内省とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 心理学 > 内省の意味・解説 

ない せい [0] 【内省】

( 名 ) スル
自分自身の心のはたらきや状態をかえりみること。
〘心〙 「内観ないかん」に同じ。


内省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/13 04:13 UTC 版)

人間の内省(Human self-reflection )は、 人間内観を行使する能力と基本的なる自然な感情、目的および本質について深く鑑みてみるというその意欲のこと。


  1. ^ McCausland, Shane (2003), First Masterpiece of Chinese Painting: The Admonitions Scroll, British Museum Press, p. 78, ISBN 978-0-7141-2417-9 
  2. ^ Descartes, René; Principia Philosophiae (1644), Part 1, article 7:"Ac proinde hæc cognitio, ego cogito, ergo sum, est omnium prima & certissima, quæ cuilibet ordine philosophanti occurrat."


「内省」の続きの解説一覧



内省と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「内省」の関連用語

内省のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



内省のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの内省 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS