC 版)

直既約加群」の記事における「動機付け」の解説

多くの状況において、興味対象である加群は完全直可約である。したがってこのとき直既約加群は「構造基本単位」であり研究する必要のある唯一の対象と考えられるクルル・シュミットの定理)。体上加群ベクトル空間)や単項イデアル整域 (PID) 上の有限生成加群この場合であり、線型作用素ジョルダン標準形基礎となっている。

※この「動機付け」の解説は、「直既約加群」の解説の一部です。
「動機付け」を含む「直既約加群」の記事については、「直既約加群」の概要を参照ください。


動機付け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/21 13:40 UTC 版)

ユークリッド環」の記事における「動機付け」の解説

整数全体の成す集合 Z に自然な演算として加法 + と乗法 × を考える。よく知られた整数に対する除法は、Z における次の事実強く依拠しものである除法の原理整数 a と 0 でない整数 b が与えられたとき、a = q × b + r を満たす整数の対 q, r が存在して、さらにそのようなものの中に r = 0 または |r| < |b| を満たすものが取れる」 a および b が正である場合のみを考えることにすれば、r と b に関する制約条件は、単に「r = 0 または r < b」と表すことができる。 任意の環にも加法と乗法概念があるから、長除法概念が任意の環で展開できないか考えるのはある意味で自然なことだが、しかし剰余や商に関する条件(つまり「r = 0 または r < b」)を単なる環の文脈定義することは(もちろん、環上に何らの順序関係定義されていないので)容易にはできない。こうして、各元に加法単位元 0 からの「距離」を導く(「次数」や「賦値」などとも呼ばれるある種ノルムd を備えたとしてのユークリッド環概念が導かれる。そうして、制約条件r = 0 または r < b」は「r = 0 または d(r) < d(b)」で置き換わるユークリッド環の裏にある本質的な考え方は、それが環であって「その任意の元 a と任意の零元 b に対して、b の倍元の中に a に十分近い元が存在する」という性質を持つということである。もちろん、その環が可除環(あるいは体)であったならば、a × b−1 を倍率として左から b に掛ければ a が得られる。つまり、体や可除環については a に「ちょうど」一致するような b の倍元が存在する。もちろんこのことは一般の環では成立するとは限らない例え整数環 Z では成り立たない)から、制約条件は「b の倍元の中に a に十分近い元が存在する」というだけに緩めのである自然な問いとして「次数どのような集合に値を取るのか」という問題考えられるが、多くの目的で(特にユークリッドの互除法自由にできるという目的で)、自然数全体の成す集合 N に値をとるものと定めるのが普通である自然数全体の成す集合 N の持つ、この文脈重要になる性質は、それが整列集合成すことである。

※この「動機付け」の解説は、「ユークリッド環」の解説の一部です。
「動機付け」を含む「ユークリッド環」の記事については、「ユークリッド環」の概要を参照ください。


動機付け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/14 23:49 UTC 版)

完全加法族」の記事における「動機付け」の解説

X 上の測度とは、X の部分集合実数割り当てる写像で、集合の「大きさ」や「容積」の概念明確にしたもの考えることができる。望むべくは、互いに素集合和の測度が、個々の集合測度和になること、特にそれが互いに素集合無限列に関してさえも成り立つことである。 X の部分集合「すべて」に対してそのような測度与えられる考えたいところではあるが、これは多くの自然な状況設定において不可能である例え選択公理からは、実数直線内の部分集合ふつうの長さ」を測度とするとき、ヴィタリ集合のような測度持たない部分集合存在することが示されるそのような理由から、測度を持つ特別な X の部分集合からなるより小さな族を代わりに考えなければならないこのような集合可測集合呼ばれそれらの族は可測集合に対して期待される演算について閉じている。つまり、可測集合補集合可測集合であり、可測集合可算合併可測集合である。これらの性質満たす空でい集合族を σ-集合代数と呼ぶ。 X の部分集合族で σ-集合代数を成すものを通例 Σ(ギリシャ大文字シグマ)で表しそれらの対 (X, Σ) として与えられる集合代数集合体)は可測空間呼ばれる。Σ に属する X の部分集合間の演算初等代数学における数の演算対比して見れば集合演算としての合併 (∪) と交叉 (∩) は、数の加法と乗法対応する。σ-集合代数 Σ は、可算無限回の演算まで含めて完備である。

※この「動機付け」の解説は、「完全加法族」の解説の一部です。
「動機付け」を含む「完全加法族」の記事については、「完全加法族」の概要を参照ください。


動機付け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/16 09:32 UTC 版)

基本解」の記事における「動機付け」の解説

基本解得られれば、元の方程式求める解を見つけることは簡単である実際その方法畳み込み用いることで達成される基本解また、境界要素法による偏微分方程式数値解おいても重要な役割を担う

※この「動機付け」の解説は、「基本解」の解説の一部です。
「動機付け」を含む「基本解」の記事については、「基本解」の概要を参照ください。


動機付け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/19 05:13 UTC 版)

機能注釈精密評価」の記事における「動機付け」の解説

生物ゲノムは、数百から数万個の遺伝子構成されている場合があり、数十個の異なタンパク質配列符号化している。ゲノム配列決定コスト比較的低いため、遺伝子タンパク質配列決定することは迅速かつ安価であるこれまでに数千もの種で配列決定されているが、タンパク質多く十分に特徴付けされていない細胞内でのタンパク質役割実験的に決定するプロセスは、高価で時間のかかる作業である。さらに、機能アッセイ(試験)を行ったとしても、タンパク質の機能完全に理解できる可能性は低いそのため、タンパク質機能的に注釈するための計算ツール使用することが重要になっている。さまざまな生物学的および進化学データ用いてタンパク質の機能推測できる計算機的なタンパク質機能予測法はいくつあるものの、改善の余地かなりある。タンパク質の機能正確に予測することは、生物医学的および薬学的研究長年影響を与える可能性があるCAFA実験は、計算手法偏りのない評価提供し計算機予測研究激励し機能予測全体的な最先端技術への洞察提供することを目的としている。

※この「動機付け」の解説は、「機能注釈精密評価」の解説の一部です。
「動機付け」を含む「機能注釈精密評価」の記事については、「機能注釈精密評価」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「動機付け」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「動機付け」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



動機付けと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「動機付け」の関連用語

動機付けのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



動機付けのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの動機づけ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのグロタンディーク群 (改訂履歴)、アレクサンドロフ拡大 (改訂履歴)、随伴行列 (改訂履歴)、有限拡大 (改訂履歴)、反傾表現 (改訂履歴)、函数の平均 (改訂履歴)、直既約加群 (改訂履歴)、ユークリッド環 (改訂履歴)、完全加法族 (改訂履歴)、基本解 (改訂履歴)、機能注釈精密評価 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS