自己愛性パーソナリティ障害とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 自己愛性パーソナリティ障害の意味・解説 

自己愛性パーソナリティ障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/17 14:06 UTC 版)

自己愛性パーソナリティ障害(じこあいせいパーソナリティしょうがい、: Narcissistic personality disorder ; NPD)とは、ありのままの自分を愛することができず、自分は優れていて素晴らしく特別で偉大な存在でなければならないと思い込むパーソナリティ障害の一類型である[1]




注釈

  1. ^ 対人恐怖症や対人緊張に悩む人は、自分を恥ずかしく思うと同時に、人前で完璧に振る舞い羨望の眼差しを向けられたいという願望を有している。理想的な自己イメージと卑下された自己イメージの間を揺れ動き、その多くは自己愛の病理を抱えている(ただしすべての対人恐怖症が自己愛と結びつくわけではない)。( 岡野憲一郎 (1998) pp. 29 - 34. )
  2. ^ “プライドの高い人”とは、一般に自己評価の低い人である。だから、他人からの評価によって傷つくのである。逆にいえば、他人からの評価によって揺らぐような低い自己評価所持者が「プライドの高い人」と周囲から認識されることになる。( 中井久夫 (2011) p. 146)
  3. ^ 万能的な自己と無価値な自己とに連動したうつと躁のエピソードから、しばしば双極性障害(rapid cycler)と誤診される。( 市橋秀夫 (2006) pp. 96 - 97. )
  4. ^ "oblivious type" は「無自覚型」、"hypervigilant type" は「過剰警戒型」と翻訳されることがある。
  5. ^ 精神療法は常識の通用しなくなったところからはじまる。今・ここでの関係性の中で、 不鮮明で混乱した意識的・無意識的材料を明確化し、潜在的な葛藤を生み出す矛盾した事柄を直面化し、不合理な行動の起源となる無意識的内容を論理的に解釈する。あの時・あそこで体験した病因的関係が、今・ここで再演されていることと結びつけて転移解釈を行う。これらのサイクルを繰り返して徹底操作する。以上が精神療法の実際的な機序である。( オットー・F・カーンバーグ (1996) pp. 9 - 11. )

出典

  1. ^ 市橋秀夫 (2006) pp.56-63
  2. ^ a b c Diagnostic and statistical manual of mental disorders : DSM-5 (5th ed.). Washington [etc.]: American Psychiatric Publishing. (2013). pp. 645, 669–72. ISBN 9780890425558. 
  3. ^ a b c Caligor, E; Levy, KN; Yeomans, FE (2015年5月). “Narcissistic personality disorder: diagnostic and clinical challenges.”. The American Journal of Psychiatry 172 (5): 415–22. doi:10.1176/appi.ajp.2014.14060723. PMID 25930131. 
  4. ^ Sederer, Lloyd I. (2009). Blueprints psychiatry (5th ed.). Philadelphia: Wolters Kluwer/Lippincott Williams & Wilkins. p. 29. ISBN 9780781782531. https://books.google.com/books?id=7_7-5dQIpBQC&pg=PA29. 
  5. ^ O'Donohue, William (2007). Personality disorders : toward the DSM-V. Los Angeles: SAGE Publications. p. 235. ISBN 9781412904223. オリジナルの8 September 2017時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=A7ODnQJnD74C&pg=PA235 2016年7月17日閲覧。. 
  6. ^ a b Narcissistic personality disorder: Symptoms”. MayoClinic.com. (2 Dec. 2011.). 2013年7月9日閲覧。
  7. ^ 岡田尊司 (2006) p. 96.
  8. ^ Ronnigstam E. (2011). "Narcissistic personality disorder: A clinical perspective". Journal of Psychiatric Practice 17 (2): 89-99.
  9. ^ a b Development and Validation of the Childhood Narcissism Scale, SANDER THOMAES,1,2 HEDY STEGGE,1 BRAD J. BUSHMAN,3,4 TJEERT OLTHOF,1 AND JAAP DENISSEN. Department of Psychology, VU University, The Netherlands Department of Psychology, Utrecht University.
  10. ^ 狩野力八郎 (2002) p. 80.
  11. ^ Kernberg, P.F. Narcissistic personality disorder in childhood. In : Psychiatry. Clin. North. Am., 12 ; Narcissistic personality disorder (ed. Kernberg, O.F.), pp.671-694. Saunders, Philadelphia.1989.
  12. ^ L・サルズマン (1998) pp. 3 - 12, 73 - 76.
  13. ^ 成田善弘 (2002) p. 33.
  14. ^ Andrew P. Morrison (1989). Shame: The Underside of Narcissism. Analytic Press. 
  15. ^ 岡野憲一郎 (2014) pp. 5 - 9.
  16. ^ 岡野憲一郎 (1998) p. 14 - 35.
  17. ^ a b Narcissistic Personality Disorder”. Personality Disorders – Narcissistic Personality Disorder. Armenian Medical Network (2006年). 2013年7月9日閲覧。
  18. ^ Cooper AM: Narcissism in normal development, in Character Pathology. Edited by Zales M. New York, Brunner/Mazel, 1984, pp. 39–56.
  19. ^ Joseph Fernando, MPSY, M.D., The Etiology of Narcissistic Personality Disorder, (1998). Psychoanalytic Study of the Child, 53:141–158.
  20. ^ Golomb, Elan PhD (1992). Trapped in the Mirror. New York: Morrow, pp. 19–20.
  21. ^ Stephen M. Johnson (1 May 1987). Humanizing the narcissistic style. W.W. Norton. p. 39. ISBN 9780393700374. 
  22. ^ full list in DSM-IV-TR, p. 717
  23. ^ Identifying and understanding the narcissistic personality Elsa F. Ronningstam. Oxfard University Press Inc.
  24. ^ American Psychiatric Association: Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, Fourth Edition. Washington, DC, American Psychiatric Association, 1994, p. 659.
  25. ^ Golomb, Elan PhD (1992). Trapped in the Mirror. New York: Morrow, p. 22.
  26. ^ Kernberg, O.F. (1970). Factors in the psychoanalytic treatment of narcissistic personalities. Journal of the American Psychoanalytic Association, 18:51–85, p. 56
  27. ^ Siegel, J.P. (2006). Dyadic splitting in partner relational disorders. Journal of Family Psychology, 20 (3), 418–422
  28. ^ Kernberg, O.F. (1970). Factors in the psychoanalytic treatment of narcissistic personalities. Journal of the American Psychoanalytic Association, 18:51–85
  29. ^ 成田善弘 (2004) pp. 15 - 16.
  30. ^ 岡野憲一郎 (1998) p. 88.
  31. ^ 松木邦裕 (2002) p. 305
  32. ^ 岩崎徹也 (2002) p. 194
  33. ^ メラニー・クライン (1996) pp. 3 - 89
  34. ^ オットー・F・カーンバーグ (2002) pp. 45
  35. ^ a b c d 市橋秀夫「自己愛性心的構造と精神療法」、『日本サイコセラピー学会雑誌』第11巻第1号、2010年、 15-25頁。
  36. ^ ジェームス・F・マスターソン (1990) p. 30.
  37. ^ 岡野憲一郎 (1998) pp. 87, 97.
  38. ^ a b Reich A, Psthological forms of object choice in woman. J.Amer Psychonal. Assn. 1.
  39. ^ ジェームス・F・マスターソン、アン・R・リーバーマン (2007) p. 92.
  40. ^ 成田善弘 (2002) pp. 92-93.
  41. ^ ジェームス・F・マスターソン (1990) pp.5-6
  42. ^ Broucek, F (1982年). “Shame and its relationship to early narcissistic developments”. International Journal of Psychoanalysis 63: 369-378. 
  43. ^ Bursten, B (1973年). “Some narcissistic state of consciousness”. The International Journal of Psychoanalysis 54 (3): 287-300. 
  44. ^ Rosenfeld, H (1987年). “Impasse and interpretation : Therapeuticand anti-therapeutic factors in the psychoanalytic treatment of psychotic, borderline, and neurotic patients”. Tavistock Publications, London 63: 369-378. 
  45. ^ Wink, P (1991年). “Two faces of narcissism”. Journal of Personality and social Psychology 61: 590-597. 
  46. ^ a b G・O・ギャバード (1997) p.89
  47. ^ G・O・ギャバード (1997) p.87 p.91
  48. ^ a b c アーノルド・M・クーパー (2003) pp.62-78
  49. ^ a b c d e アメリカ精神医学会 (2014) pp. 661 - 664
  50. ^ G・O・ギャバード (1997) p.201
  51. ^ a b 岡野憲一郎 (1998) pp. 25, 96.
  52. ^ 牛島定信 (2006) pp.104-112
  53. ^ a b c d 丸田俊彦「自己心理学からみた自己愛とその病理」、『精神療法』第33巻第3号、2007年6月、 273-279頁。
  54. ^ Millon, Theodore (1996). Disorders of Personality: DSM-IV-TM and Beyond. New York: John Wiley and Sons. p. 393. ISBN 0-471-01186-X. 
  55. ^ a b Millon, Theodore, Personality Subtypes
  56. ^ セオドア・ミロン (2003) pp.79-101
  57. ^ オットー・F・カーンバーグ、ハロルド・W・ケニスバーグ、アン・H・アペルバウム 他 (1993) pp.229 - 233
  58. ^ a b Initial Construction and Validation of the Pathological Narcissism Inventory, Aaron L. Pincus, Emily B. Ansell, Claudia A. Pimentel, Nicole M. Cain, Aidan G. C. Wright, Kenneth N. Levy
  59. ^ アレン・フランセス、大野裕(翻訳)、中川敦夫(翻訳)、柳沢圭子(翻訳) 『精神疾患診断のエッセンス―DSM-5の上手な使い方』 金剛出版、2014年3月ISBN 978-4772413527Essentials of Psychiatric Diagnosis, Revised Edition: Responding to the Challenge of DSM-5®, The Guilford Press, 2013.
  60. ^ アメリカ精神医学会 (2014) p. 661
  61. ^ 世界保健機関 (2005) p. 217.
  62. ^ 世界保健機関 『ICD‐10精神および行動の障害:臨床記述と診断ガイドライン』 医学書院、2005年、新訂版、212頁。ISBN 978-4-260-00133-5世界保健機関 (1992) (pdf). The ICD-10 Classification of Mental and Behavioural Disorders : Clinical descriptions and diagnostic guidelines (blue book). World Health Organization. http://www.who.int/classifications/icd/en/bluebook.pdf. 
  63. ^ 笠原嘉 (1988) p. 119.
  64. ^ 笠原嘉 (2002) pp. 203 - 252.
  65. ^ 牛島定信 (2004) pp. 153 - 162, 219.
  66. ^ a b 和田秀樹 (2002) pp.84-86
  67. ^ 丸田俊彦 (1992) pp.191-200
  68. ^ Elsa Ronningstam and John Gunderson (1991年). “Differentiating Borderline Personality Disorder from Narcissistic Personality Disorder.”. Journal of Personality Disorders 5 (3): 225-232. 
  69. ^ 牛島定信 (2011) p. 70 - 75.
  70. ^ 林直樹 (2005) pp. 20 - 21
  71. ^ ジークムント・フロイト (1977) pp.226-227
  72. ^ ジェームス・F・マスターソン (2007) pp. 93 - 96.
  73. ^ マーガレット・S・マーラー、アニー・バーグマン、フレッド・パイン (2001) pp. 77 - 127.
  74. ^ ジェームス・F・マスターソン (1990) pp. 10 - 13, 116-117.
  75. ^ ハーバート・ロゼンフェルド (1993) pp. 107 - 126
  76. ^ 松木邦裕 (1996) pp. 121 - 123.
  77. ^ オットー・F・カーンバーグ (1996) pp. 9 - 11.
  78. ^ ハインツ・コフート (1994) pp. 1 - 31.
  79. ^ Megalomaniacs abound in politics/medicine/finance Business Day 2011/01/07
  80. ^ ジーン・M・トウェンギ、W・キース・キャンベル (2011) p. 47
  81. ^ Twenge, Jean M. & Campbell, W. Keith The Narcissism Epidemic: Living in the Age of Entitlement (2009)
  82. ^ 岡田尊司 (2004) pp. 116 - 117
  83. ^ アメリカ精神医学会 (2014) p. 343
  84. ^ ヒルデ・ブルック (1993) p. 70.
  85. ^ 市橋秀夫 (1997) pp. 260 - 263.
  86. ^ 下坂幸三 (1999) pp. 128, 138.
  87. ^ 市橋秀夫 (2006b) pp. 134 - 142.
  88. ^ 松木邦裕 (2008) pp. 17 - 20.
  89. ^ 狩野力八郎 (2007) p.13
  90. ^ ヴィルヘルム・ライヒ (1966) pp.259-268
  91. ^ Fenichel, O. : The Psychoanalytic Theory of Neurosis. Routledge & Kegan Paul, London, 1946.
  92. ^ Kernberg O, Borderline Conditions and Pathological Narcissism, 1967
  93. ^ Kohut H, The Psychoanalytic Treatment of Narcissistic Personality Disorders: Outline of a Systematic Approach, 1968
  94. ^ 岡野憲一郎 (1998) p. 29.
  95. ^ 中広全延「三島由紀夫に関する病跡学的試論」、『夙川学院短期大学研究紀要』第41号、2012年、 35-45頁。
  96. ^ 町沢静男 (2005) pp.151 - 175
  97. ^ 岡田尊司 (2004) pp. 110 - 126
  98. ^ 小此木啓吾 (1992) p. 138.
  99. ^ 中広全延「ヘルベルト・フォン・カラヤンの病理における他者との関係」、『夙川学院短期大学研究紀要』第37号、2008年、 1-14頁。


「自己愛性パーソナリティ障害」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自己愛性パーソナリティ障害」の関連用語

自己愛性パーソナリティ障害のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



自己愛性パーソナリティ障害のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自己愛性パーソナリティ障害 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS