羞恥心とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > 気持ち > 羞恥心の意味・解説 

羞恥心

読み方:しゅうちしん

羞恥心とは、羞恥心の意味

羞恥心とは、自分過ち思い違いなどによって生じる苦し感情のことである。簡単に説明すると、はずかしい気持ちになり屈辱感を味わうことである。英語では恥の意味を持つ shame表現する。羞恥心は、対人関係を有した上で成り立つ感情である。言い換えれば、人を介していないと存在しないため、人が下す判断によっては恥ずかしいという気持ちが覆されることもある。

羞恥心の語の例文




2つの例文とも人の羞恥心を指摘している文だが、前者否定的表現として、後者肯定的表現として用いた文である。

しゅうち‐しん〔シウチ‐〕【羞恥心】

恥ずかしく感じ気持ち。「羞恥心のない人」


羞恥心

原題:
製作国:日本
製作年:1986
配給:にっかつ
スタッフ
監督:滝川翔 タキガワ
プロデューサー:千葉好二 チバコウジ
脚本:石川欣 
撮影:仲田義哉 ナカタ
編集:日本VTR 
助監督:岩永敏明 イワナガトシアキ
照明:森久保雪一 モリクボ
キャスト(役名
岡田きよみ オカダキヨミ (不明
早瀬沙樹 ハヤセ (不明
岩下由美 イワシタユミ (不明
杉田風 スギタ (不明
解説
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください

羞恥心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/28 09:25 UTC 版)

羞恥心(しゅうちしん、: shame)、恥じらいとは、対人場面における何らかの失態の結果や、失態場面の想像によって生じる対人不安の一種である[1]




  1. ^ 菅原は恥とShameが一致する概念なのか検証の余地があるとしている[1]
  2. ^ しかしながら慣れ、高齢化認知症の進行等に関係して薄れてくることもある[要出典]例えば明らかにモラルに違反している裏金を、常態化することで恥ずかしいとも思わずに処理したり、または羞恥プレイのような特殊な性癖に転化して、明らかに社会のルールに違反する行為などは、羞恥心の希薄化を発生させる[要出典]
  1. ^ a b c d e f 菅原 2011, pp. 84-87.
  2. ^ Lewis, Helen B. (1971), Shame and guilt in neurosis, International University Press, New York, p. 63, ISBN 0-8236-8307-9 
  3. ^ 菊池 2003, p. 36.
  4. ^ Wurmser L, Shame, the veiled companion of narcissism, in The Many Faces of Shame, edited by Nathanson DL. New York, Guilford, 1987, pp. 64–92.
  5. ^ a b Gabbard GO, subtypes of narcissistic personality disorder.[リンク切れ] Bull Menninger Clin 1989; 53:527–532.
  6. ^ Young, Klosko, Weishaar: Schema Therapy – A Practitioner's Guide, 2003, p. 375.


「羞恥心」の続きの解説一覧



羞恥心と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「羞恥心」の関連用語

羞恥心のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



羞恥心のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの羞恥心 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS