人事労務管理とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 管理 > 人事労務管理の意味・解説 

人事労務管理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/25 17:59 UTC 版)

人事労務管理(じんじろうむかんり、: human resources management, personnel labor management, etc)は、経営管理の領域の一つで、組織(主に企業)が従業員に対して行う管理活動。




  1. ^ 例えば、「人的資源管理」は労使関係を重視しないとする見解(伊藤 (2006)p2)などがある。
  2. ^ 近年はこれらに「情報」(技術・技能も含めた概念)を加えた4要素とするのが一般的
  3. ^ マルクスは「二重の自由」という表現で、資本主義社会の労働者は「人格的な自由」(自らの労働力を自分の意思で販売できること)を持つが「生産手段からの自由」(生産手段も何も持っていないため労働力を売ることによって生活しなければならない)でもあるとしている。
  4. ^ (「雇用管理」「報酬管理」「労使関係管理」の3つに分ける見解もある) 佐藤他『新しい-』(2003)p8-9
  5. ^ 同書p14
  6. ^ 黒田・関口他(2003)p1-2
  7. ^ 橋元(2001)
  8. ^ 佐藤他『マテリアル-』(2006)p102
  9. ^ 職能資格の昇格要件の一つに「必要滞留年数」を設けることも多かった。(伊藤(2006))
  10. ^ 伊藤(2006) p49より引用
  11. ^ 佐藤他『新しい-』p160-(2003)
  12. ^ この種の指摘の例としては『対中進出企業「苦戦」の原因』 (選択2008年3月号)などがある。


「人事労務管理」の続きの解説一覧



人事労務管理と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人事労務管理」の関連用語

人事労務管理のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



人事労務管理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人事労務管理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS